スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺たちニュースキャスター 史上最低!?の視聴率バトルinニューヨーク(2013) ANCHORMAN2: The Legend Continues 93本目

思ったよりイケてる映画 俺たちニュースキャスター 史上最低!?の視聴率バトルinニューヨーク(ANCHORMAN2: The Legend Continues)

出演:
ロン・バーガンディ役 ウィル・フェレル
ブリック・タムランド役 スティーヴ・カレル
ブライアン・ファンタナ役 ポール・ラッド
チャンプ・カインド役 デヴィッド・ケックナー

監督:
アダム・マッケイ
お勧め度 ★★★☆☆
あらすじは下記アマゾンリンクをご参照ください。

昨日はスーパーボールサンデーでしたね!
といってもアメフトに全く興味のない私
実はスタジアムのすぐ近くに住んでいるというのに、一度も見に行ったことがありません。
なぜあんなにアメリカ人がフットボールに熱狂するのか、未だに理解できない。
街はガラ~ンとしているだろうと思って出かけたら、まあ、空いていたけれど、それなりに人もいて、フットボールに興味のない人もある程度いるんだな~、と思いました。
この日は家でテレビを見る人がほとんどなので、スーパーでスナック等の食材がバカ売れする日。
そしてテレビCMの視聴率もバカ高くなる日。
そんな中、今年のスーパーボールベストCMには下記のバドワイザーが選ばれました!

たしかに心温まる素敵なコマーシャルだけど・・・バドワイザー関係なくね?
ってなわけで、テレビの話!

サンディエゴでキャスターとして活躍していたロン。ある日TV局をクビになってしまう!
NYのTV局で昔の仲間と再起を図ろうと奮闘する!!

日本語のタイトル長っ!

こちら、『俺たちニュースキャスター』の続編です。
でも前作見てない私
そもそも、前作の時もそうだったけれど、トレイラー見る限り、明らかにアメリカの王道コメディーって感じがして見る気がしなかった(失礼!)
大げさ、くだらない、下品、下ネタ、笑えないギャグ満載なんだろうな~!って思ってた。
でも続編が作られると聞いて正直びっくり
つまり、前作がかなり評判が良かったということ?
というわけで、ここは固定観念を捨てて見てみよう!

・・・意外に面白い!

ストーリーのメリハリがとてもはっきりしていて、テンポよく、中間にはちょっとした家族の感動物語もはさんであって、盛りだくさんで楽しめました!
前作を見てないのですが、特に繋がりがないのか、全く問題なかったです。
ただ、おそらくキャラクターのバックグラウンドがわかるので、前作を見ていた方が当然楽しめるはず。
でもハテナとなるところは特になかった。
ただ、アメリカンコメディー特有の下ネタ、やっぱり全然笑えない。
しかも人種差別的発言や女性差別的発言も多々あって、笑えない。
ここは全然笑えない!
そんなの入れなくても、彼らのキャラやストーリーで十分に面白いのに、なんだろうね。
これ、やらないといけない、という目に見ないお約束でもあるのか?

私が好きなシーンはクルーズコントロールでバンを運転しているシーン
ここは、笑った!
クルーズコントロールを完全な自動運転と勘違いしている
でも、これ、なんとなく「あるある」だから面白い。
そして、いろいろな所で「おい!」と突っ込みを入れまくってしまう映画です!

最初にこの映画見るときに「なんであえて1970年代が舞台なの」と疑問に思った。
そしてこの時代設定(洋服とか髪型とか)がわざとらしく思えて見る気がしなかったんだなぁ。
でも、でも、実はこの時代設定、彼らがTV業界で成功していくには必要な設定だったんです!
それを理解してから、「実は面白い」という意味がわかった気がした

最後に見たことがないくらいのオールスター集合シーンがあり、いろんなスターが出演してくれてます。
でも全く意味のないシーン
それでもこの映画の人気を象徴しているようで、面白かった。

そしてドヤ顔ロンの素敵な言葉
"'Don't just have a great night, have an American night"
でも、このドヤ顔もこのセリフもまったく意味わかんないし
でも・・・あれ、どっかで聞いたことあると思ったあなた!
そう、私の毎月のまとめ記事(絶対視聴映画)の最後にこのセリフをもじって締めの言葉にしてるんだよね~!
あら、結構気に入ってたのね、私ったら!

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
前作は南カリフォルニアのサンディエゴが舞台だったらしいです。
南カリフォルニアの住人としては、見なければ!


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。

リーアム・ニーソンやマリオン・コティヤールといった、あまりコメディでは見かけない俳優たちが嬉々として演技していたのが、妙に楽しかったです。

オープニングの曲が、クリストファー・クロスの「風立ちぬ」だったのが、なんだかいいなぁと。

Re: No title

コメントありがとうございます!
まさに!ものすごいキャストでしたね!
ジム・キャリー、ウィル・スミス、カニエ・ウエストまで!
みんな名前もない、クレジットもされない役で出演しているというのも、この映画の凄さなのかも。
日本で劇場公開されなかったのが、残念です・・・。

クリストファー・クロスはやっぱり舞台が70~80年代ということを意識した選曲だったんでしょうかね~?


関連タグ

お勧め度★★★☆☆ デヴィッド・ストラザーン マット・デイモン ジョアン・アレン ポール・グリーングラス ジュリア・スタイルズ ミラ・ジョヴォヴィッチ エヴァ・アンダーソン ローラ アリ・ラーター ポール・W・S・アンダーソン お勧め度★★★★☆ フランカ・ポテンテ ダグ・リーマン クリス・クーパー 新海誠 吉岡秀隆 萩原聖人 南里侑香 鈴木千尋 武藤寿美 サム・ニール ローラ・ダーン アレッサンドロ・ニヴォラ ティア・レオーニ ジョー・ジョンストン ウィリアム・H・メイシー ジェフ・ゴールドブラム スティーヴン・スピルバーグ ヴァネッサ・リー・チェスター リチャード・アッテンボロー ジュリアン・ムーア ヴィンス・ヴォーン ウィル・フェレル アダム・マッケイ ポール・ラッド フレッド・ウィラード デヴィッド・ケックナー クリスティナ・アップルゲイト スティーヴ・カレル テリーサ・パーマー エリクソン・コア ルーク・ブレイシー レイ・ウィンストン エドガー・ラミレス 滝藤賢一 二階堂ふみ リリー・フランキー 吉田羊 福山雅治 大根仁 ダンカン・ジョーンズ ヴェラ・ファーミガ ミシェル・モナハン ジェイク・ジレンホール クロエ・グレース・モレッツ マット・リーヴス コディ・スミット=マクフィー ディラン・ミネット 坂口健太郎 橋本愛 佐々木蔵之介 中村義洋 竹内結子 D・J・カルーソー ビリー・ボブ・ソーントン シャイア・ラブーフ 上白石萌音 成田凌 神木隆之介 長澤まさみ ダコタ・ファニング リチャード・ギア テオ・ジェームズ エミリー・ブラント セドリック・ニコラス=トロイアン シャーリーズ・セロン クリス・ヘムズワース ジェシカ・チャステイン ローズ・バーン オスカー・アイザック エヴァン・ピーターズ ブライアン・シンガー ソフィー・ターナー タイ・シェリダン ジェニファー・ローレンス ジェームズ・マカヴォイ マイケル・ファスベンダー ニコラス・ホルト ヒュー・ジャックマン クリストファー・ウォーケン タロン・エガートンお勧め度★★★★☆ デクスター・フレッチャー ヤーロー・チーニー 永作博美 設楽統 沢城みゆき クリス・ルノー 日村勇紀 岡田准一 竹下景子 香川照之 チャニング・テイタム ジョシュ・ブローリン スカーレット・ヨハンソン ジョナ・ヒル ジョージ・クルーニー イーサン・コーエン ジョエル・コーエン アンドリュー・スタントン アンガス・マクレーン 柴田恭兵 木の実ナナ 吉川晃司 夕輝壽太 村川透 仲村トオル 浅野温子 舘ひろし ダニー・デヴィート ミシェル・ファイファー ティム・バートン マイケル・キートン ロバート・ウール キム・ベイシンガー ジャック・ニコルソン パトリック・ウィルソン フランセス・オコナー ジェームズ・ワン チャーリー・コックス マキシン・ピーク フェリシティ・ジョーンズ ジェームズ・マーシュ エディ・レッドメイン ピーター・ウェラー イアン・ホルム デヴィッド・クローネンバーグ お勧め度★★☆☆☆ ジュディ・デイヴィス セス・ローゲン ザック・エフロン デイヴ・フランコ セレーナ・ゴメス ニコラス・ストーラー サクソン・シャービノ サム・ロックウェル ギル・キーナン カイル・キャトレット ケネディ・クレメンツ ローズマリー・デウィット オリヴァー・ロビンス ヘザー・オルーク レイグ・T・ネルソン クジョベス・ウィリアムズ ドミニク・ダン トビー・フーパー エイミー・ポーラー ピート・ドクター ロニー・デル・カルメン ウィル・ポールター トム・ハーディ レオナルド・ディカプリオ 小栗旬 山田孝之 高嶋政宏 水原希子 柴咲コウ 古田新太 向井理 濱田岳 ナオミ・ワッツ アーミー・ハマー ケビン・コスナー ジェニファー・ガーナー ジョセフ・ファインズ チェン・カイコー ヘザー・グラハム ゲイリー・オールドマン トミー・リー・ジョーンズ コリン・サーモン アリエル・ブロメン アマウリー・ノラスコ マイケル・ピット ガル・ギャドット ライアン・レイノルズ アンソニー・ホプキンス アントン・イェルチン デヴィッド・モース スティーヴン・キング スコット・ヒックス ミカ・ブーレム ジェレミー・デイヴィス スティーヴン・シャインバーグ マギー・ギレンホール ジェームズ・スペイダー ラナ・ウォシャウスキー リリー・ウォシャウスキー ショーン・ビーン ミラ・クニス ジョーイ・ファトーン ニア・ヴァルダロス ジョエル・ズウィック イアン・ゴメス ジョン・コーベット ジョン・ヘダー ウィル・スペック ジョシュ・ゴードン スー・チー ジェイソン・ステイサム ルイ・レテリエ カーク・ジョーンズ ジョン・ステイモス イモージェン・プーツ ジェレミー・レナー ファン・カルロス・フレスナディージョ キャサリン・マコーマック ダニー・ボイル ロバート・カーライル ベン・アフレック ザック・スナイダー ガル・ガドット ダイアン・レイン ジェシー・アイゼンバーグ エイミー・アダムス ヘンリー・カヴィル アンセル・エルゴート マイルズ・テラー シャイリーン・ウッドリー ロベルト・シュヴェンケ ショーン・アンダース マーク・ウォールバーグ リンダ・カーデリーニ トム・ハンクス マーク・ライランス エドワード・ジェームズ・ハイランド エイミー・ライアン オースティン・ストウェル マイケル・ペーニャ リドリー・スコット 

プロフィール

ロココ

Author:ロココ
いらっしゃいませ。カフェへようこそ!
ここでは素人目線で映画について言いたい放題、アメリカから映画レビューをお届けしています。→日本に帰国しました!
基本はネタバレなし!ゆっくりしていってくださいね。
リンクフリー、TB大歓迎、古い記事でも気軽にコメントして下さい。

PR
クリックしてね☆
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム
コメント欄にはちょっと書きずらいなぁ・・・という方!お気軽にメールください☆

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。