幸せのちから (2006) THE PURSUIT OF HAPPYNESS 166本目

まさにアメリカンドリーム! 幸せのちから (THE PURSUIT OF HAPPYNESS)
(日本公開は2007年)

出演:
クリス・ガードナー役 ウィル・スミス
クリストファー役 ジェイデン・スミス
リンダ役 タンディ・ニュートン

監督:
ガブリエレ・ムッチーノ
お勧め度 ★★★★☆

実は今日本に来ています!
しかも東京
さすが、素敵な町東京。
世界中の人が憧れる東京。
そこに昔住んでいたということが世界に向けての私の自慢
東京にもかなりの数のホームレスがいるというけれど、アメリカのホームレスと違うのは、物乞いをしている人が少ないこと。
アメリカでは道端で物乞いをしているホームレスがよくいます(特にモールの前とか)
だいたいの場合、ホームレスは段ボール紙に"Please help"とか"Hungry"とかまたは自分の身の上の説明を書いたりして物乞いをしている。
先日"I am too ugly to prostitute"と書いている「男」の人がいて、ちょっと笑った。
その人は仕事を欲しがっていたみたいだった。
中にはビジネスホームレスの人もいて、道でお金を集めた後に颯爽とベンツで去って行ったりする。
そういう人にくらべたら、「仕事ください」というサインを掲げている人は、まだましだなぁと感心する。
もしも私がロトに当たったら、そういう人に衣食住を含めて仕事をあげれるようなビジネスを立ち上げたいという妄想をしている。
実際には物乞いしている人の中のどの程度の人が本当にそこから抜け出たいと思っているのか知りたい、というのが本音なんだけどね。
そして本当に底から抜け出た男の話。

1981年のサンフランシスコ。
クリスは妻と息子と3人で暮らしていた。
骨密度を測定する新型医療器械のセールスで失敗し、なんとか家族を養うために証券会社のインターンに応募することを決意する。
ただしインターン20人から、実際に採用されるのはたった1人。
クリスに立ちはだかる様々な困難。
実在するクリス・ガードナーの半生を描くストーリー。

私、実はウィル・スミス好きなんだよね

ハンサムな黒人。
どこか可愛らしいところもあって、母性本能くすぐるタイプ。

とにかくクリスは負の連鎖に巻き込まれて大変なことになります。
これが実話を元にしているだけあり、上手くいきそうになっても、上手くいかない。
本当に泣きたくなります。
それでも彼のもともとの素質である数字に強いということ、コミュニケーション能力が高いということ、そして何よりも努力することにより、なんとか乗り越えていきます。
彼の人徳なのかもしれないけれど、私は彼の素質を見抜いた会社の人達や、周りの人間もすごいなぁと思った。
彼らは理解ある頭の柔らかい人達で、自分の力だけではなく、周りに支えられた結果であることもこの映画からは十分に伝わってきます。
そういう意味では結構驚く。
黒人であり、ホームレスであることもある程度バレているだろうけれど、それでも、それ以上に彼の魅力に取り込まれた人々がいたってことなんだろう。
よく「こんなに頑張っているのに」っていう人がいるけれど、本当にもうこれ以上無理、っていうくらい努力している人は少ない。
この映画を見て、頑張るってこんなに苦しいことなんだよね、って改めて思った。

ちなみにこのオリジナルのタイトルの"Happyness"ですが、敢えて綴りが間違っています。
映画の序盤から出てくる中国系のデイケアの壁に書かれていた言葉。
この言葉を毎日のように見ていたからこそ、彼自身もHappinessについて考え、追い求めて行ったのだろうと思う。
息子と自分を繋ぐ大切な場所でもあるんだよね。

さて、その息子ですが、ご存じのとおり、ウィル・スミスの実の息子です。
なかなか可愛いし、演技も上手
まっすぐに育ってほしいものです。

この映画で残念なところは、クリス・ガードナーのアメリカンドリームはもう事実として知られているため、ビジネスで成功していくところは描かれていません。
ずーっと苦しいの
そして妻との関係性もなんだか曖昧。
ここは事実とは異なった描かれ方をしたせいか、母親が一方的に彼を捨てたみたいになっている。
もちろん、ここをフォーカスしてもしょうがないんだけれど、途中からぱったり出てこなくなるのも不自然な感じでした。

とにかく泣ける

どんどんドン底に突き落とされていって、いったいどうやって這い上がるんだろう?って心配になってしまった

若い頃は自分がなんでもできるって信じていた。
でもそれはまだ何もやっていなかったからだった。
それでも、まだ何も成し遂げていないことですら、「ありあまる可能性」と考えて疑わなかった。
歳をとると次第に出来ないことがあるってことに気が付いてくる。
それでもクリスのこの言葉は心にぐさっときたよ。
"Don't ever let somebody tell you you can't do something"

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
仕事をしているすべての人、頑張る人に送るエール映画!


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

関連タグ

お勧め度★★★☆☆ デヴィッド・ストラザーン マット・デイモン ジョアン・アレン ポール・グリーングラス ジュリア・スタイルズ ミラ・ジョヴォヴィッチ エヴァ・アンダーソン ローラ アリ・ラーター ポール・W・S・アンダーソン お勧め度★★★★☆ フランカ・ポテンテ ダグ・リーマン クリス・クーパー 新海誠 吉岡秀隆 萩原聖人 南里侑香 鈴木千尋 武藤寿美 サム・ニール ローラ・ダーン アレッサンドロ・ニヴォラ ティア・レオーニ ジョー・ジョンストン ウィリアム・H・メイシー ジェフ・ゴールドブラム スティーヴン・スピルバーグ ヴァネッサ・リー・チェスター リチャード・アッテンボロー ジュリアン・ムーア ヴィンス・ヴォーン ウィル・フェレル アダム・マッケイ ポール・ラッド フレッド・ウィラード デヴィッド・ケックナー クリスティナ・アップルゲイト スティーヴ・カレル テリーサ・パーマー エリクソン・コア ルーク・ブレイシー レイ・ウィンストン エドガー・ラミレス 滝藤賢一 二階堂ふみ リリー・フランキー 吉田羊 福山雅治 大根仁 ダンカン・ジョーンズ ヴェラ・ファーミガ ミシェル・モナハン ジェイク・ジレンホール クロエ・グレース・モレッツ マット・リーヴス コディ・スミット=マクフィー ディラン・ミネット 坂口健太郎 橋本愛 佐々木蔵之介 中村義洋 竹内結子 D・J・カルーソー ビリー・ボブ・ソーントン シャイア・ラブーフ 上白石萌音 成田凌 神木隆之介 長澤まさみ ダコタ・ファニング リチャード・ギア テオ・ジェームズ エミリー・ブラント セドリック・ニコラス=トロイアン シャーリーズ・セロン クリス・ヘムズワース ジェシカ・チャステイン ローズ・バーン オスカー・アイザック エヴァン・ピーターズ ブライアン・シンガー ソフィー・ターナー タイ・シェリダン ジェニファー・ローレンス ジェームズ・マカヴォイ マイケル・ファスベンダー ニコラス・ホルト ヒュー・ジャックマン クリストファー・ウォーケン タロン・エガートンお勧め度★★★★☆ デクスター・フレッチャー ヤーロー・チーニー 永作博美 設楽統 沢城みゆき クリス・ルノー 日村勇紀 岡田准一 竹下景子 香川照之 チャニング・テイタム ジョシュ・ブローリン スカーレット・ヨハンソン ジョナ・ヒル ジョージ・クルーニー イーサン・コーエン ジョエル・コーエン アンドリュー・スタントン アンガス・マクレーン 柴田恭兵 木の実ナナ 吉川晃司 夕輝壽太 村川透 仲村トオル 浅野温子 舘ひろし ダニー・デヴィート ミシェル・ファイファー ティム・バートン マイケル・キートン ロバート・ウール キム・ベイシンガー ジャック・ニコルソン パトリック・ウィルソン フランセス・オコナー ジェームズ・ワン チャーリー・コックス マキシン・ピーク フェリシティ・ジョーンズ ジェームズ・マーシュ エディ・レッドメイン ピーター・ウェラー イアン・ホルム デヴィッド・クローネンバーグ お勧め度★★☆☆☆ ジュディ・デイヴィス セス・ローゲン ザック・エフロン デイヴ・フランコ セレーナ・ゴメス ニコラス・ストーラー サクソン・シャービノ サム・ロックウェル ギル・キーナン カイル・キャトレット ケネディ・クレメンツ ローズマリー・デウィット オリヴァー・ロビンス ヘザー・オルーク レイグ・T・ネルソン クジョベス・ウィリアムズ ドミニク・ダン トビー・フーパー エイミー・ポーラー ピート・ドクター ロニー・デル・カルメン ウィル・ポールター トム・ハーディ レオナルド・ディカプリオ 小栗旬 山田孝之 高嶋政宏 水原希子 柴咲コウ 古田新太 向井理 濱田岳 ナオミ・ワッツ アーミー・ハマー ケビン・コスナー ジェニファー・ガーナー ジョセフ・ファインズ チェン・カイコー ヘザー・グラハム ゲイリー・オールドマン トミー・リー・ジョーンズ コリン・サーモン アリエル・ブロメン アマウリー・ノラスコ マイケル・ピット ガル・ギャドット ライアン・レイノルズ アンソニー・ホプキンス アントン・イェルチン デヴィッド・モース スティーヴン・キング スコット・ヒックス ミカ・ブーレム ジェレミー・デイヴィス スティーヴン・シャインバーグ マギー・ギレンホール ジェームズ・スペイダー ラナ・ウォシャウスキー リリー・ウォシャウスキー ショーン・ビーン ミラ・クニス ジョーイ・ファトーン ニア・ヴァルダロス ジョエル・ズウィック イアン・ゴメス ジョン・コーベット ジョン・ヘダー ウィル・スペック ジョシュ・ゴードン スー・チー ジェイソン・ステイサム ルイ・レテリエ カーク・ジョーンズ ジョン・ステイモス イモージェン・プーツ ジェレミー・レナー ファン・カルロス・フレスナディージョ キャサリン・マコーマック ダニー・ボイル ロバート・カーライル ベン・アフレック ザック・スナイダー ガル・ガドット ダイアン・レイン ジェシー・アイゼンバーグ エイミー・アダムス ヘンリー・カヴィル アンセル・エルゴート マイルズ・テラー シャイリーン・ウッドリー ロベルト・シュヴェンケ ショーン・アンダース マーク・ウォールバーグ リンダ・カーデリーニ トム・ハンクス マーク・ライランス エドワード・ジェームズ・ハイランド エイミー・ライアン オースティン・ストウェル マイケル・ペーニャ リドリー・スコット 

プロフィール

ロココ

Author:ロココ
いらっしゃいませ。カフェへようこそ!
ここでは素人目線で映画について言いたい放題、アメリカから映画レビューをお届けしています。→日本に帰国しました!
基本はネタバレなし!ゆっくりしていってくださいね。
リンクフリー、TB大歓迎、古い記事でも気軽にコメントして下さい。

PR
クリックしてね☆
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム
コメント欄にはちょっと書きずらいなぁ・・・という方!お気軽にメールください☆

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR