FC2ブログ

王様のためのホログラム (2017) A HOLOGRAM FOR THE KING 450本目

海外在住あるある満載! 王様のためのホログラム (A HOLOGRAM FOR THE KING)

出演:
アラン・クレイ役 トム・ハンクス
ユセフ役 アレクサンダー・ブラック
ザーラ・ハキム役 サリタ・チョウドリー

監督:
トム・ティクヴァ
お勧め度★★★★☆

海外に住んでいると、日本ではあたりまえ!ってことが全然当たり前じゃない。
このブログでも数々の愚痴を書いてきましたが
それでも時々「アメリカ最高、一生住みたい」って言っている人がいて、驚きます。
でも、たいていそういう人は短期間しか住んだことがない人や、アメリカで仕事をした事がない人や、家族がいない人。
アメリカ好きだけれど、一生は住まなくていいなぁ、たまに旅行に行く程度でいい。
やっぱり長く住めば住むほど、そういう風に思うようになる人が多いみたい。
別に日本最高!っていう訳じゃないけれど、まだ私にとって一生住みたい!っていう場所は見つかってません。
そういう海外暮らしをした事がある人はきっと共感する映画。

大手自動車メーカーの取締役だったアラン・クレイ。
仕事を失い、家族を失い、新しい仕事はIT関係。
サウジアラビアへホログラムを売り込む仕事だった。
アメリカとは全く勝手が違う異国で奮闘するアラン!

この映画はデイヴ・エガーズの小説が原作です。
デイヴ・エガーズといえば、ベストセラー作家。
面白くないわけないよね。

でも、この映画はなにか大きな事件やドラマが起こるかと思うと、実際そうでもない
だから見る人によっては「いったい何の映画だったんだろう」って思う。
売り込むはずのホログラムについてもほとんど説明がないし、アランの物凄い営業手腕でアラブの王様に売り込むストーリーかと思いきや、そうでもない。
だけど、海外で暮らしたことがある人や仕事をした事がある人はきっと経験したであろうカルチャーショックが静かに描かれていて、

うんうん、あるある、わかるよ!

ってなる。
そこが面白い。

アランはアメリカ人で、サウジアラビアの人達が一斉にお祈りすることや、オフィスがテントな事や、wifiが弱すぎることや、居留守を使われることに対して結構なカルチャーショックを感じるんだけれど、

日本人にとってアメリカも同じくらいショックな事あるよ

って言ってやりたくなった。
食事の前にお祈りすることや、クリスチャンの人達の押しの強い感じも最初はショックだったし。
私の最初のオフィスは倉庫の中だったし。
Wifiが全然使えないホテルに泊まったことも何度もあるし。
家のWifiも急に使えなくなることがしょっちゅうあったし、ネットの会社に電話しても全然繋がらない、または繋がっても修理までに何週間もかかったり。
平気でいろんなウソをつかれたり(というか、いい加減な事ばっかり言う)。
とにかく、いろんなカルチャーショックありましたわ

アランはなんだか体調が優れなくて、何か大きな病気かなぁって思うんだけど、実はパニック障害だった。
なーんだ、そんなことか、と思うかもしれませんが、実はこういう人、多いのです。
海外に来てパニック障害を発症する人。
実際に私の身近にもいました。
特にストレスに弱いとも思えない、能天気な人でしたが、それでもなったんだから、海外に暮らすという事は一筋縄ではいかないということだね

この映画にはリアルとフェイクが織り交ぜてあって、それがまたリアリティーを生み出しているんだと思う。
例えばアランが出張しているKMET。
実際にはKAEC(King Abdullah Economic City)のことのようです。
でも、サウジではもちろん撮影できず、ほとんどの撮影をモロッコで行いました。
ちょっと大げさに表現しているような感じもしますが、外国人からみたらサウジの人々も含め、異様な感じなんでしょうね。

そしてアランが取締役だったというシュウィン自転車。
これ、実際にある、(あった)自転車の会社です。
しかも、2001年にパシフィックサイクルに買収されています。
映画では中国、と言っていますが、実際には台湾の自転車会社です。
シカゴの歴史ある自転車会社だから、アメリカ人がシュウィンと聞けば買収された歴史も含めすぐにイメージできるのかも。

この映画は本当に大きなイベントは特にありません。
ちょっと刺激がなさすぎるので、女医のハキム医師が登場したりして、スパイスになっているのだけれど、正直私はこのエピソードは特にいらなかったよなぁと思う。
なんとなく、なぜこの2人?って感じ。
でもこれが異国マジックってやつなのかもしれないけど。
日本で会ってたら絶対付き合わない者同士が海外で会って惹かれあったりしちゃうの

主役のアラン役のトム・ハンクス。
360px-Tom_Hanks_2016.jpg
安定のトム。
大した映画じゃないのに、何か面白い事が起こるような気がする。
でも、実際にはそんなに大したドラマが起こらない映画に結構出演していて、彼の雰囲気がとても良くて映画が面白くなるケースが結構ある。
この映画もその一つ。

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
鑑賞後にとても気持ちよくなる映画です。
やたら天気がいいからなのか?
でもよく考えると、凄い事はなにも起こっていないという不思議な映画。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

スポンサーサイト



ディスタービア (2007) DISTURBIA 447本目

覗きはだめよ♡ ディスタービア (DISTURBIA)

出演:
ケイル役 シャイア・ラブーフ
アシュリー役 サラ・ローマー
ロニー役 アーロン・ヨー
ミスター・ターナー役 デヴィッド・モース

監督:
D・J・カルーソー
お勧め度★★★★☆

日本ではカーテン閉めてないとなんとなく恥ずかしいし、少なくともレースのカーテンは朝夜問わず閉めていると思うんだけど、アメリカではカーテンを閉めない家が結構多いです。
特にお金持ちの地域では夜にスタンドライト1つ灯ったリビングルームが大きな窓から丸見えってことがよくある。
ある意味見せびらかしてるんだろうけど。
私が一時期住んでいたロングビーチのビーチ沿いのお宅には白いグランドピアノがあって、いつも夜にその豪華なリビングルームが見えてました。
ああ、羨ましい
そう思いながらいつもビーチ沿いを散歩する庶民の私。
ロングビーチから引っ越して10年後くらいに行ったらまだそのお宅があった!
そしてグランドピアノもあった!
なんとなく嬉しかった。
今でも時々、雰囲気のいい間接照明をつけてカーテン開けっ放しにしている家を見ると、なんとなく懐かしい
アメリカか!って突っ込んじゃうよ。
さて、そんなお隣が丸見えだったら結構気になる話。

父親を亡くしたケール。
自暴自棄になり教師を殴ってしまい、自宅謹慎に。
暇つぶしに近所を覗いているとなにやら怪しい隣人、ターナーの存在に気が付く。
彼は連続殺人の容疑者ではないのか?そんな疑問が消えない!
一体ターナーの正体とは?

こちら、本当にジェットコースターのような展開で、

ドキドキが止まらないよ!

特にドキドキなのが、ケールの相棒ロニーがターナー家に密に侵入するシーンと、アシュリーがターナーをホームデポみたいな店で監視しているシーン。

もっとうまくやりなよぉ!!

と声を荒げたくなるシーンが多々ありますが
なかなかうまいこと誤魔化せない若者達をザワザワしながら楽しめます。

結構ミスリードさせるようなシーンが多くて、その辺りも好き。

面白いなぁと思ったら、スピルバーグが製作総指揮として参加しているとか。

エンターテイメントを知ってるね!

って感じです。

そんな感じで勢いよく最後まで見させてくれる楽しい映画でした。

さて、この映画のタイトルの”Disturbia”ですが、なんでも”Suburbia”と”Disturb”を掛け合わせたものだとか。
足に着けている拘束機のこと、というのをどこかで見たけど、それらしい説明が映画の中にはなかったような・・・。
だから何なんだよってことなんですが、つまり彼らが住んでいるこの場所(郊外の住宅街)でこういう事(覗き)を、拘束されながらするってことかな?
映画の中にもケールのセリフにあります。
ターナーがクラブの女の子をお持ち帰りして、音楽に合わせて踊っている時、ケール達が「どんな曲聞いてんだろ?」って感じで曲を探し当てた時のセリフ。

ケール:"It does match.
Only in Disturbia.
Where else are you gonna getthis kind of entertainment?"

主役のケール役のシャイア・ラブーフ。
375px-Shia_LaBeouf_Cannes_2012.jpg
なんとなく若いころに活躍してて途中どこか行ったと思ってたら、コンスタントに映画には出演してた。
ケールの話し方がいかにもって感じで時々ウザイ。
アシュリーが気になってしょうがないんだけど、どう見ても不釣り合い
それでも一生懸命素敵な事を言ってみるケール。
可愛いけどごめん、なんとなく弟に似てるから、私のタイプではない(聞いてない?

アシュリー役のサラ。
sarah roemer
なんというか、当時はこれから売れそうだなぁと思ったのに、結局大して映画に出演せず

ケールの親友ロニー役にアーロン。
300px-Aaron_Yoo.jpg
マネーモンスター (2016) に出演してたんだねぇ。
コンスタントに出演しているけれど、いまいちパッとしない(ごめん)

怪しい隣人役にデヴィッド・モース。
285px-David_Morse_headshot.jpg
この人、誰かに似ている。
サイモンペグ?ビルマーレイ?
なんだか見たことあるんだよねぇ。
撮影後、とても優しいおじさんだったそうだけれど、撮影中は役作りのためにシャイア達とは言葉を交わさなかったとか。
怖い・・・

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
解り易い伏線で楽しませてくれるので、気軽にワクワクしたい人にオススメ!

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

リミットレス (2011) LIMITLESS 446本目

なぜか仕事がはかどる映画 リミットレス (LIMITLESS)

出演:
エディ・モーラ役 ブラッドリー・クーパー
カール・ヴァン・ルーン役 ロバート・デ・ニーロ
リンディ 役 アビー・コーニッシュ

監督:
ニール・バーガー
お勧め度★★★★☆

アメリカに住んでいた時、数あるドラマの中から、欠かさず見ていたドラマがあった!
それがリミットレス!
ドラマ版です。
主人公はブライアン・フィンチという男なので、この映画とは違うのだけれど、ドラマは映画の続編という設定。
テンポの良いドラマで、映像や音楽もキャッチ―で好きだった
結構人気もあったと思うけれど、ターゲット層に受け入れられなかったという理由でなんとシーズン1で終了
本当に残念。
というわけで、映画はドラマを見た後に見ました。
だから、映画の主人公のエディ・モーラがどうなったか知ってて見たんだけど

それでもなかなか斜め上を行く内容でしたよ!

ニューヨークに住む作家のエディ・モーラ。
作家といいながら全然書けない彼に恋人も愛想をつかす。
ある時、昔の彼女の弟と偶然の再開。
その弟ヴァーノンから「NZT48」というドラッグを受け取る。
普段は20%しか使われていない人間の脳を100%活用する薬。
さらに薬を得ようとヴァーノンの元へ行くと、彼が殺されていた!

ドラマ版を見ているので、ネタバレした状態でしたが、どうやってドラマに繋がったか、わかって面白かった!

ところで、

NGT48ぢゃないよ、NZT48だよ!

何の略かはわかりませんが
この薬は1日一粒、800ドルで脳を100%フル活用できます!
人間の脳は20%しか使われていない、これを100%活用しよう!ってやつ、どこかで聞いたなぁと思ったら、「ルーシー」だったわ。
あ、でもこの時は10%しか使われていないといっていた!
まあ、どちらにせよ、の話ですが。
しかも、ルーシーのように物凄い超能力的な力は使えません。
あくまで、過去に見聞きしてきたこと、体験してきた事で、脳に蓄積されている知識や経験をフルに引き出すことができるという能力。
だから、過去に知らなかった事はできない。
でも、経験した覚えがなくても、小耳に挟んで自分では忘れているようなことすら引き出せる。
それがNZTの力なのです

ほんと、これ、欲しい

でも、もちろん副作用あります。
それで人生終わったりします。

この映画の凄い所は、NZTを飲んだ時とそうでない時を映像で解り易くしている。
あきらかにNZTを飲んだ後は視界が明るくクリア!
別に前が白黒とかそういうことではないんだけれど、この映像効果がスゴイ!
なにかとても気持ちが良いです。

ただ、ストーリー的には、あれ?ということもあり。

謎は全然解けてない!

例えば薬の売人のヴァーロンは誰に殺されたの?
モデルを殺したのは誰?
結局NTZって誰が作ったの?
なんで闇金から借金しちゃうのかね?
NZT飲んでるんだからもっとうまいことできなかったのか?とは思うけど、そうなるとドタバタストーリーにならないので、しょうがない、か?
彼女が一度だけNZTを飲んじゃう時があるのだけれど、NZTって一回飲んだらどんどん飲みたくなっちゃうんじゃないの?
とか、いろいろモヤっとするところあり。

とにかくストーリーには穴が多いです。
もしかしたら、続編をはじめから考えていたのかもしれませんが、ドラマでもこの辺は全然触れませんので。
ただ、エディーがどうなったか、そしてNZTがどうなったかはわかるので、私としては映画の結末とドラマの設定が微妙に違うような気がしてならない・・・。

それでもなぜか面白いと感じてしまうから不思議
たぶんそれは映像効果とか、テンポの良さで見ていて

気持ちいい!

と感じてしまうからなんだよね~!
実際、ドラマを見ていなかったら、この結末はないなぁと思うけど、そういう意味でも面白い。

ちょっと見落としがちなところがあるので、注意してみて欲しいところ。
それはエディが雇う護衛の指。
結構独特なタトゥーしているから、忘れないでね!

この映画の主人公エディ役、ブラッドリー・クーパー。
285px-Bradley_Cooper_(29670050807)_(cropped_2).jpg
なんだかわからないけれど、この人が出ていると安心する。
面白そうな気がしちゃう。
結構好きです。

彼女役のアビー・コーニッシュ。
Abbie_Cornish_(8140596577).jpg
とても綺麗な人。
好きなタイプなんだけれど、ハリウッド映画でよく見るタイプの美人。

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
映画を見終わった後、なぜか部屋を片付けてしまった
しかも凄い勢いで。
映画でもNZTを飲んで部屋を片付けるシーンが私の一番好きなシーン。
なぜか見終わった後に仕事がはかどる映画です。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング


世界一キライなあなたに (2016) ME BEFORE YOU 445本目

死ぬ権利ということ 世界一キライなあなたに (ME BEFORE YOU)

出演:
ルイーザ(ルー)・クラーク 役 エミリア・クラーク
ウィル・トレイナー役  サム・クラフリン

監督:
テア・シャーロック
お勧め度★★★★☆

こちら、うちのBossのオススメで見た映画。
前知識まったくなしで見たので、結構衝撃的なお話でした。

田舎に暮らすルー。
カフェでウェイトレスをしながら家族を養っている。
そのカフェがつぶれ、次についた職業は元実業家で大富豪の青年、ウィルの介護するという仕事だった。

現実的に考えると、介護経験なし、介護資格なしで職につけるかどうか、ということは別にして。
きちんと看護師さんはいるので、ルーを雇ったのは技術的な要因ではないということでしょうね。
なかなか気難しいウィルに合う人はきっとルーしかいないだろうし。

この映画の見どころは

とにかくルーが可愛い

服装はかなり個性的なのだけれど、彼女にピッタリしている!
それだけで、なんだか元気になっちゃう。
イギリスの雇用状況はわからないけれど、ルーは一人で家族を支えている。

お父さん、なにやってんのよ!

と、言いたくもなりますが、おそらく失業率がすごいのでしょう。
でもさ、どんな仕事でもいいからやって欲しいよね。
ルーがそうしてるんだから。
そのために自分の夢も諦めたルー。
子供にそういうことだけはしたくないよね、親なら。
もちろん、それが伏線になって、物語は進みます。

もう一人の重要人物、ウィル。
ハンサムで頭が良くて、大富豪。
そんな彼が事故で体が不自由になってしまう。
しかも、その不自由度が並大抵じゃない。
ウィルが始終イラついているのもわかる。
昔は自分はなんでもできた、なんでも持っていた。
でも今は・・・?

生きるということを考えさせられる映画。
普段、人間はたぶん、なんとなく生きている。
でも、死に直面すると、生きる意味を知りたくなる。
現時点では「死ぬ権利」というものは存在していなくて、死ぬことはタブーとされている。
どちらが良いかということではなく、選択肢があってもいいんじゃないか?って思わせる。

どちらにしても悲しい

生きていても苦しくて辛いけれど、愛する人に死んでほしくない。
本当に難しい問題。

この映画の主演を務めるエミリア・クラーク。
Emilia_Clarke_2013_(Straighten_Colors_2).jpg
「ターミネーター: 新起動/ジェニシス (2015 ) 」にも出演していたね!
あの時も思ったけれど童顔だけど実はすでに30代。
これからが気になる女優というには遅咲きか?!
スターウォーズシリーズにも出演しているので、その見た目の若さで長く活躍するかも!

相手役、イケメンウィルを演じるサム・クラフリン。
285px-Sam_Claflin_2014.jpg

なかなかのイケメンぶりです。
イギリス英語がカッコいい!

ウィルの住む豪邸はウェールズ南西部の ペンブルックシャーというところで撮影されました。
ただ、それは外観のシーンだけで、室内のシーンは後からスタジオで撮影。
とにかく素敵な家です

あと、やっぱりこの映画を盛り上げているのは音楽でしょう!
エド・シーランの二つの楽曲がまさに映画の大切なシーンに使われています。
Thinking Out Loud


Photograph.


いやあ、本当に合う!
特に私は結婚式を2人で抜け出すシーンが大好きです

ちなみに、こちらの映画の原作は、”Me Before you", "After you", "Still Me"と続いているみたいです。


映画も続編!とかなるのだろうか・・・

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
もちろん、楽しくラブラブなシーンばかりではありません。
当然、彼の病と彼の決断について、結末がやってきます。
賛否両論だろうと思う。
私も最初はなんだか納得いかなかったけれど、見直せば見直すほど、彼の気持ちがよくわかって、やっぱりこの結末しかありえないなぁと思うようになった。
生きること、そして死ぬことを考えさせられる映画。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング


マイ・ベスト・フレンド (2016) MISS YOU ALREADY 444本目

親友と呼べる友がいるだけで幸せ マイ・ベスト・フレンド (MISS YOU ALREADY)

出演:
ミリー役  トニ・コレット
ジェス役 ドリュー・バリモア

監督:
キャサリン・ハードウィック
お勧め度★★★★☆

あなたに親友と呼べる人、いますか?
私は仲良しの友達が何人かいて、その人達を「親友」だと思ってはいるけれど、家族がいるといろいろと遠慮してしまって、今、突然電話して「今から来てよ!」とかそういう関係にある人は残念ながらいません。
自分自身も相手に遠慮してしまって、突然会いたくなっても我慢しちゃうし。
実際そんな風に友達から電話が来て、すぐに行けるか?っていうと、乳飲み子を連れては難しいかもしれない
だから、この映画を見ると良い時も悪い時も一緒にいれる、親友と呼べる友がいるということは、本当に幸せなんだと思う。

ミリーとジェスは小さいころからの親友。
あるときミリーは乳がんと診断される。
癌と戦うミリーと不妊治療と戦うジェス。
2人の友情の物語。

邦題がなんとも陳腐なので、同名映画がいくつもあるんじゃないかと心配しましたが
一応、映画データベースを検索したら、意外にも一つしかなかった!

なんとなくあらすじからもストーリーが読める気がしますが、

やっぱり泣いちゃうよね~!

感動しました。
本当に。
癌と戦うミリーの姿もカッコよかったし。
そしてそれを取り巻く人々やジェスも素敵だった。
でもやっぱり人間は弱い者。
きれいごとばかりでは済みません。
そういうリアル感もある。
あと、ミリーにはカワイイ子供が二人もいるんだけど、

子供が出てるとそれだけで泣いちゃうよね~!

私も産後すぐにちょっと具合が悪くなったことがあったんだけど、その時、小さなこの子を残して死ぬかもしれないと思った。
そしたら、「いやいや、絶対に死ねない、絶対に!」と初めて生きることに執着している自分に気が付いたよ。
死は誰にでも平等に訪れるものだけれど、今この子を残しては絶対に死ねない!そう思った。
だから、癌を患って、もしかしたら、子供を残して自分は死んでしまうかもしれないと思った、ミリーの気持ちがとても痛かった。

映画の途中で登場する"Before I die"の壁は、今や世界中でプロジェクトとして開催されていて、日本でも以前やっていたそうです。
このプロジェクトを始めたのはニューオリンズのキャンディー・チャン。
自分が死ぬまでにやりたい事、できるようになりたい事を壁に書いていきます。
(ホームページ)
現在日本の壁はプロジェクトが終了しているので、アーカイブとなっていますが、アメリカには今でも沢山の人が書いては消してを繰り返している現役の壁があります。
ここにミリーが書いた言葉。
まさにミリーが直面している死と対峙する言葉でした。

映画の中で重要な役割を果たす2人が好きな小説「嵐が丘」

確か、なんかの漫画でも嵐が丘好きの女子が出てきたなぁ。
色んな人に多大な影響を与えた名作。

ドリューバリモアと一緒に主演のミリー役トニ・コレット。
285px-Toni_Collette_(8968233309).jpg
知らない人だなぁと思ったら!
あの、私の大好きな「シックス・センス」で母親役を演じてた人!!
映画のラストの方の母親とコールのシーン、大好きです。
そんな彼女はドリュー・バリモアとは友人を介して知ってはいたけれど、撮影前まではそれほど親しい中ではなかったそう。
でも、この撮影を通して大の仲良しに!
とにかくかっこいいです。
年をとってもかっこいい!

この映画は脚本段階で、お涙ちょうだいシーンを極力カットしているため、題名とは反対に陳腐なシーンが少ないです。

それが余計に泣ける!

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
正直思ったよりずっと良かった!
2人が"Miss you already!"と言い合うシーンも素敵です。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

関連タグ

新海誠 お勧め度★★★☆☆ 水橋研二 近藤好美 花村怜美 ローソン・マーシャル・サーバー ネーヴ・キャンベル ドウェイン・ジョンソン サラ・パクストン スコット・イーストウッド クリストファー・デナム ジャック・ヘラー ショーン・サイポス キャサリン・ウォーターストン エミリー・ブラント ブルース・ウィリス ジョセフ・ゴードン=レヴィット ライアン・ジョンソン イーダ・エングヴォル ハンネス・ホルム ロルフ・ラッスゴード バハール・パルス お勧め度★★★★☆ トム・ティクヴァ サリタ・チョウドリー アレクサンダー・ブラック トム・ハンクス 白石晃士 三浦誠己 お勧め度★☆☆☆☆ 川島鈴遥 デヴィッド・モース D・J・カルーソー シャイア・ラブーフ アーロン・ヨー サラ・ローマー ロバート・デ・ニーロ ブラッドリー・クーパー ニール・バーガー アビー・コーニッシュ サム・クラフリン エミリア・クラーク テア・シャーロック キャサリン・ハードウィック ドリュー・バリモア トニ・コレット 小泉今日子 永瀬正敏 ロドリゴ・グランデ レオナルド・スバラーリャ クララ・ラゴ お勧め度★★☆☆☆ レスリー・ビブ ブルック・シールズ 北村龍平 満島ひかり 中村優子 堺雅人 クヒオ大佐役 吉田大八 松雪泰子 ティモシー・ギブス ダーレン・リン・バウズマン ジム・スタージェス ロネ・シェルフィグ アン・ハサウェイ 入江悠 藤原竜也 伊藤英明 仲村トオル セス・マクファーレン リース・ウィザースプーン マシュー・マコノヒー タロン・エガートン トリー・ケリー スカーレット・ヨハンソン デニス・クエイド ラッセ・ハルストレム ジョニー・フリン ケイト・バーカー=フロイランド 尾野真千子 小栗旬 妻夫木聡 西島秀俊 竹内結子 大沢たかお 佐藤祐市 キット・ハリントン アデレイド・クレメンス ショーン・ビーン マイケル・J・バセット ラダ・ミッチェル ロージー・デイ ラウル・ボバ エラ・レムハーゲン サラ・ジェシカ・パーカー 山田孝之 ピエール瀧 リリー・フランキー 白石和彌 阿部寛 市村正親 北村一輝 上戸彩 宍戸開 ユアン・マクレガー グヴィネス・パルトロー デヴィッド・コープ ジョニー・デップ 宮崎あおい 佐々部清 渡辺謙 レオナルド・ディカプリオ クリストファー・ノーラン モーガンフリーマン スティーブン・カンパネッリ オルガ・キュリレンコ カトリーヌ・ドヌーヴ ピリ・グロワーヌ ブノワ・ポールヴールド ジャコ・ヴァン・ドルマル エマニュエル・セニエ ロマン・ポランスキー ビル・プルマン お勧め度★★★★★ デンゼル・ワシントン メリッサ・レオ ペドロ・パスカル アントワーン・フークア アレン・ヒューズ アルバート・ヒューズ ミラ・クニス ゲイリー・オールドマン カルラ・ブルーニ ウディ・アレン レイチェル・マクアダムス オーウェン・ウィルソン ガベ・イバニョス アントニオ・バンデラス ビアギッテ・ヨート・ソレンセン メラニー・グリフィス 橋本一 松田龍平 大泉洋 綾野剛 金子ノブアキ 井上真央 蓮佛美沙子 中村義洋 菜々緒 マーク・フォースター ヘイリー・アトウェル ローリー・ホールデン キム・コーツ クリストフ・ガンズ イライジャ・ウッド ジェニファー・コネリー シェーン・アッカー 小雪 西田敏行 リー・トランド・クリーガー ミキール・ハースマン ブライク・ライヴリー ハリソン・フォード 岩井俊二 奥菜恵 山崎裕太 反田孝幸 瑛太 山崎努 千葉雄大 阿部サダヲ 寺脇康史 伊藤淳史 有村架純 野村周平 土井裕泰 R.マドハヴァン ラージクマール・ヒラーニ カリーナ・カプール シャルマン・ジョシ アーミル・カーン ダコタ・ファニング テリー・ハッチャー ヘンリー・セリック 原田眞人 吉高由里子 二宮和也 木村拓哉 オークワフィナ ケイト・ブランシェット サンドラ・ブロック ミンディ・カリング サラ・ポールソン リアーナ ゲイリー・ロス サイモン・ペッグ ミシェル・モナハン ヘンリー・カヴィル レベッカ・ファーガソン クリストファー・マッカリー トム・クルーズ テイト・テイラー ヘイリー・ベネット ジャスティン・セロー コリン・ファース レニー・ゼルヴィガー パトリック・デンプシー シャロン・マグワイヤ ニコール・キッドマン スタンリー・キューブリック ダグ・ジョーンズ ギレルモ・デル・トロ イバナ・バケロ 斎藤工 西谷弘 伊藤歩 アビゲイル・ブレスリン キャサリン・ゼタ=ジョーンズ スコット・ヒックス アーロン・エッカート ジェイソン・ステイサム クリス・エヴァンス キム・ベイシンガー ウィリアム・H・メイシー デヴィッド・エリス ジョン・レジェンド ライアン・ゴズリング エマ・ストーン 長谷川博己 臼田あさ美 富田靖子 T・J・ミラー ライアン・レイノルズ モリーナ・バッカリン ロバート・ダウニー・Jr クリス・ヘムズワース アンソニー・ルッソ マーク・ラファロ ポール・グリーングラス ジョアン・アレン ジュリア・スタイルズ マット・デイモン デヴィッド・ストラザーン エヴァ・アンダーソン アリ・ラーター ミラ・ジョヴォヴィッチ ローラ ポール・W・S・アンダーソン フランカ・ポテンテ クリス・クーパー ダグ・リーマン 南里侑香 吉岡秀隆 萩原聖人 鈴木千尋 武藤寿美 ローラ・ダーン ティア・レオーニ サム・ニール ジョー・ジョンストン アレッサンドロ・ニヴォラ リチャード・アッテンボロー ジュリアン・ムーア スティーヴン・スピルバーグ ヴァネッサ・リー・チェスター ジェフ・ゴールドブラム ヴィンス・ヴォーン ウィル・フェレル ポール・ラッド フレッド・ウィラード デヴィッド・ケックナー スティーヴ・カレル クリスティナ・アップルゲイト アダム・マッケイ テリーサ・パーマー レイ・ウィンストン エドガー・ラミレス ルーク・ブレイシー エリクソン・コア 滝藤賢一 福山雅治 大根仁 二階堂ふみ 吉田羊 ジェイク・ジレンホール ダンカン・ジョーンズ ヴェラ・ファーミガ ディラン・ミネット コディ・スミット=マクフィー クロエ・グレース・モレッツ マット・リーヴス 橋本愛 佐々木蔵之介 坂口健太郎 ビリー・ボブ・ソーントン 神木隆之介 長澤まさみ 上白石萌音 成田凌 テオ・ジェームズ リチャード・ギア ジェシカ・チャステイン セドリック・ニコラス=トロイアン シャーリーズ・セロン エヴァン・ピーターズ ブライアン・シンガー ローズ・バーン ソフィー・ターナー ニコラス・ホルト タイ・シェリダン ジェニファー・ローレンス オスカー・アイザック ジェームズ・マカヴォイ マイケル・ファスベンダー クリストファー・ウォーケン デクスター・フレッチャー ヒュー・ジャックマン 設楽統 日村勇紀 クリス・ルノー 沢城みゆき 永作博美 ヤーロー・チーニー 竹下景子 香川照之 岡田准一 ジョシュ・ブローリン ジョエル・コーエン イーサン・コーエン ジョージ・クルーニー ジョナ・ヒル チャニング・テイタム アンドリュー・スタントン アンガス・マクレーン 木の実ナナ 柴田恭兵 村川透 舘ひろし 夕輝壽太 吉川晃司 浅野温子 マイケル・キートン ティム・バートン ダニー・デヴィート ミシェル・ファイファー ロバート・ウール ジャック・ニコルソン フランセス・オコナー パトリック・ウィルソン ジェームズ・ワン エディ・レッドメイン チャーリー・コックス ジェームズ・マーシュ フェリシティ・ジョーンズ マキシン・ピーク ジュディ・デイヴィス イアン・ホルム ピーター・ウェラー デヴィッド・クローネンバーグ セス・ローゲン デイヴ・フランコ セレーナ・ゴメス ザック・エフロン ニコラス・ストーラー ケネディ・クレメンツ ギル・キーナン カイル・キャトレット サクソン・シャービノ サム・ロックウェル ローズマリー・デウィット レイグ・T・ネルソン クジョベス・ウィリアムズ トビー・フーパー ヘザー・オルーク オリヴァー・ロビンス ドミニク・ダン ロニー・デル・カルメン エイミー・ポーラー ピート・ドクター トム・ハーディ ウィル・ポールター 高嶋政宏 古田新太 水原希子 濱田岳 向井理 柴咲コウ ナオミ・ワッツ アーミー・ハマー ジェニファー・ガーナー ケビン・コスナー チェン・カイコー ジョセフ・ファインズ ヘザー・グラハム アリエル・ブロメン ガル・ギャドット トミー・リー・ジョーンズ アマウリー・ノラスコ コリン・サーモン マイケル・ピット アントン・イェルチン ミカ・ブーレム アンソニー・ホプキンス スティーヴン・キング マギー・ギレンホール ジェームズ・スペイダー ジェレミー・デイヴィス スティーヴン・シャインバーグ リリー・ウォシャウスキー ラナ・ウォシャウスキー イアン・ゴメス ジョン・コーベット ジョーイ・ファトーン ニア・ヴァルダロス ジョエル・ズウィック ジョシュ・ゴードン ジョン・ヘダー ウィル・スペック ルイ・レテリエ スー・チー ジョン・ステイモス カーク・ジョーンズ ロバート・カーライル ジェレミー・レナー イモージェン・プーツ ファン・カルロス・フレスナディージョ キャサリン・マコーマック ダニー・ボイル ザック・スナイダー ガル・ガドット ダイアン・レイン ジェシー・アイゼンバーグ エイミー・アダムス ベン・アフレック マイルズ・テラー アンセル・エルゴート ロベルト・シュヴェンケ シャイリーン・ウッドリー リンダ・カーデリーニ マーク・ウォールバーグ ショーン・アンダース エドワード・ジェームズ・ハイランド マーク・ライランス エイミー・ライアン オースティン・ストウェル マイケル・ペーニャ リドリー・スコット 

プロフィール

ロココ

Author:ロココ
いらっしゃいませ。カフェへようこそ!
ここでは素人目線で映画について言いたい放題、アメリカから映画レビューをお届けしています。→日本に帰国しました!
基本はネタバレなし!ゆっくりしていってくださいね。
リンクフリー、TB大歓迎、古い記事でも気軽にコメントして下さい。

PR
クリックしてね☆
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム
コメント欄にはちょっと書きずらいなぁ・・・という方!お気軽にメールください☆

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR