スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バック・トゥ・ザ・フューチャー (1985) BACK TO THE FUTURE 200本目★

死ぬまでに絶対見てほしい映画!バック・トゥ・ザ・フューチャー (BACK TO THE FUTURE)

出演:
マーティ・マクフライ役 マイケル・J・フォックス
エメット・ブラウン博士(ドク)役 クリストファー・ロイド
ビフ・タネン役 トーマス・F・ウィルソン
ロレイン・ベインズ・マクフライ役 リー・トンプソン
ジョージ・マクフライ役 クリスピン・グローヴァー
ジェニファー・パーカー役 クローディア・ウェルズ

監督:
ロバート・ゼメキス
お勧め度 ★★★★★ Exquisite!
あらすじは下記アマゾンリンクをご参照ください。

祝!レビュー200本目!

皆様、いつもご来店ありがとうございます。
何事も長続きしない私がここまでやってこれたのも、皆様のおかげです。
まあ、自分勝手な備忘録兼レビューですが、楽しんでくれましたら幸いです~!
この日の記念に、もしよかったら、励ましのクリック↓お願いします!


人気ブログランキングへ

さて、いつもは映画をランダムにチョイスしてその時に見た映画をレビューしているのですが、記念すべき200本目はやっぱり大好きな映画を紹介したいと思います~!
もちろん、ちゃんと見返しましたので、ご安心を。

1985年カリフォルニアヒルバレー。
高校生のマーティは友人の科学者ドクを手伝って、深夜のショッピングモールでタイムマシンの実験をする。
しかし、ドクがタイムマシンの燃料であるプルトニウムを調達するために騙したリビアの過激派の襲来に遭い、ドクは機関銃で撃たれてしまう。
マーティは慌てて逃げようとしてタイムマシンのスイッチをいれてしまい、1955年へとタイムスリップしてしまう!

2015年はBTFの記念の年です。
なぜなら、BTF2で行った未来というのがなんと!2015年10月21日なんです!
当時30年後というと、遠い未来でしたが、今年がその年。
そんなわけで、各地でBTFに関するイベントが行われています
その素晴らしい三部作の中の第1作目です。

何度見ても面白い!

こういう映画って、初見の時には最後どうなっちゃうの~!っていう楽しみが当然ある。
そしてネタバレすると、見返さないことも多いけれど、この映画、本当に何度見ても面白い。
ネタバレはガンガンにしているし、言ってみればセリフまで覚えているっていうのに、それでもやっぱりドキドキワクワクさせてくれる。
この映画を見たことがない、っていう人はそんなにいないとは思うけれど、万が一のために、やっぱりネタバレしない方向で書きます。
そして一度見た人も是非見返してほしい。
それでも新しいドキドキをくれる数少ない貴重なエンターテイメント作品です。

まず大切なのは、過去に行くまでの約30分の現在の間にかなりの伏線が敷かれているので、ここを見逃さないこと!
マーティや家族の一言一言や、家の様子、先生の発言、ドクの家の中にある写真やプルトニウムの箱、止まったままの時計台
それらが1955年に行ったときに比較できて面白いんです!!
例えば、1985年に町ではGoldie Wilsonという黒人が市長選に立候補しています。
1955年には彼はカフェでアルバイトをしていた。
でも、とっても志の高い青年なので、未来を予想できるような発言をしたりします。
そういうネタが散りばめられていて、「あ、これは!」って思うようなシーンがたっくさん!
ニヤニヤしながら見れます。

そして何と言ってもこの映画に使われている音楽!
いいタイミングでテーマ曲をガンガンに流してくれるのも、とっても気持ちいい!
もちろん、「THE POWER OF LOVE」や「JOHNNY B. GOODE」も好き。
「THE POWER OF LOVE」に関しては、ヒューイ・ルイスが映画にも出演しています
序盤のオーディションのシーン。
しかも" I'm afraid you're just too darn loud"のセリフはヒューイが実際にレコーディングの時に言われたセリフだとか。
そして「JOHNNY B. GOODE」はチャックベリーのいとこという設定で登場したマーヴィン・ベリーがマーティの演奏を聴いてチャックに電話をかけたっていう設定になっている。
ちなみに歌っているのはマイケル本人ではなく、マークキャンベル(クレジットはマーティ)ですが、ギターは練習したらしく、コードもちゃんと押さえているし、何度か本人もパフォーマンスしています。

未来に帰るために奮闘するドタバタは本当にドキドキものなんだけれど、やっぱり面白いのは、その後。
例えば、ドクと待ち合わせしていたツインパインモール。
後で見てみると、名前がローンパインモールに変わっていた!
これはマーティが1955年に行ったときに、デロリアンで二本ある松のうち、一本をなぎ倒してしまったから、なんだよね
うーん、細かいなぁ。

この映画でヒロイン役となったクローディア・ウェルズ。
jennifer_parker.jpg
とっても綺麗な人で、マーティにはもったいない!くらい。
でもこの後、全然出てこなくなり、PartIIではキャストが変更になったので(実際全然気が付かなかったけど)、どうしたのか?と思ったら、ちょうどこの時、母親が病気になり、仕事を辞めていたそうです。
残念。
そうじゃなければ、彼女もかなりの映画に出演していたはずです。

マイケル・J・フォックスはなんとなくこの映画で有名になったような感じがするけれど、アメリカでは長く続いていたドラマに出演していたので、映画俳優というよりテレビ俳優として有名でした。
背が小さいけれど、とっても若々しくて大好き
当時すでに20歳を超えていたというのにその童顔から高校生役。
全然違和感ありません

私、本当に好きなので、2005年にはバック・トゥ・ザ・フューチャー 20th アニバーサリーBOXと言うヤツを購入しちゃいました。
これにはデロリアンのナンバープレートや手紙のレプリカが付録としてついているんですよ!!
今思えば、ブルーレイが出るまで待つべきだったけれど、当時はDVDしかなかったので・・・。
訳あって今は手元になく、友人の元で大切に保管されている(はず!)のですが、買った当初は本当に何度もDVDを見返す日々でした。
何度も言うけれど、何度見返しても面白い。
それでも、もし初めて見る人がいたら、最初の感動をこれから味わえるなんて、本当に羨ましいです。

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
1985年、今から30年も前の映画とは思えないほどの面白さ。
そして2015年10月21日は「BTF PARTII」を見よう!

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

もう30年なんですねぇ。
この映画は普通に好きで、劇場で観てTVでも何回かみているのでさすがにもう一回観る気力はないのですが、マイケルJフォックスは今でも好きな俳優です。

TVのシチュエーションコメディ「ファミリータイズ」がよかったですね。日本ではシーズン3しか放送されていませんでしたが、ヒッピー世代のリベラルな両親と、共和党支持、保守的でお金大好きなマイケルJフォックス演じるアレックスPキートンの関係が面白かったです。

トリビアな話では、アレックスの家庭教師となる天才少年役をやったリバー・フェニックスがのちに「スタンド・バイ・ミー」のクリス役を演じています。(これもS.キング原作ですね)

No title

こんばんは。

私もバック・トゥ・ザ・フューチャー大好きです。

何度観ても飽きませんね!

Re: No title

たにぐちさん、

コメントありがとうございます!
映画館でみたなんて羨ましいです。
流石に私はビデオでした(*_*;

「ファミリータイズ」!私も見てましたよ~!
コメディーなのに時々シリアスだったり、マイケルのキャラがお金に目がないところがあって、あんまり好きなキャラじゃなかったけれど・・・。

リバー・フェニックスも本当だったら今でも素晴らしい俳優として活躍しているはずだったのに、と思うと残念です。
スティーブンキングは「スタンド・バイ・ミー」とか「ショーシャンクの空に」とか、そういう物語も書いてるってことが凄いですよね~!

Re: No title

ゆたかーん!さん、

コメントありがとうございます!
そうなんです!
不思議と何度見ても面白いんですよねぇ~!

今年もまた観ましょう!

祝!レビュー200本!

奇しくも昨日マイケルJ.フォックスのことがヤフーのニュースに出てまして。。。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150814-00080033-toyo-soci

昔見た映画で近未来を描いたもの、
確かに今頃?っていう舞台設定が多いですね。
私が大好きだったブレードランナーもそうだったし。。
30年経ったらもっと科学が進歩してるかなと思っていましたが
そうでもなかったですねww

最近、日本ではド根性ガエルが実写で放送されてるんですが、
劇中、設定では悪役だったwブタゴリラが大人になって
いい人で出てくるんですよねw
この映画とは関係ないけどなんかおもしろいw

Re: 祝!レビュー200本!

姐さん、
ありがとうございます!!

マイケル・J ・フォックス。運命を感じます^_^

確かに昔想像していたほどに進歩はしてないかなー?
車が空を飛んでないし。

ど根性ガエルって実写可能なんですね(笑)
カエルが気になる…
あれ、ブタゴリラはキテレツではなかったですか?
ゴリライモのことかな?
どちらにせよ、このあだ名、イジメじゃないかと思うレベルなのに本人が逆にいじめっ子っていうところが面白いですよね。
私の同級生にも結構いますよ。
昔どうしようもない人だったのに、今は社長とか、先生とか、医者とかまともな人間になっているんです。
人生ってわからないですね…

あ ゴリライモだww

似たような名前だったのでw
ピョン吉、CGなんだろうけどすごいんですよ。
まるで本物(?)みたい。
最新作は日テレオンデマンドで見れますので試しに少し。。
ちょっとびっくりするくらい自然ww
http://cu.ntv.co.jp/dokonjyo_06/
あ~アメリカからは見れないのかなぁ。。

車は未来永劫、空を飛ばないような気がするww

Re: あ ゴリライモだww

やっぱりCGですか…まあ、そうじゃなかったらちょっと気持ち悪いですよね。

日本のドラマをレンタルできる店があるんですよー!
調べてみますね!

車、飛びますよ!いつか。
人間が考えつける事は全て実現可能なんだそうです^_^

関連タグ

お勧め度★★★☆☆ デヴィッド・ストラザーン マット・デイモン ジョアン・アレン ポール・グリーングラス ジュリア・スタイルズ ミラ・ジョヴォヴィッチ エヴァ・アンダーソン ローラ アリ・ラーター ポール・W・S・アンダーソン お勧め度★★★★☆ フランカ・ポテンテ ダグ・リーマン クリス・クーパー 新海誠 吉岡秀隆 萩原聖人 南里侑香 鈴木千尋 武藤寿美 サム・ニール ローラ・ダーン アレッサンドロ・ニヴォラ ティア・レオーニ ジョー・ジョンストン ウィリアム・H・メイシー ジェフ・ゴールドブラム スティーヴン・スピルバーグ ヴァネッサ・リー・チェスター リチャード・アッテンボロー ジュリアン・ムーア ヴィンス・ヴォーン ウィル・フェレル アダム・マッケイ ポール・ラッド フレッド・ウィラード デヴィッド・ケックナー クリスティナ・アップルゲイト スティーヴ・カレル テリーサ・パーマー エリクソン・コア ルーク・ブレイシー レイ・ウィンストン エドガー・ラミレス 滝藤賢一 二階堂ふみ リリー・フランキー 吉田羊 福山雅治 大根仁 ダンカン・ジョーンズ ヴェラ・ファーミガ ミシェル・モナハン ジェイク・ジレンホール クロエ・グレース・モレッツ マット・リーヴス コディ・スミット=マクフィー ディラン・ミネット 坂口健太郎 橋本愛 佐々木蔵之介 中村義洋 竹内結子 D・J・カルーソー ビリー・ボブ・ソーントン シャイア・ラブーフ 上白石萌音 成田凌 神木隆之介 長澤まさみ ダコタ・ファニング リチャード・ギア テオ・ジェームズ エミリー・ブラント セドリック・ニコラス=トロイアン シャーリーズ・セロン クリス・ヘムズワース ジェシカ・チャステイン ローズ・バーン オスカー・アイザック エヴァン・ピーターズ ブライアン・シンガー ソフィー・ターナー タイ・シェリダン ジェニファー・ローレンス ジェームズ・マカヴォイ マイケル・ファスベンダー ニコラス・ホルト ヒュー・ジャックマン クリストファー・ウォーケン タロン・エガートンお勧め度★★★★☆ デクスター・フレッチャー ヤーロー・チーニー 永作博美 設楽統 沢城みゆき クリス・ルノー 日村勇紀 岡田准一 竹下景子 香川照之 チャニング・テイタム ジョシュ・ブローリン スカーレット・ヨハンソン ジョナ・ヒル ジョージ・クルーニー イーサン・コーエン ジョエル・コーエン アンドリュー・スタントン アンガス・マクレーン 柴田恭兵 木の実ナナ 吉川晃司 夕輝壽太 村川透 仲村トオル 浅野温子 舘ひろし ダニー・デヴィート ミシェル・ファイファー ティム・バートン マイケル・キートン ロバート・ウール キム・ベイシンガー ジャック・ニコルソン パトリック・ウィルソン フランセス・オコナー ジェームズ・ワン チャーリー・コックス マキシン・ピーク フェリシティ・ジョーンズ ジェームズ・マーシュ エディ・レッドメイン ピーター・ウェラー イアン・ホルム デヴィッド・クローネンバーグ お勧め度★★☆☆☆ ジュディ・デイヴィス セス・ローゲン ザック・エフロン デイヴ・フランコ セレーナ・ゴメス ニコラス・ストーラー サクソン・シャービノ サム・ロックウェル ギル・キーナン カイル・キャトレット ケネディ・クレメンツ ローズマリー・デウィット オリヴァー・ロビンス ヘザー・オルーク レイグ・T・ネルソン クジョベス・ウィリアムズ ドミニク・ダン トビー・フーパー エイミー・ポーラー ピート・ドクター ロニー・デル・カルメン ウィル・ポールター トム・ハーディ レオナルド・ディカプリオ 小栗旬 山田孝之 高嶋政宏 水原希子 柴咲コウ 古田新太 向井理 濱田岳 ナオミ・ワッツ アーミー・ハマー ケビン・コスナー ジェニファー・ガーナー ジョセフ・ファインズ チェン・カイコー ヘザー・グラハム ゲイリー・オールドマン トミー・リー・ジョーンズ コリン・サーモン アリエル・ブロメン アマウリー・ノラスコ マイケル・ピット ガル・ギャドット ライアン・レイノルズ アンソニー・ホプキンス アントン・イェルチン デヴィッド・モース スティーヴン・キング スコット・ヒックス ミカ・ブーレム ジェレミー・デイヴィス スティーヴン・シャインバーグ マギー・ギレンホール ジェームズ・スペイダー ラナ・ウォシャウスキー リリー・ウォシャウスキー ショーン・ビーン ミラ・クニス ジョーイ・ファトーン ニア・ヴァルダロス ジョエル・ズウィック イアン・ゴメス ジョン・コーベット ジョン・ヘダー ウィル・スペック ジョシュ・ゴードン スー・チー ジェイソン・ステイサム ルイ・レテリエ カーク・ジョーンズ ジョン・ステイモス イモージェン・プーツ ジェレミー・レナー ファン・カルロス・フレスナディージョ キャサリン・マコーマック ダニー・ボイル ロバート・カーライル ベン・アフレック ザック・スナイダー ガル・ガドット ダイアン・レイン ジェシー・アイゼンバーグ エイミー・アダムス ヘンリー・カヴィル アンセル・エルゴート マイルズ・テラー シャイリーン・ウッドリー ロベルト・シュヴェンケ ショーン・アンダース マーク・ウォールバーグ リンダ・カーデリーニ トム・ハンクス マーク・ライランス エドワード・ジェームズ・ハイランド エイミー・ライアン オースティン・ストウェル マイケル・ペーニャ リドリー・スコット 

プロフィール

ロココ

Author:ロココ
いらっしゃいませ。カフェへようこそ!
ここでは素人目線で映画について言いたい放題、アメリカから映画レビューをお届けしています。→日本に帰国しました!
基本はネタバレなし!ゆっくりしていってくださいね。
リンクフリー、TB大歓迎、古い記事でも気軽にコメントして下さい。

PR
クリックしてね☆
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム
コメント欄にはちょっと書きずらいなぁ・・・という方!お気軽にメールください☆

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。