スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい (2006) SMOKIN' ACES 257本目

登場人物多すぎ! スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい (SMOKIN' ACES)

出演:
バディ・“エース”・イズラエル役 ジェレミー・ピヴェン
スタンリー・ロック役 アンディ・ガルシア
リチャード・メスナー役 ライアン・レイノルズ
ジャック・デュプリー役 ベン・アフレック
ジョージア・サイクス役 アリシア・キーズ
ダーウィン・トレモア役 クリス・パイン

監督:
ジョー・カーナハン
お勧め度 ★★★☆☆
あらすじは下記アマゾンリンクをご参照ください。

ラスベガス大好き
実はマジックも大好き。
だからラスベガスでやるマジック大好き、と言いたいところだけど、実は一回しか見たことがない。
クリスエンジェルのシルクドソレイユと一緒にやっているマジックショー。
アメリカで結構人気のあるクリスエンジェル。
自分のテレビ番組まで持っているし、結構イケメンだし、ショー自体はまあまあ、良かったよ。
その他に実は一時期かなり人気のあったセロのディナーショーにも行った事ある!
でも、やっぱり私はイリュージョンよりテーブルマジックが好きだなぁ。
もっと規模の小さいマジックの方が、面白く感じる。
なぜだろう?
たぶんクリスエンジェルもかなりベガスで稼いでいると思うけど、そんなマジシャンとマフィアの映画。

ラスベガスのマジシャン、バディ・“エース”・イズラエル。
彼はFBIが長年ターゲットにしてきた「カルロッタ・ファミリー」の首領プリモ・スパラッザとも交友が深く、マジシャンでありながら、犯罪にも手を染めていた。
イズラエルの弁護士は司法取引をFBIに持ち掛け、起訴を免れようとしていた。
そんな時、100万ドルでイズラエルを暗殺するようにスパラッザが画策しているという情報を得て、FBIが動き出す。
そして、その100万ドル目当てに何人もの暗殺者がイズラエルを狙う!
スパラッザがイズラエルを狙う本当の目的とは?

最近「スナッチ (2000)」みたっばかりだからかもしれないけれど、テイストがかなり似ています。
冒頭に登場人物の紹介、早回し編集、暴力的アクション(ただし、こちらはスナッチと違ってグロいシーンあり)、ブラックコメディー風。
だけど「スナッチ」ほどスタイリッシュじゃないのが残念
とにかく登場人物が多いので、最初の説明を聞き逃しちゃうと、「あれ?これ誰だっけ?」となる。
私は特にベンアフレック演じるジャック・デュプリーの役割が薄すぎてびっくりした
その他は結構個性的な殺し屋達がでてきます。
北斗の拳かマッドマックか!って感じのトレモア兄弟、ちょっとカッコいいけど、感情的すぎる女殺し屋達、変装の名人、傭兵、等々。
でも、本当に面白かったのは、実は殺し屋達の話ではなく、その裏に隠されたFBIの秘密。
まあ、それまでの間、凄まじい抗争が繰り広げられているので、そのネタを言われても、「何だよ今更!」という気分になっちゃうけど。
ちょっとだけツイストのあるストーリー展開ですが、それでも結局なんだかしっくりこない終わり方しました。

私が好きなのはFBI捜査官役のライアン・レイノルズ
Ryan_reynolds.jpg
数々の映画で「なぜ人気があるかわからんイケメン」と散々言いましたが、

ごめんなさい!

最近彼のイケメンぶりに気が付きました。
今回の彼、すごくいいよ~!
というより、「Self/less (2015)」を見てから、彼の事が好きになった
それ以来、素敵に見えるようになってしまった!
慣れ・・・か?
いや、とにかく、今回は最初ちょっといい加減な感じのFBI捜査官なんだけれど、最後はカッコいい役で終わるという嬉しいキャラで登場!
基本的にこの映画、誰にも感情移入できないのですが、唯一彼だけはまともな感じがして良かった。

そして狂った殺し屋トレモア兄弟役のクリス・パイン。
Chris_Pine_2,_2013
この人のイケメン度は、私、未だにわからない・・・。
イケメンなのかそうでないのか。
今までの出演作でも変な役が多くなってきて、どの路線が本当の彼なのかわからないよ・・・。
でも、今回もかなりのキレキレ具合で、ある意味面白い。

女殺し屋役にアリシア・キーズ。
Alicia_Keys_Sing.jpg
私も好きな歌手。
もともと綺麗な人だなぁと思っていたけど、演技もできるんだね。
ちょっと低めのハスキーボイスがカッコいい!
活躍はあんまりしませんが、これが彼女のデビュー作になりました!

結構テンポよく進んでいくので、サクサク見れますが、最後の最後までなぜ?って感じがぬぐえない映画。
途中に突如出現するちょっと頭のおかしな子供とお祖母ちゃんとか、どうでも良いと思われる+クールさを狙っていると思われるシーンが多くてなんだか鼻についた。
これがスタイリッシュな演出にならないなんて、不思議。

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
好きな俳優がいたら、見てもいいかもね。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

2もありましたね

私はこれかなり前に観まして、記憶もちょっと曖昧なん
ですけど、確かにテンポ感、スピード感はありましたなあ。
が、結構展開に無理があるというか強引な印象は否め
ませんでした。

キャストの豪華さも特徴ですよねえ。アンディ・ガルシア
まで出とるし…。本作ってレイ・リオッタが善人役やって
ませんでしたっけ?勝手な思い込みですが、私としては
彼は悪役というイメージがあって、激しい違和感を感じ
たような覚えがあります(すまん、レイ)。

クリス・パインって、前にネタにした『クレイジー・ドライブ』
という作品でも奇人やってました。イイ線いってたが、
あともう一歩キレて欲しかったかな。

Re: 2もありましたね

ふじつぼだんきさん、

コメントありがとうございます!
確かにキャスト、かなり豪華ですよね!
> 本作ってレイ・リオッタが善人役やって
> ませんでしたっけ?勝手な思い込みですが、私としては
> 彼は悪役というイメージがあって、激しい違和感を感じ
> たような覚えがあります(すまん、レイ)。
この映画に善人なんていましたっけ(笑)、いえいえ、そう!FBI捜査官でしたね!
悪役のイメージって可哀想・・・。

> クリス・パインって、前にネタにした『クレイジー・ドライブ』
> という作品でも奇人やってました。イイ線いってたが、
> あともう一歩キレて欲しかったかな。
やっぱりクリス・パインはそういうキャラの役者なんでしょうか?
イケメン役がイマイチしっくり来てないのはそのせいか・・・?

続編は過去編みたいですね!
私は正直この映画、あんまりはまらなかったので、見るかな~?見ないかな~?

関連タグ

お勧め度★★★☆☆ デヴィッド・ストラザーン マット・デイモン ジョアン・アレン ポール・グリーングラス ジュリア・スタイルズ ミラ・ジョヴォヴィッチ エヴァ・アンダーソン ローラ アリ・ラーター ポール・W・S・アンダーソン お勧め度★★★★☆ フランカ・ポテンテ ダグ・リーマン クリス・クーパー 新海誠 吉岡秀隆 萩原聖人 南里侑香 鈴木千尋 武藤寿美 サム・ニール ローラ・ダーン アレッサンドロ・ニヴォラ ティア・レオーニ ジョー・ジョンストン ウィリアム・H・メイシー ジェフ・ゴールドブラム スティーヴン・スピルバーグ ヴァネッサ・リー・チェスター リチャード・アッテンボロー ジュリアン・ムーア ヴィンス・ヴォーン ウィル・フェレル アダム・マッケイ ポール・ラッド フレッド・ウィラード デヴィッド・ケックナー クリスティナ・アップルゲイト スティーヴ・カレル テリーサ・パーマー エリクソン・コア ルーク・ブレイシー レイ・ウィンストン エドガー・ラミレス 滝藤賢一 二階堂ふみ リリー・フランキー 吉田羊 福山雅治 大根仁 ダンカン・ジョーンズ ヴェラ・ファーミガ ミシェル・モナハン ジェイク・ジレンホール クロエ・グレース・モレッツ マット・リーヴス コディ・スミット=マクフィー ディラン・ミネット 坂口健太郎 橋本愛 佐々木蔵之介 中村義洋 竹内結子 D・J・カルーソー ビリー・ボブ・ソーントン シャイア・ラブーフ 上白石萌音 成田凌 神木隆之介 長澤まさみ ダコタ・ファニング リチャード・ギア テオ・ジェームズ エミリー・ブラント セドリック・ニコラス=トロイアン シャーリーズ・セロン クリス・ヘムズワース ジェシカ・チャステイン ローズ・バーン オスカー・アイザック エヴァン・ピーターズ ブライアン・シンガー ソフィー・ターナー タイ・シェリダン ジェニファー・ローレンス ジェームズ・マカヴォイ マイケル・ファスベンダー ニコラス・ホルト ヒュー・ジャックマン クリストファー・ウォーケン タロン・エガートンお勧め度★★★★☆ デクスター・フレッチャー ヤーロー・チーニー 永作博美 設楽統 沢城みゆき クリス・ルノー 日村勇紀 岡田准一 竹下景子 香川照之 チャニング・テイタム ジョシュ・ブローリン スカーレット・ヨハンソン ジョナ・ヒル ジョージ・クルーニー イーサン・コーエン ジョエル・コーエン アンドリュー・スタントン アンガス・マクレーン 柴田恭兵 木の実ナナ 吉川晃司 夕輝壽太 村川透 仲村トオル 浅野温子 舘ひろし ダニー・デヴィート ミシェル・ファイファー ティム・バートン マイケル・キートン ロバート・ウール キム・ベイシンガー ジャック・ニコルソン パトリック・ウィルソン フランセス・オコナー ジェームズ・ワン チャーリー・コックス マキシン・ピーク フェリシティ・ジョーンズ ジェームズ・マーシュ エディ・レッドメイン ピーター・ウェラー イアン・ホルム デヴィッド・クローネンバーグ お勧め度★★☆☆☆ ジュディ・デイヴィス セス・ローゲン ザック・エフロン デイヴ・フランコ セレーナ・ゴメス ニコラス・ストーラー サクソン・シャービノ サム・ロックウェル ギル・キーナン カイル・キャトレット ケネディ・クレメンツ ローズマリー・デウィット オリヴァー・ロビンス ヘザー・オルーク レイグ・T・ネルソン クジョベス・ウィリアムズ ドミニク・ダン トビー・フーパー エイミー・ポーラー ピート・ドクター ロニー・デル・カルメン ウィル・ポールター トム・ハーディ レオナルド・ディカプリオ 小栗旬 山田孝之 高嶋政宏 水原希子 柴咲コウ 古田新太 向井理 濱田岳 ナオミ・ワッツ アーミー・ハマー ケビン・コスナー ジェニファー・ガーナー ジョセフ・ファインズ チェン・カイコー ヘザー・グラハム ゲイリー・オールドマン トミー・リー・ジョーンズ コリン・サーモン アリエル・ブロメン アマウリー・ノラスコ マイケル・ピット ガル・ギャドット ライアン・レイノルズ アンソニー・ホプキンス アントン・イェルチン デヴィッド・モース スティーヴン・キング スコット・ヒックス ミカ・ブーレム ジェレミー・デイヴィス スティーヴン・シャインバーグ マギー・ギレンホール ジェームズ・スペイダー ラナ・ウォシャウスキー リリー・ウォシャウスキー ショーン・ビーン ミラ・クニス ジョーイ・ファトーン ニア・ヴァルダロス ジョエル・ズウィック イアン・ゴメス ジョン・コーベット ジョン・ヘダー ウィル・スペック ジョシュ・ゴードン スー・チー ジェイソン・ステイサム ルイ・レテリエ カーク・ジョーンズ ジョン・ステイモス イモージェン・プーツ ジェレミー・レナー ファン・カルロス・フレスナディージョ キャサリン・マコーマック ダニー・ボイル ロバート・カーライル ベン・アフレック ザック・スナイダー ガル・ガドット ダイアン・レイン ジェシー・アイゼンバーグ エイミー・アダムス ヘンリー・カヴィル アンセル・エルゴート マイルズ・テラー シャイリーン・ウッドリー ロベルト・シュヴェンケ ショーン・アンダース マーク・ウォールバーグ リンダ・カーデリーニ トム・ハンクス マーク・ライランス エドワード・ジェームズ・ハイランド エイミー・ライアン オースティン・ストウェル マイケル・ペーニャ リドリー・スコット 

プロフィール

ロココ

Author:ロココ
いらっしゃいませ。カフェへようこそ!
ここでは素人目線で映画について言いたい放題、アメリカから映画レビューをお届けしています。→日本に帰国しました!
基本はネタバレなし!ゆっくりしていってくださいね。
リンクフリー、TB大歓迎、古い記事でも気軽にコメントして下さい。

PR
クリックしてね☆
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム
コメント欄にはちょっと書きずらいなぁ・・・という方!お気軽にメールください☆

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR