ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション(2015)THE HUNGER GAMES: Mockingjay – Part 2 258本目

カットニスが最後に誰を選ぶかが最大の重要事項!ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション(2015)THE HUNGER GAMES: Mockingjay – Part 2

出演:
カットニス・エバディーン役 ジェニファー・ローレンス
ピータ・メラーク役 ジョシュ・ハッチャーソン
ゲイル・ホーソーン役 リアム・ヘムズワース

監督:
フランシス・ローレンス
お勧め度 ★★★☆☆

ここアメリカではPart1の公開は昨年の秋ごろだったので、実に1年を経てPart2が公開!
「随分待たされたな~」という感じ。
だから、前作も忘れかけてたし
日本では「レジスタンス」の公開が今年の6月で、「レボリューション」は日米同時公開!
日本である程度人気があったということかしら?

ピータに殺されかけたカットニス。
彼が本当の彼ではないとわかっていても心が痛い。
すべての元凶スノー大統領を殺す、カットニスはこのことだけを考えて生きていた。
そして反乱軍達はいろいろな困難に立ち向かいながら、スノーのもとへ・・・。

今回最終的に、

完全にゲームはしません!

まあ、そうだ。
目的がスノー大統領暗殺だからね。
しかし、コントロールの効かないピータを連れまわしたり、敵に情報がダダ漏れだったり・・・。
カットニスはアイコンとしての役割はあるけれど、ソルジャーとしてはイマイチ。
ただ、不死身ですけどね
でも、いいんです。それで。
この映画の最大のテーマはカットニスが2人の男の間で揺れ動き、最終的にどっちとくっつくか、というラブロマンス要素が重要なわけで。
ティーン向けのラノベなので、こういう展開で十分いいんです。
カットニスがぐらぐらしているのが、良かった。

一応カットニスの恋人、ゲイル役のリアム・ヘムズワース。
Liam_Hemsworth_November_2014.jpg
へムズワースって・・・そうです!
「マイティーソー」でおなじみ、クリス・ヘムズワースの兄弟。
ピータとゲイルってタイプが全然違うから、やっぱり「どっち派?」っていう議論が女の子の間では交わされるんでしょうねぇ

ストーリーとしては、RPGのように罠が張り巡らされたキャピタルへ忍び込んでいく感じは面白かった。
そして、地下で何かわけのわからん生物に襲われるところは本当にドキドキしたよ!
自分もカットニスと一緒に旅をしている感じです。
しかし、どちらにせよ、すこし無防備過ぎるし、計画性がなさすぎるなぁと感じた。
身を隠すのに、もう少し変装なんかすれば、いいのに、とか。
ただ、最後にちょっとしたツイストがあって、カットニスがとにかくカッコよく決めてくれます!

ちゃんと綺麗に終わってくれるので、スッキリはしました。
2時間以上という長丁場なんだけれど、結構サクサク進みます。
サクサク過ぎて、もう少し説明してよ!っていう部分もありますが。
特に登場人物が多くて、それなりにストーリーがありそうな人達が沢山でているんだけれど、あまり語られないのが残念。
ピータの感情が変わっていく様子も急な感じが凄くありました。

そうそう、今回の登場に期待していたロバート・ネッパーですが・・・
RobertKnepperApr09.jpg
あっけなく登場シーンが終わってしまい、ちょっと残念。

プルターク役のフィリップ・シーモア・ホフマン。
Philip_Seymour_Hoffman_2011.jpg
2014年の始めに亡くなったからどうしたのかと思ったら、すでに彼の出演するシーンはほとんどこの時点で撮り終えていたそうです。
でもだから最後の方は出てこなかったのかなぁ、なんて。

この映画は前作だけでなく、1と2を見てないとかなり迷子になります。
おさらいをお忘れなく!

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
やっぱり最後まで見て、この世界観は結構好きだし、見ごたえのある4部作でした!


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

非公開コメントへのお礼

華野紅葉さん、

コメントありがとうございます!
覚えてます、覚えてますとも!
また、ネタバレに配慮いただいて、非公開にしてくれて、この映画への愛を感じます♡

さて、やっぱり、この映画、原作を読んでいるか読んでないかで結構印象が違うのでは?と思います。
私は残念ながら読んでないのですが、映画では描き切れなかったキャラクターの心情やストーリーがもっと深く原作で表現されているんじゃないかなぁと想像しています。
そうじゃなかったら、アメリカで(いや、世界で)ベストセラーにはならないでしょう。
原作本でその辺りの背景も含め補えたら、もっと楽しめるんじゃないかなぁと。

ちなみに私はピータ派です。
映画ではゲイルはちょっと影が薄いような気がする・・・。
ピータの良い所が全面に押し出されているので、ゲイルとカットニスの関係や2人のエピソードはあんまりフィーチャーされてないんですよね。
あ、でもビジュアルはゲイル派ですけど(笑)

終わり方もスッキリしていて好きです。

また遊びに来てくださいね~!

関連タグ

お勧め度★★★☆☆ デヴィッド・ストラザーン マット・デイモン ジョアン・アレン ポール・グリーングラス ジュリア・スタイルズ ミラ・ジョヴォヴィッチ エヴァ・アンダーソン ローラ アリ・ラーター ポール・W・S・アンダーソン お勧め度★★★★☆ フランカ・ポテンテ ダグ・リーマン クリス・クーパー 新海誠 吉岡秀隆 萩原聖人 南里侑香 鈴木千尋 武藤寿美 サム・ニール ローラ・ダーン アレッサンドロ・ニヴォラ ティア・レオーニ ジョー・ジョンストン ウィリアム・H・メイシー ジェフ・ゴールドブラム スティーヴン・スピルバーグ ヴァネッサ・リー・チェスター リチャード・アッテンボロー ジュリアン・ムーア ヴィンス・ヴォーン ウィル・フェレル アダム・マッケイ ポール・ラッド フレッド・ウィラード デヴィッド・ケックナー クリスティナ・アップルゲイト スティーヴ・カレル テリーサ・パーマー エリクソン・コア ルーク・ブレイシー レイ・ウィンストン エドガー・ラミレス 滝藤賢一 二階堂ふみ リリー・フランキー 吉田羊 福山雅治 大根仁 ダンカン・ジョーンズ ヴェラ・ファーミガ ミシェル・モナハン ジェイク・ジレンホール クロエ・グレース・モレッツ マット・リーヴス コディ・スミット=マクフィー ディラン・ミネット 坂口健太郎 橋本愛 佐々木蔵之介 中村義洋 竹内結子 D・J・カルーソー ビリー・ボブ・ソーントン シャイア・ラブーフ 上白石萌音 成田凌 神木隆之介 長澤まさみ ダコタ・ファニング リチャード・ギア テオ・ジェームズ エミリー・ブラント セドリック・ニコラス=トロイアン シャーリーズ・セロン クリス・ヘムズワース ジェシカ・チャステイン ローズ・バーン オスカー・アイザック エヴァン・ピーターズ ブライアン・シンガー ソフィー・ターナー タイ・シェリダン ジェニファー・ローレンス ジェームズ・マカヴォイ マイケル・ファスベンダー ニコラス・ホルト ヒュー・ジャックマン クリストファー・ウォーケン タロン・エガートンお勧め度★★★★☆ デクスター・フレッチャー ヤーロー・チーニー 永作博美 設楽統 沢城みゆき クリス・ルノー 日村勇紀 岡田准一 竹下景子 香川照之 チャニング・テイタム ジョシュ・ブローリン スカーレット・ヨハンソン ジョナ・ヒル ジョージ・クルーニー イーサン・コーエン ジョエル・コーエン アンドリュー・スタントン アンガス・マクレーン 柴田恭兵 木の実ナナ 吉川晃司 夕輝壽太 村川透 仲村トオル 浅野温子 舘ひろし ダニー・デヴィート ミシェル・ファイファー ティム・バートン マイケル・キートン ロバート・ウール キム・ベイシンガー ジャック・ニコルソン パトリック・ウィルソン フランセス・オコナー ジェームズ・ワン チャーリー・コックス マキシン・ピーク フェリシティ・ジョーンズ ジェームズ・マーシュ エディ・レッドメイン ピーター・ウェラー イアン・ホルム デヴィッド・クローネンバーグ お勧め度★★☆☆☆ ジュディ・デイヴィス セス・ローゲン ザック・エフロン デイヴ・フランコ セレーナ・ゴメス ニコラス・ストーラー サクソン・シャービノ サム・ロックウェル ギル・キーナン カイル・キャトレット ケネディ・クレメンツ ローズマリー・デウィット オリヴァー・ロビンス ヘザー・オルーク レイグ・T・ネルソン クジョベス・ウィリアムズ ドミニク・ダン トビー・フーパー エイミー・ポーラー ピート・ドクター ロニー・デル・カルメン ウィル・ポールター トム・ハーディ レオナルド・ディカプリオ 小栗旬 山田孝之 高嶋政宏 水原希子 柴咲コウ 古田新太 向井理 濱田岳 ナオミ・ワッツ アーミー・ハマー ケビン・コスナー ジェニファー・ガーナー ジョセフ・ファインズ チェン・カイコー ヘザー・グラハム ゲイリー・オールドマン トミー・リー・ジョーンズ コリン・サーモン アリエル・ブロメン アマウリー・ノラスコ マイケル・ピット ガル・ギャドット ライアン・レイノルズ アンソニー・ホプキンス アントン・イェルチン デヴィッド・モース スティーヴン・キング スコット・ヒックス ミカ・ブーレム ジェレミー・デイヴィス スティーヴン・シャインバーグ マギー・ギレンホール ジェームズ・スペイダー ラナ・ウォシャウスキー リリー・ウォシャウスキー ショーン・ビーン ミラ・クニス ジョーイ・ファトーン ニア・ヴァルダロス ジョエル・ズウィック イアン・ゴメス ジョン・コーベット ジョン・ヘダー ウィル・スペック ジョシュ・ゴードン スー・チー ジェイソン・ステイサム ルイ・レテリエ カーク・ジョーンズ ジョン・ステイモス イモージェン・プーツ ジェレミー・レナー ファン・カルロス・フレスナディージョ キャサリン・マコーマック ダニー・ボイル ロバート・カーライル ベン・アフレック ザック・スナイダー ガル・ガドット ダイアン・レイン ジェシー・アイゼンバーグ エイミー・アダムス ヘンリー・カヴィル アンセル・エルゴート マイルズ・テラー シャイリーン・ウッドリー ロベルト・シュヴェンケ ショーン・アンダース マーク・ウォールバーグ リンダ・カーデリーニ トム・ハンクス マーク・ライランス エドワード・ジェームズ・ハイランド エイミー・ライアン オースティン・ストウェル マイケル・ペーニャ リドリー・スコット 

プロフィール

ロココ

Author:ロココ
いらっしゃいませ。カフェへようこそ!
ここでは素人目線で映画について言いたい放題、アメリカから映画レビューをお届けしています。→日本に帰国しました!
基本はネタバレなし!ゆっくりしていってくださいね。
リンクフリー、TB大歓迎、古い記事でも気軽にコメントして下さい。

PR
クリックしてね☆
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム
コメント欄にはちょっと書きずらいなぁ・・・という方!お気軽にメールください☆

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR