スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バットマン リターンズ (1992) BATMAN RETURNS 360本目

ファンタジー? バットマン リターンズ (BATMAN RETURNS)

出演:
ブルース・ウェイン / バットマン役 マイケル・キートン
セリーナ・カイル / キャットウーマン役 ミシェル・ファイファー
オズワルド・コブルポット / ペンギン役 ダニー・デヴィート
マックス・シュレック役 クリストファー・ウォーケン

監督:
ティム・バートン
お勧め度★★★☆☆

とりあえず旧バットマンシリーズは「バットマン (1989)」とこの「バットマンリターンズ(1992)」を見ておけばよい、というくらい、この二つだけが飛びぬけて有名。
とりあえずバットマンあんまり知らない私が見直してみました!

ペンギンの姿をした奇妙な男がいるという町の噂。
実は悲しい過去を持ち地下に暮らす男だった。
彼は表の世界に出ようと、自作自演で町を騙す。
そして、それに協力させられるのが、ゴッサムシティーの実業家マックス・シュレック。
彼の秘密を知った秘書のセリーナの身に、危険が迫る!
そしてバットマンはペンギンとマックスの悪行を暴き、町を救うことができるのか?!

またもやティム・バートン節さく裂です!
最初のペンギンの生い立ちのストーリー、

新しいファンタジー映画かと思った!!

っていうくらい、ファンタジー色が強い。
そして、今回、なんだかバットマンが脇役っぽい感じ
今回の映画ではペンギンの過去とキャットウーマンがなぜキャットウーマンになったか、という理由がわかってそれはそれで面白かった。
ただ、仕方がないことだけれど、二人のストーリーが薄っぺら過ぎて基本、誰にも感情移入はできません。
ペンギンの過去、両親を探すペンギンがなにやらやってくれるのかと思ったら、意外にあっさりと解決。
キャットウーマンもマックスに恨みがあるのは、理解できるが、仕事もできないし、余計なことするし、秘書としては使えない。
そして、なぜバットマンを敵対視するのかもちょっと納得いかなかった。
でも、一番好きなのは、バットマンとキャットウーマンが微妙に絡むところ。
ちょっとしたラブロマンス
お互いに「もしかしてあなた!?」って気が付いた時の表情とかが最高に素敵だった!
ただ、ちょっと気になったのは、前作で恋人関係になったヴィッキー、

ヴィッキー、どこ行ったの??

まあ、結局、上手くいかなかったってことですかね?
ちょっとだけ嬉しい事に、忘れられた、もしくはなかったことにはなってない!
このブルースの言葉。
"Security? Who let Vicki Vale into the Batcave? I'm sitting there working and I turn around, there she is. "Oh hi, Vick - come on in." "
つまり、前回バットケイブに勝手に入れたアルフレッドを非難しているブルース。
名前だけでも出てきてよかった。
まあ、とりあえず彼女がどうなったかは知らないけれど、なかったことになってなかったから、良しとしよう。

今回実業家役マックス役で出演のクリストファー・ウォーケン。
Christopher_Walken_at_the_2009_Tribeca_Film_Festival.jpg
なんだかこの人の吸血鬼顔が怖くて・・・。
でも、吸血鬼の役はそんなにやってない
良い奴なのか、悪い奴なのかわからないけど、結局やっぱり悪い奴!ってところが面白い。
どうやら仕事を選ばないことで有名な彼。
とにかくこの↓ファットボーイスリムのPVが強烈すぎてちょっとキモカッコいい印象が付いてしまった・・・。

今回は悪い実業家なのに、なんだか品がある。
若いころの彼、素敵です。

キャットウーマンは前作でヴィッキー役の候補にもなったミシェル・ファイファー。
Michelle_Pfeiffer_2007.jpg
マイケル・キートンと元恋人という事で、前作ではヴィッキーになりませんでしたが、今回も実は最初はアネット・ベニングがキャスティングされていたとか。
結局彼女になった。
なんとなく元恋人同士と思いながら見てると余計にキュンキュンしちゃう
という別の楽しみ方もあり。

ペンギン役のダニー・デヴィート。
DannyDeVitoHWOFAug2011.jpg
とにかく気持ち悪い。

今回の映画ではペンギンやら猫やらサルやらと沢山の動物たちが登場します。
こういう映画で必ず最後に出て来る"No Animals Were Harmed"という言葉。
もちろん、徹底的に管理された状態で動物たちが登場しています。
流石に何万と飛び立つコウモリはCGですが、ペンギンはほとんどホンモノ。
クライマックスシーンの大量のペンギンは12匹のキングペンギンと24匹のケープペンギンを使用し、CGで数を増しています。
もちろん背中に着けているロケットは偽物だし、頭のヘルメットもとても軽量なものを付けていて、俳優も絶対にペンギンには触らないように、演技しています。
最後に登場する6匹のペンギン。
人間が着ぐるみを着ているように見えるけれど、ホンモノのコウテイペンギン
オズワルドは全然可愛くないけど、ペンギン達はやっぱり可愛い!

本当は次作も監督をするはずだったティム・バートンが監督を降板したので、現在ティム・バートンのバットマンはこの二つ。
まあ、主要悪役も登場し、良い感じで終了しています。

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
次はこの続編を見るか、それともクリスチャン・ベールのバットマンを見直すか!?


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

バットマン (1989) BATMAN 359本目

原点回帰 バットマン (BATMAN)

出演:
ブルース・ウェイン / バットマン役 マイケル・キートン
ジャック・ネーピア / ジョーカー役 ジャック・ニコルソン
ヴィッキー・ベール役 キム・ベイシンガー
アレクサンダー・ノックス役 ロバート・ウール

監督:
ティム・バートン
お勧め度★★★☆☆

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014)」 を見てからずっと気になっていたこの作品。
マイケル・キートンといえばバットマン、バットマンといえばマイケル・キートンという人と、やっぱりバットマンはクリスチャンベールでしょ!という人と。
まあ、私にとってはどちらもあんまり記憶になく・・・
マーベル映画、大好きなんだけど、このバットマンだけはあんまり興味がなかった。
金持ちのおじさんってところではアイアンマンと同じなんだけど、どうしてバットマンがそんなに強いのか、よくわからなかったし、どうしてそんなにお金持ちなのかもアイアンマンほどわかりやすくなかったからだろう。
さて、その疑問を解決してくれるのか!
バットマンの映画、第1弾といっても過言ではないこの映画!

犯罪に荒れるゴッサム・シティー。
そんな犯罪者に人知れず制裁を与える蝙蝠の男、それがバットマン。
彼の表の顔は実業家、ブルース・ウェイン。
ある時マフィアの一味ジャックと対決したバットマン。
殺したと思っていたジャックは実は生きていた。
そして、狂気の中で復讐を誓うジャック。
バットマンはジャックを倒せるか?!

監督がティム・バートンというだけあって、ファンタジー色が強いです。
このゴッサムシティ。
名前がすでにイカしてる(漢字で極寒では決してない)。

そして悪役が全然強そうじゃない。

ただ、この映画ではジョーカーがなぜこんな気持ちの悪い顔になったのか、そしてなぜそう呼ばれるようになったのか、わかるようになっている。
意外と可哀想な人。
そして、ジョーカーとバットマンの間には許しがたい確執があった!
まあ、ご存じのとおり、両親をジョーカーが殺したということになっているらしい。
でも、ジョーカーは全然知らないみたいだったから、本当なのか?
その辺り、全然深堀されず・・・。
いろいろと人間関係のドラマがあるのだけれど、そういうストーリーよりビジュアルに重きが置かれているのか、もっと深く知りたい!というところをサラっと行きます。
バットマンを呼ぶときの合図で使うライトも登場し、「へー、こういう風に始まったのね」っていうのがわかった!
改めて見るといろいろ納得。

さて、バットマンの映画を見ていて常に疑問に思っていたロビンの存在。
全然出てきません。
なんだかロビンが出てくると、バットマンが急にコメディーになる気がするから、やっぱり出てこれなかったのか?!
その代りアルフレッドというスーパー執事が登場する。
彼は代々ウェイン家に仕えてきた執事らしい。
そして過去にいろいろな経験を持ち、いろいろな能力を兼ね備えているとか。
今回の映画ではそういうところがあんまり出てこなかったけど
もっとこの人の使い方あったんじゃないかなぁと思うけど。

さて、今回のバットマンはマイケル・キートン。
Michael_Keaton_by_Gage_Skidmore.jpg
監督ティム・バートンのたっての希望で出演したとか。
口元に特徴があるので、マスクが似合う。
確かにカッコいい!
ただ、彼がなぜ強いのか、それは良くわからなった。
お金の力に物を言わせていろんな武器を作っている・・・そういうことか?
そして、自分の正体を知らせたいのか知らせたくないのか、それもいまいちわからず。
ちょっといい仲になるヴィッキーに言いたくても言えない!みたいなジレッタイラブロマンスがあるかと思いきや、あっさりバレたりして。
バットマンの50周年に公開されたこの映画、1989年の一番のヒット作品だったとか。
それゆえにマイケル・キートン=バットマンになったのね。
だけど、この配役に対してはファンから5万通にも及ぶ抗議の手紙がきたとか。
原作ファン、恐るべし・・・

ヒロインヴィッキー役にキム・ベイシンガー。
Kim_Basinger_(2105860771)_crop.jpg
この人、新聞社に入る時の眼鏡姿と眼鏡を取った姿のギャップが凄い!
美女です。
ただ、いくら美女でも大金持ちのブルースと簡単に恋に落ちちゃうあたりが、私的には納得いかないけどね。
特に2人の間にそれらしいコネクションもなく、仲良くなっちゃう。
美女だからOKなのか?
まあ、この映画はラブロマンスではないので、そんなエピソードいらない!かもしれないけど、バットマンの恋物語がもっと見たかったよ。
本当はこのヴィッキー役はショーン・ヤングが演じるはずだったのだが、怪我で降板。
その後にミシェル・ファイファーが予定されていたが、丁度その頃マイケル・キートンと付き合って別れたりした後だったので、気まずくなるだろうという理由でキム・ベイシンガーに!
おい!どんな理由だ!
しかも、次作で結局共演している2人・・・。

悪役ジョーカーにはジャック・ニコルソン。
Jack_Nicholson_-_1976.jpg
彼は最初この役に乗り気じゃなかったらしく、制作側はロビン・ウィリアムズも候補に入れていた。
ロビンが最初にジョーカーの役柄のオファーを受けた。
それを聞いたジャック・ニコルソンがロビンが降りるなら自分が出ると言いだして、制作側はどうしてもジャック・ニコルソンに出てほしかったんだろうね。
ロビンとも揉めて結局ロビンはこの映画だけでなく、他のワーナーの映画にも出演するのを拒否するという騒動に。
最終的には「ごめんなさい」したので、解決したらしいけど。
あー、いろいろ面倒だわ。
でも、やっぱりジャック・ニコルソンなんだよね、ジョーカーは。
私はこの映画は全然覚えてなかったけど、ジャック・ニコルソンの気持ち悪いメイク顔ははっきりと覚えていた。
それぐらいインパクトがある。
メイクしてても、しなくても顔ヂカラはあるけど

2時間もあるというのに、ストーリーはちょっと薄っぺらです。
それでも見ごたえがある、と感じるのはやっぱりティム・バートンの世界観なんだろうね・・・。

この映画、実はシリーズ4作あるそうです。
1.「バットマン」(1989)
2.「バットマン リターンズ」(1992)
3.「バットマン フォーエヴァー(」(1995)
4.「バットマン&ロビン/Mr.フリーズの逆襲」(1997)
ただ、マイケル・キートン&ティム・バートンは最初の2作だけ。
キャストが変更になって続編というのは、ハリウッドではよくあるけど、とにかくそういうの、わかりずらい・・・。
おそらく有名なのは最初の2作でしょう。

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
やっぱり時代を感じる映画ですが、それでもバットマンの成り立ちを見るにはよい映画。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


関連タグ

お勧め度★★★☆☆ デヴィッド・ストラザーン マット・デイモン ジョアン・アレン ポール・グリーングラス ジュリア・スタイルズ ミラ・ジョヴォヴィッチ エヴァ・アンダーソン ローラ アリ・ラーター ポール・W・S・アンダーソン お勧め度★★★★☆ フランカ・ポテンテ ダグ・リーマン クリス・クーパー 新海誠 吉岡秀隆 萩原聖人 南里侑香 鈴木千尋 武藤寿美 サム・ニール ローラ・ダーン アレッサンドロ・ニヴォラ ティア・レオーニ ジョー・ジョンストン ウィリアム・H・メイシー ジェフ・ゴールドブラム スティーヴン・スピルバーグ ヴァネッサ・リー・チェスター リチャード・アッテンボロー ジュリアン・ムーア ヴィンス・ヴォーン ウィル・フェレル アダム・マッケイ ポール・ラッド フレッド・ウィラード デヴィッド・ケックナー クリスティナ・アップルゲイト スティーヴ・カレル テリーサ・パーマー エリクソン・コア ルーク・ブレイシー レイ・ウィンストン エドガー・ラミレス 滝藤賢一 二階堂ふみ リリー・フランキー 吉田羊 福山雅治 大根仁 ダンカン・ジョーンズ ヴェラ・ファーミガ ミシェル・モナハン ジェイク・ジレンホール クロエ・グレース・モレッツ マット・リーヴス コディ・スミット=マクフィー ディラン・ミネット 坂口健太郎 橋本愛 佐々木蔵之介 中村義洋 竹内結子 D・J・カルーソー ビリー・ボブ・ソーントン シャイア・ラブーフ 上白石萌音 成田凌 神木隆之介 長澤まさみ ダコタ・ファニング リチャード・ギア テオ・ジェームズ エミリー・ブラント セドリック・ニコラス=トロイアン シャーリーズ・セロン クリス・ヘムズワース ジェシカ・チャステイン ローズ・バーン オスカー・アイザック エヴァン・ピーターズ ブライアン・シンガー ソフィー・ターナー タイ・シェリダン ジェニファー・ローレンス ジェームズ・マカヴォイ マイケル・ファスベンダー ニコラス・ホルト ヒュー・ジャックマン クリストファー・ウォーケン タロン・エガートンお勧め度★★★★☆ デクスター・フレッチャー ヤーロー・チーニー 永作博美 設楽統 沢城みゆき クリス・ルノー 日村勇紀 岡田准一 竹下景子 香川照之 チャニング・テイタム ジョシュ・ブローリン スカーレット・ヨハンソン ジョナ・ヒル ジョージ・クルーニー イーサン・コーエン ジョエル・コーエン アンドリュー・スタントン アンガス・マクレーン 柴田恭兵 木の実ナナ 吉川晃司 夕輝壽太 村川透 仲村トオル 浅野温子 舘ひろし ダニー・デヴィート ミシェル・ファイファー ティム・バートン マイケル・キートン ロバート・ウール キム・ベイシンガー ジャック・ニコルソン パトリック・ウィルソン フランセス・オコナー ジェームズ・ワン チャーリー・コックス マキシン・ピーク フェリシティ・ジョーンズ ジェームズ・マーシュ エディ・レッドメイン ピーター・ウェラー イアン・ホルム デヴィッド・クローネンバーグ お勧め度★★☆☆☆ ジュディ・デイヴィス セス・ローゲン ザック・エフロン デイヴ・フランコ セレーナ・ゴメス ニコラス・ストーラー サクソン・シャービノ サム・ロックウェル ギル・キーナン カイル・キャトレット ケネディ・クレメンツ ローズマリー・デウィット オリヴァー・ロビンス ヘザー・オルーク レイグ・T・ネルソン クジョベス・ウィリアムズ ドミニク・ダン トビー・フーパー エイミー・ポーラー ピート・ドクター ロニー・デル・カルメン ウィル・ポールター トム・ハーディ レオナルド・ディカプリオ 小栗旬 山田孝之 高嶋政宏 水原希子 柴咲コウ 古田新太 向井理 濱田岳 ナオミ・ワッツ アーミー・ハマー ケビン・コスナー ジェニファー・ガーナー ジョセフ・ファインズ チェン・カイコー ヘザー・グラハム ゲイリー・オールドマン トミー・リー・ジョーンズ コリン・サーモン アリエル・ブロメン アマウリー・ノラスコ マイケル・ピット ガル・ギャドット ライアン・レイノルズ アンソニー・ホプキンス アントン・イェルチン デヴィッド・モース スティーヴン・キング スコット・ヒックス ミカ・ブーレム ジェレミー・デイヴィス スティーヴン・シャインバーグ マギー・ギレンホール ジェームズ・スペイダー ラナ・ウォシャウスキー リリー・ウォシャウスキー ショーン・ビーン ミラ・クニス ジョーイ・ファトーン ニア・ヴァルダロス ジョエル・ズウィック イアン・ゴメス ジョン・コーベット ジョン・ヘダー ウィル・スペック ジョシュ・ゴードン スー・チー ジェイソン・ステイサム ルイ・レテリエ カーク・ジョーンズ ジョン・ステイモス イモージェン・プーツ ジェレミー・レナー ファン・カルロス・フレスナディージョ キャサリン・マコーマック ダニー・ボイル ロバート・カーライル ベン・アフレック ザック・スナイダー ガル・ガドット ダイアン・レイン ジェシー・アイゼンバーグ エイミー・アダムス ヘンリー・カヴィル アンセル・エルゴート マイルズ・テラー シャイリーン・ウッドリー ロベルト・シュヴェンケ ショーン・アンダース マーク・ウォールバーグ リンダ・カーデリーニ トム・ハンクス マーク・ライランス エドワード・ジェームズ・ハイランド エイミー・ライアン オースティン・ストウェル マイケル・ペーニャ リドリー・スコット 

プロフィール

ロココ

Author:ロココ
いらっしゃいませ。カフェへようこそ!
ここでは素人目線で映画について言いたい放題、アメリカから映画レビューをお届けしています。→日本に帰国しました!
基本はネタバレなし!ゆっくりしていってくださいね。
リンクフリー、TB大歓迎、古い記事でも気軽にコメントして下さい。

PR
クリックしてね☆
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム
コメント欄にはちょっと書きずらいなぁ・・・という方!お気軽にメールください☆

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。