FC2ブログ

インセプション (2010) INCEPTION 422本目

複雑だけど圧倒的世界観 インセプション (INCEPTION)

ドム・コブ役 レオナルド・ディカプリオ
サイトー役 渡辺謙
アーサー役 ジョセフ・ゴードン=レヴィット

監督:
クリストファー・ノーラン
お勧め度 ★★★★☆

この映画も実は以前に何回か見ています。
「そういえばレビューしていなかったなぁ」と思って。
もう一度見返しました。

コブとアーサーは標的の無意識に侵入して情報を引き出す産業スパイだった。
そもそも標的となった日本人実業家サイトーであったが、彼からあらたに無意識に考えを植えつける(INCEPTION)ができないか、ともちかけられる。
仕事を引き受けた彼らだったが、コブには無意識の中に亡き妻モルが投影され、そのことが今回の仕事で大きな障害となる。

最初見たとき、結末について最後モヤーっとしたのを覚えてる
でも、それ以外の詳細をすっかり忘れていたので、見返してみて、なかなか奥が深いな、と。
というより、その圧倒的な世界観に圧倒された。
だってさ、よくよく考えてみると、その無意識(=夢のようなもの)の中に入るっていう装置なんだけれど、その装置についての説明が一切なし。
なにか管のような物にみんなが繋がれているのだけれど、それがどこに繋がれているのか、何に繋がれているかも不明。

そんなことどうだっていいんです!

っていう感じの圧力を感じたよ。
問題なのはそこではなく、無意識に入り込んでいろんな情報を引き出したり、植えつけたりを自在にできるすごい世界なんだよ!ってこと。

自分が好きな夢を見るってことに似ているかも。
Inception自体はマインドコントロールに似ているかも。

まず冒頭ですが、いきなり年老いたサイトー(渡辺謙)とコブ(ディカプリオ)が登場。
あれ?サイトーってこんな年老いてたっけ?
と思いながら始まります。
そしてなぜここに行き着いたかっていう説明が時間を遡ってはじまります。
つまり、この映画は最後の方のシーンが最初に来てるってこと。

コブはInceptionという仕事をサイトーから依頼される。
この仕事はとても難しい仕事(らしい)けど、コブはどうしてもやるという。
それはコブが「ある理由」でアメリカに入国できず、愛する子供たちを離れ離れになっているから。
まあ、その「ある理由」というのも、納得いくようで納得いかないというか…。
人生に理不尽はつき物なので、そういうこともあるでしょう。
とりあえず、コブは仲間のことはお構いなしに自分のためにこの仕事を引き受けます。

そして、この仕事に必要ないろいろなメンバーを集めます。
このInceptionの装置の詳細が不明なので、いまいち彼らのプロフェッショナルがどのように繋がるのか、はっきりとはわかりませんが、それでも一人ひとりがこの仕事にとって不可欠な人間ということで。

とりあえず必要なのはInceptionの際に世界を作り上げる設計士、そして強い安定剤を作る薬剤師など。
通常だとこの装置を使った場合、無意識(=夢)の中で死ぬと現実世界に戻ってきます。
ただし、今回の場合、強い安定剤を使用しているので、現実世界に戻れず虚無(Limbo)へ落ちてしまいます。
そこがこの仕事の難しいところ、絶対に死んではいけないのです!

またこの映画では数々の謎が隠されていて、それを発見する楽しみというのもあります。
たとえばコブの指輪のこととか、
子供たちの成長のこととか、
音楽とか、
登場人物の名前についてとか、
ネタバレに繋がっちゃうので、ここでは説明しませんが、いろんな人がいろんな考察をしているので、映画を見終わった後に検索してみると面白いです。

そういう「考えさせる映画」っていうのが好きな人はいいかもね。
なかなか一度見ただけでは気がつかない部分もあるので、何回も見ちゃうんだろうね。
でも初見でもその世界観や設定は面白いと感じさせます。
複雑すぎる~!という意見もありますが、私としてはある程度納得いく説明があり、それでいて、不必要な説明はしないというところでわかりやすかったなぁと感じました!

とにかく、こういう設定を思いつくってことがすごいよね。
一部では夢ネタは使い古しというけれど、ここまで取捨選択して(詳細設定が必要な事と不必要な事)脚本化するってやっぱりセンスが良くないとできないなぁ。

さて、問題の結末ですが、いろんな意見があり、いろんなヒントが映画の中に隠されている。
現実と夢は確実に分けられているのですが、最後、なんとなく「どっちなんだろう?」という終わり方をします。
それでも私はきっとハッピーエンドだったんだって信じてる。
どういう結末であっても主役のコブにとっては良い結末だったと信じてる。

主役のコブ役ディカプリオ。
Leonardo_DiCaprio_2014.jpg
昔は美男子だったけど、大人になったら、なにやら無骨な青年に。
ただ、役者としてはかなり素敵になりました。
私、実は結構好き。

サイトー役の渡辺謙。
360px-Ken_Watanabe_2007_(cropped).jpg
ラストサムライから始まってハリウッドで活躍する渡辺謙。
ケンという名前は海外の人も呼びやすいからいいんだけど、ワタナベという苗字が難しい!
ラジオでワンタナビーと呼ばれてた。
あと、やっぱり英語で演技って難しいよね。
今回はキャラがあっていたけど、やっぱり周りと話すテンポが違いすぎてちょっと違和感がある…。

アーサー役のジョセフ・ゴードン=レヴィット。
Joseph_Gordon-Levitt_TIFF_2012.jpg
この役はジェームズ・フランコが演じるはずだったとか?
確かにちょっと似てるかも。
でもジョセフ好きよ。

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
「設定が複雑」と思われて敬遠している人はぜひ見てほしい!
意外とそうでもないんです。
あとは難しく考えずにワクワク見ましょう!

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング



スポンサーサイト



レヴェナント:蘇えりし者(2016) THE REVENANT 342本目

映像技術に脱帽!レヴェナント:蘇えりし者(THE REVENANT)
The_Revenant_2015_film_poster.jpg

出演:
ヒュー・グラス役 レオナルド・ディカプリオ
ジョン・フィッツジェラルド役 トム・ハーディ
ジム・ブリッジャー役 ウィル・ポールター

監督:
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
お勧め度★★★☆☆

5度もアカデミー賞にノミネートしながら一度も受賞していなかったディカプリオが遂にアカデミー賞の主演男優賞を受賞!ってことで盛り上がった映画ですが、なんだか題材からして面白くなさそうだったから見ていなかった本作
遂に見ましたよ!

1823年、西部開拓時代のアメリカ北西部。
狩猟をしながら毛皮を採取するハンターチームのガイドを務めるヒュー。
彼はネイティブアメリカンの妻との間に授かった息子と一緒に旅をしていた。
ネイティブアメリカンに狙われ、回り道を余儀なくされたチーム。
ヒューは現れたクマに襲われ、瀕死の重傷を負ってしまう。
最期を託されたジョン・フィッツジェラルドとジム・ブリッジャーだったが、以前からヒューと確執のあったジョンはヒューの息子を殺してしまう。
差別と憎しみの中、復讐に燃えるヒューの過酷なサバイバルを描く。

最初、「だるいなぁ~」って思いながら見てた。
まず、2時間以上の長い映画ってことと、西部開拓時代、つまりアメリカでいう時代物の映画が苦手なので。
特に詳しい説明がないので、ちょっと人間関係がわからず戸惑う。
え?ヒューってネイティブアメリカンなの?どう見ても白人だけど、と思ったら違った。
彼はネイティブアメリカンの女性と結婚して、息子を持ったという設定。
実際ヒューの過去のお話は回想でちょこっとしか出てこないので、何か過去にあったんだろうけれど、詳しくは説明されません。
まあ、本編にそれほど関係ない、ってことだろうけど。
でも、ネイティブアメリカンと結婚して、息子を持ったこと自体で、差別されているという事情を理解しないと、チームの中で彼が浮いている事情がわからない。
でも、彼が熊に襲われるシーンから壮絶なサバイバルが始まって、

目が離せなくなった!!

とにかく、迫力が凄い!
クマとの壮絶な戦い、ネイティブアメリカンとの戦い、フランス人との戦い、馬でのジャンプ!!
映画ならではの映像技術をこれでもか!と見せつけてきます。

この映画はマイケル・パンクの小説「The Revenant: A Novel of Revenge」(蘇った亡霊:ある復讐の物語)の映画化。


そして映画"Man in the Wilderness"(邦題:「荒野に生きる」1971年)のリメイクでもあります。


原作のタイトルからもわかるように、この映画は簡単に言うと「復讐」の物語。
そう考えると、結構単純なお話。
ストーリーにヒネリは特にありません。
息子を殺された父親が復讐に燃えてサバイバルするっていうお話。
ただ、息子を殺された経緯もなんとなくしょうがないような気が・・・確かに重傷を負ったヒューはチームにとってはかなりのお荷物。
彼をこのまま連れていくか、それとも置き去りにするか、実際にはとても悩むと思う。
まあ、それと息子殺しは別物でしょ!って話だろうけれど、すべて繋がっている。
もしもヒューがクマに襲われなかったら、チームの優秀な人材として、ヒューも息子も生きながらえたかもしれない。
もしくは、クマに襲われなくても、チーム内にいるどうしようもないクズ男、フィッツジェラルドにいつかは殺されていたかもしれない。

このヒュー・グラスという人は実在する人で、彼のクマに襲われて生還したというストーリーは長く語り継がれています。
クマに襲われたのに、生きて帰ってきた!ってところがフィーチャーされているけれど、森を熟知しているはずのヒューがクマに襲われるってどういうこと?
しかもあれだけやられているのに、簡単には死なない
まあ、どんなプロフェッショナルでもこういう事はあるっていう自然の恐ろしさと、復讐に燃える人間の恐ろしいほどの執着ということでしょうか?

ストーリーはごくごく単純なんですが、やっぱりこの舞台が開拓時代のアメリカってところが映画の見どころ。
そして、映画としてのクオリティの高さが高評価の理由なんだろうと思う。
いくつか凄いシーンをピックアップ!

まずはクマに襲われるシーン。
実際にアメリカにはグリズリーベアーがまだいて、キャンプなんか行くときは特に注意するように言われる。
とにかく、このシーンの迫力、凄い!
ここだけでも絶対見た方が良い!ってくらい凄い。
でも、実際にはもちろんディカプリオはクマには襲われていませんので、ご安心を(当たり前か!)。
グレン・エニスというスタントマンが熊の役をしています
可愛い青いクマの頭付のスーツに身を包み、演技をしてから、CGでクマの姿を付け加えています↓
glenn-ennis-the-revenant-xlarge-large_trans++ZgEkZX3M936N5BQK4Va8RWtT0gK_6EfZT336f62EI5U.jpg
でも、クマの動きはホンモノのクマの動きを参考にしていて、コリオグラフィー(と言っていいのか?)は実にリアルに見えるように工夫してある。
といわけで、もちろんディカプリオの傷もメイクだし、凍ったヒゲもメイク。

ただ、ディカプリオがずっと羽織っているクマの毛皮はホンモノ。
とても重くて、水を含むと45キロ以上にもなるという。
これは演技も大変ね。

そしてもう1つ凄いシーンは馬で崖をジャンプするシーン。
もちろん、本当にはジャンプしてません。
馬を傷つけたりもしていないので、ご安心を(当たり前か!)
死んだ馬の中に入って暖を取るシーンがあるのですが、これも作り物を使用しています。
この死んだ動物の中にはいるヤツ、どっかで見たことあるなぁ・・・と思ってたら、スターウォーズだった

その他にも生魚を食べたり、動物の内臓を食べたり(これ、「ダンス・ウィズ・ウルブス」にもあったね、こういうシーン)、いろいろ驚きのシーンがありますが、すべて実にリアルです。
まあ、ディカプリオがベジタリアンという話があるので、本当に食べてはいないと思うけど。
っていうか、こういう時、ベジタリアンの俳優ってめんどくさそう。
役作りのために歯は抜くけど、肉は食べん!みたいな。

そういう意味で、ディカプリオの演技はこういう映像技術やメイク技術にかなり支えられていると思う。
これらすべてを含めて主演男優賞なんだなぁって思った!

今回とにかく最初からクソ野郎、フィッツジェラルド役のトム・ハーディ。
Tom_Hardy_TIFF_2014.jpg
とてもトム・ハーディとは思えない
すごいおじいさん臭がする・・・。
でも、キャラピッタリです。

そして、頼りないけど、結構良い奴、ジム・ブリッジャー役にウィル・ポールター。
330px-Will_Poulter_2013.jpg
ただのヨワメンではない。
ちょっと芯のある感じが良い!
彼は映画の中では全然悪い奴じゃないのに、何かと誤解されてちょっと可哀想。
ディカプリオ!もっと彼を庇ってやれよ!と言いたくなった
でも、実際のお話ではヒューはブリッジャーにも復讐してやる!と誓っていたみたいだから、もしかしたら、映画とは違うのかも。

この映画でフランス人はものすごーく悪い奴として描かれています。
ネイティブアメリカンの女性を物のように扱ったり、ずるいことをしたり。
アメリカの映画でよくあることだけど、アメリカ人も同じくらい酷い事をしていたはずなのに、その辺りは描かれず。
なぜかアメリカ側にいるネイティブアメリカンの女性はそれほど嫌な顔をしていない、という不思議。
こういうの、ちょっと違和感あるよね。
でも、もちろん、ヒューはネイティブアメリカンの女性を妻にするくらいだから、その辺のアメリカ人ともフランス人とも違う。
この映画にはヒューの復讐劇と、ネイティブアメリカンの部族長が娘を探しているっていうもう1つの物語が並行して進んでいきます。
その二つが交差するポイントがあって、その辺り、私は好きだった
「情けは人のためならず」
悪いことをしているヤツは絶対に地獄に落ちる、そして、善行を積むことで自分に帰ってくるという当たり前のことが強いメッセージとして伝わってくる。

あ、そういえば、トレイラーで音楽が坂本龍一ってことで当時、かなり食いついたんだけど、正直忘れてた・・・

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
アカデミー賞ということで、見た人は多いと思うけど、私のように、「どうせつまらないだろう」と思っている人は、ストーリーというより、迫力ある映像を見るっていうスタンスで見ると、かなり楽しめるはず!


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

J・エドガー(2011) J. EDGAR 339本目

引退しない男たち J・エドガー(J. EDGAR)
(日本公開は2012年)

出演:
ジョン・エドガー・フーヴァー役 レオナルド・ディカプリオ
クライド・トルソン役 アーミー・ハマー
ヘレン・ギャンディ役 ナオミ・ワッツ

監督:
クリント・イーストウッド
お勧め度★★★☆☆
あらすじは下記アマゾンリンクをご参照ください。

警察官になりたかった私にとってFBIはもう1つの憧れ
FBIが登場するドラマでちょっと前に私がハマったのが"White Collar"。(ホームページはこちら)
詐欺師がFBIと協力して事件を解決するドラマ。
そして今ハマっているのは"Blindspot"。(ホームページはこちら)
NYのタイムズスクエアで記憶をなくし、全身にタトゥーを施された状態で見つかったジェーン。
彼女がFBIと一緒にタトゥーが導く謎と事件を追って行くお話。
そして、もう1つ"Limitless"。(ホームページはこちら)
これは映画があったから、知っている人もいるかもしれないけれど、続編として主人公が変わり、現在ドラマとして放送しています。
秘密の薬NZTによって超人的な能力を得たブライアンがFBIと一緒に事件を解決する話。
その他にも沢山のドラマや映画に登場しているFBI。
そのFBIの最初の長官、J・エドガーの物語をご紹介!

1924年に29歳という若さでFBIの前身であるBOI: Bureau of Investigationの長官に就任し、FBIに改称された後の1972年の彼の死後まで長官として勤めたジョン・エドガー・フーヴァーの物語。

今では当たり前になっている情報の集約や、組織の強化、そして科学捜査などをFBI内で推し進めた本人。
この映画を作成するにあたって、監督のクリント・イーストウッドはエドガー自身に興味をもったことがきっかけと語っていた。
彼がどうしてこうも興味深く優秀な人間であったのかが気になったと。
でもさ、全然その辺りはわからないのですよ。
確かにまだまだ小さな捜査局だった場所にいろんなアイディアを持ってきて今のような絶対的な力を持つFBIにしたという功績はわかるんだけれど、なぜそれができたのか、そういう細かいところは描かれていない。
29歳で長官なんだから相当優秀だったんだろうけど、どちらかというと、長官になるまでの話というよりは長官になってからの話が映画の90%を占めているので、そこからの彼の時には傲慢と思うようなやり方に目がいってしまう・・・。

よく、「生涯現役」なんて言うけど、この映画を見ると、それもどうかなという気がしてしまう・・・

この映画はエドガーの伝記的映画という側面と、FBIという機関の成り立ち、そして彼らが携わった事件というサスペンスの面もあるんだと思うんだけれど、その辺りも描き方としては弱い。
もちろん、サスペンスが主の映画ではないから仕方がないのかもしれないけれど、FBIっていったら、ソレでしょ?!って思うけど。
そして、結局彼についての真実はわからないことが多いので、なんとなく曖昧。

エドガーがバリバリとFBIで活躍するところから、死ぬまでの生涯を描いているんだけれど、70代を演じているディカプリオ。

なんかコントみたいなんですけど!

メイクのせいか?
なんか不自然なんだよね。
逆に、ヘレン役のナオミ・ワッツは自然な年の取り方をしているように見えた。
あ、ディカプリオ以上に、クライド役のアーミー・ハマーのおじいちゃん姿はもっとコントです。
メイクももちろんのこと、頭の振り方とか唇の動かし方とか。
なんだろう?
たぶん本当のおじいちゃんはそうなのかもしれないけれど、メイクのせいでちょっと笑えちゃうのです。

この映画で特に話題になったのが、エドガーがゲイじゃないか?っていう疑惑。
その辺りは真実はわからないから、映画では上手に表現していて、すごく好き。
やり過ぎ感がない。
おそらく当時はゲイに対して理解がない時代だろうから、もちろん本当にゲイだったとしても、絶対に公表はしないと思うけど、2人の"繋がり"みたいなものが色々なところで感じられるのが好き
別々の家に住んでいるけれど、一緒に旅行に行ったり、食事をしたり。
お互いを必要としている感じがわかる。
それでも、世間に「私たちの関係を認めてください!」みたいな主張は全然なく(もちろん時代がそうさせなかったんだろうけど)ずっと寄り添って生きていくっていう形。
一生一緒にいるなら、別に結婚とか、世間に認められるとか、関係ないよね。
実際、エドガーは女性にも人気があったみたいだし、いつでも結婚はできたように見えた。
それでも結婚せずにクライドと一緒にいたってことは、異性同士の愛情以上の愛情がお互いにあったからではないかと思わせる。
そしてなぜか不思議なことにヘレン・ギャンディも生涯独身。
私は彼女の方が気になったよ・・・。

今回私が気になったのは、おじいちゃん役がコント化しているクライド・トルソン役のアーミー・ハマー。
Armie_Hammer_2011_AA_(revised).jpg
若い時の彼、とってもハンサム
イイ男はみんなゲイという定説にがっつり当てはまるイケメンぶりです。
「ソーシャル・ネットワーク」の時にはそれほど気にならなかったのですが、素敵です。
残念ながらまだまだ出演作は少ないですが、これから!でしょう!

なんだかディカプリオの近年の作品は伝記系の映画が多いなぁ・・・。
もう少し軽い映画に出演してほしい。
ただただ、ディカプリオのイケメンぶりを堪能できるような映画に出演してほしいなぁ。
そんな彼ももう40代。
まだ結婚してない。
でも、多くの美女と噂になったので、ゲイってことはないと思うけど、そろそろ生涯のパートナーを見つけてほしいものです。
そういう意味でも、エドガーとクライドの関係って羨ましい。
やっぱり人生にパートナーは必要でしょう

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
ちょっと内容的にアメリカの歴史や歴史的事件「リンドバーグ愛児誘拐事件」などが絡んでくるので、難しい印象がありますが、その分見ごたえあり!です。
と、いうより、この事件の真相のほうが、気になる・・・。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

関連タグ

新海誠 お勧め度★★★☆☆ 水橋研二 近藤好美 花村怜美 ローソン・マーシャル・サーバー ネーヴ・キャンベル ドウェイン・ジョンソン サラ・パクストン スコット・イーストウッド クリストファー・デナム ジャック・ヘラー ショーン・サイポス キャサリン・ウォーターストン エミリー・ブラント ブルース・ウィリス ジョセフ・ゴードン=レヴィット ライアン・ジョンソン イーダ・エングヴォル ハンネス・ホルム ロルフ・ラッスゴード バハール・パルス お勧め度★★★★☆ トム・ティクヴァ サリタ・チョウドリー アレクサンダー・ブラック トム・ハンクス 白石晃士 三浦誠己 お勧め度★☆☆☆☆ 川島鈴遥 デヴィッド・モース D・J・カルーソー シャイア・ラブーフ アーロン・ヨー サラ・ローマー ロバート・デ・ニーロ ブラッドリー・クーパー ニール・バーガー アビー・コーニッシュ サム・クラフリン エミリア・クラーク テア・シャーロック キャサリン・ハードウィック ドリュー・バリモア トニ・コレット 小泉今日子 永瀬正敏 ロドリゴ・グランデ レオナルド・スバラーリャ クララ・ラゴ お勧め度★★☆☆☆ レスリー・ビブ ブルック・シールズ 北村龍平 満島ひかり 中村優子 堺雅人 クヒオ大佐役 吉田大八 松雪泰子 ティモシー・ギブス ダーレン・リン・バウズマン ジム・スタージェス ロネ・シェルフィグ アン・ハサウェイ 入江悠 藤原竜也 伊藤英明 仲村トオル セス・マクファーレン リース・ウィザースプーン マシュー・マコノヒー タロン・エガートン トリー・ケリー スカーレット・ヨハンソン デニス・クエイド ラッセ・ハルストレム ジョニー・フリン ケイト・バーカー=フロイランド 尾野真千子 小栗旬 妻夫木聡 西島秀俊 竹内結子 大沢たかお 佐藤祐市 キット・ハリントン アデレイド・クレメンス ショーン・ビーン マイケル・J・バセット ラダ・ミッチェル ロージー・デイ ラウル・ボバ エラ・レムハーゲン サラ・ジェシカ・パーカー 山田孝之 ピエール瀧 リリー・フランキー 白石和彌 阿部寛 市村正親 北村一輝 上戸彩 宍戸開 ユアン・マクレガー グヴィネス・パルトロー デヴィッド・コープ ジョニー・デップ 宮崎あおい 佐々部清 渡辺謙 レオナルド・ディカプリオ クリストファー・ノーラン モーガンフリーマン スティーブン・カンパネッリ オルガ・キュリレンコ カトリーヌ・ドヌーヴ ピリ・グロワーヌ ブノワ・ポールヴールド ジャコ・ヴァン・ドルマル エマニュエル・セニエ ロマン・ポランスキー ビル・プルマン お勧め度★★★★★ デンゼル・ワシントン メリッサ・レオ ペドロ・パスカル アントワーン・フークア アレン・ヒューズ アルバート・ヒューズ ミラ・クニス ゲイリー・オールドマン カルラ・ブルーニ ウディ・アレン レイチェル・マクアダムス オーウェン・ウィルソン ガベ・イバニョス アントニオ・バンデラス ビアギッテ・ヨート・ソレンセン メラニー・グリフィス 橋本一 松田龍平 大泉洋 綾野剛 金子ノブアキ 井上真央 蓮佛美沙子 中村義洋 菜々緒 マーク・フォースター ヘイリー・アトウェル ローリー・ホールデン キム・コーツ クリストフ・ガンズ イライジャ・ウッド ジェニファー・コネリー シェーン・アッカー 小雪 西田敏行 リー・トランド・クリーガー ミキール・ハースマン ブライク・ライヴリー ハリソン・フォード 岩井俊二 奥菜恵 山崎裕太 反田孝幸 瑛太 山崎努 千葉雄大 阿部サダヲ 寺脇康史 伊藤淳史 有村架純 野村周平 土井裕泰 R.マドハヴァン ラージクマール・ヒラーニ カリーナ・カプール シャルマン・ジョシ アーミル・カーン ダコタ・ファニング テリー・ハッチャー ヘンリー・セリック 原田眞人 吉高由里子 二宮和也 木村拓哉 オークワフィナ ケイト・ブランシェット サンドラ・ブロック ミンディ・カリング サラ・ポールソン リアーナ ゲイリー・ロス サイモン・ペッグ ミシェル・モナハン ヘンリー・カヴィル レベッカ・ファーガソン クリストファー・マッカリー トム・クルーズ テイト・テイラー ヘイリー・ベネット ジャスティン・セロー コリン・ファース レニー・ゼルヴィガー パトリック・デンプシー シャロン・マグワイヤ ニコール・キッドマン スタンリー・キューブリック ダグ・ジョーンズ ギレルモ・デル・トロ イバナ・バケロ 斎藤工 西谷弘 伊藤歩 アビゲイル・ブレスリン キャサリン・ゼタ=ジョーンズ スコット・ヒックス アーロン・エッカート ジェイソン・ステイサム クリス・エヴァンス キム・ベイシンガー ウィリアム・H・メイシー デヴィッド・エリス ジョン・レジェンド ライアン・ゴズリング エマ・ストーン 長谷川博己 臼田あさ美 富田靖子 T・J・ミラー ライアン・レイノルズ モリーナ・バッカリン ロバート・ダウニー・Jr クリス・ヘムズワース アンソニー・ルッソ マーク・ラファロ ポール・グリーングラス ジョアン・アレン ジュリア・スタイルズ マット・デイモン デヴィッド・ストラザーン エヴァ・アンダーソン アリ・ラーター ミラ・ジョヴォヴィッチ ローラ ポール・W・S・アンダーソン フランカ・ポテンテ クリス・クーパー ダグ・リーマン 南里侑香 吉岡秀隆 萩原聖人 鈴木千尋 武藤寿美 ローラ・ダーン ティア・レオーニ サム・ニール ジョー・ジョンストン アレッサンドロ・ニヴォラ リチャード・アッテンボロー ジュリアン・ムーア スティーヴン・スピルバーグ ヴァネッサ・リー・チェスター ジェフ・ゴールドブラム ヴィンス・ヴォーン ウィル・フェレル ポール・ラッド フレッド・ウィラード デヴィッド・ケックナー スティーヴ・カレル クリスティナ・アップルゲイト アダム・マッケイ テリーサ・パーマー レイ・ウィンストン エドガー・ラミレス ルーク・ブレイシー エリクソン・コア 滝藤賢一 福山雅治 大根仁 二階堂ふみ 吉田羊 ジェイク・ジレンホール ダンカン・ジョーンズ ヴェラ・ファーミガ ディラン・ミネット コディ・スミット=マクフィー クロエ・グレース・モレッツ マット・リーヴス 橋本愛 佐々木蔵之介 坂口健太郎 ビリー・ボブ・ソーントン 神木隆之介 長澤まさみ 上白石萌音 成田凌 テオ・ジェームズ リチャード・ギア ジェシカ・チャステイン セドリック・ニコラス=トロイアン シャーリーズ・セロン エヴァン・ピーターズ ブライアン・シンガー ローズ・バーン ソフィー・ターナー ニコラス・ホルト タイ・シェリダン ジェニファー・ローレンス オスカー・アイザック ジェームズ・マカヴォイ マイケル・ファスベンダー クリストファー・ウォーケン デクスター・フレッチャー ヒュー・ジャックマン 設楽統 日村勇紀 クリス・ルノー 沢城みゆき 永作博美 ヤーロー・チーニー 竹下景子 香川照之 岡田准一 ジョシュ・ブローリン ジョエル・コーエン イーサン・コーエン ジョージ・クルーニー ジョナ・ヒル チャニング・テイタム アンドリュー・スタントン アンガス・マクレーン 木の実ナナ 柴田恭兵 村川透 舘ひろし 夕輝壽太 吉川晃司 浅野温子 マイケル・キートン ティム・バートン ダニー・デヴィート ミシェル・ファイファー ロバート・ウール ジャック・ニコルソン フランセス・オコナー パトリック・ウィルソン ジェームズ・ワン エディ・レッドメイン チャーリー・コックス ジェームズ・マーシュ フェリシティ・ジョーンズ マキシン・ピーク ジュディ・デイヴィス イアン・ホルム ピーター・ウェラー デヴィッド・クローネンバーグ セス・ローゲン デイヴ・フランコ セレーナ・ゴメス ザック・エフロン ニコラス・ストーラー ケネディ・クレメンツ ギル・キーナン カイル・キャトレット サクソン・シャービノ サム・ロックウェル ローズマリー・デウィット レイグ・T・ネルソン クジョベス・ウィリアムズ トビー・フーパー ヘザー・オルーク オリヴァー・ロビンス ドミニク・ダン ロニー・デル・カルメン エイミー・ポーラー ピート・ドクター トム・ハーディ ウィル・ポールター 高嶋政宏 古田新太 水原希子 濱田岳 向井理 柴咲コウ ナオミ・ワッツ アーミー・ハマー ジェニファー・ガーナー ケビン・コスナー チェン・カイコー ジョセフ・ファインズ ヘザー・グラハム アリエル・ブロメン ガル・ギャドット トミー・リー・ジョーンズ アマウリー・ノラスコ コリン・サーモン マイケル・ピット アントン・イェルチン ミカ・ブーレム アンソニー・ホプキンス スティーヴン・キング マギー・ギレンホール ジェームズ・スペイダー ジェレミー・デイヴィス スティーヴン・シャインバーグ リリー・ウォシャウスキー ラナ・ウォシャウスキー イアン・ゴメス ジョン・コーベット ジョーイ・ファトーン ニア・ヴァルダロス ジョエル・ズウィック ジョシュ・ゴードン ジョン・ヘダー ウィル・スペック ルイ・レテリエ スー・チー ジョン・ステイモス カーク・ジョーンズ ロバート・カーライル ジェレミー・レナー イモージェン・プーツ ファン・カルロス・フレスナディージョ キャサリン・マコーマック ダニー・ボイル ザック・スナイダー ガル・ガドット ダイアン・レイン ジェシー・アイゼンバーグ エイミー・アダムス ベン・アフレック マイルズ・テラー アンセル・エルゴート ロベルト・シュヴェンケ シャイリーン・ウッドリー リンダ・カーデリーニ マーク・ウォールバーグ ショーン・アンダース エドワード・ジェームズ・ハイランド マーク・ライランス エイミー・ライアン オースティン・ストウェル マイケル・ペーニャ リドリー・スコット 

プロフィール

ロココ

Author:ロココ
いらっしゃいませ。カフェへようこそ!
ここでは素人目線で映画について言いたい放題、アメリカから映画レビューをお届けしています。→日本に帰国しました!
基本はネタバレなし!ゆっくりしていってくださいね。
リンクフリー、TB大歓迎、古い記事でも気軽にコメントして下さい。

PR
クリックしてね☆
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム
コメント欄にはちょっと書きずらいなぁ・・・という方!お気軽にメールください☆

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR