スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロング・トレイル!(2015) A Walk in the Woods 215本目

ハイキング好き必見!A Walk in the Woods
(日本公開は2016年7月30日)

A_Walk_in_the_Woods_Poster.jpg

出演:
Bill Bryson役 Robert Redford
Stephen Katz役 Nick Nolte
Catherine Bryson役 Emma Thompson

監督:
Ken Kwapis
お勧め度 ★★★★☆

月曜日はレイバーデイで祝日でした
ちょっくらサンタバーバラまで遊びに行ってきたよ。
映画「サイドウェイ」でかなり有名になったサンタバーバラですが、実際のロケ地のワイナリーは郊外にあるので、それは次回、ってことで、ダウンタウンやピアを回って、一泊。
ダウンタウンにもワイナリーが集まっている場所があり、町全体がスペイン風のとても雰囲気の良い町です。
子供が楽しめるアトラクションは海くらいしかないけれど、大人にはオススメの町。
次の日はマリブなどを横目に南下して家に帰ってきました。
また行きたいなぁ~!
でもとにかく暑かった
そして今日も暑い!
どうやら1年で一番暑い日になりそうです・・・。
昔住んでいたサンディエゴには町からそう離れていない場所でナイトハイクができる小さな山がいくつかあった。
アメリカなのに夜にハイキング?!?と思うかもしれないけれど、なぜかその辺りは大丈夫で、満月やスーパームーンの時は12時過ぎても人が沢山山登りしていたよ。
昼間は日差しがきつくて辛いけれど、夜ならちょっと涼しくて、快適。
ナイトハイク好きだったなぁ。
新しい町に来て、まだそういうスポットを探せてません
てなわけで、トレッキングの話。

トラベルライターのビル。
でも最近は随分新しい本を書いていない。
知り合いの葬式に参加した時に偶然見つけたアパラチアン・トレイルの案内板。
妻は必至に止めるけれど、ビルはどうしても行ってみたくなった。
妻が出した条件は「1人でいかないこと」
ビルは知り合いに片っ端から電話するけれど、誰一人一緒には行ってくれない。
そんな時、長い間音信不通だったカッツから電話。
「一緒に行ってもいいよ」
こうして2人の3500キロに渡るトレッキングの旅が始まったが・・・!

この映画はコメディーです。

笑って、泣いて、また笑って、そしてまた泣いた!

たいしたストーリーではないんだけれど、とてもホッコリします。
旅の途中であるちょっとしたエピソードも何か心温まる。
ロバートレッドフォードの何とも言えない表情が素敵。
美しい自然の景色が素敵。
そしてなによりも、

トレッキング行きたくなった~!


アパラチアン・トレイルとは、アメリカ東部のジョージア州からメイン州にかけての14州にまたがる約3,500kmのトレイル。
アメリカの3大トレイルであり、他の2つはコンチネンタル・ディヴァイド・トレイル(Continental Divide Trail)と、シフィック・クレスト・トレイル(Pacific Crest Trail)。
1968年に初めてのナショナル・シーニック・トレイル(National Scenic Trail)に指定されました。
このトレイルに挑戦する人は数多くいるけれど、なんと、最後まで制覇できる人はたった10%。
それだけ厳しいトレイルってことなんだねぇ。

今回主演のロバート・レッドフォード。
Robert_Redford_2005.jpg
「オール・イズ・ロスト 〜最後の手紙〜 (2013)」で海に行ったと思ったら、今度は山!
でも今回はセリフが沢山あって、やっぱりしゃべっている方がいいね。
随分年を取ったけれど、そりゃあ79歳。
変に若くなくてよい。
そしてやっぱりハンサム

この映画はビルブライソンの小説"A Walk In the Woods"を元にしています。
こちら、日本語翻訳もあります!

内容はすべて同じ、というわけではないけれど、カッツと旅をするってところは同じ。
原作も気になりますね。

ところでこの映画、当初ロバート・レッドフォードは相手役としてポール・ニューマンを考えていたそうです。
彼が2008年に亡くなってから、なかなか実現しなかった映画化。
でも、ニック・ノルティとのデコボココンビもかなりいい味出してます。
ちょうどサンタバーバラに行っていたからかもしれないけれど、ちょっと雰囲気とネタが「サイドウェイ」に似ているなぁと思った。
もちろん、とっても良かったよ!

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
日本での公開は今のところ未定ですが、山登り人口が多い日本では公開されるはず!
ただ、単館上映系の映画なので、もしかしたら劇場は限られてしまうかもね。
それでもやっぱりこの美しい風景を見るならビッグスクリーンで!

●追記
日本劇場公開が2016年7月30日に決定しました!


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

サンタバーバラ

クリントイーストウッドが市長してましたね~。
その時に初めて知りましたが、ほんとに素敵な街のようでした。
ちょっくら行けるところでうらやましい。

ナイトハイク、おもしろそうだけど私は怖いかな、やっぱり。
夜の山の生物がw
アパラチアン・トレイル、3500キロってすごすぎる~。
日本の国土長って3000キロくらいらしいのでww

ブラッドピットが若い頃のレッドフォードに似てるっていう人がいるようですが、全然似てないと思うけどな~。
ブラピはブラピでいいけれど、レッドフォードはもっと上品だったし。

うち、netflixは今のところパソコンでしかみれないからお試しもしてないのでまだどんなのかわかんないけれど。。
でもこういう日本未公開の映画が見れるようにはならないのかな、やっぱり。

スタバのスモアは写真を載せてる人がいたけれど
スモアタルトじゃなかったですよ。
うち、電磁調理器なのでまず火がない!っていう問題がw
カセットコンロを出してやるっきゃないですね~。





スルーハイクはしませんが、興味があるトレイルです

私が敬愛するSキングの「The Girl Who Loved Tom Gordon」もアパラチアン・トレイルを扱っていました。
9歳の少女が、アパラチアン・トレイルのデイハイク中に道迷って遭難し、9日間のサバイバル生活を強いられる、というお話です。
一見、アドベンチャー小説のようではありますが、遭難者の不安、恐怖、絶望といった感情の動きを緻密な描写で表現した遭難心理ホラーとしても秀逸なフィクションです。まだ映画化はされていないようです。

「A Walk in the Woods」には興味が湧きましたが日本ではまだ観られないので、取り敢えず原作を読もうと思って、地元地区の図書館サイトの蔵書を検索してみたら一冊ありました。早速読み始められると思います。
紹介していただきありがとうございました。

Re: サンタバーバラ

姐さん、

コメントありがとうございます。
クリントイーストウッド!サンタバーバラも??
確か、カーメルの市長だったのは知っています。
そこに彼のレストランもあって、昔隣町のモントレーというところに住んでいた時にレストランでクリント様をお見かけしました💛
いやあ、ちょっくら日本の温泉にいける姐さんのほうが羨ましいです。

ナイトハイクは山といっても、町の近くだし、小さいのでクマとかは出ませんよ。
ガラガラヘビとトカゲと、見えないので何かわかりませんが、小さい虫です。
あれ?もしかして全然別の夜の生物ですか?
月の夜はライトなしでも登れるんですよ~!

日本の国土って3000キロ?!
さすが、アメリカは広いですね、それでもいくつもの州をまたがっているトレイルなので、さすがに達成率10%なのは納得です。

確かにレッドフォードは上品。
この映画でもとっても上品です。

そうか!
ネットフレックスはパソコンで見るんですね。
アメリカと全く同じサービスってわけにはいかないか・・・。

スタバのスモアはアメリカのとは違うんですね・・・、逆に気になる・・・。
でも、やっぱり日本では「甘すぎる!」っていう評価が多い・・・(涙)
おうちはオール電化なんですね!
素敵!
思い切ってお庭にガーデンファイヤピットつけるというのはどうでしょう(笑)
http://www.lowes.com/pd_466659-50727-FP11043B___?productId=50037268&pl=1&Ntt=garden+fire#img
5000円くらいのもありましたけれど、小さいので、やっぱり1万円前後のがいいかな?

Re: スルーハイクはしませんが、興味があるトレイルです

たにぐちさん、
コメントありがとうございます!

私もスルーハイクは挑戦したいけれど、無理です・・・。
ちょこちょこ楽しめればよい派ですので。

キング先生の小説にも登場していたのですね!
やっぱりちょっとホラーよりなのですね。

原作も映画と同様ちょっとコメディーチックなところがあるようで、とても評価が髙い本みたいです。
彼の本は他にも面白そうなのが多いので、他のタイトルもチェックしてみたいです!
どうやら、日本でも結構人気のある作家のようです。
私も今読んでいるのが終わったら、次は「A Walk in the woods」にしようかな?と思っています。
といっても、最近夜にプールに行っているので、本を読まずともすぐに眠くなってしまって・・・。
なかなか読み進められない(^-^;
頑張ります!

日本で公開したら、是非映画も見てください~!

No title

本日、図書館で「A Walk in the Woods」を借りました。明日から読み始めます。

ところで、映画「A Walk in the Woods」は日本では未公開ですが、地味に公開中だった「わたしに会うまでの1600キロ」(WILD)は、昨日観てきました。

(ちょっと長いコメントになるかも知れませんが、自身のFBに書いたものを多少アレンジしたものです。ご容赦ください)

アメリカでは、人生に迷った人がロングトレイル踏破に挑戦する文化があるようで、日本で言うとお遍路さんといったところでしょうか?(違うかな)
最愛の母を亡くし、結婚に破綻し、人生に失敗したシェリル・ストレイドが自分を取り戻す為、アメリカ3大ロングトレイルの一つ、PCT(パシフィック・クレスト・トレイル)のスルーハイクに旅立ちます。

映画の基本的な構成はロードムービーのトレッキング版という感じで、トレッキング中に過去の記憶がフラッシュバックするという手法により、アウトドア初心者の女性が無謀な挑戦に至った経緯が徐々に明らかになります。フラッシュバックの映像処理が巧妙、そして、絶妙なタイミングで挿入される音楽、特にサイモンとガーファンクルの「コンドルは飛んでいく」が印象的でした。
昔から知っていた楽曲ですが、
 I'd rather be a sparrow than a snail
 I'd rather be a hammer than a nail
なんていう英語の歌詞は意識しないで聴いていました。

シェリル・ストレイドは実在の人物で、原作の自叙伝「Wild: From Lost to Found on the Pacific Crest Trail」の著者、そして彼女自身も別のトレッカー役で映画に登場して、若い自分自身と人生を語ります。

私自身はというと、親とは精神的には疎遠だったし、女性でもないですが、母親と深い絆で結ばれた女性であれば、グッと来る映画だと思います。

Re: No title

たにぐちさん、

"Wild"も気になってたんですよね~、どうやら"A Walk in the Woods"とは全然違った真面目な映画と聞きました。
評判もとてもいいので、見てみようと思います!

最近母親についてよく考えることがあるので、きっと何か自分にはグッとくる映画になるんじゃないかなぁとたにぐちさんのコメントを読んで思いました。
ご紹介、ありがとうございます(^^)/

関連タグ

お勧め度★★★☆☆ デヴィッド・ストラザーン マット・デイモン ジョアン・アレン ポール・グリーングラス ジュリア・スタイルズ ミラ・ジョヴォヴィッチ エヴァ・アンダーソン ローラ アリ・ラーター ポール・W・S・アンダーソン お勧め度★★★★☆ フランカ・ポテンテ ダグ・リーマン クリス・クーパー 新海誠 吉岡秀隆 萩原聖人 南里侑香 鈴木千尋 武藤寿美 サム・ニール ローラ・ダーン アレッサンドロ・ニヴォラ ティア・レオーニ ジョー・ジョンストン ウィリアム・H・メイシー ジェフ・ゴールドブラム スティーヴン・スピルバーグ ヴァネッサ・リー・チェスター リチャード・アッテンボロー ジュリアン・ムーア ヴィンス・ヴォーン ウィル・フェレル アダム・マッケイ ポール・ラッド フレッド・ウィラード デヴィッド・ケックナー クリスティナ・アップルゲイト スティーヴ・カレル テリーサ・パーマー エリクソン・コア ルーク・ブレイシー レイ・ウィンストン エドガー・ラミレス 滝藤賢一 二階堂ふみ リリー・フランキー 吉田羊 福山雅治 大根仁 ダンカン・ジョーンズ ヴェラ・ファーミガ ミシェル・モナハン ジェイク・ジレンホール クロエ・グレース・モレッツ マット・リーヴス コディ・スミット=マクフィー ディラン・ミネット 坂口健太郎 橋本愛 佐々木蔵之介 中村義洋 竹内結子 D・J・カルーソー ビリー・ボブ・ソーントン シャイア・ラブーフ 上白石萌音 成田凌 神木隆之介 長澤まさみ ダコタ・ファニング リチャード・ギア テオ・ジェームズ エミリー・ブラント セドリック・ニコラス=トロイアン シャーリーズ・セロン クリス・ヘムズワース ジェシカ・チャステイン ローズ・バーン オスカー・アイザック エヴァン・ピーターズ ブライアン・シンガー ソフィー・ターナー タイ・シェリダン ジェニファー・ローレンス ジェームズ・マカヴォイ マイケル・ファスベンダー ニコラス・ホルト ヒュー・ジャックマン クリストファー・ウォーケン タロン・エガートンお勧め度★★★★☆ デクスター・フレッチャー ヤーロー・チーニー 永作博美 設楽統 沢城みゆき クリス・ルノー 日村勇紀 岡田准一 竹下景子 香川照之 チャニング・テイタム ジョシュ・ブローリン スカーレット・ヨハンソン ジョナ・ヒル ジョージ・クルーニー イーサン・コーエン ジョエル・コーエン アンドリュー・スタントン アンガス・マクレーン 柴田恭兵 木の実ナナ 吉川晃司 夕輝壽太 村川透 仲村トオル 浅野温子 舘ひろし ダニー・デヴィート ミシェル・ファイファー ティム・バートン マイケル・キートン ロバート・ウール キム・ベイシンガー ジャック・ニコルソン パトリック・ウィルソン フランセス・オコナー ジェームズ・ワン チャーリー・コックス マキシン・ピーク フェリシティ・ジョーンズ ジェームズ・マーシュ エディ・レッドメイン ピーター・ウェラー イアン・ホルム デヴィッド・クローネンバーグ お勧め度★★☆☆☆ ジュディ・デイヴィス セス・ローゲン ザック・エフロン デイヴ・フランコ セレーナ・ゴメス ニコラス・ストーラー サクソン・シャービノ サム・ロックウェル ギル・キーナン カイル・キャトレット ケネディ・クレメンツ ローズマリー・デウィット オリヴァー・ロビンス ヘザー・オルーク レイグ・T・ネルソン クジョベス・ウィリアムズ ドミニク・ダン トビー・フーパー エイミー・ポーラー ピート・ドクター ロニー・デル・カルメン ウィル・ポールター トム・ハーディ レオナルド・ディカプリオ 小栗旬 山田孝之 高嶋政宏 水原希子 柴咲コウ 古田新太 向井理 濱田岳 ナオミ・ワッツ アーミー・ハマー ケビン・コスナー ジェニファー・ガーナー ジョセフ・ファインズ チェン・カイコー ヘザー・グラハム ゲイリー・オールドマン トミー・リー・ジョーンズ コリン・サーモン アリエル・ブロメン アマウリー・ノラスコ マイケル・ピット ガル・ギャドット ライアン・レイノルズ アンソニー・ホプキンス アントン・イェルチン デヴィッド・モース スティーヴン・キング スコット・ヒックス ミカ・ブーレム ジェレミー・デイヴィス スティーヴン・シャインバーグ マギー・ギレンホール ジェームズ・スペイダー ラナ・ウォシャウスキー リリー・ウォシャウスキー ショーン・ビーン ミラ・クニス ジョーイ・ファトーン ニア・ヴァルダロス ジョエル・ズウィック イアン・ゴメス ジョン・コーベット ジョン・ヘダー ウィル・スペック ジョシュ・ゴードン スー・チー ジェイソン・ステイサム ルイ・レテリエ カーク・ジョーンズ ジョン・ステイモス イモージェン・プーツ ジェレミー・レナー ファン・カルロス・フレスナディージョ キャサリン・マコーマック ダニー・ボイル ロバート・カーライル ベン・アフレック ザック・スナイダー ガル・ガドット ダイアン・レイン ジェシー・アイゼンバーグ エイミー・アダムス ヘンリー・カヴィル アンセル・エルゴート マイルズ・テラー シャイリーン・ウッドリー ロベルト・シュヴェンケ ショーン・アンダース マーク・ウォールバーグ リンダ・カーデリーニ トム・ハンクス マーク・ライランス エドワード・ジェームズ・ハイランド エイミー・ライアン オースティン・ストウェル マイケル・ペーニャ リドリー・スコット 

プロフィール

ロココ

Author:ロココ
いらっしゃいませ。カフェへようこそ!
ここでは素人目線で映画について言いたい放題、アメリカから映画レビューをお届けしています。→日本に帰国しました!
基本はネタバレなし!ゆっくりしていってくださいね。
リンクフリー、TB大歓迎、古い記事でも気軽にコメントして下さい。

PR
クリックしてね☆
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム
コメント欄にはちょっと書きずらいなぁ・・・という方!お気軽にメールください☆

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。