誘拐の掟(2014) A WALK AMONG THE TOMBSTONES 225本目

シリーズ化か?! 誘拐の掟 (A WALK AMONG THE TOMBSTONES)
(日本公開は2015年5月30日)

出演:
マット・スカダー役 リーアム・ニーソン
ケニー・クリスト役 ン・スティーヴンス
ピーター・クリスト役 ボイド・ホルブルック
TJ役 ブライアン・アストロ・ブラッドリー

監督:
スコット・フランク
お勧め度 ★★★☆☆
あらすじは下記アマゾンリンクをご参照ください。

また悲しい事件がありました。
オレゴン州ローズバーグにある「アンプクア・コミュニティー・カレッジ」での銃乱射事件
驚くことに、オレゴン州はガンフリーキャンパス(銃を持ち込んではいけないキャンパス)ではないらしく、銃所持のライセンスを取得している人は銃の持ち込みが可能です。
逆にいうと、ガンフリーエリアにはライセンスを持っていても銃の持ち込みは禁止です。
ちなみにカリフォルニアはキャンパスへの銃持ち込みを禁止しています。(ガンフリーキャンパス)
犯人は以前南カリフォルニアに住んでいたということで、(トーランス等)その辺りもかなり騒がしくなっている。
というか、マジで学ばないバカ者たち。
「みんなで銃を捨てよう!」という話になるか、と思いきや、「やっぱり家族を守るためには銃が必要、だって、外には頭のおかしい人達がいっぱいいるんだもん」ということになる。
本当にそろそろ気が付いてほしいものです。
銃を使って人生失敗した刑事の話。

1991年、アル中刑事マットは今日もバーで酒を飲みながら任務を遂行していた。
そして1999年、刑事を引退し、AAミーティングにも参加してアル中を克服しようとしているマット。
彼は現在は私立探偵として生計を立てていた。
そんな時、AAミーティングで出会ったピーターから、兄のケニーの妻誘拐事件に関して、事件を解決してほしいと頼まれるが・・・。過去の事件との繋がりを紐解いていくうちに、新しい事件がおこって・・・!

こちら、ローレンス・ブロックの探偵マット・スカダー・シリーズの1編『獣たちの墓』が原作になっているそうで。
と、いっても、このシリーズは1976年から始まったシリーズであり、10作目になるので、ずいぶん中途半端ですな

もちろん、日本語訳もすべて発売されています。
その中で以前にすでに映画化されている小説もあるので、シリーズ化を狙ったわけではないのかもしれないけれど、この「獣たちの墓」以降、7つの作品があるし、マットの過去を語る映画っていうのも作れそうだから、まだまだネタは豊富だね!

とにかくリーアムがカッコいい!

最近こういう役ばっかりだから、「また?」と思うかもしれないけれど、やっぱりはまってる。
冷静だけれど、心の奥にあるマットの暴力的な部分が時々垣間見れて、やっぱりリーアム素敵です。
300px-Liam_Neeson_Deauville_2012.jpg

さて、この映画は公開は2014年なんだけれど、1999年を舞台にしています。
実際に小説が発行されたのは、1992年だから、小説の時代に近づけて制作されたんだろうけれど、それだけでなく、監督のスコット・フランクが言うには、「舞台を1999年にしたのは、携帯電話がやスマホが今ほどは身近になってない時代にしたかったから」だそう。
携帯電話やインターネットが普及してしまって、サスペンスには難しい時代になった
映画の中では公衆電話を使うシーンが多いんだけれど、やっぱりそうでないと辻褄が合わない部分が出てきちゃう。

マットが事件の真相に近づくと、証拠が逃げて行ってしまったり、邪魔が入ったり。
ちょっとマットもツメが甘いよ!と思うところが多いけれど、それでも、彼の刑事時代の勘や、洞察力が事件を解決していく。
犯人の目的や、犯人が分かった後にもドラマがあって、なかなか見ごたえあり、です。

この映画の重要な舞台となっている「グリーンウッド墓地」。
実際にNYにある、隠れた観光スポットらしいです。
広大な敷地に有名な方々も眠っておられるとか。
そして、池も本当にあるみたいです
日本公開時のオフィシャルホームページにロケーションマップが載ってました!
(ホームページはこちら)

拳銃を手にしたTJに対して、銃の使い方についていろいろと教えてから、マットが言う辛辣なセリフ
マット: Shoot yourself in the head. Might as well get it over with now.
Because you walk around with a gun, sooner or later it's gonna happen anyway.
No rewind, no going out for popcorn and coming back to the show.
It's just you with that gun in your hand, stupid look on your face, and your hash all over the wall.

このシーンは小説にはないシーンらしいです。
監督のスコットがどうしても入れたかったシーン。
彼の銃に対する考え方がよくわかる。
ここのTJとのやり取りはちょっと思いがけない展開だったのですが、なぜマットが警察を辞めたのか、その理由を知ると、すごく納得できる

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
シリーズ化してくれると嬉しいなぁ!
昔のNYっていうのも、何か味があっていいです。
日本ではブルーレイが11月に発売決定しました!


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。

リーアム・ニーソン、いい俳優ですね!。

Re: No title

KUONさん、

コメントありがとうございます。
リーアム現在63歳!
いつまでも活躍してほしいですね~!


関連タグ

お勧め度★★★☆☆ デヴィッド・ストラザーン マット・デイモン ジョアン・アレン ポール・グリーングラス ジュリア・スタイルズ ミラ・ジョヴォヴィッチ エヴァ・アンダーソン ローラ アリ・ラーター ポール・W・S・アンダーソン お勧め度★★★★☆ フランカ・ポテンテ ダグ・リーマン クリス・クーパー 新海誠 吉岡秀隆 萩原聖人 南里侑香 鈴木千尋 武藤寿美 サム・ニール ローラ・ダーン アレッサンドロ・ニヴォラ ティア・レオーニ ジョー・ジョンストン ウィリアム・H・メイシー ジェフ・ゴールドブラム スティーヴン・スピルバーグ ヴァネッサ・リー・チェスター リチャード・アッテンボロー ジュリアン・ムーア ヴィンス・ヴォーン ウィル・フェレル アダム・マッケイ ポール・ラッド フレッド・ウィラード デヴィッド・ケックナー クリスティナ・アップルゲイト スティーヴ・カレル テリーサ・パーマー エリクソン・コア ルーク・ブレイシー レイ・ウィンストン エドガー・ラミレス 滝藤賢一 二階堂ふみ リリー・フランキー 吉田羊 福山雅治 大根仁 ダンカン・ジョーンズ ヴェラ・ファーミガ ミシェル・モナハン ジェイク・ジレンホール クロエ・グレース・モレッツ マット・リーヴス コディ・スミット=マクフィー ディラン・ミネット 坂口健太郎 橋本愛 佐々木蔵之介 中村義洋 竹内結子 D・J・カルーソー ビリー・ボブ・ソーントン シャイア・ラブーフ 上白石萌音 成田凌 神木隆之介 長澤まさみ ダコタ・ファニング リチャード・ギア テオ・ジェームズ エミリー・ブラント セドリック・ニコラス=トロイアン シャーリーズ・セロン クリス・ヘムズワース ジェシカ・チャステイン ローズ・バーン オスカー・アイザック エヴァン・ピーターズ ブライアン・シンガー ソフィー・ターナー タイ・シェリダン ジェニファー・ローレンス ジェームズ・マカヴォイ マイケル・ファスベンダー ニコラス・ホルト ヒュー・ジャックマン クリストファー・ウォーケン タロン・エガートンお勧め度★★★★☆ デクスター・フレッチャー ヤーロー・チーニー 永作博美 設楽統 沢城みゆき クリス・ルノー 日村勇紀 岡田准一 竹下景子 香川照之 チャニング・テイタム ジョシュ・ブローリン スカーレット・ヨハンソン ジョナ・ヒル ジョージ・クルーニー イーサン・コーエン ジョエル・コーエン アンドリュー・スタントン アンガス・マクレーン 柴田恭兵 木の実ナナ 吉川晃司 夕輝壽太 村川透 仲村トオル 浅野温子 舘ひろし ダニー・デヴィート ミシェル・ファイファー ティム・バートン マイケル・キートン ロバート・ウール キム・ベイシンガー ジャック・ニコルソン パトリック・ウィルソン フランセス・オコナー ジェームズ・ワン チャーリー・コックス マキシン・ピーク フェリシティ・ジョーンズ ジェームズ・マーシュ エディ・レッドメイン ピーター・ウェラー イアン・ホルム デヴィッド・クローネンバーグ お勧め度★★☆☆☆ ジュディ・デイヴィス セス・ローゲン ザック・エフロン デイヴ・フランコ セレーナ・ゴメス ニコラス・ストーラー サクソン・シャービノ サム・ロックウェル ギル・キーナン カイル・キャトレット ケネディ・クレメンツ ローズマリー・デウィット オリヴァー・ロビンス ヘザー・オルーク レイグ・T・ネルソン クジョベス・ウィリアムズ ドミニク・ダン トビー・フーパー エイミー・ポーラー ピート・ドクター ロニー・デル・カルメン ウィル・ポールター トム・ハーディ レオナルド・ディカプリオ 小栗旬 山田孝之 高嶋政宏 水原希子 柴咲コウ 古田新太 向井理 濱田岳 ナオミ・ワッツ アーミー・ハマー ケビン・コスナー ジェニファー・ガーナー ジョセフ・ファインズ チェン・カイコー ヘザー・グラハム ゲイリー・オールドマン トミー・リー・ジョーンズ コリン・サーモン アリエル・ブロメン アマウリー・ノラスコ マイケル・ピット ガル・ギャドット ライアン・レイノルズ アンソニー・ホプキンス アントン・イェルチン デヴィッド・モース スティーヴン・キング スコット・ヒックス ミカ・ブーレム ジェレミー・デイヴィス スティーヴン・シャインバーグ マギー・ギレンホール ジェームズ・スペイダー ラナ・ウォシャウスキー リリー・ウォシャウスキー ショーン・ビーン ミラ・クニス ジョーイ・ファトーン ニア・ヴァルダロス ジョエル・ズウィック イアン・ゴメス ジョン・コーベット ジョン・ヘダー ウィル・スペック ジョシュ・ゴードン スー・チー ジェイソン・ステイサム ルイ・レテリエ カーク・ジョーンズ ジョン・ステイモス イモージェン・プーツ ジェレミー・レナー ファン・カルロス・フレスナディージョ キャサリン・マコーマック ダニー・ボイル ロバート・カーライル ベン・アフレック ザック・スナイダー ガル・ガドット ダイアン・レイン ジェシー・アイゼンバーグ エイミー・アダムス ヘンリー・カヴィル アンセル・エルゴート マイルズ・テラー シャイリーン・ウッドリー ロベルト・シュヴェンケ ショーン・アンダース マーク・ウォールバーグ リンダ・カーデリーニ トム・ハンクス マーク・ライランス エドワード・ジェームズ・ハイランド エイミー・ライアン オースティン・ストウェル マイケル・ペーニャ リドリー・スコット 

プロフィール

ロココ

Author:ロココ
いらっしゃいませ。カフェへようこそ!
ここでは素人目線で映画について言いたい放題、アメリカから映画レビューをお届けしています。→日本に帰国しました!
基本はネタバレなし!ゆっくりしていってくださいね。
リンクフリー、TB大歓迎、古い記事でも気軽にコメントして下さい。

PR
クリックしてね☆
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム
コメント欄にはちょっと書きずらいなぁ・・・という方!お気軽にメールください☆

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR