ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション(2015 ) MISSION: IMPOSSIBLE - Rogue Nation 197本目

安定の面白さ!ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション(MISSION: IMPOSSIBLE - Rogue Nation)
Mission_Impossible_Rogue_Nation_poster.jpg

出演:
イーサン・ハント役 トム・クルーズ
ウィリアム・ブラント役 ジェレミー・レナー
ベンジー・ダン役 サイモン・ペグ
イルサ・ファウスト役 レベッカ・ファーガソン

監督:
クリストファー・マッカリー
お勧め度 ★★★★★

初めてミッションインポッシブルを見た1996年。
それまでトム・クルーズは私の中でアイドル俳優でしかなく、世界が注目しているほど好きじゃなかった。
でも、この映画をみたら、ズドンとやられた
それから大好きなシリーズ。

トム・クルーズも50代。
昔50代っていったらおじーさん、だったけれど、今は違う!
あの肉体とアクションをみたら、あと10年くらい3作品くらいは作れるかも。
最近体を鍛え始めた私ですが、トムをみて俄然やる気が出たぜ
私もレベッカ・ファーガソンになりたい!

IMFのエージェント、イーサン・ハントは今日も極秘の任務についていた。
その頃、CIAの長官の進言により、IMFが政府から解体を命じられてしまう。
そして数々の事件にかかわっていたイーサンは国際指名手配となる。
またその陰で「シンジケート」という謎の組織からも狙われて・・・・!!

最初からクライマックス!!!

最近、この手の始まり方多いね。
好きですけど。
とにかく最初からものすごいアクションを持ってきて、ミッションインポッシブルのテーマが抜群のタイミングで流れる!

まさに安定の面白さ!鳥肌ものです~!

話の流れが丁寧に描かれているなぁって思う。
特に好きなエピソードはオーストリアの首相を巡る殺し屋3人とのシーン。
「どうなっちゃうの~!」と思ってたら、「さすが!」という流れになって、「うまいなぁ~」って思った。

そして矢継ぎ早のアクション!!
とにかく目を話す暇がないです!
でも実際に大きなアクションは飛行機とカーアクションの二つ。
それでもストーリーの間にある小さなアクションは上の二つに比べれば小さいってだけで、すべての動きが美しくて見ていてワクワクするアングル、スピードを保ち続けている。
流石に水に飛び込む最初のシーンの水の映像はCGなんだけれど、実際に120フィート(約37m)からジャンプしているのはトムです。
そして水の中の演技もトム。
映画では水の中で3分ほどしかいなかったことになっているけれど、実際の撮影では6分以上も水の中にいたらしい。
監督も心配になって何度か撮影を止めたくらい。
それでもトムの一言は「今、演技してたんだけど」って。
凄いです、この人。
その他のアクションもほとんど本人が演じているので、不自然なカットがなく、映像が美しくスムーズな理由なのかも。

トレーラーにも大きなアクションの両方のシーンがちょこっと写っているけれど、どちらもトムが自分でアクションを演じています。
飛行機のシーンは実際に離陸する飛行機に捕まっている。
当然耳を守る耳栓や、目を守るレンズをしているけれど、それでも離陸する飛行機に捕まるって相当怖い。
本人も「死ぬかと思った」と言っているくらいだからね
私はトムの生え際が気になったくらいで、エンジョイさせてもらいましたけど。
カーチェイスのシーンでは13台近くのBMWをダメにしたらしいし、物凄い事故につながりそうなNGもあったらしい。
確かにすごくリアルです。
もちろんこの映画の毎回のお楽しみである「間に合うか、間に合わないかの瀬戸際シーン」は健在。
本当にハラハラドキドキさせてくれる。

もう一つ私がこの映画を好きな理由は、イーサンが世界中に行くところ。
今回は、ウィーン、カサブランカ、そしてロンドン等、映画で見ると本当に素敵。
そしてどれも現地で実際に撮影しているから、エセ外国感などは当然ないです。

この映画は5作目なんだけれど、正直ストーリーに連続性はないので、これだけ見ても大丈夫。
ただ、ベンジーやブラントなど、前作、前前作から出演しているキャラもいるので、もちろん前作を見た方がいいし、是非見てほしいけれど、後から見てください。
ストーリーとしては、正直「シンジケート」の目的がイマイチ薄いというか、納得いかないところがあった。
そして彼らはイーサンを拷問してどうしたかったのか、利用したかったのか殺したかったのか、その辺りが曖昧だなぁと感じた。
それでもその他の部分でかなりストーリーは丁寧に作られていると感じたから、十分満足です!

さて、根本的な話ですが、IMFとはImpossible Mission Forceの略です。(国際通貨基金ではないよ!)
あれ?でもやっていることがなんかCIAと被ってない?
そうです、これ、架空の組織。
まあ、CIAの特殊作戦部ということで、よりさらに極秘の、危険な任務を行うってことでしょうか?

そして映画の全体像としては007に似てるよね。
アメリカ版007ってことかな?
毎回ボンドガールならぬ、イーサンガール(そんな呼び名はないけど)が出て来るのも見どころ。
それでもボンドより、イーサンは女にだらしなくないから、その辺りも好き。
今回はイルサ・ファウスト役のレベッカ・ファーガソン。
Rebecca_Ferguson.jpg
なんとなく大人の魅力があるので、アラフォーくらいなのかと思ったら、まだ31歳でした。
とっても綺麗。

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
なんでも次作も予定があるとか。
このシリーズ、ずっと続いてほしい。
トムじゃなくなっても、トムくらいに強くてクールでカリスマ性のあるイーサンがいたら、それでもいい。
あ、もちろん、できる限りトムに演じてほしいですけどね。
本当にミッションインポッシブルのテーマ聞くたびに鳥肌が立つくらい大好きなシリーズです。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

この映画で気になるのは

イギリスでの評判はどうなの?ってこと(爆)。

あんな危ないことをスタントなしにやらせないで~、
トムになにかあったらどうするの~!って。
飛行機にバイク、もう見てて怖い~w

確かに007みたいになりましたね。
私もそう思いましたが、確かにジェームズボンドほど女好きじゃないねw
親友を助けるために命をかけるって男の中の男だしw

レベッカ・ファーガソンを選んだのってトムらしいですね。
昔のニコールに似てるって。え、あぶね~ww
7,8歳のお子さんのいるシングルマザーらしいので
もしかして今後??とか思ったりしてますw

あとレコード店でソロモンレーンに消された店員さん、
綺麗だったので今後出てくるんかなと思います。
Hermione Corfieldさんっていうんですけどね。
大作に出た俳優、女優さんが羽ばたいていくのを見るの楽しい。

公開はいつなのかよくわからないんだけど、石田純一の娘さん、
アバターのサムワーシントン主演の映画でハリウッドデビューするんですが
知ってます?
日本人から見ても美しい彼女にはぜひ成功してもらいたい!


Re: この映画で気になるのは

姐さん、
コメントありがとうございます!
イギリスでの評判(笑)

アクションシーンについて、トムは小さいころから危ないことが大好きだったから、今、プロフェッショナルな人達のもとで危険なことをやっているってことで、むしろ母親は安心しているはず、と言っていました(笑)
俳優じゃなかったら、演技じゃなくて危ないことしてそうだから、今のほうが安全ってことらしいです。
私は「映画だから」って思って安心して観ていたけれど、後からトムがあれやった、これも自分でやったとか言っているのを聞いて青ざめました~!

私がこの作品で一番好きだったのはすぐに女に落ちなかったところ。
この手の映画ってすぐにヒロインと「え、どういう流れでそうなったの?」っていう勢いでくっついちゃうから、そういうのがなくて、逆に新鮮でした。
まあ、私生活はわからないけれど・・・。

レコード店の女性。
確かに存在感ありましたね。
彼女はまだ本当に新人で公開された映画は2作品しかないですが、なんかどこかで見たことあるような気がしました。
そのぐらい存在感あった。
最初、彼女がヒロインかと思ったくらいです。
楽しみですね~!

そうそう、すみれですね!
やっとそういう女優が出てきたか!って感じですね。
英語もバリバリ(むしろ日本語の方が不安?)だし、美しくて堂々していて、そして演技のバックグラウンドもちゃんとある!
ただ、この"The Shack"という映画ですが、宗教色の強い原作なので、できればそこからもっとエンターテイメントな作品にしてくれると嬉しいなぁと思ってます。
あと、映画に出演するときはフルネームで出てほしいです。
なんというか、女優でフルネームじゃない人って、俳優が本業でない感じがしてエンドロールでも座りが悪いので(笑)

バイク

あれはトムだけじゃなくてヒロインもスタントなしなんですかね~。
命がけですね、まさに。

ラブシーン、観客が女性ばかりじゃないから入れなきゃならない時もあるんでしょう。
トムのでペネロペクルスと一緒に出ていた映画、あのとき彼女の裸見れましたね。
サービス満点。

ハワイのテレビ局のインタビューではSumire Matsubaraになってましたよ。ハワイのドラマにも出てたし(色が黒くて現地人に見える)。

千葉真一の息子さんも可愛いですよ、まだ18歳だけど。
ロス出身だから将来にも期待できますね。
前田真剣佑(まっけんゆう)っていうんです。
弟さんは郷敦っていうんです、なんて読むと思います?
答えはゴードンでしたw

Re: バイク

レベッカはもともとアクション女優じゃなかったので、かなり大変だったらしいです。
なんでも週に6日、6時間ジムに通い、食事制限もしたとか。
体術の訓練も結構時間がかかったみたいです。
でも、本当に美しくてカッコいい動きですよね~!
私も猛烈に特訓中です(気持ち)

ペネロペとのラブシーンは「バニラスカイ」ですかね?
あの映画大好きなんですよね~!
不思議な映画でしたが、何度見ても新しい発見があって好きです。

> ハワイのテレビ局のインタビューではSumire Matsubaraになってましたよ。ハワイのドラマにも出てたし(色が黒くて現地人に見える)。

お!やっぱりフルネーム?
アメリカの映画データベースではSumireとなっていたので・・・。
正直フルネームじゃないとかなり胡散臭く感じてしまいます。
例えば、ラッパーのリュダクリスも映画に出るときはクリス・ブリッジスってクレジットされたり、ザ・ロックがドウェイン・ジョンソンとクレジットされるのが、逆にクールだなぁって思います。
だから、すみれもモデルの時はすみれで、映画ではSumire Matsubaraだったらカッコいいなぁって勝手に思ってます~!


No title

昨日観てきました。
おっしゃる通り、もう007ですね(笑)。

オリジナルTVシリーズだと邦題が「スパイ大作戦(笑)」で、IMFのメンバーは姑息にターゲットを陥れる準備をして作戦に取り掛かる。
西側にとっては悪人と思われるターゲットは何が何だか分からないうちにひどい目に遭う。
その間にメンバーは立ち去る、っていう詐欺集団のようなストーリー展開でした。

ただ、そういう感じだと、さすがに2時間の映画の尺だと、持たないし、興行的にもこうならざるを得ないんでしょうね。

面白かったし、音楽もよかった!
ただ、クライマックスの連続で疲れました。途中で一時停止ボタンを押して休憩したくなるのは、歳をとったからかもしれません。

なんせ、マイケルJフォックスと同じ学年でしから(笑)

Re: No title

たにぐちさん、
コメントありがとうございます!

本当にクライマックスの連続でしたね!
私もずっと前のめりになって見ていたので、目が乾きました。
とても面白かったです!

マイケルJフォックスと同級生!
たくさん映画も知っていて、アウトドアもするなんて、尊敬します!

関連タグ

お勧め度★★★☆☆ デヴィッド・ストラザーン マット・デイモン ジョアン・アレン ポール・グリーングラス ジュリア・スタイルズ ミラ・ジョヴォヴィッチ エヴァ・アンダーソン ローラ アリ・ラーター ポール・W・S・アンダーソン お勧め度★★★★☆ フランカ・ポテンテ ダグ・リーマン クリス・クーパー 新海誠 吉岡秀隆 萩原聖人 南里侑香 鈴木千尋 武藤寿美 サム・ニール ローラ・ダーン アレッサンドロ・ニヴォラ ティア・レオーニ ジョー・ジョンストン ウィリアム・H・メイシー ジェフ・ゴールドブラム スティーヴン・スピルバーグ ヴァネッサ・リー・チェスター リチャード・アッテンボロー ジュリアン・ムーア ヴィンス・ヴォーン ウィル・フェレル アダム・マッケイ ポール・ラッド フレッド・ウィラード デヴィッド・ケックナー クリスティナ・アップルゲイト スティーヴ・カレル テリーサ・パーマー エリクソン・コア ルーク・ブレイシー レイ・ウィンストン エドガー・ラミレス 滝藤賢一 二階堂ふみ リリー・フランキー 吉田羊 福山雅治 大根仁 ダンカン・ジョーンズ ヴェラ・ファーミガ ミシェル・モナハン ジェイク・ジレンホール クロエ・グレース・モレッツ マット・リーヴス コディ・スミット=マクフィー ディラン・ミネット 坂口健太郎 橋本愛 佐々木蔵之介 中村義洋 竹内結子 D・J・カルーソー ビリー・ボブ・ソーントン シャイア・ラブーフ 上白石萌音 成田凌 神木隆之介 長澤まさみ ダコタ・ファニング リチャード・ギア テオ・ジェームズ エミリー・ブラント セドリック・ニコラス=トロイアン シャーリーズ・セロン クリス・ヘムズワース ジェシカ・チャステイン ローズ・バーン オスカー・アイザック エヴァン・ピーターズ ブライアン・シンガー ソフィー・ターナー タイ・シェリダン ジェニファー・ローレンス ジェームズ・マカヴォイ マイケル・ファスベンダー ニコラス・ホルト ヒュー・ジャックマン クリストファー・ウォーケン タロン・エガートンお勧め度★★★★☆ デクスター・フレッチャー ヤーロー・チーニー 永作博美 設楽統 沢城みゆき クリス・ルノー 日村勇紀 岡田准一 竹下景子 香川照之 チャニング・テイタム ジョシュ・ブローリン スカーレット・ヨハンソン ジョナ・ヒル ジョージ・クルーニー イーサン・コーエン ジョエル・コーエン アンドリュー・スタントン アンガス・マクレーン 柴田恭兵 木の実ナナ 吉川晃司 夕輝壽太 村川透 仲村トオル 浅野温子 舘ひろし ダニー・デヴィート ミシェル・ファイファー ティム・バートン マイケル・キートン ロバート・ウール キム・ベイシンガー ジャック・ニコルソン パトリック・ウィルソン フランセス・オコナー ジェームズ・ワン チャーリー・コックス マキシン・ピーク フェリシティ・ジョーンズ ジェームズ・マーシュ エディ・レッドメイン ピーター・ウェラー イアン・ホルム デヴィッド・クローネンバーグ お勧め度★★☆☆☆ ジュディ・デイヴィス セス・ローゲン ザック・エフロン デイヴ・フランコ セレーナ・ゴメス ニコラス・ストーラー サクソン・シャービノ サム・ロックウェル ギル・キーナン カイル・キャトレット ケネディ・クレメンツ ローズマリー・デウィット オリヴァー・ロビンス ヘザー・オルーク レイグ・T・ネルソン クジョベス・ウィリアムズ ドミニク・ダン トビー・フーパー エイミー・ポーラー ピート・ドクター ロニー・デル・カルメン ウィル・ポールター トム・ハーディ レオナルド・ディカプリオ 小栗旬 山田孝之 高嶋政宏 水原希子 柴咲コウ 古田新太 向井理 濱田岳 ナオミ・ワッツ アーミー・ハマー ケビン・コスナー ジェニファー・ガーナー ジョセフ・ファインズ チェン・カイコー ヘザー・グラハム ゲイリー・オールドマン トミー・リー・ジョーンズ コリン・サーモン アリエル・ブロメン アマウリー・ノラスコ マイケル・ピット ガル・ギャドット ライアン・レイノルズ アンソニー・ホプキンス アントン・イェルチン デヴィッド・モース スティーヴン・キング スコット・ヒックス ミカ・ブーレム ジェレミー・デイヴィス スティーヴン・シャインバーグ マギー・ギレンホール ジェームズ・スペイダー ラナ・ウォシャウスキー リリー・ウォシャウスキー ショーン・ビーン ミラ・クニス ジョーイ・ファトーン ニア・ヴァルダロス ジョエル・ズウィック イアン・ゴメス ジョン・コーベット ジョン・ヘダー ウィル・スペック ジョシュ・ゴードン スー・チー ジェイソン・ステイサム ルイ・レテリエ カーク・ジョーンズ ジョン・ステイモス イモージェン・プーツ ジェレミー・レナー ファン・カルロス・フレスナディージョ キャサリン・マコーマック ダニー・ボイル ロバート・カーライル ベン・アフレック ザック・スナイダー ガル・ガドット ダイアン・レイン ジェシー・アイゼンバーグ エイミー・アダムス ヘンリー・カヴィル アンセル・エルゴート マイルズ・テラー シャイリーン・ウッドリー ロベルト・シュヴェンケ ショーン・アンダース マーク・ウォールバーグ リンダ・カーデリーニ トム・ハンクス マーク・ライランス エドワード・ジェームズ・ハイランド エイミー・ライアン オースティン・ストウェル マイケル・ペーニャ リドリー・スコット 

プロフィール

ロココ

Author:ロココ
いらっしゃいませ。カフェへようこそ!
ここでは素人目線で映画について言いたい放題、アメリカから映画レビューをお届けしています。→日本に帰国しました!
基本はネタバレなし!ゆっくりしていってくださいね。
リンクフリー、TB大歓迎、古い記事でも気軽にコメントして下さい。

PR
クリックしてね☆
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム
コメント欄にはちょっと書きずらいなぁ・・・という方!お気軽にメールください☆

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR