FC2ブログ

イーグル・ジャンプ(2016) EDDIE THE EAGLE 366本目

オリンピックの本当の意味を知る映画 Eddie the Eagle 
Eddie_the_Eagle_poster.jpg

出演:
Eddie "The Eagle" Edwards役 Taron Egerton
Bronson Peary役 Hugh Jackman as
Warren Sharp役 Christopher Walken

監督:
Dexter Fletcher
お勧め度★★★★☆

リオのオリンピックが終了しましたね!
この大会は本当にすごいと思う。
こんな国が?という国も参加していたりして。
それでもまだ全世界を網羅しているわけではないけれど。
武器を捨てて、オリンピックで戦ってほしい。
平和の祭典という名前にふさわしい大会です。
オリンピックの意義について、これは有名な話だけれど、クーベルタンが言ったとか言わなかったとか。
「オリンピックは勝つことより、参加することに意義がある」
私は昔はそうは思っていなかった。
出場できなかった人の分も含めてなんらかの形で勝利することがマストなんだよ、と思っていた。
でも、最近、勝ったり負けたりしている選手をみていると、自分が間違えてたんだなぁという気がする。
もちろん、過去に負けていったすべての人の想いがかさなるからこそ、勝ちたいだろうけれど、たとえ勝てなくたっていいんだ。
オリンピックに出場したというだけで、最初の目的は果たしている。
でもこのことに納得できない心の狭い人達がたくさんいるから、選手達は大変だろうなぁと思う。
昔はぜんぜん興味がなくて見ていなかったオリンピックだけれど、今回はかなり感動させてもらいました
そんなオリンピックのお話。

エディはアメリカのスキーチームの選手だった。
冬のオリンピック選考会。
残念ながらエディは選手としては選ばれなかった。
それでもどうしてもオリンピックに出たいエディ。
イギリスではオリンピック候補者がいなかったスキージャンプで出場しようと考えた。
ジャンプの経験のまったくないエディがオリンピックに向けて出発する!

この映画はイギリスのマイケル・エドワーズという実在する人物の伝記的映画。
まあ、筋書きはなんとなく想像がつくとおもうけれど、実話なので、なにもかもがドラマみたいにうまくいく、とうわけではない。
その辺りがヤキモキさせられて良い
そしてとにかく、

とっても泣けたよ

悲しいというのではなく、感動の涙。
もちろん、オリンピック選手とは、いろんな努力を重ねてこの大舞台に向かっているんだろうけれど、エディのように、先がまったく見えない場所でも努力を続けるという強い意志とある意味強大な鈍感力に感動!
もちろん、周りにいる心優しい人達にも感動。

ここで重要なのは、普通だったら、オリンピックに出る!という息子をサポートするはずの親が、それほどサポートしない、という事実。
特に父親は左官屋なのですが、そんなのやめて、左官屋を継げ!って感じで。
まあ、母親はやっぱり息子には甘いのですが
ステージママみたいに、しゃしゃり出るようにサポートはしない、でも息子のことは信じてるし愛してる。
両親にのキャラにもとても好感が持てました。

実話を元にしている、といっても、やっぱりフィクションの部分はあります。
まず、ヒュー・ジャックマン演じる過去を引きずる男ブロンソン。
残念ながら彼は架空の人物。
実際にエディは2人のアメリカ人コーチの元でジャンプを練習していたんだけれど、ここまでドラマチックなコーチは実在していません。
いろんなエピソードを集めて一人の架空のコーチブロンソンを作り上げたとのこと。
というわけで、ブロンソンが架空の人ということは、もちろんウォーレンも架空の人です。

実は子供時代に「もう二度と歩けない」といわれたこともなく(似たような怪我をしたことはあったようですが)、映画ではスキーも下手のように描かれていますが、相当に上手だったようです。
ただ、ちょっと間抜けなところは実際のエディにもあったみたいです。
映画では一人っ子という設定ですが、実際には妹がいます。
まあ、一人っ子のほうが、両親との関係を描く上でドラマチックではあるね。
マイケル・エドワーズは「この映画は5%が真実」と言っているように、イギリス人が初めてジャンプ競技に出場し、そのキャラでみんなの人気者になったという要素だけが真実みたい。
まあ、それでもオリンピックの閉会式のスピーチでその名を語られるくらいにはドラマチックな人だね。

今回主役のエディを演じるタロン・エガートン。
Taron_Egerton_SDCC_2014.jpg
「キングスマン」に出演していた時とは全然違う様相で。
でも、コミカルなところは相変わらず。
笑顔とイギリス英語がとても素敵です。

そして相手役のコーチ、ヒュー・ジャックマン。
Hugh_Jackman_2015.jpg
コメディーのイメージはないかもしれないけれど、とても良い!
彼とエディとの掛け合いがかなり面白いです。
ちょっとかっこつけているところも面白い。

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな
実は日本では11月に公開という噂が!!
とても良い映画です。
是非公開してほしい。
タイミング的には今でしょ!って思うけどね。

追記:劇場未公開でしたが、2017年2月3日にDVD発売されました!



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



バットマン リターンズ (1992) BATMAN RETURNS 360本目

ファンタジー? バットマン リターンズ (BATMAN RETURNS)

出演:
ブルース・ウェイン / バットマン役 マイケル・キートン
セリーナ・カイル / キャットウーマン役 ミシェル・ファイファー
オズワルド・コブルポット / ペンギン役 ダニー・デヴィート
マックス・シュレック役 クリストファー・ウォーケン

監督:
ティム・バートン
お勧め度★★★☆☆

とりあえず旧バットマンシリーズは「バットマン (1989)」とこの「バットマンリターンズ(1992)」を見ておけばよい、というくらい、この二つだけが飛びぬけて有名。
とりあえずバットマンあんまり知らない私が見直してみました!

ペンギンの姿をした奇妙な男がいるという町の噂。
実は悲しい過去を持ち地下に暮らす男だった。
彼は表の世界に出ようと、自作自演で町を騙す。
そして、それに協力させられるのが、ゴッサムシティーの実業家マックス・シュレック。
彼の秘密を知った秘書のセリーナの身に、危険が迫る!
そしてバットマンはペンギンとマックスの悪行を暴き、町を救うことができるのか?!

またもやティム・バートン節さく裂です!
最初のペンギンの生い立ちのストーリー、

新しいファンタジー映画かと思った!!

っていうくらい、ファンタジー色が強い。
そして、今回、なんだかバットマンが脇役っぽい感じ
今回の映画ではペンギンの過去とキャットウーマンがなぜキャットウーマンになったか、という理由がわかってそれはそれで面白かった。
ただ、仕方がないことだけれど、二人のストーリーが薄っぺら過ぎて基本、誰にも感情移入はできません。
ペンギンの過去、両親を探すペンギンがなにやらやってくれるのかと思ったら、意外にあっさりと解決。
キャットウーマンもマックスに恨みがあるのは、理解できるが、仕事もできないし、余計なことするし、秘書としては使えない。
そして、なぜバットマンを敵対視するのかもちょっと納得いかなかった。
でも、一番好きなのは、バットマンとキャットウーマンが微妙に絡むところ。
ちょっとしたラブロマンス
お互いに「もしかしてあなた!?」って気が付いた時の表情とかが最高に素敵だった!
ただ、ちょっと気になったのは、前作で恋人関係になったヴィッキー、

ヴィッキー、どこ行ったの??

まあ、結局、上手くいかなかったってことですかね?
ちょっとだけ嬉しい事に、忘れられた、もしくはなかったことにはなってない!
このブルースの言葉。
"Security? Who let Vicki Vale into the Batcave? I'm sitting there working and I turn around, there she is. "Oh hi, Vick - come on in." "
つまり、前回バットケイブに勝手に入れたアルフレッドを非難しているブルース。
名前だけでも出てきてよかった。
まあ、とりあえず彼女がどうなったかは知らないけれど、なかったことになってなかったから、良しとしよう。

今回実業家役マックス役で出演のクリストファー・ウォーケン。
Christopher_Walken_at_the_2009_Tribeca_Film_Festival.jpg
なんだかこの人の吸血鬼顔が怖くて・・・。
でも、吸血鬼の役はそんなにやってない
良い奴なのか、悪い奴なのかわからないけど、結局やっぱり悪い奴!ってところが面白い。
どうやら仕事を選ばないことで有名な彼。
とにかくこの↓ファットボーイスリムのPVが強烈すぎてちょっとキモカッコいい印象が付いてしまった・・・。

今回は悪い実業家なのに、なんだか品がある。
若いころの彼、素敵です。

キャットウーマンは前作でヴィッキー役の候補にもなったミシェル・ファイファー。
Michelle_Pfeiffer_2007.jpg
マイケル・キートンと元恋人という事で、前作ではヴィッキーになりませんでしたが、今回も実は最初はアネット・ベニングがキャスティングされていたとか。
結局彼女になった。
なんとなく元恋人同士と思いながら見てると余計にキュンキュンしちゃう
という別の楽しみ方もあり。

ペンギン役のダニー・デヴィート。
DannyDeVitoHWOFAug2011.jpg
とにかく気持ち悪い。

今回の映画ではペンギンやら猫やらサルやらと沢山の動物たちが登場します。
こういう映画で必ず最後に出て来る"No Animals Were Harmed"という言葉。
もちろん、徹底的に管理された状態で動物たちが登場しています。
流石に何万と飛び立つコウモリはCGですが、ペンギンはほとんどホンモノ。
クライマックスシーンの大量のペンギンは12匹のキングペンギンと24匹のケープペンギンを使用し、CGで数を増しています。
もちろん背中に着けているロケットは偽物だし、頭のヘルメットもとても軽量なものを付けていて、俳優も絶対にペンギンには触らないように、演技しています。
最後に登場する6匹のペンギン。
人間が着ぐるみを着ているように見えるけれど、ホンモノのコウテイペンギン
オズワルドは全然可愛くないけど、ペンギン達はやっぱり可愛い!

本当は次作も監督をするはずだったティム・バートンが監督を降板したので、現在ティム・バートンのバットマンはこの二つ。
まあ、主要悪役も登場し、良い感じで終了しています。

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
次はこの続編を見るか、それともクリスチャン・ベールのバットマンを見直すか!?


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


関連タグ

新海誠 お勧め度★★★☆☆ 水橋研二 近藤好美 花村怜美 ローソン・マーシャル・サーバー ネーヴ・キャンベル ドウェイン・ジョンソン サラ・パクストン スコット・イーストウッド クリストファー・デナム ジャック・ヘラー ショーン・サイポス キャサリン・ウォーターストン エミリー・ブラント ブルース・ウィリス ジョセフ・ゴードン=レヴィット ライアン・ジョンソン イーダ・エングヴォル ハンネス・ホルム ロルフ・ラッスゴード バハール・パルス お勧め度★★★★☆ トム・ティクヴァ サリタ・チョウドリー アレクサンダー・ブラック トム・ハンクス 白石晃士 三浦誠己 お勧め度★☆☆☆☆ 川島鈴遥 デヴィッド・モース D・J・カルーソー シャイア・ラブーフ アーロン・ヨー サラ・ローマー ロバート・デ・ニーロ ブラッドリー・クーパー ニール・バーガー アビー・コーニッシュ サム・クラフリン エミリア・クラーク テア・シャーロック キャサリン・ハードウィック ドリュー・バリモア トニ・コレット 小泉今日子 永瀬正敏 ロドリゴ・グランデ レオナルド・スバラーリャ クララ・ラゴ お勧め度★★☆☆☆ レスリー・ビブ ブルック・シールズ 北村龍平 満島ひかり 中村優子 堺雅人 クヒオ大佐役 吉田大八 松雪泰子 ティモシー・ギブス ダーレン・リン・バウズマン ジム・スタージェス ロネ・シェルフィグ アン・ハサウェイ 入江悠 藤原竜也 伊藤英明 仲村トオル セス・マクファーレン リース・ウィザースプーン マシュー・マコノヒー タロン・エガートン トリー・ケリー スカーレット・ヨハンソン デニス・クエイド ラッセ・ハルストレム ジョニー・フリン ケイト・バーカー=フロイランド 尾野真千子 小栗旬 妻夫木聡 西島秀俊 竹内結子 大沢たかお 佐藤祐市 キット・ハリントン アデレイド・クレメンス ショーン・ビーン マイケル・J・バセット ラダ・ミッチェル ロージー・デイ ラウル・ボバ エラ・レムハーゲン サラ・ジェシカ・パーカー 山田孝之 ピエール瀧 リリー・フランキー 白石和彌 阿部寛 市村正親 北村一輝 上戸彩 宍戸開 ユアン・マクレガー グヴィネス・パルトロー デヴィッド・コープ ジョニー・デップ 宮崎あおい 佐々部清 渡辺謙 レオナルド・ディカプリオ クリストファー・ノーラン モーガンフリーマン スティーブン・カンパネッリ オルガ・キュリレンコ カトリーヌ・ドヌーヴ ピリ・グロワーヌ ブノワ・ポールヴールド ジャコ・ヴァン・ドルマル エマニュエル・セニエ ロマン・ポランスキー ビル・プルマン お勧め度★★★★★ デンゼル・ワシントン メリッサ・レオ ペドロ・パスカル アントワーン・フークア アレン・ヒューズ アルバート・ヒューズ ミラ・クニス ゲイリー・オールドマン カルラ・ブルーニ ウディ・アレン レイチェル・マクアダムス オーウェン・ウィルソン ガベ・イバニョス アントニオ・バンデラス ビアギッテ・ヨート・ソレンセン メラニー・グリフィス 橋本一 松田龍平 大泉洋 綾野剛 金子ノブアキ 井上真央 蓮佛美沙子 中村義洋 菜々緒 マーク・フォースター ヘイリー・アトウェル ローリー・ホールデン キム・コーツ クリストフ・ガンズ イライジャ・ウッド ジェニファー・コネリー シェーン・アッカー 小雪 西田敏行 リー・トランド・クリーガー ミキール・ハースマン ブライク・ライヴリー ハリソン・フォード 岩井俊二 奥菜恵 山崎裕太 反田孝幸 瑛太 山崎努 千葉雄大 阿部サダヲ 寺脇康史 伊藤淳史 有村架純 野村周平 土井裕泰 R.マドハヴァン ラージクマール・ヒラーニ カリーナ・カプール シャルマン・ジョシ アーミル・カーン ダコタ・ファニング テリー・ハッチャー ヘンリー・セリック 原田眞人 吉高由里子 二宮和也 木村拓哉 オークワフィナ ケイト・ブランシェット サンドラ・ブロック ミンディ・カリング サラ・ポールソン リアーナ ゲイリー・ロス サイモン・ペッグ ミシェル・モナハン ヘンリー・カヴィル レベッカ・ファーガソン クリストファー・マッカリー トム・クルーズ テイト・テイラー ヘイリー・ベネット ジャスティン・セロー コリン・ファース レニー・ゼルヴィガー パトリック・デンプシー シャロン・マグワイヤ ニコール・キッドマン スタンリー・キューブリック ダグ・ジョーンズ ギレルモ・デル・トロ イバナ・バケロ 斎藤工 西谷弘 伊藤歩 アビゲイル・ブレスリン キャサリン・ゼタ=ジョーンズ スコット・ヒックス アーロン・エッカート ジェイソン・ステイサム クリス・エヴァンス キム・ベイシンガー ウィリアム・H・メイシー デヴィッド・エリス ジョン・レジェンド ライアン・ゴズリング エマ・ストーン 長谷川博己 臼田あさ美 富田靖子 T・J・ミラー ライアン・レイノルズ モリーナ・バッカリン ロバート・ダウニー・Jr クリス・ヘムズワース アンソニー・ルッソ マーク・ラファロ ポール・グリーングラス ジョアン・アレン ジュリア・スタイルズ マット・デイモン デヴィッド・ストラザーン エヴァ・アンダーソン アリ・ラーター ミラ・ジョヴォヴィッチ ローラ ポール・W・S・アンダーソン フランカ・ポテンテ クリス・クーパー ダグ・リーマン 南里侑香 吉岡秀隆 萩原聖人 鈴木千尋 武藤寿美 ローラ・ダーン ティア・レオーニ サム・ニール ジョー・ジョンストン アレッサンドロ・ニヴォラ リチャード・アッテンボロー ジュリアン・ムーア スティーヴン・スピルバーグ ヴァネッサ・リー・チェスター ジェフ・ゴールドブラム ヴィンス・ヴォーン ウィル・フェレル ポール・ラッド フレッド・ウィラード デヴィッド・ケックナー スティーヴ・カレル クリスティナ・アップルゲイト アダム・マッケイ テリーサ・パーマー レイ・ウィンストン エドガー・ラミレス ルーク・ブレイシー エリクソン・コア 滝藤賢一 福山雅治 大根仁 二階堂ふみ 吉田羊 ジェイク・ジレンホール ダンカン・ジョーンズ ヴェラ・ファーミガ ディラン・ミネット コディ・スミット=マクフィー クロエ・グレース・モレッツ マット・リーヴス 橋本愛 佐々木蔵之介 坂口健太郎 ビリー・ボブ・ソーントン 神木隆之介 長澤まさみ 上白石萌音 成田凌 テオ・ジェームズ リチャード・ギア ジェシカ・チャステイン セドリック・ニコラス=トロイアン シャーリーズ・セロン エヴァン・ピーターズ ブライアン・シンガー ローズ・バーン ソフィー・ターナー ニコラス・ホルト タイ・シェリダン ジェニファー・ローレンス オスカー・アイザック ジェームズ・マカヴォイ マイケル・ファスベンダー クリストファー・ウォーケン デクスター・フレッチャー ヒュー・ジャックマン 設楽統 日村勇紀 クリス・ルノー 沢城みゆき 永作博美 ヤーロー・チーニー 竹下景子 香川照之 岡田准一 ジョシュ・ブローリン ジョエル・コーエン イーサン・コーエン ジョージ・クルーニー ジョナ・ヒル チャニング・テイタム アンドリュー・スタントン アンガス・マクレーン 木の実ナナ 柴田恭兵 村川透 舘ひろし 夕輝壽太 吉川晃司 浅野温子 マイケル・キートン ティム・バートン ダニー・デヴィート ミシェル・ファイファー ロバート・ウール ジャック・ニコルソン フランセス・オコナー パトリック・ウィルソン ジェームズ・ワン エディ・レッドメイン チャーリー・コックス ジェームズ・マーシュ フェリシティ・ジョーンズ マキシン・ピーク ジュディ・デイヴィス イアン・ホルム ピーター・ウェラー デヴィッド・クローネンバーグ セス・ローゲン デイヴ・フランコ セレーナ・ゴメス ザック・エフロン ニコラス・ストーラー ケネディ・クレメンツ ギル・キーナン カイル・キャトレット サクソン・シャービノ サム・ロックウェル ローズマリー・デウィット レイグ・T・ネルソン クジョベス・ウィリアムズ トビー・フーパー ヘザー・オルーク オリヴァー・ロビンス ドミニク・ダン ロニー・デル・カルメン エイミー・ポーラー ピート・ドクター トム・ハーディ ウィル・ポールター 高嶋政宏 古田新太 水原希子 濱田岳 向井理 柴咲コウ ナオミ・ワッツ アーミー・ハマー ジェニファー・ガーナー ケビン・コスナー チェン・カイコー ジョセフ・ファインズ ヘザー・グラハム アリエル・ブロメン ガル・ギャドット トミー・リー・ジョーンズ アマウリー・ノラスコ コリン・サーモン マイケル・ピット アントン・イェルチン ミカ・ブーレム アンソニー・ホプキンス スティーヴン・キング マギー・ギレンホール ジェームズ・スペイダー ジェレミー・デイヴィス スティーヴン・シャインバーグ リリー・ウォシャウスキー ラナ・ウォシャウスキー イアン・ゴメス ジョン・コーベット ジョーイ・ファトーン ニア・ヴァルダロス ジョエル・ズウィック ジョシュ・ゴードン ジョン・ヘダー ウィル・スペック ルイ・レテリエ スー・チー ジョン・ステイモス カーク・ジョーンズ ロバート・カーライル ジェレミー・レナー イモージェン・プーツ ファン・カルロス・フレスナディージョ キャサリン・マコーマック ダニー・ボイル ザック・スナイダー ガル・ガドット ダイアン・レイン ジェシー・アイゼンバーグ エイミー・アダムス ベン・アフレック マイルズ・テラー アンセル・エルゴート ロベルト・シュヴェンケ シャイリーン・ウッドリー リンダ・カーデリーニ マーク・ウォールバーグ ショーン・アンダース エドワード・ジェームズ・ハイランド マーク・ライランス エイミー・ライアン オースティン・ストウェル マイケル・ペーニャ リドリー・スコット 

プロフィール

ロココ

Author:ロココ
いらっしゃいませ。カフェへようこそ!
ここでは素人目線で映画について言いたい放題、アメリカから映画レビューをお届けしています。→日本に帰国しました!
基本はネタバレなし!ゆっくりしていってくださいね。
リンクフリー、TB大歓迎、古い記事でも気軽にコメントして下さい。

PR
クリックしてね☆
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム
コメント欄にはちょっと書きずらいなぁ・・・という方!お気軽にメールください☆

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR