FC2ブログ

スカイスクレイパー (2018) SKYSCRAPER 456本目

高層マンションには住むべきでない!スカイスクレイパー (SKYSCRAPER)7

出演:
ウィル・ソーヤー役  ドウェイン・ジョンソン
サラ・ソーヤー役 ネーヴ・キャンベル

監督:
ローソン・マーシャル・サーバー
お勧め度★★★☆☆

私は今賃貸マンションに住んでいるんだけど、この前お出かけしようとしていたら、偶然エレベーターの点検時間にぶつかってしまった!
しょうがないので、ベビーカーを背負って非常階段で降りたんだけど、これがしんどい、しんどい。
しかも、非常階段はあまり手すりが高くないので、転げ落ちそうで怖かった!
まだ10階以上ではないからマシだけど。
それと忘れ物をした時にいつも思うけど、これがタワーマンションとかだったら、かなり面倒くさいなぁと。
昔会社の同僚ですごく稼いでいる女性が、「私タワマンとか、全然住みたいと思わない。いろいろ不都合が多すぎるし。最高で3階建ての3階」と主張していた訳が解った気がした。
唯一、日本はエレベーターが速いから普段は高層に住んでる感じしないんだよね。
アメリカでは3階でもエレベーターが遅すぎて時々イライライした!
高層マンションに憧れを持っている人にオススメ(?)な映画。

元FBIのウィル。
事故で片足を失った。
その後に同僚のベンから香港の超高層ビルパールのセキュリティ担当を任されることに。
しかしそこにはウィルの知らない思惑があった!!

ザ・ロック(ドウェイン・ジョンソン)が主役ですので、ものすごーくわかりやすいお話です。
もちろん、

ザ・ロック無敵説健在!

大抵のことはやってのけます!
ビルへの飛び移りだって、火の中だって行きますとも!
この映画はもちろんオリジナルスクリプトですが、「ダイ・ハード」、「タワーリング・インフェルノ」や「逃亡者」の影響をいろいろ受けているようで、見る人が見たら、「あ!このシーンは!」と思うのでは?

映画だとわかっていても、ちょっと高所恐怖症の私はゾワゾワするシーンが沢山あった!
それも楽しめる程度にゾワゾワしました。

しかし、よくわからないのが、同僚ベンの行動。
別にウィルを巻き込まなくても自分でいろいろやればいいのに、って思うのですが、恨みをはらす!って感じでしょうか?
その辺の動機がイマイチ弱かった。
そしてベンは意外とそんなにワルじゃない気がして、可哀想な人でした。

ウィルの危険な行動を大画面で道端の人達が見ているシーンがあるのですが、ウィルがやってのけた瞬間に歓声が沸き上がる
まさに、そういう気分でこちらも映画を見ています。
ハラハラドキドキ!
楽しい映画です。

主役のドウェイン・ジョンソン。
Dwayne_Johnson_2,_2013
皆さんご存知の通りのマッチョガイ。
彼はやっぱりハンサムだからいんだよね~!

そして奥さん役になんとネーヴ・キャンベル。
300px-Neve_Campbell_04_(21268333696).jpg
彼女と言えば90年代に大ヒットした「スクリーム」の主演女優。
ただ、最近は見ないなぁと思っていたら、アメリカからロンドンに引っ越していたみたいです。
訳もわからぬままヒットを飛ばしていた彼女にはその頃やっぱりホラー映画やバッドロマンスのコメディーばかり出演依頼が来て、2000年代は仕事を選んでいたようです。
2011年にスクリーム4に出演してからかなりご無沙汰でしたが、とってもカッコ良いお母さん役。
役柄として、軍のお医者さんだった経歴があり、ちょっとしたアクションもあり、ただ守られているだけの女、ではありません!

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
とーってもわかりやすいお話。
頭を使わずにワクワク楽しみたい時におすすめの映画です!

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング


スポンサーサイト



秒速5センチメートル (2007) 454本目

音楽PVでないことを祈る  秒速5センチメートル

出演:
遠野 貴樹役  水橋研二
篠原 明里役  近藤好美
澄田 花苗役 花村怜美

監督:
新海誠
お勧め度★★★☆☆

この前、「君の名は。」がテレビで放送されてましたね!
実はこの時、うちのBossが重大な告白を!
「実はさ、この映画、あんまり意味がわからなかったんだよね」
だって!
まさかの!
仕方がないので、いろいろ説明しながらまた見ました。
うん、なかなか面白い。
よくできたアニメです。

その頃、他にも「ほしのこえ」「雲のむこう、約束の場所」なども見て、さらにこの「秒速5センチメートル」も見ていたのだけれど、レビューしていなかったので、再視聴しました!

東京の小学校に通う貴樹と明里。
明里の引っ越しをきっかけに、学校は離れてしまうが、文通を続けていた。
ある日、貴樹も引っ越しをすることになり、貴樹は思い切って明里に会いにいくことに。
そこから2人が大人になるまでの物語。

この映画は「桜花抄」、「コスモナウト」、「秒速5センチメートル」の三作からなる映画です。
貴樹はこの三作すべてに登場します。

まずなんか、このタイトルがカッコいいよね

いったい何のことなんだろう?と興味をそそられます。
映画の始まりですぐに語られますが、「桜の花びらが舞い落ちる速度」だそうです。

1つ目の「桜花抄」は中学生になった貴樹が東京から栃木へ明里に会いに行く話。
確かに栃木って、東海道線で一直線だけど、中学生にしたら微妙に遠い距離なんだろうね。
雪のせいで遅延したりして不安が募ります
この貴樹という主人公、ナレーションは過去の自分を振り返っているのか、それとも中学生の貴樹の心の声なのかわかりませんが、

こんな中学生いる?ポエマーか!

僕たちの前には未だ巨大すぎる人生が、茫漠とした時間がどうしようもなく横たわっていた。

とか言う?
中2だからか?

女の子ならわかるけど、男の子がこんな考え方するかね?
とにかくリアリティーがない。
貴樹を見てるとむず痒くてしょうがない

あと、冬に暖房のない小屋で寝たら

寝るなー!死ぬぞ!

流石に一泊する予定ではなかったと思うのだけど、親に連絡もせずに平気なのかね?
どうでも良いことが凄く気になる映画でした。

二つ目は「コスモナウト」。
種子島で高校生になっている貴樹。
新しく花苗というカワイイ女子が登場します。
このころ貴樹はさらに辛気臭くなっていて、

花苗はいったい貴樹のどこが好きなの?

しかも一緒に帰ろう!なんて思わせぶりな貴樹。
嫌だなぁ。

三つめは「秒速5センチメートル」。
映画のタイトルになっているほどだから、このエピソードが一番大事なんだろうと思いきや。
なんと若干15分!
しかもセリフはほとんどなく、大部分が音楽。

これ、PVじゃないよね?

音楽は山崎まさよしの名曲「One more time, One more chance」。
この曲は確かに素晴らしい。
でも言わせてほしい。
そもそもこの曲は別の映画のために作られた曲で、「月とキャベツ」というこの曲の映画がすでにあるのに!

これは「月とキャベツ」の音楽なんですよ!

いやあ、もう1996年の映画だし、今の若者は知らないだろうし、みんなも忘れているだろうから、ってこと?
実際、2005年にこのシングルは生産終了してるから、新しく発売して良いでしょう!ってこと?
皆の記憶が「月キャベ」から「秒速」の主題歌へと変わっていくのですね・・・

しかし、確かにこの映画にピッタリとした曲と歌詞。(いや、そういう風に作ったんだろうけど)
この楽曲を見つけて「これだ!」と思ったのか。
最後は思いっきり音楽堪能させてくれますし。

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
なんだか鬱々とした映画なのですが、とにかく美しいということは言えます。
そして、PV風に映像を作っちゃうところは「君の名は。」にも繋がるような気がします。
このどうしようもない結末がちゃんと「君の名は。」で改修されたということで、必要な経緯だったのでしょう!

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング



トランス・ワールド (2013) ENTER NOWHERE 453本目

人生をやり直せるとしたら トランス・ワールド (ENTER NOWHERE)

出演:
ジョディ役 サラ・パクストン
トム役 スコット・イーストウッド
サマンサ役 キャサリン・ウォーターストン
ハンス役 ショーン・サイポス
ケヴィン役 クリストファー・デナム

監督:
ジャック・ヘラー
お勧め度★★★☆☆

全然関係ない話ですが
今世間を騒がせている二人の芸人。
いろんな意見があっていいと思うのですが、とにかく私は「アメトーーク」にお世話になったので、この番組だけはなくなってほしくないです。
アメリカでも日本でも、いつも見てました。
ビデオに撮ったものを見たり、DVDも持っていて、同じエピソードを何度も見たりもしてます。
とにかく辛い時、笑いという力で幸せをくれた番組。
そこにMCのあの二人は絶対に必要な存在だった。
だから、早くまた笑わせてよ!と思ってます

さて、通常営業に戻ります!

ガス欠でガソリンを買いに行ったまま戻ってこない夫を待つサマンサ、同じく車のトラブルに見舞われたトム、そして、恋人と銀行強盗をしたばかりのジョディ。
この三人が同じように森に迷い込み、不思議な体験をする。

なにかと話題だったらしいこの映画。
低予算ながら高評価だったので、「どれどれ」と視聴

うんうん、確かに面白かった!

3人に感じる違和感。
それがこの映画の最大のヒントです。
私は最初にこの映画を見た瞬間、サマンサが1人だけ「なんか違う」って思った。
なんとなく、です。
髪型や服装、メイクなど。
流石に、トムとジュディの違いについてはわからなった

いろいろ書いちゃうとすぐにネタバレにつながっちゃうので、やめときます。
これは前情報なしで見て欲しい!
ただ、最初のジュディの強盗シーンはとても重要なので、よく見ておいて欲しいです。

トム役のスコット・イーストウッド。
285px-Scott_Eastwood_52nd_Annual_Publicists_Awards_-_Feb_2015_(cropped).jpg
そうです、クリント・イーストウッドの息子さん。
やけにハンサムな人だなぁと思っていたら!
そして、ちょっとだけマイケル富岡に似てる・・・

二世は彼だけではありません。
サマンサ役のキャサリン・ウォーターストンはサム・ウォーターストンの娘。
285px-Katherine_Waterston_2015_Film_Independent_R6i4MCPQAsql.jpg
ついでにジョディ役のサラ・パクストンはビル・パクストンの娘、ではなく、親戚だそうです。
とにかくサラブレッドが集まったこの映画。
低予算ながら質の高い映画に見えるのはそのせいか?!

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
こちらも結末がすごーく気になった映画でした。
あっという間に見れて、きちんとまとまっているので、スッキリします。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

LOOPER/ルーパー (2013) LOOPER 452本目

未来の自分に会えるとしたら LOOPER/ルーパー (LOOPER)

出演:
ジョー役 ジョセフ・ゴードン=レヴィット
オールド・ジョー役  ブルース・ウィリス
サラ役 エミリー・ブラント

監督:
ライアン・ジョンソン
お勧め度★★★☆☆

タイムループもの大好きなのですが、どうしてもストーリー的には目新しいものはなくなちゃう。
この映画は舞台をすでに未来にすることで、ちょっとしたルールを設けて、なんとなく新しさを出してるんだね

舞台は2044年のカンザス州。
ジョーは未来の犯罪組織の依頼で過去にタイム・トラベルしてくる標的を処理する殺し屋、通称「ルーパー」。
しかしある日、未来から自分がタイムトラベルしてくる!

こちら、ちゃんと設定を理解しないと、全然面白くない映画になっちゃいます。
まず、舞台はすでに未来の2044年。
だけどまだタイムトラベルは開発されていません。
それから30年後(2074年)にタイムトラベルは開発されるのだけれど、30年後、今度は犯罪組織にとって人を殺すことができなくなります。
それはナノマシンによる追跡技術が発達して、闇社会で人を殺してもすぐにばれてしまうので、殺すことが難しくなってしまいます。
同時に30年後にタイムトラベルが開発されても、すぐに違法となり、基本的には使えない状態に。
そこに目を付けた悪い奴らが、自分の殺したい人間をタイムトラベルで過去に送り、ルーパーに殺させるという仕事をやり始めます。
しかし、ルーパーにはもう一つの条件があり、30年後にこの秘密を葬るために自分が過去に送られ、過去のルーパーである自分自身に殺される。
これを「ループを閉じる」という。
この条件のもとでルーパーという仕事をしています。

普通のルーパーは自分自身が過去に送られてくると、金塊を背負っているので、これで「ループが閉じられた」とわかる。
そこから30年しか生きられないことを意味します。
でもその30年を有意義に過ごして死を迎え、契約終了。
そういう条件です。

シビアな職業だなぁ!

だってさ、20代だったとして、50代ってまだまだ若いよ。
60代だったとしても、これから第二の人生楽しむ時期よ。
それなのに、余命が決定してしまうなんて。
やってらんない。

映画ではちゃんと契約を履行して、30年間を過ごすジョーと、未来からやってきて過去を変えようとするジョーが交錯するので、少々解りずらいかもしれませんが、かなり解り易く描かれていると思う。
なかなか面白かった!

舞台がカンザスっていうのもいいよね。
未来になってもやっぱり田畑がある。
どんなにテクノロジーが進んでも農業は廃れないということか?

さてさて、この映画では主人公のジョーをジョセフ・ゴードン=レヴィット、年を取ったジョーをブルース・ウィリスが演じています。
Joseph_Gordon-Levitt_TIFF_2012.jpgBruce_Willis_by_Gage_Skidmore.jpg

この2人、全然似てない!
そりゃそうだ。
でも、この映画でジョセフを見たら、なんだかいつもと違うなぁ、と。
「500日のサマー」などでもお馴染みの甘いマスク。
可愛らしい顔つきが変わっている!
それもそのはず、ブルース・ウィリスに似せて特殊メイクしてるんだって!
唇の感じとか、奥二重の感じとか、似せています。

だとしても似てない!

ブルース・ウィリスもブルームン探偵社の頃から大好きだけど、彼の若いころとは全然違うので、しょうがない。
いつからそんなに髪がうすくなっちゃう設定なんだろ
未来から来た自分がハゲだったら、それなりにショックでしょうね

そしてこの映画に登場する重要人物シド君。
クソ生意気なガキだというのに、

とにかくカワユイ!

ちょっとした仕草が可愛いです。

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
一体どんな結末になるのだろう?とワクワクしながら見ました。
この映画はいろんな賞にノミネートされたり、受賞したり。
かなり使い古されているタイムリープもので、新しさを出すって、やっぱりすごいよね。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング



幸せなひとりぼっち (2016) EN MAN SOM HETER OVE 451本目

ひとりぼっちじゃない! 幸せなひとりぼっち (EN MAN SOM HETER OVE)

出演:
オーヴェ役 ロルフ・ラッスゴード
ソーニャ役 イーダ・エングヴォル
パルヴァネ役 バハール・パルス

監督:
ハンネス・ホルム
お勧め度★★★☆☆

私は老後に1人になりたくない、死ぬとき一人でいたくない派です。
普段は一人が大好きなんだけれど、先の事を考えて、やっぱりパートナーはいた方がいい、子供も持てるのならば持った方がいいという結論に達しました
でも何かの事情で家族がみんないなくなってしまうことってあると思う。
そういう時、やっぱりひとりぼっちにはなりたくない。
そのためには隣人を大切にしなきゃね。

妻に先立たれ、会社もクビになったオーヴェ。
自分がやるべきことは妻の後を追う事。
それなのに、なにかと邪魔が入る!!

心温まるコメディードラマです

だいたい話の筋は予想がつくと思いますが、とってもほっこりします。
主人公のオーヴェはとにかく頑固な偏屈ジジイ。
それなのに、なぜか皆から好かれる、というか気にされるという不思議な存在。
序盤、とても疑問に思います。

なんでこんな性格の悪いジジイになってしまったんだ?!

でも、やっぱりいい所、ある。
曲がったことが大嫌い。
ただ、ちょっと頑固なだけ。
「いい話」エピソードが盛りだくさんなので、心が温かくなるポイントがいっぱい

こういう映画見て、「なんだよ、つまらん」と思う人もいるでしょうけど。
私は好きだなぁ。
イイ話っていっぱい聞きたい。
次のエピソードが気になって、小さくワクワクしちゃう。
もちろん、大きな事件は何にもおきませんけど。

私の好きな所は、この爺さんが、車に関してもかなり頑固なこと。
サーブやボルボはスウェーデンの車。
今は亡き、サーブ
そしてボルボも今や中国の会社
国産車を愛する人々は外国でも同じだね。

この映画では彼の半生をちょこちょこと振り返ります。

父親の生涯、衝撃的

ぶったまげました。

ちょっと疑問だったのは、隣人が施設へ行くことを拒んでいるということ。
どうやら施設の人間があまり良い人ではなさそうだし、なんとなくきな臭いのだけれど、それでも老夫婦で介護をするということはとても難しい。
この辺り、もっと詳細を知りたかったけれど、わからず、あまり共感できませんでした。

それと最初に疑問になるのが、

なぜ素晴らしい奥さんがこんな頑固ジジイと結婚したか

もちろん、最初からジジイだったわけでもなく。
回想からその理由がわかります。

なぜキッチンをリノベしたのか?
役所へなぜ手紙を送ったのか?
彼の心臓の問題とは?

最後に全部の謎が解けて、とてもスッキリ終わります。
そして頑固ジジイのことがなぜか好きになります。

そういう映画です。

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
スウェーデンでは凄いヒットしたとか。
わかる。
見て損はないです。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

関連タグ

新海誠 お勧め度★★★☆☆ 水橋研二 近藤好美 花村怜美 ローソン・マーシャル・サーバー ネーヴ・キャンベル ドウェイン・ジョンソン サラ・パクストン スコット・イーストウッド クリストファー・デナム ジャック・ヘラー ショーン・サイポス キャサリン・ウォーターストン エミリー・ブラント ブルース・ウィリス ジョセフ・ゴードン=レヴィット ライアン・ジョンソン イーダ・エングヴォル ハンネス・ホルム ロルフ・ラッスゴード バハール・パルス お勧め度★★★★☆ トム・ティクヴァ サリタ・チョウドリー アレクサンダー・ブラック トム・ハンクス 白石晃士 三浦誠己 お勧め度★☆☆☆☆ 川島鈴遥 デヴィッド・モース D・J・カルーソー シャイア・ラブーフ アーロン・ヨー サラ・ローマー ロバート・デ・ニーロ ブラッドリー・クーパー ニール・バーガー アビー・コーニッシュ サム・クラフリン エミリア・クラーク テア・シャーロック キャサリン・ハードウィック ドリュー・バリモア トニ・コレット 小泉今日子 永瀬正敏 ロドリゴ・グランデ レオナルド・スバラーリャ クララ・ラゴ お勧め度★★☆☆☆ レスリー・ビブ ブルック・シールズ 北村龍平 満島ひかり 中村優子 堺雅人 クヒオ大佐役 吉田大八 松雪泰子 ティモシー・ギブス ダーレン・リン・バウズマン ジム・スタージェス ロネ・シェルフィグ アン・ハサウェイ 入江悠 藤原竜也 伊藤英明 仲村トオル セス・マクファーレン リース・ウィザースプーン マシュー・マコノヒー タロン・エガートン トリー・ケリー スカーレット・ヨハンソン デニス・クエイド ラッセ・ハルストレム ジョニー・フリン ケイト・バーカー=フロイランド 尾野真千子 小栗旬 妻夫木聡 西島秀俊 竹内結子 大沢たかお 佐藤祐市 キット・ハリントン アデレイド・クレメンス ショーン・ビーン マイケル・J・バセット ラダ・ミッチェル ロージー・デイ ラウル・ボバ エラ・レムハーゲン サラ・ジェシカ・パーカー 山田孝之 ピエール瀧 リリー・フランキー 白石和彌 阿部寛 市村正親 北村一輝 上戸彩 宍戸開 ユアン・マクレガー グヴィネス・パルトロー デヴィッド・コープ ジョニー・デップ 宮崎あおい 佐々部清 渡辺謙 レオナルド・ディカプリオ クリストファー・ノーラン モーガンフリーマン スティーブン・カンパネッリ オルガ・キュリレンコ カトリーヌ・ドヌーヴ ピリ・グロワーヌ ブノワ・ポールヴールド ジャコ・ヴァン・ドルマル エマニュエル・セニエ ロマン・ポランスキー ビル・プルマン お勧め度★★★★★ デンゼル・ワシントン メリッサ・レオ ペドロ・パスカル アントワーン・フークア アレン・ヒューズ アルバート・ヒューズ ミラ・クニス ゲイリー・オールドマン カルラ・ブルーニ ウディ・アレン レイチェル・マクアダムス オーウェン・ウィルソン ガベ・イバニョス アントニオ・バンデラス ビアギッテ・ヨート・ソレンセン メラニー・グリフィス 橋本一 松田龍平 大泉洋 綾野剛 金子ノブアキ 井上真央 蓮佛美沙子 中村義洋 菜々緒 マーク・フォースター ヘイリー・アトウェル ローリー・ホールデン キム・コーツ クリストフ・ガンズ イライジャ・ウッド ジェニファー・コネリー シェーン・アッカー 小雪 西田敏行 リー・トランド・クリーガー ミキール・ハースマン ブライク・ライヴリー ハリソン・フォード 岩井俊二 奥菜恵 山崎裕太 反田孝幸 瑛太 山崎努 千葉雄大 阿部サダヲ 寺脇康史 伊藤淳史 有村架純 野村周平 土井裕泰 R.マドハヴァン ラージクマール・ヒラーニ カリーナ・カプール シャルマン・ジョシ アーミル・カーン ダコタ・ファニング テリー・ハッチャー ヘンリー・セリック 原田眞人 吉高由里子 二宮和也 木村拓哉 オークワフィナ ケイト・ブランシェット サンドラ・ブロック ミンディ・カリング サラ・ポールソン リアーナ ゲイリー・ロス サイモン・ペッグ ミシェル・モナハン ヘンリー・カヴィル レベッカ・ファーガソン クリストファー・マッカリー トム・クルーズ テイト・テイラー ヘイリー・ベネット ジャスティン・セロー コリン・ファース レニー・ゼルヴィガー パトリック・デンプシー シャロン・マグワイヤ ニコール・キッドマン スタンリー・キューブリック ダグ・ジョーンズ ギレルモ・デル・トロ イバナ・バケロ 斎藤工 西谷弘 伊藤歩 アビゲイル・ブレスリン キャサリン・ゼタ=ジョーンズ スコット・ヒックス アーロン・エッカート ジェイソン・ステイサム クリス・エヴァンス キム・ベイシンガー ウィリアム・H・メイシー デヴィッド・エリス ジョン・レジェンド ライアン・ゴズリング エマ・ストーン 長谷川博己 臼田あさ美 富田靖子 T・J・ミラー ライアン・レイノルズ モリーナ・バッカリン ロバート・ダウニー・Jr クリス・ヘムズワース アンソニー・ルッソ マーク・ラファロ ポール・グリーングラス ジョアン・アレン ジュリア・スタイルズ マット・デイモン デヴィッド・ストラザーン エヴァ・アンダーソン アリ・ラーター ミラ・ジョヴォヴィッチ ローラ ポール・W・S・アンダーソン フランカ・ポテンテ クリス・クーパー ダグ・リーマン 南里侑香 吉岡秀隆 萩原聖人 鈴木千尋 武藤寿美 ローラ・ダーン ティア・レオーニ サム・ニール ジョー・ジョンストン アレッサンドロ・ニヴォラ リチャード・アッテンボロー ジュリアン・ムーア スティーヴン・スピルバーグ ヴァネッサ・リー・チェスター ジェフ・ゴールドブラム ヴィンス・ヴォーン ウィル・フェレル ポール・ラッド フレッド・ウィラード デヴィッド・ケックナー スティーヴ・カレル クリスティナ・アップルゲイト アダム・マッケイ テリーサ・パーマー レイ・ウィンストン エドガー・ラミレス ルーク・ブレイシー エリクソン・コア 滝藤賢一 福山雅治 大根仁 二階堂ふみ 吉田羊 ジェイク・ジレンホール ダンカン・ジョーンズ ヴェラ・ファーミガ ディラン・ミネット コディ・スミット=マクフィー クロエ・グレース・モレッツ マット・リーヴス 橋本愛 佐々木蔵之介 坂口健太郎 ビリー・ボブ・ソーントン 神木隆之介 長澤まさみ 上白石萌音 成田凌 テオ・ジェームズ リチャード・ギア ジェシカ・チャステイン セドリック・ニコラス=トロイアン シャーリーズ・セロン エヴァン・ピーターズ ブライアン・シンガー ローズ・バーン ソフィー・ターナー ニコラス・ホルト タイ・シェリダン ジェニファー・ローレンス オスカー・アイザック ジェームズ・マカヴォイ マイケル・ファスベンダー クリストファー・ウォーケン デクスター・フレッチャー ヒュー・ジャックマン 設楽統 日村勇紀 クリス・ルノー 沢城みゆき 永作博美 ヤーロー・チーニー 竹下景子 香川照之 岡田准一 ジョシュ・ブローリン ジョエル・コーエン イーサン・コーエン ジョージ・クルーニー ジョナ・ヒル チャニング・テイタム アンドリュー・スタントン アンガス・マクレーン 木の実ナナ 柴田恭兵 村川透 舘ひろし 夕輝壽太 吉川晃司 浅野温子 マイケル・キートン ティム・バートン ダニー・デヴィート ミシェル・ファイファー ロバート・ウール ジャック・ニコルソン フランセス・オコナー パトリック・ウィルソン ジェームズ・ワン エディ・レッドメイン チャーリー・コックス ジェームズ・マーシュ フェリシティ・ジョーンズ マキシン・ピーク ジュディ・デイヴィス イアン・ホルム ピーター・ウェラー デヴィッド・クローネンバーグ セス・ローゲン デイヴ・フランコ セレーナ・ゴメス ザック・エフロン ニコラス・ストーラー ケネディ・クレメンツ ギル・キーナン カイル・キャトレット サクソン・シャービノ サム・ロックウェル ローズマリー・デウィット レイグ・T・ネルソン クジョベス・ウィリアムズ トビー・フーパー ヘザー・オルーク オリヴァー・ロビンス ドミニク・ダン ロニー・デル・カルメン エイミー・ポーラー ピート・ドクター トム・ハーディ ウィル・ポールター 高嶋政宏 古田新太 水原希子 濱田岳 向井理 柴咲コウ ナオミ・ワッツ アーミー・ハマー ジェニファー・ガーナー ケビン・コスナー チェン・カイコー ジョセフ・ファインズ ヘザー・グラハム アリエル・ブロメン ガル・ギャドット トミー・リー・ジョーンズ アマウリー・ノラスコ コリン・サーモン マイケル・ピット アントン・イェルチン ミカ・ブーレム アンソニー・ホプキンス スティーヴン・キング マギー・ギレンホール ジェームズ・スペイダー ジェレミー・デイヴィス スティーヴン・シャインバーグ リリー・ウォシャウスキー ラナ・ウォシャウスキー イアン・ゴメス ジョン・コーベット ジョーイ・ファトーン ニア・ヴァルダロス ジョエル・ズウィック ジョシュ・ゴードン ジョン・ヘダー ウィル・スペック ルイ・レテリエ スー・チー ジョン・ステイモス カーク・ジョーンズ ロバート・カーライル ジェレミー・レナー イモージェン・プーツ ファン・カルロス・フレスナディージョ キャサリン・マコーマック ダニー・ボイル ザック・スナイダー ガル・ガドット ダイアン・レイン ジェシー・アイゼンバーグ エイミー・アダムス ベン・アフレック マイルズ・テラー アンセル・エルゴート ロベルト・シュヴェンケ シャイリーン・ウッドリー リンダ・カーデリーニ マーク・ウォールバーグ ショーン・アンダース エドワード・ジェームズ・ハイランド マーク・ライランス エイミー・ライアン オースティン・ストウェル マイケル・ペーニャ リドリー・スコット 

プロフィール

ロココ

Author:ロココ
いらっしゃいませ。カフェへようこそ!
ここでは素人目線で映画について言いたい放題、アメリカから映画レビューをお届けしています。→日本に帰国しました!
基本はネタバレなし!ゆっくりしていってくださいね。
リンクフリー、TB大歓迎、古い記事でも気軽にコメントして下さい。

PR
クリックしてね☆
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム
コメント欄にはちょっと書きずらいなぁ・・・という方!お気軽にメールください☆

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR