雲のむこう、約束の場所 (2004)353本目

「君の名は。」の元ネタ?雲のむこう、約束の場所

出演:
藤沢 浩紀役 吉岡秀隆
白川 拓也役 萩原聖人
沢渡 佐由理役 南里侑香

監督:
新海誠
お勧め度★★★☆☆

やばい!!
今月まったく更新せずに11月を終わらせてしまうところでした!
こんな臨時休業ばかりのカフェに足を運んでくださった方、ありがとうございます
いろいろと彷徨っておりましたが、やっと、やっと一つの場所にセトルすることが決まり、新居にネットも接続しました!
U-NEXTのお試し期間は終了し、現在Netflixのお試し中です。
使っているのはもちろんアマゾンファイアースティック!これ、本当に便利です。
他にもアメーバTVやYou Tubeもテレビで見れるっていうのが嬉しい。
アマゾンプライム会員でなくてもアマゾンアカウントを持っていればOK!
U-NEXTにはなかった「ウォーキングデッド」をシーズン1からフルエピソードコンプリートに挑戦中。
逆にアメリカに住んでいた時に見ていたドラマは全然日本で公開されていないので、見れないのですが
日本語字幕も吹き替えもなしでいいから放送してくれないかなぁ……ってそれは我儘言いすぎか!
またNetflixのお試しが終了したらいろいろ検討してみようと思っています。
さて、そういうわけで、今も絶賛人気中の「君の名は。」の新海監督のアニメを見てみました。

1996年の日本。
日本は戦争によって南北に分断されていた。
青森から北を蝦夷と呼び産国家群ユニオンは蝦夷に巨大な塔を建てていた。
青森に住んでいる中学3年生の藤沢浩紀と白川拓也は蝦夷の地の塔に憧れ、いつかそこへ行こうと飛行機づくりを密に行っていた。
その計画がクラスメイトの沢渡佐由理に知られ、彼女も共犯に。
しかし突然彼女が姿を消し、そして3年が過ぎた・・・。

初めてこの映画を見た感想は、

物凄く壮大な映画だけど、とにかくわかりづらい!

書きたいこと沢山あったんだろうけれど、それを90分にギュウギュウに詰め込んだらすごいことになっちゃった!って感じ。
ただ、予感や期待や余韻が漏れまくっていて、この映画が好き!っていう人の気持ちがわかる気がする。
とてもワクワクするのに、とても悲しい。

まずこの映画の設定ですが、なぜか日本が南北に分断されていて、青森から北は蝦夷(エゾ)と呼ばれている。
未来の話かと思ったら、分断されて塔が作られたのが「戦後直後の1974年」ってことになっていて、1996年という時代設定。
「戦後」っていったいなんの戦争なんだよ!ってことも語られず、蝦夷を支配しているというユニオンなる組織についても詳しくは語られません。
それ故に北海道がものすごい暗い未開の地みたいな怖さで迫ってくる。
そのちょっとぶっ飛んだ設定を受け入れられるかどうかでこの映画を楽しめるかどうかは決まってくるかも。
南北が分断されたせいで1996年の日本は今と全然違っています。
軍国主義の雰囲気が漂っているし、廃墟も沢山あるみたい。
いったい何がどうなってこうなったのかわからないけれど、「あったかもしれないもう1つの日本」ということみたい。
それがまた、ワクワク度を増しているといえばそうだし、なにこれ?と思ってしまう人もいるかもしれない。
そして、蝦夷に立っている巨大な塔。
その塔の存在も謎だらけ。
ただ、その塔を恐怖の対象でなく、あこがれの対象としてとらえた2人の中学生の男子と1人の中学生女子の青春がとても眩しい。

キャラデザはあんまり可愛くないけれど、相変わらず美しい映像。
青森が舞台っていうところもいい。
どこか実際に舞台になっているところがあるのかなぁと思ったら、結構ありました。
青森のベイブリッジが見える場所とか。
舞台になっている「南蓬田駅」ですが、実際に「蓬田駅」というところはあるのですが、この映画でモデルになっている駅はここではなく、「蟹田駅」らしいです。
青森、特に津軽は私にとって大切な場所なのでなんか嬉しい。
ちなみに津軽郡という場所は今は実際にはありません。
津軽郡は南、西、東、北、中津軽郡に分かれています。
そして個人的には津軽の中心は弘前って思っているので、その辺りが出てきてほしかったなぁ。
でもそうすると北海道からはかなり遠くなってしまうので、設定的に難しいか……
ただ、映画で使われている場所は今はかなり変わってしまっているみたいなので、聖地巡礼とまではいかないかも。

本当に謎めいたストーリーなのですが、「君の名は。」を彷彿させるようなシーンがいたるところにあります!
例えば「夢」がモチーフになってるところや、男の子が女の子を助けようと頑張るところとか、そして、浩紀と佐有里が手を合わせるシーンが「君の名は。」のシーンにそっくり!
これ新海監督が好きなシーンなのかな?
とにかく、「君の名は。」より複雑でもっとダークだけれど、これが下地にあるって思うとまた面白く見れる。

この映画の結末。
これがまたわかりずらい。
でも、いろんな所にヒントがちりばめられている。
例えば佐有里の浩紀の名前の呼び方。
「ヒロキ君」と「藤沢君」。
そして、全部見終わったら是非もう一度最初のシーンに戻ってほしい。
最初見た時にはつい見逃しがちだけれど、大人になった浩紀が最初に出てきているんだ。
そんでもって、最初にもどると「あれ?」そういうことだったの?って思う。
全部見てから最初に戻る。
そうすると「えー!」ってなる。
凄く切ない
是非これを体験してほしいものです。

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
いろいろ粗削りだけれど、深い映画。
何度も見るとさらに深い映画。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

関連タグ

エマ・ストーン ジョン・レジェンド お勧め度★★★★★ ライアン・ゴズリング お勧め度★★★★☆ 富田靖子 長谷川博己 臼田あさ美 ライアン・レイノルズ T・J・ミラー お勧め度★★★☆☆ モリーナ・バッカリン クリス・ヘムズワース スカーレット・ヨハンソン マーク・ラファロ アンソニー・ルッソ ロバート・ダウニー・Jr クリス・エヴァンス マット・デイモン ポール・グリーングラス デヴィッド・ストラザーン ジョアン・アレン ジュリア・スタイルズ ポール・W・S・アンダーソン エヴァ・アンダーソン ローラ アリ・ラーター ミラ・ジョヴォヴィッチ ダグ・リーマン フランカ・ポテンテ クリス・クーパー 南里侑香 新海誠 萩原聖人 吉岡秀隆 武藤寿美 鈴木千尋 ローラ・ダーン ジョー・ジョンストン サム・ニール ウィリアム・H・メイシー ティア・レオーニ アレッサンドロ・ニヴォラ スティーヴン・スピルバーグ ヴィンス・ヴォーン ジェフ・ゴールドブラム ヴァネッサ・リー・チェスター ジュリアン・ムーア リチャード・アッテンボロー デヴィッド・ケックナー クリスティナ・アップルゲイト ポール・ラッド アダム・マッケイ ウィル・フェレル スティーヴ・カレル フレッド・ウィラード レイ・ウィンストン テリーサ・パーマー エドガー・ラミレス エリクソン・コア ルーク・ブレイシー 滝藤賢一 吉田羊 大根仁 福山雅治 二階堂ふみ リリー・フランキー ダンカン・ジョーンズ ジェイク・ジレンホール ヴェラ・ファーミガ ミシェル・モナハン ディラン・ミネット マット・リーヴス クロエ・グレース・モレッツ コディ・スミット=マクフィー 中村義洋 橋本愛 佐々木蔵之介 竹内結子 坂口健太郎 シャイア・ラブーフ D・J・カルーソー ビリー・ボブ・ソーントン 成田凌 上白石萌音 長澤まさみ 神木隆之介 テオ・ジェームズ リチャード・ギア ダコタ・ファニング ジェシカ・チャステイン セドリック・ニコラス=トロイアン シャーリーズ・セロン エミリー・ブラント タイ・シェリダン ソフィー・ターナー ジェームズ・マカヴォイ ブライアン・シンガー ニコラス・ホルト ローズ・バーン マイケル・ファスベンダー エヴァン・ピーターズ ジェニファー・ローレンス オスカー・アイザック デクスター・フレッチャー ヒュー・ジャックマン クリストファー・ウォーケン タロン・エガートンお勧め度★★★★☆ ヤーロー・チーニー 日村勇紀 クリス・ルノー 永作博美 沢城みゆき 設楽統 竹下景子 岡田准一 香川照之 イーサン・コーエン ジョエル・コーエン チャニング・テイタム ジョージ・クルーニー ジョシュ・ブローリン ジョナ・ヒル アンガス・マクレーン アンドリュー・スタントン 舘ひろし 吉川晃司 夕輝壽太 村川透 木の実ナナ 仲村トオル 柴田恭兵 浅野温子 ミシェル・ファイファー ダニー・デヴィート マイケル・キートン ティム・バートン キム・ベイシンガー ロバート・ウール ジャック・ニコルソン パトリック・ウィルソン フランセス・オコナー ジェームズ・ワン エディ・レッドメイン マキシン・ピーク チャーリー・コックス ジェームズ・マーシュ フェリシティ・ジョーンズ お勧め度★★☆☆☆ デヴィッド・クローネンバーグ イアン・ホルム ピーター・ウェラー ジュディ・デイヴィス ニコラス・ストーラー セス・ローゲン ザック・エフロン セレーナ・ゴメス デイヴ・フランコ ローズマリー・デウィット ケネディ・クレメンツ ギル・キーナン サム・ロックウェル サクソン・シャービノ カイル・キャトレット クジョベス・ウィリアムズ ドミニク・ダン トビー・フーパー ヘザー・オルーク オリヴァー・ロビンス レイグ・T・ネルソン ピート・ドクター エイミー・ポーラー ロニー・デル・カルメン ウィル・ポールター トム・ハーディ レオナルド・ディカプリオ 古田新太 小栗旬 濱田岳 高嶋政宏 水原希子 山田孝之 柴咲コウ 向井理 アーミー・ハマー ナオミ・ワッツ ジェニファー・ガーナー ケビン・コスナー ジョセフ・ファインズ ヘザー・グラハム チェン・カイコー ゲイリー・オールドマン コリン・サーモン アマウリー・ノラスコ マイケル・ピット トミー・リー・ジョーンズ ガル・ギャドット アリエル・ブロメン アンソニー・ホプキンス デヴィッド・モース アントン・イェルチン スティーヴン・キング スコット・ヒックス ミカ・ブーレム ジェレミー・デイヴィス スティーヴン・シャインバーグ マギー・ギレンホール ジェームズ・スペイダー ラナ・ウォシャウスキー リリー・ウォシャウスキー ショーン・ビーン ミラ・クニス ジョーイ・ファトーン ニア・ヴァルダロス ジョエル・ズウィック イアン・ゴメス ジョン・コーベット ジョン・ヘダー ウィル・スペック ジョシュ・ゴードン スー・チー ジェイソン・ステイサム ルイ・レテリエ カーク・ジョーンズ ジョン・ステイモス イモージェン・プーツ ジェレミー・レナー ファン・カルロス・フレスナディージョ キャサリン・マコーマック ダニー・ボイル ロバート・カーライル ベン・アフレック ザック・スナイダー ガル・ガドット ダイアン・レイン ジェシー・アイゼンバーグ エイミー・アダムス ヘンリー・カヴィル アンセル・エルゴート マイルズ・テラー シャイリーン・ウッドリー ロベルト・シュヴェンケ ショーン・アンダース マーク・ウォールバーグ リンダ・カーデリーニ トム・ハンクス マーク・ライランス エドワード・ジェームズ・ハイランド エイミー・ライアン オースティン・ストウェル マイケル・ペーニャ リドリー・スコット 

プロフィール

ロココ

Author:ロココ
いらっしゃいませ。カフェへようこそ!
ここでは素人目線で映画について言いたい放題、アメリカから映画レビューをお届けしています。→日本に帰国しました!
基本はネタバレなし!ゆっくりしていってくださいね。
リンクフリー、TB大歓迎、古い記事でも気軽にコメントして下さい。

PR
クリックしてね☆
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム
コメント欄にはちょっと書きずらいなぁ・・・という方!お気軽にメールください☆

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR