スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インサイド・ヘッド (2015) INSIDE OUT 344本目

汚れきった私にはJOYがちょっとウザイ インサイド・ヘッド (INSIDE OUT)

出演:
ヨロコビ役 エイミー・ポーラー

監督:
ピート・ドクター
ロニー・デル・カルメン
お勧め度★★★☆☆

"Road Rage"って知ってる?
アメリカでは車に乗っていて、追い越しとかクラクション鳴らされたりした時に突然怒り出して、相手の運転手をボコボコにしたりする事件が問題になっている。
最近ではYoutubeとかがあるから、一部始終を録画されてたりするけれど、これは最近起こっていること、というより、長い間アメリカでは問題になっていたこと。
本当にアメリカ人のキレどころって謎。
レジで延々待たされたり、ケーブルテレビや電気、ガス会社の人がいい加減な仕事したり、レストランで酷いサービスを受けたりしても全然怒らないくせに、運転してるとキレる人が多い。
車の窓から酷い言葉で罵ったり、中指を建てるのは日常茶飯事
私はそこまでのはさすがにないけれど、悔しかったのは、Uターン禁止の場所でUターンしてきたトラックの運ちゃんに、そっちが悪いのにも関わらず"What the Fxxx??"っていう顔をされたこと。
そこがUターン禁止と知らず、なぜか自分が悪いと一瞬でも思った私がバカだった。
とにかく最初に謝るな!と教えられているアメリカ人は自分が悪いと思っていても謝らない。
こういう文化、良くないよね。
自分が悪いと思ったら謝るべきだと思う。
それ、人間として最低限のマナー。
「セトモノとセトモノと
ぶつかりっこするとすぐこわれちゃう
どっちかやわらかければだいじょうぶ
やわらかいこころをもちましょう
そういうわたしはいつもセトモノ」 (by相田みつを)
世界中から怒りがなくなれば、もっとみんなが幸せになれるのかな?
そういうわけで、感情のお話。

11歳の少女ライリーの頭の中にはヨロコビ、イカリ、ムカムカ、ビビリ、そしてカナシミが住んでいる。
ミネソタからサンフランシスコに引っ越してきたライリーはいろんな事がうまくいかない。
そして、ある日カナシミとヨロコビが思い出ボールを吸い込むチューブに吸い込まれて行っちゃったから、さあ大変!
ライリーの頭の中はごちゃごちゃに、そして、両親にも反抗してしまうライリー。
あんなに楽しかったミネソタ時代の自分はどこへ?
そして、カナシミとヨロコビは無事に戻ってこれるのか?

コンセプトが面白い!

確かにこういう話、どこかにあったかも。
でも、感情という名前のキャラクターが別の世界に存在するというだけでなく、その中で超重要と思われる「ヨロコビ」と、まあ、いなかったらいなくていいよ、って思う「カナシミ」が2人ともいなくなっちゃう!っていうところが面白い。
そこから冒険ストーリーが始まる。
ただ、正直、期待していたほどではなかった
なんかさ、「ヨロコビ」の仕切りたがりや、テンション高い感じとかがなんだかうざかった。
それ以上に「カナシミ」の余計なことする態度に腹が立ったけど。
しかも、もっと近道があったような気がするのに、やたら遠回りするし。
やっぱりちょっと子供向けなのかなぁと思う。
どの感情も同じ立ち位置だと思っていたら、やたら「ヨロコビ」が前に前にきていたから、汚れた大人の私には、素直に納得できなかった。
でもよく見てみると、お母さんの頭の中ではみんな同じように落ち着いて座っていたし(むしろ「カナシミ」が仕切っていたような・・・)、誰かの頭の中では「イカリ」しかいなかったり、たぶん人それぞれによって違うんだろう。
ライリーは基本、喜びにあふれた子供だから、「ヨロコビ」が仕切りまくってるのかな?
そう考えると子ども達の頭の中は「ヨロコビ」に頑張ってほしいと願うけど。

ミネソタからサンフランシスコに引っ越してきたライリーの気持ち、すごくよくわかる。
田舎から出てきて自分の知らない街で、自分の知らないクラスメートの中、簡単にサバイブできない気持ち。
ちょっとしたことが上手くいかなくなって、両親に八つ当たり。
どんどん嫌いな自分になる。
そして、自分に言い訳したくなる

途中に出て来るビンボンという空想の友達。
かなり胡散臭い
でも、こいつがなかなかいい奴で、最後、泣かせてくれました。
その辺りの王道のストーリーは絶対に外さないディズニー。

ヨロコビ役はこの人、エイミー・ポーラー。
Amy_Poehler_2012.jpg
コメディー女優として有名。
だからなんだかやたら自己主張が強いのか!
彼女といえば、深刻な水不足が続いているここ南カリフォルニアで去年の夏に水を1日に12,000ガロン(まあ、とにかく物凄い量です)を使ったとして、名指して怒られた人
ちなみに、普通の人の1日の使用量は約196ガロン。
いったい何にそんなに使ったんだか・・・。
レストランの水も、流れるホースを使った家での洗車も、スプリンクラーの昼間の使用などもかなり厳しく制限されていたというのに、この贅沢。
豪邸のあちこちで水を出しっぱなしにしてたのかしら。
まあ、とにかく、彼女らしい勢いのある演技です。

もしも急に怒りが込み上げたり、怖い気持ちになっても、きっと頭の中の彼らがそういう行動をしているだけ。
「ヨロコビ」がいるから大丈夫って思えたら、子ども達も気持ちが楽になるかもね。
そして、どうして「カナシミ」があるのかっていう疑問にも素敵な答えを出している

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
とっても人気のこの映画。
子ども達と一緒に見るのがオススメ。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

俺たちフィギュアスケーター (2007) BLADES OF GLORY 326本目

リアル感ゼロ! 俺たちフィギュアスケーター (BLADES OF GLORY)

出演:
チャズ・マイケル・マイケルズ役 ウィル・フェレル
ジミー・マッケルロイ役 ジョン・ヘダー
フェアチャイルド・ヴァン・ウォルデンバーグ役 エイミー・ポーラー

監督:
ウィル・スペック
ジョシュ・ゴードン
お勧め度★★★☆☆

ちょっと季節感が全然ないけど、ニューヨークだけでなく、アメリカでは冬になるといたるところにスケート場が登場します。
なんと!雪もふらなければ昼間は半袖の人を見かけることもある、ここ、南カリフォルニアでももちろん!
うちの近くのモールにも仮設のスケート場が登場します。
まあ、みんな好きなのね。
私は正直スケートは好きじゃない。
というか、上手に滑れないから、疲れる・・・。
冬のスポーツは基本的に苦手です。
海で遊ぶ方が好きかな。
熱心なフィギュアファンが見たら絶対怒るよ!っていう映画

マイケルとジミ―はアメリカのトップフィギュアスケーター。
ある事件をきっかけにフィギュア界を追放された2人。
そんな2人が競技に復活できるたった一つの道が残されていた。
それが、ペアでの出場だった?!

私は全然フィギュアスケートについて詳しくないけど・・・それでもわかるよ。

かなりインチキフィギュア!

まあ、いいんです、それで。
どう見てもアメリカのトップスケーターとは思えない2人が、なぜか優勝争いをするというところから始めるこの映画。
マジで、本当にフィギュア好きが見たら怒りそうだけど、これ、コメディーだから、ね。
それでも主演のウィルとジョンはこのためにプロの元でスケートを練習したとか。
私は全然滑れないから、そういう意味では練習してこれだけの技術を習得したと思ったら、それだけで結構凄い。

この映画の面白いところは、2人が頂点から落っこちて、そこからまた這い上がるというサクセスストーリー。
でも、フィギュア界を追放された2人がどうやってカムバックしてきたかって?
そこがまた面白い!
意外な人物の助けを借りて復活します。
その辺り、結構良くできた話だなぁと感心。
そして、ライバルのウォルデンバーグ兄妹とのふざけた争いも楽しい
まあ、とはいっても、それほど奥の深いお話ではなく、軽い気持ちで見れる楽しい映画です。

主演のチャズ・マイケル・マイケルズ(名前がもうふざけてる・・・)役のフィル・ファレル。
Will_Ferrell_2013.jpg
確かに若いけど、それでもその体型ではフィギュアスケーターとは呼べないよ
その辺りのリアル感がゼロなところも好き。

そして、ジミー・マッケルロイ役のジョン・ヘダー。
Jon_Heder_by_Gage_Skidmore.jpg
この人の方が、ちょっと本当にフィギュアスケーターに見えるスタイルの良さ。
でも、もちろん、素人。
こんな面白い人、いたんだって思った。
あんまり知っている映画に出演していなかったので、全然知らなかった・・・。
しかも最近では声優としての活躍のほうが多いみたいで。
ちょっとYOSHIKIに似てる・・・。
YOSHIKIがこんなすっとんきょうなことをしている・・・と考えるだけで面白い
この人、映画の中で日本語を話すシーンがあるのだけれど、実はモルモン教の宣教師として2年ほど日本に住んでいたとか。
他にもコミコンで日本語をちょっとだけ話したりしてました!
だから、あの日本語のシーンは彼の独自の日本語だった!
映画の中のクジャクの衣装。
これを見て、「こんなふざけた衣装あるか!」と思ったあなた、アメリカでは有名なフィギュアスケーター、ジョニー・ウィアーのスタイルを真似していて、彼の2006年のオリンピックで着ていた白鳥のコスチュームにヒントを得ているとか。
まあ、あんなふざけた踊りではないと思うけどね・・・。
ちょっとジョニー・ウィアーとジミーが似てると思った方は鋭い!

フィギュア好きなら、他にも現役および引退した選手がちょこちょこと出演しているらしく、それも楽しめるみたい

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
邦題の「俺達・・・」は明らかに「俺達ニュースキャスター」から引っ張ってきてるね・・・。
その後のウィル・フェレルの映画の邦題が原題とは全然関係ないのに「俺達」シリーズになってる!
邦題、好きに遊んでるね・・・。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

関連タグ

お勧め度★★★☆☆ デヴィッド・ストラザーン マット・デイモン ジョアン・アレン ポール・グリーングラス ジュリア・スタイルズ ミラ・ジョヴォヴィッチ エヴァ・アンダーソン ローラ アリ・ラーター ポール・W・S・アンダーソン お勧め度★★★★☆ フランカ・ポテンテ ダグ・リーマン クリス・クーパー 新海誠 吉岡秀隆 萩原聖人 南里侑香 鈴木千尋 武藤寿美 サム・ニール ローラ・ダーン アレッサンドロ・ニヴォラ ティア・レオーニ ジョー・ジョンストン ウィリアム・H・メイシー ジェフ・ゴールドブラム スティーヴン・スピルバーグ ヴァネッサ・リー・チェスター リチャード・アッテンボロー ジュリアン・ムーア ヴィンス・ヴォーン ウィル・フェレル アダム・マッケイ ポール・ラッド フレッド・ウィラード デヴィッド・ケックナー クリスティナ・アップルゲイト スティーヴ・カレル テリーサ・パーマー エリクソン・コア ルーク・ブレイシー レイ・ウィンストン エドガー・ラミレス 滝藤賢一 二階堂ふみ リリー・フランキー 吉田羊 福山雅治 大根仁 ダンカン・ジョーンズ ヴェラ・ファーミガ ミシェル・モナハン ジェイク・ジレンホール クロエ・グレース・モレッツ マット・リーヴス コディ・スミット=マクフィー ディラン・ミネット 坂口健太郎 橋本愛 佐々木蔵之介 中村義洋 竹内結子 D・J・カルーソー ビリー・ボブ・ソーントン シャイア・ラブーフ 上白石萌音 成田凌 神木隆之介 長澤まさみ ダコタ・ファニング リチャード・ギア テオ・ジェームズ エミリー・ブラント セドリック・ニコラス=トロイアン シャーリーズ・セロン クリス・ヘムズワース ジェシカ・チャステイン ローズ・バーン オスカー・アイザック エヴァン・ピーターズ ブライアン・シンガー ソフィー・ターナー タイ・シェリダン ジェニファー・ローレンス ジェームズ・マカヴォイ マイケル・ファスベンダー ニコラス・ホルト ヒュー・ジャックマン クリストファー・ウォーケン タロン・エガートンお勧め度★★★★☆ デクスター・フレッチャー ヤーロー・チーニー 永作博美 設楽統 沢城みゆき クリス・ルノー 日村勇紀 岡田准一 竹下景子 香川照之 チャニング・テイタム ジョシュ・ブローリン スカーレット・ヨハンソン ジョナ・ヒル ジョージ・クルーニー イーサン・コーエン ジョエル・コーエン アンドリュー・スタントン アンガス・マクレーン 柴田恭兵 木の実ナナ 吉川晃司 夕輝壽太 村川透 仲村トオル 浅野温子 舘ひろし ダニー・デヴィート ミシェル・ファイファー ティム・バートン マイケル・キートン ロバート・ウール キム・ベイシンガー ジャック・ニコルソン パトリック・ウィルソン フランセス・オコナー ジェームズ・ワン チャーリー・コックス マキシン・ピーク フェリシティ・ジョーンズ ジェームズ・マーシュ エディ・レッドメイン ピーター・ウェラー イアン・ホルム デヴィッド・クローネンバーグ お勧め度★★☆☆☆ ジュディ・デイヴィス セス・ローゲン ザック・エフロン デイヴ・フランコ セレーナ・ゴメス ニコラス・ストーラー サクソン・シャービノ サム・ロックウェル ギル・キーナン カイル・キャトレット ケネディ・クレメンツ ローズマリー・デウィット オリヴァー・ロビンス ヘザー・オルーク レイグ・T・ネルソン クジョベス・ウィリアムズ ドミニク・ダン トビー・フーパー エイミー・ポーラー ピート・ドクター ロニー・デル・カルメン ウィル・ポールター トム・ハーディ レオナルド・ディカプリオ 小栗旬 山田孝之 高嶋政宏 水原希子 柴咲コウ 古田新太 向井理 濱田岳 ナオミ・ワッツ アーミー・ハマー ケビン・コスナー ジェニファー・ガーナー ジョセフ・ファインズ チェン・カイコー ヘザー・グラハム ゲイリー・オールドマン トミー・リー・ジョーンズ コリン・サーモン アリエル・ブロメン アマウリー・ノラスコ マイケル・ピット ガル・ギャドット ライアン・レイノルズ アンソニー・ホプキンス アントン・イェルチン デヴィッド・モース スティーヴン・キング スコット・ヒックス ミカ・ブーレム ジェレミー・デイヴィス スティーヴン・シャインバーグ マギー・ギレンホール ジェームズ・スペイダー ラナ・ウォシャウスキー リリー・ウォシャウスキー ショーン・ビーン ミラ・クニス ジョーイ・ファトーン ニア・ヴァルダロス ジョエル・ズウィック イアン・ゴメス ジョン・コーベット ジョン・ヘダー ウィル・スペック ジョシュ・ゴードン スー・チー ジェイソン・ステイサム ルイ・レテリエ カーク・ジョーンズ ジョン・ステイモス イモージェン・プーツ ジェレミー・レナー ファン・カルロス・フレスナディージョ キャサリン・マコーマック ダニー・ボイル ロバート・カーライル ベン・アフレック ザック・スナイダー ガル・ガドット ダイアン・レイン ジェシー・アイゼンバーグ エイミー・アダムス ヘンリー・カヴィル アンセル・エルゴート マイルズ・テラー シャイリーン・ウッドリー ロベルト・シュヴェンケ ショーン・アンダース マーク・ウォールバーグ リンダ・カーデリーニ トム・ハンクス マーク・ライランス エドワード・ジェームズ・ハイランド エイミー・ライアン オースティン・ストウェル マイケル・ペーニャ リドリー・スコット 

プロフィール

ロココ

Author:ロココ
いらっしゃいませ。カフェへようこそ!
ここでは素人目線で映画について言いたい放題、アメリカから映画レビューをお届けしています。→日本に帰国しました!
基本はネタバレなし!ゆっくりしていってくださいね。
リンクフリー、TB大歓迎、古い記事でも気軽にコメントして下さい。

PR
クリックしてね☆
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム
コメント欄にはちょっと書きずらいなぁ・・・という方!お気軽にメールください☆

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。