キャビン (2012) THE CABIN IN THE WOODS 223本目

ホラー?コメディー? キャビン (THE CABIN IN THE WOODS)
(日本公開は2013年)

出演:
デイナ・ポーク役 クリステン・コノリー
カート・ヴォーン役 クリス・ヘムズワース

監督:
ドリュー・ゴダード
お勧め度 ★★☆☆☆
あらすじは下記アマゾンリンクをご参照ください。

そういえば日曜日、アメリカではスーパームーン+皆既月食でしたよ!
その日は上司宅でBBQだったので、夜になってから、「あれ?何か月が・・・」と気が付いて見た時にはすでに月食が始まっていたらしく、よくわからなかった・・・。
真っ暗になるもんだと思っていたら、ぼんやりと赤い月が見えてました。
それからしばらくして下の方からまばゆい光を放った月がどんどん出てきて、スーパームーンに!
次にスーパームーンで皆既月食と言う日は2033年らしいです。
そういうのに、興味はあったのに、今まで全然見てこなかったから、貴重な物を見ました。
何か良いことありますように!
スーパームーンの時はやっぱり山に行ったりして、光がない所で見るのがいいよね。
キャビンに1泊なんてどうでしょう?

大学生のデイナ、ホールデン、マーティ、ジュールズ、カートはカートの従兄が所有しているという森のキャビンに遊びに行くことを計画。
途中、古びたガススタで奇妙な男にあって、脅されるも、無事にキャビンに到着。
でも、このキャビン、マジックミラーがあったり、地下室があったり・・・怪しい臭いがプンプン!
その一方で、機械に囲まれたある実験室から、彼らの一部始終を見ている人間たちがいた!

いやあ、これ、アメリカでは結構評判が良くて、「新しいホラー」みたいなふれこみでしたが・・・、

なにこれ?ホラー?コメディー?

確かに、今まで見たホラーとは全然違う。
でも、展開がぶっ飛びすぎていて、雑。
もっと細かく解り易くしていったら、楽しめたのに~!
面白くなりそうなネタが満載なだけにもったいない
たまたまSYFYチャンネルで放送していてテレビで見ていた私に、うちのBossが一言
「このDVD持っているよ」

え~!!

こんなくだらないDVDをお金出して買ったのかい!
と突っ込みたくなりました。

なんだろう。
最初にセクシーな女から殺されて行く所とか、ゾンビが異常に強い所とか、そういう典型的なホラーと見せかけて、実は全然違うというどんでん返しをしてくれる、そして出演者も豪華だというのに、この3流臭さが消えない。
そして最初は説明がないので「なぜ?なぜ?」と好奇心をかなり掻き立てられる。
それなのに、見た後に「あー、つまんない映画見ちゃった」って思っちゃう
ホラーの宿命でしょうか?
いや、小ネタやパロディーが多すぎることも、その理由かも。
確かにホラーファンはニヤリとするような演出が沢山あるんだけれど、あまりに多いとスケアリームービー(最終絶叫計画)みたいな雰囲気を醸し出しちゃうんだよね・・・。

そしてちょっと「ハテナ?」というシーンも多い。
例えば日本のシーン。
あれ、何
リスペクトが感じられて嬉しいんだけれど、何だあれ?
それと、怪しいものが沢山出てくるんだけれど、結局本題にはそれほど絡まない。
マジックミラーもそうだし、地下室にある様々な小道具も、ホラー映画のパロディーだっただけ?
ガススタの親父のネタも、カートの従兄の話もそれほど深堀せず。
そして最大のハテナは結末でした。
最後は「キャー!怖いー!」という終わり方はしません。
実はこの映画のラストには、真のメッセージとやらが含まれている、つまり研究者達が恐れている「古き者」っていうのが、本当は何なのかっていうことなんだけれど、それをはっきりとは言及しませんが、「観客」にはわかるようになっている。

いや、全然わからんがな!

ただ、人間の中のラスボスを見た時の衝撃はすごい!
これが「展開の読めないホラーか!」と納得はしました。

ソーで大活躍だったクリス・ヘムズワース。
Chris_Hemsworth_SDCC_2014_(cropped).jpg
どうしようもない大学生かと思ったら、結構頑張ってます。
でも、彼を目当てに見たら、やっぱりがっかりかも?

この映画、面白かった!という人がいたら、どのあたりが良かったか、教えてくださいな。
グロイけれど、そんなに怖くない、新感覚のホラーを見たい人にオススメ。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ホラーはやりすぎるとコメディーに近くなります

この作品、興味はありましたが公開時に見逃してしまったのを、思い出しました。

若い男女が山小屋で過ごすというシチュエーションからして、サムライミ監督の死霊のはらわたを連想するなど、ホラー映画のパロディ・オマージュでいっぱいのようですね。

できれば映画館で観たいところですが、叶わないのでDVDを借りようかと。
ホラーやコメディはやっぱり大勢で観て、周りの反応も楽しみたいものです。

Re: ホラーはやりすぎるとコメディーに近くなります

たにぐちさん、

まさにおっしゃる通り!
何度も「これ、ホラー?ホントにホラー?」と聞いてました。

そして、キャビン、古びた本、など、死霊のはらわたの要素も満載です!

この映画は巷では(特にホラー映画ファンの間)かなり評判がいい映画なのですが、私には突っ込み要素満載な映画でした。
DVDお貸ししたいくらいです。

映画館では大きな声で突っ込み入れられないので、大勢でワイワイ見るのは確かに正解ですね!

実はかなり期待していましたが、

昨夜借りたDVDを観て、うーーん、て感じでしたね。

それほどのホラーファンでもないのでパロディが分からなかったし、
かなり観る人を選ぶ映画なのでしょうね。
それと、アイデア自体は悪くないけれど、映像もシナリオもこれよりもっとうまくできる筈、と感じました。

観て損した気分ですが、観て損するかどうかは観ないと分からない、これが人生です。

Re: 実はかなり期待していましたが、

おっしゃるとおり(笑)

私は見ている間の感想は★一つでしたが、全体として、他にないホラーテイストだったので、ひとつおまけで★二つにしました。
なぜか巷で評判がよかったので、★二つの低い評価にするには気が引けましたが、たにぐちさんも同じ感想で安心しました(笑)
本当にもっと面白くできたのに、と思わずにはいられませんよね・・・。

関連タグ

お勧め度★★★☆☆ デヴィッド・ストラザーン マット・デイモン ジョアン・アレン ポール・グリーングラス ジュリア・スタイルズ ミラ・ジョヴォヴィッチ エヴァ・アンダーソン ローラ アリ・ラーター ポール・W・S・アンダーソン お勧め度★★★★☆ フランカ・ポテンテ ダグ・リーマン クリス・クーパー 新海誠 吉岡秀隆 萩原聖人 南里侑香 鈴木千尋 武藤寿美 サム・ニール ローラ・ダーン アレッサンドロ・ニヴォラ ティア・レオーニ ジョー・ジョンストン ウィリアム・H・メイシー ジェフ・ゴールドブラム スティーヴン・スピルバーグ ヴァネッサ・リー・チェスター リチャード・アッテンボロー ジュリアン・ムーア ヴィンス・ヴォーン ウィル・フェレル アダム・マッケイ ポール・ラッド フレッド・ウィラード デヴィッド・ケックナー クリスティナ・アップルゲイト スティーヴ・カレル テリーサ・パーマー エリクソン・コア ルーク・ブレイシー レイ・ウィンストン エドガー・ラミレス 滝藤賢一 二階堂ふみ リリー・フランキー 吉田羊 福山雅治 大根仁 ダンカン・ジョーンズ ヴェラ・ファーミガ ミシェル・モナハン ジェイク・ジレンホール クロエ・グレース・モレッツ マット・リーヴス コディ・スミット=マクフィー ディラン・ミネット 坂口健太郎 橋本愛 佐々木蔵之介 中村義洋 竹内結子 D・J・カルーソー ビリー・ボブ・ソーントン シャイア・ラブーフ 上白石萌音 成田凌 神木隆之介 長澤まさみ ダコタ・ファニング リチャード・ギア テオ・ジェームズ エミリー・ブラント セドリック・ニコラス=トロイアン シャーリーズ・セロン クリス・ヘムズワース ジェシカ・チャステイン ローズ・バーン オスカー・アイザック エヴァン・ピーターズ ブライアン・シンガー ソフィー・ターナー タイ・シェリダン ジェニファー・ローレンス ジェームズ・マカヴォイ マイケル・ファスベンダー ニコラス・ホルト ヒュー・ジャックマン クリストファー・ウォーケン タロン・エガートンお勧め度★★★★☆ デクスター・フレッチャー ヤーロー・チーニー 永作博美 設楽統 沢城みゆき クリス・ルノー 日村勇紀 岡田准一 竹下景子 香川照之 チャニング・テイタム ジョシュ・ブローリン スカーレット・ヨハンソン ジョナ・ヒル ジョージ・クルーニー イーサン・コーエン ジョエル・コーエン アンドリュー・スタントン アンガス・マクレーン 柴田恭兵 木の実ナナ 吉川晃司 夕輝壽太 村川透 仲村トオル 浅野温子 舘ひろし ダニー・デヴィート ミシェル・ファイファー ティム・バートン マイケル・キートン ロバート・ウール キム・ベイシンガー ジャック・ニコルソン パトリック・ウィルソン フランセス・オコナー ジェームズ・ワン チャーリー・コックス マキシン・ピーク フェリシティ・ジョーンズ ジェームズ・マーシュ エディ・レッドメイン ピーター・ウェラー イアン・ホルム デヴィッド・クローネンバーグ お勧め度★★☆☆☆ ジュディ・デイヴィス セス・ローゲン ザック・エフロン デイヴ・フランコ セレーナ・ゴメス ニコラス・ストーラー サクソン・シャービノ サム・ロックウェル ギル・キーナン カイル・キャトレット ケネディ・クレメンツ ローズマリー・デウィット オリヴァー・ロビンス ヘザー・オルーク レイグ・T・ネルソン クジョベス・ウィリアムズ ドミニク・ダン トビー・フーパー エイミー・ポーラー ピート・ドクター ロニー・デル・カルメン ウィル・ポールター トム・ハーディ レオナルド・ディカプリオ 小栗旬 山田孝之 高嶋政宏 水原希子 柴咲コウ 古田新太 向井理 濱田岳 ナオミ・ワッツ アーミー・ハマー ケビン・コスナー ジェニファー・ガーナー ジョセフ・ファインズ チェン・カイコー ヘザー・グラハム ゲイリー・オールドマン トミー・リー・ジョーンズ コリン・サーモン アリエル・ブロメン アマウリー・ノラスコ マイケル・ピット ガル・ギャドット ライアン・レイノルズ アンソニー・ホプキンス アントン・イェルチン デヴィッド・モース スティーヴン・キング スコット・ヒックス ミカ・ブーレム ジェレミー・デイヴィス スティーヴン・シャインバーグ マギー・ギレンホール ジェームズ・スペイダー ラナ・ウォシャウスキー リリー・ウォシャウスキー ショーン・ビーン ミラ・クニス ジョーイ・ファトーン ニア・ヴァルダロス ジョエル・ズウィック イアン・ゴメス ジョン・コーベット ジョン・ヘダー ウィル・スペック ジョシュ・ゴードン スー・チー ジェイソン・ステイサム ルイ・レテリエ カーク・ジョーンズ ジョン・ステイモス イモージェン・プーツ ジェレミー・レナー ファン・カルロス・フレスナディージョ キャサリン・マコーマック ダニー・ボイル ロバート・カーライル ベン・アフレック ザック・スナイダー ガル・ガドット ダイアン・レイン ジェシー・アイゼンバーグ エイミー・アダムス ヘンリー・カヴィル アンセル・エルゴート マイルズ・テラー シャイリーン・ウッドリー ロベルト・シュヴェンケ ショーン・アンダース マーク・ウォールバーグ リンダ・カーデリーニ トム・ハンクス マーク・ライランス エドワード・ジェームズ・ハイランド エイミー・ライアン オースティン・ストウェル マイケル・ペーニャ リドリー・スコット 

プロフィール

ロココ

Author:ロココ
いらっしゃいませ。カフェへようこそ!
ここでは素人目線で映画について言いたい放題、アメリカから映画レビューをお届けしています。→日本に帰国しました!
基本はネタバレなし!ゆっくりしていってくださいね。
リンクフリー、TB大歓迎、古い記事でも気軽にコメントして下さい。

PR
クリックしてね☆
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム
コメント欄にはちょっと書きずらいなぁ・・・という方!お気軽にメールください☆

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR