絶対に見てほしい映画 (8月)

いつもカフェをご利用いただきありがとうございます

9月になりました~!
ここ、南カリフォルニアはまだまだ昼間は太陽が輝いています。
最近のマイブームはトレーニング(って自分で勝手にそう呼んでいる
夕方ごろから敷地内のジムで筋トレ、主に上半身を鍛え、日が落ちてからプール
こちらでは年齢や体型に関係なく、みんなビキニを着ていますが、やっぱり着るなら引き締まったボディーのほうが良いに決まっている!と思い一念発起!
始めてから約1か月くらい経つでしょうか・・・・、しかし・・・、思ったほど効果が出てない
確かにスッキリはしてきたと思うけれど、もっと劇的に変化するかなぁと期待していたので・・・(あまい!)。
体重は正直言って全然変わってません。
まあ、でも体を鍛えることは良いことと信じて続けてみます!
3か月後、6か月後に素敵なご報告ができますように

さて、毎月初めは先月レビューした映画の中から「絶対に見てほしい!」という映画を勝手に選出してまとめてご紹介します!

レビューは基本ネタバレなし!
元記事へのTB、コメントはお気軽に。
コメント欄はちょっと・・・という方はメールでお気軽にコメントください!(PC版は左側のコラム、スマホ版は記事下の"メール送信”をクリックしてメールフォームから送信できます)
古い記事へのコメントも大歓迎です。

8月は21作品をレビューしました。(ちょっと頑張ったね!)
その中から、7つの絶対視聴作品をご紹介しちゃいます

1.モーテル (2007) VACANCY

ホラーって、なかなか高評価が付かない。
どうしても3流映画っぽくなっちゃうんだよね。
でも、この映画はおそらく主演の2人のキャラクターと映像で(ちょっと古めかしい映像)結構質のよいホラーに仕上がっている。
もちろん突っ込みどころは満載だけれど、それでも脅かしばっかりではなく、ワクワクさせてくれる演出があるのが好き。
(レビューはこちら)
そういえば、よく言われるアメリカのあるあるの1つに「モーテルのオーナはほとんどインド人」っていうのがある
カリフォルニアだけなのかな?なぜかわかんないけれど。
そしてガソリンスタンドの主人もインド人が多い・・・。
まあ、今回はインド人ではありませんけどね

2.ザ・コール 緊急通報指令室 (2013) THE CALL

私の友人は小さい頃、"Call 911!!"と人々が叫ぶのを聞いて、Call=電話するってことではなく、Call=本当にただ呼ぶ、と思っていて、そういう緊急事態には大きな声で911!と叫んだら誰かが助けに来てくれるんだって思ってたらしい
同じようにアメリカのラーメン屋のラーメンが大抵ぬるいので、"Make it hot"と言うと、Hot=熱くではなく、Hot=辛くすると勘違いされるんじゃないかといつもオーダーする時にドキドキする私。
まあ、普通ウェイターと話すと、結局"あぁ、温度の話ね"とすぐにわかってくれるんだけれど、紛らわしいなぁ。
もちろん、日本語にもこういう言葉ってあるけど、どちらとも取れる場合はちゃんと言わないといろんな意味で損しちゃう。
あ、全然関係ない話になっちゃいましたが、この映画、結末以外はかなり大満足な映画です!
(レビューはこちら)
だらだらと長くないし、ずっと緊張感を保ったまま、ドキドキさせてくれる。

3.セッション (2014) WHIPLASH

現在音楽と真剣に向き合っている人にはきっと不向きな映画。
映画に出演しているエキストラはミュージシャンなんですが、役者ではないので、彼らからミュージシャンのオーラがあんまり感じられない、とか、実際の音楽業界っていうのは、こういうんじゃない、とか、とにかく不評です。
そして、実際に音楽の渦中にいる人はアンドリューとシンクロしすぎて気分が悪くなるんじゃないかな?
(レビューはこちら)
でも、昔、音楽をやっていて、今はちょっと距離を保っていて音楽にリラックスしながら付き合っている人には、ココロオドル素敵な映画と感じるはず。
映画のほとんどがアンドリューの可哀想な姿を写しだしていますが、やっぱりそれがあるから、最後が映える。
うまいことやったな、って思う映画です。

4.ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション(2015 ) MISSION: IMPOSSIBLE - Rogue Nation
Mission_Impossible_Rogue_Nation_poster.jpg
トム・クルーズ主演だから、とか、人気のシリーズだから、とかそういうことを抜きにしても面白い!
いろんな手を使って侵入不可能な場所に侵入するっていうのが、スパイ映画の醍醐味!
ドキドキが止まりません!
(レビューはこちら)
昔から危ないことが大好きだったトム。
母親は始終心配ばかりしていたそうです。
でもトム曰はく「今はプロフェッショナルの指導の下に危険なことをしているから、今の方がマシじゃない?」
確かに、俳優になっていなかったら、ただ危ないことをする一般人って、かなりアブナイ。
まあ、でも、やっぱり、トム・クルーズ素敵ですけどね

5.バック・トゥ・ザ・フューチャー (1985) BACK TO THE FUTURE

なにも言うことありません。
ただの名作です
(レビューはこちら)
この映画に変な邦題をつけなかった映画関係者の人に感謝!

6.オーロラの彼方へ (2000) FREQUENCY

巷では「隠れた名作」と言われているらしい。
(レビューはこちら)
たしかにキャストもそれほど派手じゃないし、ネタ的にもありがちなので、トレイラーだけだとスルーされてしまう可能性が高いのかも。
だからこそ見てほしい!
とっても丁寧に作られていて、それでいてワクワクさせてくれます。
やっぱり「親子の絆」物語には弱いんだよね~

7.The Gift (2015)
The_Gift_2015_Film_Poster1.png
いやあ、後味最高に悪いです
でも、とても心に刺さる映画。
いろんな過去の過ちを思い返して落ち込ませる映画。
(レビューはこちら)
ちょっと残念なのが、この映画ではゴードンの怪しさばっかりがフィーチャーされているので、サイモンの鬼畜ぶりをもっと映像で見せてほしかったなぁ。
いや、そうしない方がよいのか?
視聴者はあくまでサイモン側の人間であることに、この映画の意味があるのかもしれない。
現在日本では公開未定ですが、公開してほしい。

いかがでしたか?
インスタントビデオリリースがあるものはアマゾンのリンクを貼っていますので、活用してみてね。

ご来店誠にありがとうございます。
また遊びにきてくださいね~!

Don't just have a great night, have a great movie night


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

えら~い

トレーニングって一回やらなくなると全然やらなくなるんですよね、何故か。
だから継続するって言うことが如何に大事かっていうのがよくわかります。
私は1か月間ジム行って5キロ以上やせたことありますよ~。
ただ1日4~5時間ジムにいたけど。。
私は水中エアロビっていうのやってました。
なんせカナヅチなのでw

Netflixとか日本でも動画配信始まったので日本未公開の映画も
そのうち見れるようになるのかな~とか思ってます。
後味最高に悪いけど心に刺さる映画ってどんなんだろ~?w

スモアをスタバで食べたって書いてた人がいたので
日本のスタバにはスモアあるのかも?
作っても簡単そうだから作ったほうがいいかなw





No title

鍵コメントありがとうございます!

なるほど~!
参考になります。
やっぱり食事制限も必要なんですね・・・。
私はご飯(お米)とお酒が大好きだから、とっても辛い・・・。
今はなんとか玄米を混ぜてご飯の量を減らすようにしていますが、お酒を飲んじゃうと、食欲が制御しきれなくなってしまうのですよね・・・。
でも、嬉しいことに、アメリカでは外食が美味しくないことが多いので、そこは我慢ができます。
日本に行くと、美味しいものばかりなので、大抵数キロ太ってしまう・・・。
そういう意味で今は頑張れる環境にあるのかもしれません(笑)

ライザップ!気になります・・・、でも、た、高い!!

Re: えら~い

姐さん、

コメントありがとうございます!
そうなんですよね~、私も今まで全然続かなかったのですが、今度は本当に本気だぞ!となんとか頑張っています。
1か月で5キロ!それはすごい!
私もあと5キロは痩せたい。
私は運動があまり得意ではないけれど、唯一水泳だけ得意なので、泳ぎを取り入れました~!

あれ?Netflixって日本になかったんですね?
今やケーブルテレビを解約して乗り換える人が多数いるくらい人気です。
しかもNetflixオリジナルのドラマも評価が髙いから、テレビ局はヒヤヒヤしているでしょうね~!
日本で公開が1年後とかの映画も映画館より先に見れるようになったら、映画館、困りますね・・・。
それはないのかな?

"The Gift" はアメリカのRotten Tomatosではなんと!ミッションインポッシブルと同様の93%の高評価!
面白い!というのは楽しいということではなく、結末に驚かされたり、映画を見た後も考えさせられるという意味での面白いだと思います。
ここまで高評価なのだから、日本公開するでしょう!
こういう映画って日本人好みだと思います(笑)
うーん、むしろ、邦画にはすでにこういう映画はあるかもしれませんね。

スタバにスモア!
アメリカにもあります!
スモアタルトのことかな?
http://www.starbucks.com/menu/food/bakery/s-mores-tart
店のケースには焼いてないものがおいてあるのですが、サーブする時にオーブンに入れてくれるらしいです。
スモア、おうちで作ってみてください~!
スモアを家で作る時に注意することは、マシュマロの焼き加減です。。
周りにまんべんなく焦げ目がついてカリッとなるまでクルクルと回しながら焼くのですが、焼き過ぎるとすぐにベターっとなり、焼きが薄いと、マシュマロが溶けてなくて全然美味しくない。
これを習得するのに半年はかかりました(嘘)
あ、熱くなりすぎたので、この辺で(笑)

関連タグ

お勧め度★★★☆☆ デヴィッド・ストラザーン マット・デイモン ジョアン・アレン ポール・グリーングラス ジュリア・スタイルズ ミラ・ジョヴォヴィッチ エヴァ・アンダーソン ローラ アリ・ラーター ポール・W・S・アンダーソン お勧め度★★★★☆ フランカ・ポテンテ ダグ・リーマン クリス・クーパー 新海誠 吉岡秀隆 萩原聖人 南里侑香 鈴木千尋 武藤寿美 サム・ニール ローラ・ダーン アレッサンドロ・ニヴォラ ティア・レオーニ ジョー・ジョンストン ウィリアム・H・メイシー ジェフ・ゴールドブラム スティーヴン・スピルバーグ ヴァネッサ・リー・チェスター リチャード・アッテンボロー ジュリアン・ムーア ヴィンス・ヴォーン ウィル・フェレル アダム・マッケイ ポール・ラッド フレッド・ウィラード デヴィッド・ケックナー クリスティナ・アップルゲイト スティーヴ・カレル テリーサ・パーマー エリクソン・コア ルーク・ブレイシー レイ・ウィンストン エドガー・ラミレス 滝藤賢一 二階堂ふみ リリー・フランキー 吉田羊 福山雅治 大根仁 ダンカン・ジョーンズ ヴェラ・ファーミガ ミシェル・モナハン ジェイク・ジレンホール クロエ・グレース・モレッツ マット・リーヴス コディ・スミット=マクフィー ディラン・ミネット 坂口健太郎 橋本愛 佐々木蔵之介 中村義洋 竹内結子 D・J・カルーソー ビリー・ボブ・ソーントン シャイア・ラブーフ 上白石萌音 成田凌 神木隆之介 長澤まさみ ダコタ・ファニング リチャード・ギア テオ・ジェームズ エミリー・ブラント セドリック・ニコラス=トロイアン シャーリーズ・セロン クリス・ヘムズワース ジェシカ・チャステイン ローズ・バーン オスカー・アイザック エヴァン・ピーターズ ブライアン・シンガー ソフィー・ターナー タイ・シェリダン ジェニファー・ローレンス ジェームズ・マカヴォイ マイケル・ファスベンダー ニコラス・ホルト ヒュー・ジャックマン クリストファー・ウォーケン タロン・エガートンお勧め度★★★★☆ デクスター・フレッチャー ヤーロー・チーニー 永作博美 設楽統 沢城みゆき クリス・ルノー 日村勇紀 岡田准一 竹下景子 香川照之 チャニング・テイタム ジョシュ・ブローリン スカーレット・ヨハンソン ジョナ・ヒル ジョージ・クルーニー イーサン・コーエン ジョエル・コーエン アンドリュー・スタントン アンガス・マクレーン 柴田恭兵 木の実ナナ 吉川晃司 夕輝壽太 村川透 仲村トオル 浅野温子 舘ひろし ダニー・デヴィート ミシェル・ファイファー ティム・バートン マイケル・キートン ロバート・ウール キム・ベイシンガー ジャック・ニコルソン パトリック・ウィルソン フランセス・オコナー ジェームズ・ワン チャーリー・コックス マキシン・ピーク フェリシティ・ジョーンズ ジェームズ・マーシュ エディ・レッドメイン ピーター・ウェラー イアン・ホルム デヴィッド・クローネンバーグ お勧め度★★☆☆☆ ジュディ・デイヴィス セス・ローゲン ザック・エフロン デイヴ・フランコ セレーナ・ゴメス ニコラス・ストーラー サクソン・シャービノ サム・ロックウェル ギル・キーナン カイル・キャトレット ケネディ・クレメンツ ローズマリー・デウィット オリヴァー・ロビンス ヘザー・オルーク レイグ・T・ネルソン クジョベス・ウィリアムズ ドミニク・ダン トビー・フーパー エイミー・ポーラー ピート・ドクター ロニー・デル・カルメン ウィル・ポールター トム・ハーディ レオナルド・ディカプリオ 小栗旬 山田孝之 高嶋政宏 水原希子 柴咲コウ 古田新太 向井理 濱田岳 ナオミ・ワッツ アーミー・ハマー ケビン・コスナー ジェニファー・ガーナー ジョセフ・ファインズ チェン・カイコー ヘザー・グラハム ゲイリー・オールドマン トミー・リー・ジョーンズ コリン・サーモン アリエル・ブロメン アマウリー・ノラスコ マイケル・ピット ガル・ギャドット ライアン・レイノルズ アンソニー・ホプキンス アントン・イェルチン デヴィッド・モース スティーヴン・キング スコット・ヒックス ミカ・ブーレム ジェレミー・デイヴィス スティーヴン・シャインバーグ マギー・ギレンホール ジェームズ・スペイダー ラナ・ウォシャウスキー リリー・ウォシャウスキー ショーン・ビーン ミラ・クニス ジョーイ・ファトーン ニア・ヴァルダロス ジョエル・ズウィック イアン・ゴメス ジョン・コーベット ジョン・ヘダー ウィル・スペック ジョシュ・ゴードン スー・チー ジェイソン・ステイサム ルイ・レテリエ カーク・ジョーンズ ジョン・ステイモス イモージェン・プーツ ジェレミー・レナー ファン・カルロス・フレスナディージョ キャサリン・マコーマック ダニー・ボイル ロバート・カーライル ベン・アフレック ザック・スナイダー ガル・ガドット ダイアン・レイン ジェシー・アイゼンバーグ エイミー・アダムス ヘンリー・カヴィル アンセル・エルゴート マイルズ・テラー シャイリーン・ウッドリー ロベルト・シュヴェンケ ショーン・アンダース マーク・ウォールバーグ リンダ・カーデリーニ トム・ハンクス マーク・ライランス エドワード・ジェームズ・ハイランド エイミー・ライアン オースティン・ストウェル マイケル・ペーニャ リドリー・スコット 

プロフィール

ロココ

Author:ロココ
いらっしゃいませ。カフェへようこそ!
ここでは素人目線で映画について言いたい放題、アメリカから映画レビューをお届けしています。→日本に帰国しました!
基本はネタバレなし!ゆっくりしていってくださいね。
リンクフリー、TB大歓迎、古い記事でも気軽にコメントして下さい。

PR
クリックしてね☆
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム
コメント欄にはちょっと書きずらいなぁ・・・という方!お気軽にメールください☆

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR