スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーン・アルティメイタム(2007) THE BOURNE ULTIMATUM 357本目

影の薄い三作目!ボーン・アルティメイタム(THE BOURNE ULTIMATUM)

出演:
ジェイソン・ボーン役 マット・デイモン
ニッキー・パーソンズ役 ジュリア・スタイルズ
パメラ・ランディ役 ジョアン・アレン
ノア・ヴォーゼン役 デヴィッド・ストラザーン

監督:
ポール・グリーングラス
お勧め度★★★☆☆

あら!
あっという間に2月
「時間は作るもの」といいますが、やっぱりなかなか時間が取れず・・・・・・
そんな中カフェに遊びに来てくれたお客様!
本当にありがとうございます
忘れていませんよ!ボーンシリーズのおさらいです!

マリーの敵を討ったボーン。
ここまで自分の人生をめちゃくちゃにした真実を知りたいボーン。
CIAの極秘作戦を知る記者に折衝を試みるが記者が殺されてしまう。
死に際に残した「ブラック・ブライヤー(黒薔薇)作戦」とは何か?
ボーンが秘密に迫る!

ついに三作目にきてしまいました。
正直言って、

これが一番面白くない!


二作目までは、ボーンの行動に意味があったけれど、なんだかこれは納得いかなかった。
最初、自分のアイデンティティを失ったボーンが、それでもいいという気持ちで新しい自分を生き始めたはずだったのに、
一転して自分のアイデンティティを探し始める。
もちろんマリーが死んだことが一番のきっかけだったんだろうけれど、いままでは「巻き込まれた」って感じだったのが、
今回は自分から首を突っ込んだ!っていうところがちょっと納得いかなかった。
まあ、どちらにせよCIAからは狙われる存在なんだろうから、結局のところそうなるんだろうけれど。

本作はもちろんボーンのアクションが見ものなんだけれど、本人としては、前作からすでに3年、このシリーズが始まってからは5年以上がたっているということで、マット・デイモン本人としてはかなり大変だったと語っている。
でもさすが!
かっこよさは衰えていません

前作に引き続き出演しているパメラ・ランディ役のジョアン・アレン。
joanallen.jpg
才女の雰囲気満載の彼女。
前作でも細かいクルーに気がついてワクワクさせくれた!
そして今回も、数字をつかったちょっとしたトリックを見せてくれて、かっこよかった~

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
この映画だけを単体で見ると、なんでわざわざボーンがこんなことを?とか、なんでボーンが狙われているの?
とかなるので、前作2作を見ないとダメです!


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

ボーン・アイデンティティー (2002) THE BOURE IDENTITY 354本目

スパイ映画の金字塔 ボーン・アイデンティティー (THE BOURE IDENTITY)

出演:
ジェイソン・ボーン役 マット・デイモン
マリー・クルーツ役 フランカ・ポテンテ
アレクサンダー・コンクリン役 クリス・クーパー
ニコレット"ニッキー"・パーソンズ役 ジュリア・スタイルズ

監督:
ダグ・リーマン
お勧め度★★★★☆

今年、新しいボーンシリーズが公開されて、話題になりました!
というわけで、過去のシリーズをおさらいしました!

マルセイユ沖で漁船に助けられた記憶を失った男。
手がかりは皮膚の中に埋め込まれていたスイス・チューリッヒの銀行口座。
自分探しをする男が直面した真実とは?!

以前から似たようなストーリーの映画はあったんだろうけれど、この映画が有名過ぎて「記憶喪失のスパイ」とい言えばこの映画、みたいになった。
「あ、これ、ボーン・アイデンティティーに似てる」みたいな
それくらい有名。
ボーンが自分が何者か探しながら、それで訳も分からず狙われるってところが最高。
それでいてボーンがものすごく強いってところも素敵。
ただ、そうなると疑問が湧き上がってくる。

こんな強い男なのになんで失敗して海でプカプカ浮いてたの?

でもこれにはちゃんと理由がある。
それが結構あっけない理由なところもすごい。
よくできたストーリー。

この映画はロバート・ラドラムのスパイスリラー小説『暗殺者』(The Bourne Identity)が原作です。

ただ、内容に関しては冒頭以外はほとんど違うとか。
それでもこの映画は監督のダグ・リーマンがこの小説の大ファンだったことがきっかけになっている。
設定だけかりて自分の好きな映画を作っちゃうって、ちょっと同人っぽいけど
それで、ここまでの映画をつくっちゃうんだから、すごい。

見直してみると、やっぱり面白いんだけれど、突っ込みどころも満載で。
まず、

ヒロインが男顔

フランカ・ポテンテ演じるマリー。
Franka_Potente.jpg
かなり男前です。
そしてボーンと恋仲になるのがホントに唐突でびっくりする!
まあ、つり橋効果とでもいうのでしょうか?
ハリウッド映画のあるあるを踏襲しているのも嬉しいんだけど、それにしてもあんまり美人じゃないところも気になる。
まあ、二人で窮地を切り抜けるには、このぐらいの女性じゃないとキャラとしてだめなのかもしれないけど。

エンディングについては、賛否両論だったらしいけれど、これ、続き物じゃないとして考えるとすごく良いエンディングだったと思う。
とにかく、最後のシーン、場所はギリシャのミコノス島という場所が美しすぎてラストにふさわしい!
本当に素敵。

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
シリーズの最初として、そして単体の映画としてもやっぱり面白い!


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

オデッセイ (2015) THE MARTIAN 239本目

やっぱり地球が一番! オデッセイ (THE MARTIAN)
(日本公開は2016年2月13日予定)
The_Martian_film_poster.jpg

出演:
マーク・ワトニー飛行士役 マット・デイモン
メリッサ・ルイス准将役 ジェシカ・チャステイン
リック・マルティネス少佐役 マイケル・ペーニャ

監督:
リドリー・スコット
お勧め度 ★★★★☆

以前フロリダのケネディー宇宙センターに行ったとき、ここの目玉アトラクションである、シャトル打ち上げ体験っていうのに乗った
もちろんシュミレーションなんだけれど、ほとんど90度に傾いて、凄い爆音と衝撃。
その時、正直私は宇宙飛行士になんか全然なりたくないと思った
めちゃくちゃ怖いです。
すぐに地球に帰れないし。
宇宙に興味あるけれど、行きたいとは全然思わない。
よくみんな、地球と同じような星がこの宇宙のどこかにあるはずと言うけれど、最近、私はそれは違うんじゃないか、と思っている。
なぜなら、このタイミングで、この星の大きさで、太陽からのこの距離で、あらゆる偶然が一致して地球は成り立っている。
太陽系に地球以外にこういう星がないことでも納得がいくと思うけれど、この奇跡的な組み合わせがそう簡単にどこにでもあるとは思えない。
つまり、物凄い低い確率で地球が存在していると考えると、宇宙に他にこういう星がなくても納得できるなぁって最近考えている。
人類の歴史にしたって、地球の歴史を1年間に凝縮してみると、なんと人類が誕生したのは12月31日の午前11時ごろというから、人類の歴史の浅さがわかる。
こう考えると、地球のような星がどこかにあったとしても、人類のような生物が誕生するまでには相当の時間がかかるわけで。
だから、この宇宙に私たちだけって考えても別に良い気がするし、どちらにせよ、私たちはこの星からは出ることができないんだから、まずはこの星の事を真剣に考えるべきじゃない?
地球上のすべての土地にすら行けてないのに、宇宙、なんて規模がでかすぎる。
地球が唯一無二でしかも凄い星なんだなぁって改めて感じる映画。

NASAの火星への有人飛行ミッションに宇宙飛行士として参加していたマーク・ワトニー。
ある日猛烈な砂嵐に襲われ地球への帰還を余儀なくされる。
宇宙船へ戻る途中、マークに風で折れたアンテナがあたり、見失ってしまう。
クルーはマークは死んだと思い、彼を火星に残して帰還することを決意。
しかし、マークは生きていた。
限られた食料、機材の中、マークは生きて地球に帰ることができるのか!

火星サバイバル映画!

水も食料も酸素も限られている火星で、生き延びようと知恵を絞るマーク。
その彼のサバイバルの様子がとても興味深い!
もちろん、ジャングルなんかでのサバイバルと基本は一緒なんだけれど、決定的に違うのは、火星には何もないってところ。
地球から持ってきた限りあるものだけがマークを救う手がかりになる。
とにかく身の回りにある物を使って必要な物を作り出す。
でもこれはマークがBotanist=植物学者だったからできたことも含まれていて、「人間に必要な最小限のもの」がなんなのか、考えさせられる。

マークは本当に不運としか言いようがないけれど、そもそも砂嵐が来ることが予想されていたのに、移動がすごく遅い。
まあ、そうじゃないと映画にならないんだけれど、なんか、抜けてんな~、って思った。
そして、あんなに頭の良いNASAの幹部の皆さんが考え付かなかったことを考え付いちゃうアストロダイナミストのリック君。
もっと早く気づけよ~!
そして白馬の騎士のごとく現れる中国のThe China National Space Administration (CNSA)。
え?なんで中国?
ロシアでもなく、日本でもなく、中国・・・。
中国の宇宙開発事業について詳しくは知らないけれど、月探索なんかにも行っているらしく、力は入れているみたい。
でも、新幹線もまともに作れない国のロケットって・・・という固定観念にかなり縛られる私。

もうとにかく、早く助けに行ってよ!

ってソワソワしてしまうのだけれど、とにかく地球から火星までは遠いので、「じゃあ、ちょっと行ってくるよ」ってなわけにはいかない。
到着するまでに9か月くらいはかかるらしい。
しかも有人宇宙船が次に火星に来るのは4年後。
緊急で物資を送るのにもロケットが必要。
それを作るのだってかなりのお金と時間がかかる。
とにかくギリギリの所で生きているんです。
このドキドキ感が面白かった!

さて、この映画ですが、撮影はワディ・ラムというヨルダンにある場所で撮影されています。
この場所はよく映画で火星とか、他の惑星に見立てて撮影される有名な場所です。
でも、火星みたいな場所、アメリカのニューメキシコやアリゾナとかにもあるけどね。
化石の森国立公園とか、地球じゃないような景色があります。
まあ、といっても火星がどんな感じか知らないから、違うのかもしれないけど

この映画で長い間火星にいると、もちろん食料などが限られているので、最後の方はすごく痩せています。
でも、実際にはマットデイモンはそれほど肉体改造をしたわけではないらしい。
これは映画撮影の秘密になってしまうからか、はっきりとは言っていないけれど、CGやボディダブルを使って撮影しているようです。
以前『戦火の勇気』(Courage Under Fire)で激やせした時、体に異常が出てしまい、18ヵ月ほど治療したとかいう経験があり、この年で同じことをするのはかなり危険だったんだと思います。
一部のコアなファンがネットで映画のマットのヌードシーンで、あるモノが映っているとか映ってないとか議論を戦わせていました
まあ、それもCGやボディダブルかもしれませんけど。
見えたかどうか、映画館でご確認ください!
って、私は全然気が付かなったよ。

さて、この映画はアンディ・ウィアーの小説『火星の人』を原作にしています。

この小説、最初は作者のホームページで無料で公開されていた小説だとか。
その後、ファンの希望にこたえてアマゾンキンドルで99セントで販売(これが設定できる一番安い金額だったから)。
瞬く間に人気が出て、2014年にやっと出版社から本が発売され、さらにベストセラーに!
ちょっと異例の経歴の作家です。

映画を見終わった後、私はやっぱり火星に行きたくない、地球がいい!って思いました
そして、こんな豊かな星がいろんな奇跡を経て誕生したことを考えると、本当に大切にしないといけないなぁと思いました

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
日本公開は2016年2月13日予定。
ところで、なぜ邦題は「オデッセイ」なんだろう・・・長い冒険の旅ってことかな?


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


関連タグ

お勧め度★★★☆☆ デヴィッド・ストラザーン マット・デイモン ジョアン・アレン ポール・グリーングラス ジュリア・スタイルズ ミラ・ジョヴォヴィッチ エヴァ・アンダーソン ローラ アリ・ラーター ポール・W・S・アンダーソン お勧め度★★★★☆ フランカ・ポテンテ ダグ・リーマン クリス・クーパー 新海誠 吉岡秀隆 萩原聖人 南里侑香 鈴木千尋 武藤寿美 サム・ニール ローラ・ダーン アレッサンドロ・ニヴォラ ティア・レオーニ ジョー・ジョンストン ウィリアム・H・メイシー ジェフ・ゴールドブラム スティーヴン・スピルバーグ ヴァネッサ・リー・チェスター リチャード・アッテンボロー ジュリアン・ムーア ヴィンス・ヴォーン ウィル・フェレル アダム・マッケイ ポール・ラッド フレッド・ウィラード デヴィッド・ケックナー クリスティナ・アップルゲイト スティーヴ・カレル テリーサ・パーマー エリクソン・コア ルーク・ブレイシー レイ・ウィンストン エドガー・ラミレス 滝藤賢一 二階堂ふみ リリー・フランキー 吉田羊 福山雅治 大根仁 ダンカン・ジョーンズ ヴェラ・ファーミガ ミシェル・モナハン ジェイク・ジレンホール クロエ・グレース・モレッツ マット・リーヴス コディ・スミット=マクフィー ディラン・ミネット 坂口健太郎 橋本愛 佐々木蔵之介 中村義洋 竹内結子 D・J・カルーソー ビリー・ボブ・ソーントン シャイア・ラブーフ 上白石萌音 成田凌 神木隆之介 長澤まさみ ダコタ・ファニング リチャード・ギア テオ・ジェームズ エミリー・ブラント セドリック・ニコラス=トロイアン シャーリーズ・セロン クリス・ヘムズワース ジェシカ・チャステイン ローズ・バーン オスカー・アイザック エヴァン・ピーターズ ブライアン・シンガー ソフィー・ターナー タイ・シェリダン ジェニファー・ローレンス ジェームズ・マカヴォイ マイケル・ファスベンダー ニコラス・ホルト ヒュー・ジャックマン クリストファー・ウォーケン タロン・エガートンお勧め度★★★★☆ デクスター・フレッチャー ヤーロー・チーニー 永作博美 設楽統 沢城みゆき クリス・ルノー 日村勇紀 岡田准一 竹下景子 香川照之 チャニング・テイタム ジョシュ・ブローリン スカーレット・ヨハンソン ジョナ・ヒル ジョージ・クルーニー イーサン・コーエン ジョエル・コーエン アンドリュー・スタントン アンガス・マクレーン 柴田恭兵 木の実ナナ 吉川晃司 夕輝壽太 村川透 仲村トオル 浅野温子 舘ひろし ダニー・デヴィート ミシェル・ファイファー ティム・バートン マイケル・キートン ロバート・ウール キム・ベイシンガー ジャック・ニコルソン パトリック・ウィルソン フランセス・オコナー ジェームズ・ワン チャーリー・コックス マキシン・ピーク フェリシティ・ジョーンズ ジェームズ・マーシュ エディ・レッドメイン ピーター・ウェラー イアン・ホルム デヴィッド・クローネンバーグ お勧め度★★☆☆☆ ジュディ・デイヴィス セス・ローゲン ザック・エフロン デイヴ・フランコ セレーナ・ゴメス ニコラス・ストーラー サクソン・シャービノ サム・ロックウェル ギル・キーナン カイル・キャトレット ケネディ・クレメンツ ローズマリー・デウィット オリヴァー・ロビンス ヘザー・オルーク レイグ・T・ネルソン クジョベス・ウィリアムズ ドミニク・ダン トビー・フーパー エイミー・ポーラー ピート・ドクター ロニー・デル・カルメン ウィル・ポールター トム・ハーディ レオナルド・ディカプリオ 小栗旬 山田孝之 高嶋政宏 水原希子 柴咲コウ 古田新太 向井理 濱田岳 ナオミ・ワッツ アーミー・ハマー ケビン・コスナー ジェニファー・ガーナー ジョセフ・ファインズ チェン・カイコー ヘザー・グラハム ゲイリー・オールドマン トミー・リー・ジョーンズ コリン・サーモン アリエル・ブロメン アマウリー・ノラスコ マイケル・ピット ガル・ギャドット ライアン・レイノルズ アンソニー・ホプキンス アントン・イェルチン デヴィッド・モース スティーヴン・キング スコット・ヒックス ミカ・ブーレム ジェレミー・デイヴィス スティーヴン・シャインバーグ マギー・ギレンホール ジェームズ・スペイダー ラナ・ウォシャウスキー リリー・ウォシャウスキー ショーン・ビーン ミラ・クニス ジョーイ・ファトーン ニア・ヴァルダロス ジョエル・ズウィック イアン・ゴメス ジョン・コーベット ジョン・ヘダー ウィル・スペック ジョシュ・ゴードン スー・チー ジェイソン・ステイサム ルイ・レテリエ カーク・ジョーンズ ジョン・ステイモス イモージェン・プーツ ジェレミー・レナー ファン・カルロス・フレスナディージョ キャサリン・マコーマック ダニー・ボイル ロバート・カーライル ベン・アフレック ザック・スナイダー ガル・ガドット ダイアン・レイン ジェシー・アイゼンバーグ エイミー・アダムス ヘンリー・カヴィル アンセル・エルゴート マイルズ・テラー シャイリーン・ウッドリー ロベルト・シュヴェンケ ショーン・アンダース マーク・ウォールバーグ リンダ・カーデリーニ トム・ハンクス マーク・ライランス エドワード・ジェームズ・ハイランド エイミー・ライアン オースティン・ストウェル マイケル・ペーニャ リドリー・スコット 

プロフィール

ロココ

Author:ロココ
いらっしゃいませ。カフェへようこそ!
ここでは素人目線で映画について言いたい放題、アメリカから映画レビューをお届けしています。→日本に帰国しました!
基本はネタバレなし!ゆっくりしていってくださいね。
リンクフリー、TB大歓迎、古い記事でも気軽にコメントして下さい。

PR
クリックしてね☆
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム
コメント欄にはちょっと書きずらいなぁ・・・という方!お気軽にメールください☆

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。