スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホーム・スイート・ヘル/キレたわたしの完全犯罪(2015) HOME SWEET HELL 214本目

女の嫉妬は怖い ホーム・スイート・ヘル/キレたわたしの完全犯罪(HOME SWEET HELL)

出演:
モナ・シャンパン役 キャサリン・ハイグル
ドン・シャンパン役 パトリック・ウィルソン
ダスティ役 ジョーダナ・ブリュースター

監督:
アンソニー・バーンズ
お勧め度 ★★☆☆☆
あらすじは下記アマゾンリンクをご参照ください。

アメリカで最近流行っていること・・・「ダウンサイジング」
うそ~~!!??
いえ、どうやら本当のようです。
数年前から何となく感じていたこの波
つまり、物事を小さくするってことです。
何でも大きいのが正義!だったアメリカが?
身近な例でいうと、ソーダ。
7.5オンス(約220ml)の小さい缶が発売されています。
mini can
普通のと比べてみると明らかに小さい・・・。
まあ、これは「ちょっと俺達、ソーダ飲み過ぎじゃない?」って気が付いて(遅いっ!)だんだんソーダが売れなくなってきた。
基本的にみんなソーダ大好き。
でも体のために我慢しているの。
だったら、少しならいいよね?って感じでしょうかね?
確かにちょっと飲みたい時あるよね?そんな時にぴったりなんです。
そうそう、最近ではスタバもフラペチーノのミニサイズを期間限定で発売。
小さい!と感じたけれど、たぶん日本でいう、スモールサイズなので、普通なのかな?
まあ、日本人にしてみれば、「気が付くの遅いよ」って事かもしれないけれど。
そしてもう一つのブームは家のダウンサイジングです。
家が大きいことで有名なアメリカですが、ここにきて、小さい家に注目が集まっています。
電気もガスも水道も値上がりしてる。
色んな意味で広い家って無駄じゃない?って・・・今更気が付きましたよ。
アラブ人とメキシコ人以外は少子化と核家族化が進んでいるので、そんな大きな家に住んだって手入れが大変なだけ。
エコじゃないね、と気が付いて、今さかんに「タイニーハウス」に注目が集まっています。
そういう家を造る番組や、そういう家を探す番組がHGTV(ホーム関係の専門チャンネル)で何度も放送されている!
・・・・いえいえ、狭小住宅なんて、日本ではもうずっと前から注目されてますけど・・・、と思った人、まあ、その通りなんですけどね。
そういう意味では狭い空間を利用したアイディア商品や建築がアメリカでは大きなビジネスになる予感がします
私も最近思うのが、新しいアパートやコンドは古い建物に比べてあきらかに狭い。
私は部屋数はなくていいから広々した家がいいなぁ。
それがアメリカの唯一のいい所なのに。
私の家のベッドはカリフォルニアキングといって、キングサイズよりも幅は少し狭いですが長さが長い大き目のベットです。
まあ、よく考えたら背が低いから長さはそんなにいらなかったけれど、この辺りの家具屋ではカリフォルニアキングが主流なんですよね~。
やっぱり部屋は広い方がいいなぁ。
というのも、アメリカの家具ってやっぱり大きいの。
てなわけで、家具屋のお話。

妻の両親から受け継いだ家具屋の社長となったドン・シャンパン。
すべてが順調に見えたが、すべては妻のコントロールする人生設計に従って生きているだけだった。
ある日新しく入社した美人で若いセールスのダスティに誘惑されて関係を持ってしまう。
そしてダスティーの「私妊娠したの」という衝撃の告白・・・。

うーん、ブラックです

というか、この映画は誰視点で、誰サイドで描いているんだろうなぁって思う。
確かに誘惑するダスティーも相当なビッチですが、妻のモナも相当頭のイカれた女です。
どちらの女性にも、そして主人公であろうドンにも感情移入できないという不思議な映画。
ただ、もしも不倫をしたことがあって、妊娠したことがあって、または不倫をされたことがあって、もしくは不倫して妊娠させてしまったことがある人には、この3人のうち誰かの気持ちにはなれるのかも?

常々思うのが、

みんな簡単に妊娠するなぁ~

妊娠したくてもできないという人もいるというのに、望んでいない人達の所には来るのね。
そして、なんでみんな避妊しないんでしょうね?
一応ダスティはピルを服用していたらしいけれど、あんな女の言うことアテになるかい!(真実は映画にてお確かめください)
まったくドンは責任感がない男です。
やるなら完全、完璧にやってほしい。
まあ、そうしたら映画にならないけどさ。

『幸せになるための27のドレス』で有名なキャサリン・ハイグル。
Katherine_Heigl_LF.jpg
今回は完璧主義の妻を演じています。
自分のゴールをスクラップブックにしたり、部屋を綺麗にオーガナイズしていたり、こういう人、私は嫌いじゃない。
むしろこういう人間に憧れるよ。
ただ、幼少期になにかあったらしく、凄い所で頭がイカれています。
でも、理由や細かいことは全く語られない

小悪魔ビッチダスティ役のジョーダナ・ブリュースター。
Jordana_Brewster_at_PaleyFest_2013_2.jpg
ワイルド・スピードの次はこれかい!と驚きの配役ですが、とってもセクシーです。
もちろんダスティは目的があってドンに近づいているんだけれど、なんだかそれだけではないような気がする。
そんなに悪い女ではない気がするんだけれど、これもそんなに詳しくは語られません

まあ、つまりどのキャラクターも中途半端な感じなので、どちらかと言うとやっぱり妻のキチガイさと、夫のダメダメさを楽しむ映画なんでしょう。
一応コメディーなので、ははは、と笑って楽しむべきものなのだと思います。
まあ、でも全然笑えないけど。

この映画、面白かった!という人がいたら、どのあたりが良かったか、教えてくださいな。
もしも自分が不倫しそうになったら、この映画を見て、不倫して得する人が誰もいないっていう当たり前の事実を再認識しましょう。
日本では劇場未公開ですが、2015年11月4日にビデオリリースになります!


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは!アメリカ、今更な感じが面白いですね(笑)
ところで、この作品。私は結構好きでした。
えーどうなるんだろう……(^^;って感じで。
モナの淡々とした狂気、旦那の苦笑い、警官の含みのある話し方、ギャングの1人がおろおろ…
人間模様がなんか笑えました。
(出来事はエグいのですが…麻痺してきますね…(^^;)
続編無いか検索していてこちらにたどり着きました。(^^ゞ
(エンドロール中に何かあったようで…どうやら続編は無さそうです(^^;)

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます!
確かにどうなるんだろう?という不思議感満載でしたねー!
まあ、ストーリー的に、どうにもならないんですけど(^_^;)
続編はまだないみたいです!っていうか、続けるのは難しいでしょうね…

お返事ありがとうございました。
狂気がエスカレート、派生、そして破滅していく様がいともあっさりと描かれていて、ホラーなのにユーモアを感じる奇妙な作品でした。
自分の感覚も麻痺していくような…
映像もネットで、個人的にはまとまり良く、良かったです。
テレビ放送で見たので、エンドロール中のセリフが分からず続編ないのか探してしまったのですが、調べると、見事に完結してますね。
ジ・エンド。
絶望的な結末なのに、なぜかスッキリです。
(唯一子供達が気がかりですが…(^^;)

Re: タイトルなし

お返事コメントありがとうございます!
確かに不思議な映画でしたね。
残念ながら私にはあまり刺さりませんでしたけど
そうやって面白いと思う人がいて、ユーモアを感じる人もいるのだと分かって嬉しいです。
さすがに続編はないでしょうけど(笑)
こういう系の映画にまた巡り合ったらレビューします!

関連タグ

お勧め度★★★☆☆ デヴィッド・ストラザーン マット・デイモン ジョアン・アレン ポール・グリーングラス ジュリア・スタイルズ ミラ・ジョヴォヴィッチ エヴァ・アンダーソン ローラ アリ・ラーター ポール・W・S・アンダーソン お勧め度★★★★☆ フランカ・ポテンテ ダグ・リーマン クリス・クーパー 新海誠 吉岡秀隆 萩原聖人 南里侑香 鈴木千尋 武藤寿美 サム・ニール ローラ・ダーン アレッサンドロ・ニヴォラ ティア・レオーニ ジョー・ジョンストン ウィリアム・H・メイシー ジェフ・ゴールドブラム スティーヴン・スピルバーグ ヴァネッサ・リー・チェスター リチャード・アッテンボロー ジュリアン・ムーア ヴィンス・ヴォーン ウィル・フェレル アダム・マッケイ ポール・ラッド フレッド・ウィラード デヴィッド・ケックナー クリスティナ・アップルゲイト スティーヴ・カレル テリーサ・パーマー エリクソン・コア ルーク・ブレイシー レイ・ウィンストン エドガー・ラミレス 滝藤賢一 二階堂ふみ リリー・フランキー 吉田羊 福山雅治 大根仁 ダンカン・ジョーンズ ヴェラ・ファーミガ ミシェル・モナハン ジェイク・ジレンホール クロエ・グレース・モレッツ マット・リーヴス コディ・スミット=マクフィー ディラン・ミネット 坂口健太郎 橋本愛 佐々木蔵之介 中村義洋 竹内結子 D・J・カルーソー ビリー・ボブ・ソーントン シャイア・ラブーフ 上白石萌音 成田凌 神木隆之介 長澤まさみ ダコタ・ファニング リチャード・ギア テオ・ジェームズ エミリー・ブラント セドリック・ニコラス=トロイアン シャーリーズ・セロン クリス・ヘムズワース ジェシカ・チャステイン ローズ・バーン オスカー・アイザック エヴァン・ピーターズ ブライアン・シンガー ソフィー・ターナー タイ・シェリダン ジェニファー・ローレンス ジェームズ・マカヴォイ マイケル・ファスベンダー ニコラス・ホルト ヒュー・ジャックマン クリストファー・ウォーケン タロン・エガートンお勧め度★★★★☆ デクスター・フレッチャー ヤーロー・チーニー 永作博美 設楽統 沢城みゆき クリス・ルノー 日村勇紀 岡田准一 竹下景子 香川照之 チャニング・テイタム ジョシュ・ブローリン スカーレット・ヨハンソン ジョナ・ヒル ジョージ・クルーニー イーサン・コーエン ジョエル・コーエン アンドリュー・スタントン アンガス・マクレーン 柴田恭兵 木の実ナナ 吉川晃司 夕輝壽太 村川透 仲村トオル 浅野温子 舘ひろし ダニー・デヴィート ミシェル・ファイファー ティム・バートン マイケル・キートン ロバート・ウール キム・ベイシンガー ジャック・ニコルソン パトリック・ウィルソン フランセス・オコナー ジェームズ・ワン チャーリー・コックス マキシン・ピーク フェリシティ・ジョーンズ ジェームズ・マーシュ エディ・レッドメイン ピーター・ウェラー イアン・ホルム デヴィッド・クローネンバーグ お勧め度★★☆☆☆ ジュディ・デイヴィス セス・ローゲン ザック・エフロン デイヴ・フランコ セレーナ・ゴメス ニコラス・ストーラー サクソン・シャービノ サム・ロックウェル ギル・キーナン カイル・キャトレット ケネディ・クレメンツ ローズマリー・デウィット オリヴァー・ロビンス ヘザー・オルーク レイグ・T・ネルソン クジョベス・ウィリアムズ ドミニク・ダン トビー・フーパー エイミー・ポーラー ピート・ドクター ロニー・デル・カルメン ウィル・ポールター トム・ハーディ レオナルド・ディカプリオ 小栗旬 山田孝之 高嶋政宏 水原希子 柴咲コウ 古田新太 向井理 濱田岳 ナオミ・ワッツ アーミー・ハマー ケビン・コスナー ジェニファー・ガーナー ジョセフ・ファインズ チェン・カイコー ヘザー・グラハム ゲイリー・オールドマン トミー・リー・ジョーンズ コリン・サーモン アリエル・ブロメン アマウリー・ノラスコ マイケル・ピット ガル・ギャドット ライアン・レイノルズ アンソニー・ホプキンス アントン・イェルチン デヴィッド・モース スティーヴン・キング スコット・ヒックス ミカ・ブーレム ジェレミー・デイヴィス スティーヴン・シャインバーグ マギー・ギレンホール ジェームズ・スペイダー ラナ・ウォシャウスキー リリー・ウォシャウスキー ショーン・ビーン ミラ・クニス ジョーイ・ファトーン ニア・ヴァルダロス ジョエル・ズウィック イアン・ゴメス ジョン・コーベット ジョン・ヘダー ウィル・スペック ジョシュ・ゴードン スー・チー ジェイソン・ステイサム ルイ・レテリエ カーク・ジョーンズ ジョン・ステイモス イモージェン・プーツ ジェレミー・レナー ファン・カルロス・フレスナディージョ キャサリン・マコーマック ダニー・ボイル ロバート・カーライル ベン・アフレック ザック・スナイダー ガル・ガドット ダイアン・レイン ジェシー・アイゼンバーグ エイミー・アダムス ヘンリー・カヴィル アンセル・エルゴート マイルズ・テラー シャイリーン・ウッドリー ロベルト・シュヴェンケ ショーン・アンダース マーク・ウォールバーグ リンダ・カーデリーニ トム・ハンクス マーク・ライランス エドワード・ジェームズ・ハイランド エイミー・ライアン オースティン・ストウェル マイケル・ペーニャ リドリー・スコット 

プロフィール

ロココ

Author:ロココ
いらっしゃいませ。カフェへようこそ!
ここでは素人目線で映画について言いたい放題、アメリカから映画レビューをお届けしています。→日本に帰国しました!
基本はネタバレなし!ゆっくりしていってくださいね。
リンクフリー、TB大歓迎、古い記事でも気軽にコメントして下さい。

PR
クリックしてね☆
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム
コメント欄にはちょっと書きずらいなぁ・・・という方!お気軽にメールください☆

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。