スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さらば あぶない刑事 (2016) 361本目

ハードボイルド、スタイリッシュ、ファッショナブル!! さらばあぶない刑事

出演:
鷹山敏樹役 舘ひろし
大下勇次役 柴田恭兵
真山薫役 浅野温子
町田透役 仲村トオル
松村優子役 木の実ナナ
キョウイチ・ガルシア役 吉川晃司
ディーノ・カトウ役 夕輝壽太

監督:
村川透
お勧め度★★★☆☆

日本帰国第1弾はやっぱり邦画!
「あぶない刑事」と書いて「あぶないデカ」と読む!
そのせいで「はぐれ刑事」も「はぐれデカ」と読んでいた人、多いはず!(いや、私だけか・・・?)
ドラマ放映当時は子供だったこともあり、タカの魅力はよくわかっていなかった私。
ただ、マセガキだった友達は「私はタカ派!」と言っていた。
私はとりあえず面白くてカッコいい「ユージ派」ということに。
正直ドラマの内容はあまり覚えていないけれど、彼らのキャラは強烈に覚えている。
そのぐらいキャラ立ちしたドラマだった!!
そしてその二人を完璧に演じている二人の役者!最高!

タカとユージ、定年まで5日というある日。
彼らの最後の事件は新興組織「闘竜会」の幹部として非合法のブラックマーケットを仕切っていた伊能の逮捕。
しかし事件は思わぬ方向へ・・・・!
彼らは無事に定年を迎えることができるのか!?

まず最初に思った事。

て、定年!?

まあ、そりゃそうだよね、いくらタカとユージでも歳をとるし。
だけど、

これほどまでにサングラスの似合う60歳がいるか!
これほどまでにバイクの似合う60歳がいるか!
これほどまでに拳銃をカッコよく扱える60歳がいるか!(二人の拳銃がそれぞれタイプが違うというのも素敵)
これほどまでにクールな60歳がいるか!ってこと!

とにかく、この映画は彼らのプロモーションビデオか!ってくらいカッコいいです。
昔のドラマを見ていた人にとっては本当に楽しめる映画。
最初に彼らが「タカ」、「ユージ」と呼び合った瞬間にあぶデカの世界が蘇る!
この映画は講談社から発売された「あぶない刑事」DVDマガジンの売り上げがかなり良かったことから映画化が決まったとか。
(DVDマガジンのHP)
最近これを見た人にとってはまさに涙もの!

ちゃんとファンを喜ばせてくれるような演出が随所にみられて愛を感じます
例えば誰も着こなせないユージのホストスーツ。
ユージの走り!
ユージのダンス!
タカのバイクに乗りながらのショットガン!
タカのキザなセリフ!
タカのアクション!
二人の息の合ったテンポよい会話を聞くのが楽しい!
もちろん、お馴染みの薫や透、松村なども登場!

薫役の浅野温子は最近年相応の役でドラマなどに出演していたのを見たことがあったので、薫大丈夫かなぁと思ったら!
全然変わってない!むしろ若返っている!
そして透役の中村トオル。
なんとなく真面目なイメージがあったけれど、ここではちょっと偉くなった透がみんなにいじられてやっぱりヘタレ感があるのが、凄い!さすがです!

そんなわけで昔のドラマを見ていた人には120%楽しめる映画。
でも、初見の方々にはどうでしょう・・・?
確かにストーリーに多少のツイストはあるものの、「あぶデカ」ならではのハチャメチャな展開なので、サスペンスとしては物足りなさを感じるかも。
でも、それでいいんです!
そういう映画ですから。

さて今回悪役の吉川晃司と夕輝壽太。
なぜか謎の日系南米人という設定
吉川晃司はこのためにスペイン語を習得したとか。
かなりの巻き舌で雰囲気だしてます。
そして夕輝壽太はブラジル出身ということで、ポルトガル語が話せるらしく、スペイン語は似ているので、ここもリアルな演出になっています。

子供の頃は全然気が付かなかったけれど、これ、横浜が舞台なのね。
横浜の港警察署に勤務しているみたい。
どのあたりが管轄区域なのかイマイチわからないけれど、みなとみらいも出て来るし、関内、桜木町、日ノ出町の近くも登場しているので、その辺りのなかなぁ?
私も行ったことがある場所が結構出てきてそれも楽しめたよ!

ドラマからのファンにとってはエンディングロールも見逃せません!
昔の映像を織り交ぜてあって、そして最後はジャンプシーン!
本当にファンの事を考えて作った作品なんだなぁと、それほど詳しくない私でさえ感動した!
こういう映画たまにはいいよね。

さて、本当にこれで最後なのか??!!
なんだかドラマをちゃんと見直したくなった!


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

ご報告!

いつもカフェをご利用いただきありがとうございます

さてさて、昨日、「人生における大きなプロジェクト」なんて、大げさに言い訳をしていたワタシ。
それがなにかと言いますと・・・!

帰国しました!

このブログはアメリカに住んでいる私、ロココが日本劇場未公開、そして劇場公開前の映画を含め、ネタバレなしの映画ガイドとして、映画を見たことがある人にも、これから見る人の両方に素敵な映画情報をお届けしたい!という願望から始まったブログですが(え?そうだったっけ?)いろいろな事情があり、この度日本に帰ることにしました。
まだ法的な手続きが終わっていないし、住処も決まっていないので完全帰国はしていませんが、ちゃんと日本に住む予定です。

というわけで、もう日本公開未定とか、公開前映画をアメリカで見て、レビューする、ということはできなくなってしまうので、このブログ、どうしたものかと悩みましたが、別にそこにこだわらなくても好きな映画を見てレビューする、というスタンスで続けて行こう!と決めました。
よく考えたらこれからは邦画とか、アジア映画とか、ヨーロッパ映画とか、アメリカではほとんど公開されていない映画も見ることができるから、選択肢は広がったのかも・・・?

そういうわけで、ペースは落ちるとは思いますが、ゆるゆると更新をしていきたいと思いますので、引き続きお付き合い、よろしくお願いします!

明日からまた通常営業にて、カフェでお待ちしています~!

ロココ


絶対に見てほしい映画 (6月)

いつもカフェをご利用いただきありがとうございます

キャー!!
随分とご無沙汰しておりました!
実は私の人生における大きなプロジェクトが進行しており、そのためにPCを開く暇もなく、7月も2週が終わってしまった!!
すみません!
この詳細(イイワケ)は次回するとして、いつものように、毎月初めは先月レビューした映画の中から「絶対に見てほしい!」という映画を勝手に選出してまとめてご紹介します!

レビューは基本ネタバレなし!
元記事へのTB、コメントはお気軽に。
コメント欄はちょっと・・・という方はメールでお気軽にコメントください!(PC版は左側のコラム、スマホ版は記事下の"メール送信”をクリックしてメールフォームから送信できます)
古い記事へのコメントも大歓迎です。

さてさて、まずは日本公開未定としていた作品の最新情報です!

●ブラザー・ミッション -ライド・アロング 2
残念ながら劇場公開にはなりませんでしたが、DVD発売が決定!
2016年9月7日です!
(レビューはこちら)
劇場未公開作品として情報をアップデートしておきます!


●ザ・ボーイ 人形少年の館
公開日が未定だった作品、ついに2016年7月17日に劇場公開です!
(レビューはこちら)
大物ハリウッドスターが出演しているわけではなかったので、日本では劇場公開しないんじゃないの?なんて予想していたのに反し、夏のホラーとして今年公開!
結末だけ考えると大したことのない映画なんだけれど、そこまでの導入が今までにない映画。
ただ怖いだけじゃない、何か萌えを感じさせる不思議な映画。
是非劇場で!

●セブンス・サン 魔使いの弟子
こちら、なかなか日本公開にならなかったのですが、残念ながら劇場公開はされず、DVD発売となりました!
アメリカではかなり不発だったこの作品。
本当だったら、続編が作られるような名作ファンタジーだったのに・・・、とにかく作りが甘くもったいない。
だけど、こういうの、日本人は好きだとおもうけどなぁ。
(レビューはこちら)
アメリカでは興行成績が不振だったのにも関わらず続編が2017年に公開されるという噂も!?
それなら余計に日本でも劇場公開してほしかったなぁ。
散々レビューではディスってますが、私は結構この主演の美男美女の2人、好きです。
次作では原作の良い所を余すことなく映画にしてほしいと願います・・・・!


その他にも2015年にアメリカ公開された精神的ホラー"The Gift"も10月下旬の公開が決定したようです!
日程が決定したらまたアップデートします!

今月は先にいったとおりビックプロジェクトがあって、レビューは9作品だけ
その中から3作品を厳選して絶対視聴作品をご紹介!

1.わたしに会うまでの1600キロ (2014) WILD

これは本当にみんなにお勧めしたい!
特に女子!
(レビューはこちら)
私は涙が止まりませんでした
別に暗い話でもないし、悲しい話でもない、どちらかというと前向きな映画なはずなのに、シェリルに感情移入して泣けてしまう。
彼女は苗字を"ストレイド"(Strayed)と変える。
これはStray、つまり道に迷う、はぐれるという意味。
なぜ変えたのか、詳しい事は描かれていないけれど、変えた時期を考えるとその時の彼女の精神状態を表してたんだろう・・・。
確かにあっけない結末だけど、そこまでに至る彼女の「道」が切なくて衝撃的。

2.マネーモンスター (2016) MONEY MONSTER
Money_Monster_poster.png

大物ハリウッドスターが登場しているという理由もあるけれど、ジョージ・クルーニーの傲慢なくせにへなちょこなキャラが上手だなぁと思った
(レビューはこちら)

3.死霊館 エンフィールド事件 (2016) THE CONJURING 2
Conjuring_2.jpg
私、とにかくこの夫婦が好き。
そしてホラーなのに謎解きってところが凄く好き
(レビューはこちら)
映画の前半、ちょっと期待外れかなぁと思わせて、やっぱりちゃんと結末づけてくれるところも好き!
確かに王道のホラーではないけれど、だからこそ楽しめます!

というわけで、6月のまとめでした!
ご来店誠にありがとうございます。
また遊びにきてくださいね~!

Don't just have a great night, have a great movie night


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

関連タグ

お勧め度★★★☆☆ デヴィッド・ストラザーン マット・デイモン ジョアン・アレン ポール・グリーングラス ジュリア・スタイルズ ミラ・ジョヴォヴィッチ エヴァ・アンダーソン ローラ アリ・ラーター ポール・W・S・アンダーソン お勧め度★★★★☆ フランカ・ポテンテ ダグ・リーマン クリス・クーパー 新海誠 吉岡秀隆 萩原聖人 南里侑香 鈴木千尋 武藤寿美 サム・ニール ローラ・ダーン アレッサンドロ・ニヴォラ ティア・レオーニ ジョー・ジョンストン ウィリアム・H・メイシー ジェフ・ゴールドブラム スティーヴン・スピルバーグ ヴァネッサ・リー・チェスター リチャード・アッテンボロー ジュリアン・ムーア ヴィンス・ヴォーン ウィル・フェレル アダム・マッケイ ポール・ラッド フレッド・ウィラード デヴィッド・ケックナー クリスティナ・アップルゲイト スティーヴ・カレル テリーサ・パーマー エリクソン・コア ルーク・ブレイシー レイ・ウィンストン エドガー・ラミレス 滝藤賢一 二階堂ふみ リリー・フランキー 吉田羊 福山雅治 大根仁 ダンカン・ジョーンズ ヴェラ・ファーミガ ミシェル・モナハン ジェイク・ジレンホール クロエ・グレース・モレッツ マット・リーヴス コディ・スミット=マクフィー ディラン・ミネット 坂口健太郎 橋本愛 佐々木蔵之介 中村義洋 竹内結子 D・J・カルーソー ビリー・ボブ・ソーントン シャイア・ラブーフ 上白石萌音 成田凌 神木隆之介 長澤まさみ ダコタ・ファニング リチャード・ギア テオ・ジェームズ エミリー・ブラント セドリック・ニコラス=トロイアン シャーリーズ・セロン クリス・ヘムズワース ジェシカ・チャステイン ローズ・バーン オスカー・アイザック エヴァン・ピーターズ ブライアン・シンガー ソフィー・ターナー タイ・シェリダン ジェニファー・ローレンス ジェームズ・マカヴォイ マイケル・ファスベンダー ニコラス・ホルト ヒュー・ジャックマン クリストファー・ウォーケン タロン・エガートンお勧め度★★★★☆ デクスター・フレッチャー ヤーロー・チーニー 永作博美 設楽統 沢城みゆき クリス・ルノー 日村勇紀 岡田准一 竹下景子 香川照之 チャニング・テイタム ジョシュ・ブローリン スカーレット・ヨハンソン ジョナ・ヒル ジョージ・クルーニー イーサン・コーエン ジョエル・コーエン アンドリュー・スタントン アンガス・マクレーン 柴田恭兵 木の実ナナ 吉川晃司 夕輝壽太 村川透 仲村トオル 浅野温子 舘ひろし ダニー・デヴィート ミシェル・ファイファー ティム・バートン マイケル・キートン ロバート・ウール キム・ベイシンガー ジャック・ニコルソン パトリック・ウィルソン フランセス・オコナー ジェームズ・ワン チャーリー・コックス マキシン・ピーク フェリシティ・ジョーンズ ジェームズ・マーシュ エディ・レッドメイン ピーター・ウェラー イアン・ホルム デヴィッド・クローネンバーグ お勧め度★★☆☆☆ ジュディ・デイヴィス セス・ローゲン ザック・エフロン デイヴ・フランコ セレーナ・ゴメス ニコラス・ストーラー サクソン・シャービノ サム・ロックウェル ギル・キーナン カイル・キャトレット ケネディ・クレメンツ ローズマリー・デウィット オリヴァー・ロビンス ヘザー・オルーク レイグ・T・ネルソン クジョベス・ウィリアムズ ドミニク・ダン トビー・フーパー エイミー・ポーラー ピート・ドクター ロニー・デル・カルメン ウィル・ポールター トム・ハーディ レオナルド・ディカプリオ 小栗旬 山田孝之 高嶋政宏 水原希子 柴咲コウ 古田新太 向井理 濱田岳 ナオミ・ワッツ アーミー・ハマー ケビン・コスナー ジェニファー・ガーナー ジョセフ・ファインズ チェン・カイコー ヘザー・グラハム ゲイリー・オールドマン トミー・リー・ジョーンズ コリン・サーモン アリエル・ブロメン アマウリー・ノラスコ マイケル・ピット ガル・ギャドット ライアン・レイノルズ アンソニー・ホプキンス アントン・イェルチン デヴィッド・モース スティーヴン・キング スコット・ヒックス ミカ・ブーレム ジェレミー・デイヴィス スティーヴン・シャインバーグ マギー・ギレンホール ジェームズ・スペイダー ラナ・ウォシャウスキー リリー・ウォシャウスキー ショーン・ビーン ミラ・クニス ジョーイ・ファトーン ニア・ヴァルダロス ジョエル・ズウィック イアン・ゴメス ジョン・コーベット ジョン・ヘダー ウィル・スペック ジョシュ・ゴードン スー・チー ジェイソン・ステイサム ルイ・レテリエ カーク・ジョーンズ ジョン・ステイモス イモージェン・プーツ ジェレミー・レナー ファン・カルロス・フレスナディージョ キャサリン・マコーマック ダニー・ボイル ロバート・カーライル ベン・アフレック ザック・スナイダー ガル・ガドット ダイアン・レイン ジェシー・アイゼンバーグ エイミー・アダムス ヘンリー・カヴィル アンセル・エルゴート マイルズ・テラー シャイリーン・ウッドリー ロベルト・シュヴェンケ ショーン・アンダース マーク・ウォールバーグ リンダ・カーデリーニ トム・ハンクス マーク・ライランス エドワード・ジェームズ・ハイランド エイミー・ライアン オースティン・ストウェル マイケル・ペーニャ リドリー・スコット 

プロフィール

ロココ

Author:ロココ
いらっしゃいませ。カフェへようこそ!
ここでは素人目線で映画について言いたい放題、アメリカから映画レビューをお届けしています。→日本に帰国しました!
基本はネタバレなし!ゆっくりしていってくださいね。
リンクフリー、TB大歓迎、古い記事でも気軽にコメントして下さい。

PR
クリックしてね☆
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム
コメント欄にはちょっと書きずらいなぁ・・・という方!お気軽にメールください☆

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。