ジャンパー (2008) JUMPER 269本目

こんな事いいな、できたらいいな!ジャンパー(JUMPER)

出演:
デヴィッド・ライス役 ヘイデン・クリステンセン
ローランド・コックス役 サミュエル・L・ジャクソン)
ミリー・ハリーズ役 レイチェル・ビルソン

監督:
ダグ・リーマン
お勧め度★★★☆☆

最悪~
実は今仕事も兼ねた旅行で南カリフォルニアから脱出中なのですが。
もちろんパソコンを使ってブログも含め仕事をする予定だったのに・・・。
なんと!人生初めてロストバゲッジに会ってしまいました
ロストバゲッジ大国アメリカで、何度も旅行しているけれど、今まで一度もロストしたことがないという運の強さが自慢だったのに・・・。
甘く見てました、アメリカ。
普通だったら、いくらなんでも次の便で来るだろうっておもうでしょ?
いや、そうじゃないの。
それがアメリカ。
不思議なくらい仕事ができず、こちらが当たり前と思うことを全然叶えてくれない彼ら。
実に30時間以上たってから手元に戻ってきました。
貴重品はもちろん入っていなかったのですが、PCのバッテリーを入れていて、それがなくて作業が出来なかった・・・。
今は無事に手元に戻ってきたので今アリゾナで更新しています。
うちのBossは常に言う「荷物は絶対に預けない」
いや、それができれば一番いいけどさ。
一週間も旅をしてたら、やっぱり機内持ち込みのサイズじゃあ足りないのよレディーは
飛行機に乗らず旅行ができたらどんなにいいか、そんな映画。

ミシガン州の高校生デイビッド。
ある日冬の川に落ちたデイビッドは溺れながら気が付くと図書館にいた。
自分に何が起こっているのか?
その不思議な力を使ってデイビッドが次にしたことは・・・。
そして自分の母親についての秘密を知ってしまう!

こんな力があったらいいなぁ~!

ってマジで思うよね。
デイビッドは自分の思うところに一瞬でジャンプできるのです。
だから「ジャンパー」。
まさに「どこでもドア」
でも、当たり前だけれど、15歳のガキがジャンプして行きたい場所って決まってる。
銀行。
「いつか返す」と言いながら言ってみれば強盗している。
うーん、すごくテーマはいいんだけれど、結局デイビッドは犯罪者なんじゃないか?
そうすると、そのデイビッドを狙っている「パラディン」という人達のほうが正義なんじゃないか?
普通に考えるとそうなるので、どうもデイビッドに感情移入ができない。
高卒で犯罪者のデイビットにまともな判断ができるとはとても思えないし。
ジャンパーを追いかけている「パラディン」の方がよっぽどまともに見える。
そこが残念なこの映画。
でも、リアル。
よく考えたら、強い力を身につけて、良いことにだけ使おうなんて、そんなに意志が強い人間ばかりじゃないはず。
ヒーロー達はその辺り、かなり意志が強いけれど、そんな人ばっかりじゃないだろう。

この映画ではなぜデイビッドにそういう力があるのか、パラディンとは何者なのか、あまり詳しくは語られません。
原作はスティーヴン・グールドによる小説で、この他にも続きがあるので、もしかしたら、そこではいろいろと語られているのかも?


スターウォーズで有名なヘイデン・クリステンセン。
Hayden_Christensen_05-2005.jpg
申し訳ないけれど、なんかこのデイビッドって魅力を感じないんだよね・・・。
モテないナードのデイビッドが力を手にしたことで、カッコい男に成長する・・・ってはずなんだけれど成金臭が強すぎ

ミラー役にはOCで有名なレイチェル・ビルソン。
Rachel_Bilson_2006.jpg
可愛いです。
だけど、こういう映画でありがちあ足を引っ張るタイプのヒロイン

映画では世界中を旅していて、なんと!東京にも行っちゃってます!

そういえば、最初にデイビッドが川で溺れた時、実の親ですらその事件を知らないって・・・どういう事だろう?
そして、死んだと思われているっていうのも違和感アリアリだし。
全体的に何か釈然としない映画。
ネタはすごく面白いのにキャラクターの言動や行動に全然感情移入できない・・・。

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
ジャンプするシーンは爽快!


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

サミュエル・L・ジャクソンは結構ハマってたと思う

これ、かなり前に観たんですが、予告編などで相当期待
してていざ鑑賞したら、何だかなあ…って印象だったのを
薄っすら記憶してます。

ロココさんおっしゃる釈然としない映画っていうのが的を
得てると思いますわ。主人公の、特殊能力を得てやり
たいことの気持ちは分かるんですが、結局は悪者と
いうことで感情は移入出来ませんね。
むしろ、もう一人のジャンパーの方が軽薄だけれど、
ある意味ブレてなくて良かったかも…。

ちょっとベタですが、デイヴィッドが他のジャンパーが
悪いことしてるのを見て、それを正していく、そして
パラディンがバックアップ…みたいな筋書きの方が
しっくり来たかな…って感じですわ。
かすかに、続編作って盛り返して欲しいという期待感
は持ってますが…。

ところで、ロスト案件お気の毒さまでした。まあ、ちゃんと
戻ってきたということで、不幸中の幸いでありますが。
出張(?)もお疲れさまです~。

Re: サミュエル・L・ジャクソンは結構ハマってたと思う

ふじつぼだんき さん、

コメントありがとうございます!
面白いネタなんですけどねぇ・・・。

> ちょっとベタですが、デイヴィッドが他のジャンパーが
> 悪いことしてるのを見て、それを正していく、そして
> パラディンがバックアップ…みたいな筋書きの方が
> しっくり来たかな…って感じですわ。
> かすかに、続編作って盛り返して欲しいという期待感
> は持ってますが…。
たしかにベタな展開ですが、私もそういう方が良かったような気がします。
やっぱりいくらリアルでも彼には全然共感できないんですよねぇ・・・。

> ところで、ロスト案件お気の毒さまでした。まあ、ちゃんと
> 戻ってきたということで、不幸中の幸いでありますが。
> 出張(?)もお疲れさまです~。
ありがとうございます!
貴重品は入れてなかったので、盗難などはなかったので、よかったです。
アメリカ国内を旅行する際はご注意ください!

昔、原作小説を読みましたが、

あまり面白く感じなくて途中で放棄したような記憶があります。
映画なら観てみようかな、と思いました。

反社会的な超能力者を扱った映画では、数年前に公開された「クロニクル(Chronicle)がとてもよかったです。
偶然超能力を手に入れた高校生三人組が、次第に暴走し、破滅していく様子をパラノーマル・アクティビティのようなファウンド・フッテージ方式で描いていてとてもリアルでした。

Re: 昔、原作小説を読みましたが、

たにぐちさん、

コメントありがとうございます!
えー!!原作は面白くなかったのですか!
映画は・・・まあ、映像は良かったです。
でも、やっぱり主人公の立ち位置が微妙だったので、いまいち乗り切れませんでした。
決して反社会的な人間ではないと思うのですが、かといってヒーローでもなく、まあリアルなのかもしれませんが、
その辺りがどっちずかずなのでどちらの立場で映画を見ていいのか、よくわかりませんでした。

「クロニクル」面白そうですね!
超能力を手にすると=ヒーローって単純に思ってしまいますが、そうじゃない展開ももちろんあるわけで。
かなり気になります~!

No title

先週海外旅行から帰ってきました。
文庫本の「ジャンパー」を持ち込んで暇をつぶして、機内で映画「ジャンパー」観て、ちょっとごちゃごちゃしていますが、

結論、原作と映画は別物でした。
原作では、繊細な読書好きな内面性豊かな少年として描かれていて、アル中の父親と決別すべく家を出て、トラック野郎に強姦されそうになったり、強盗に身ぐるみ剥がされたり、悩みに悩んだ末、悪事に手を染めることに。
警察や政府の役人には追われることになりますが、パラディンみたいな格好いい組織は登場しません。
後半は母親との再会、悲劇のあと、一転してテロとの闘い、ヒーローに転じます。
圧倒的に小説の方が素敵です。というか映画化は難しい作品でしたね。

Re: No title

たにぐちさん、

おかえりなさいませ!
やっぱり原作とは全然違うんですね。
主人公が初めからワルだと、全然感情移入できなくて・・・。
いろんな経緯を経て、というなら納得です。
そして、最終的にはヒーロー的なストーリーになるということで、やっぱりそうじゃなくっちゃ!
なぜ、大幅に変えてしまったのか・・・、サミュエルLジャクソンを無理やり出演させたかっただけのように見える・・・(笑)

関連タグ

お勧め度★★★☆☆ デヴィッド・ストラザーン マット・デイモン ジョアン・アレン ポール・グリーングラス ジュリア・スタイルズ ミラ・ジョヴォヴィッチ エヴァ・アンダーソン ローラ アリ・ラーター ポール・W・S・アンダーソン お勧め度★★★★☆ フランカ・ポテンテ ダグ・リーマン クリス・クーパー 新海誠 吉岡秀隆 萩原聖人 南里侑香 鈴木千尋 武藤寿美 サム・ニール ローラ・ダーン アレッサンドロ・ニヴォラ ティア・レオーニ ジョー・ジョンストン ウィリアム・H・メイシー ジェフ・ゴールドブラム スティーヴン・スピルバーグ ヴァネッサ・リー・チェスター リチャード・アッテンボロー ジュリアン・ムーア ヴィンス・ヴォーン ウィル・フェレル アダム・マッケイ ポール・ラッド フレッド・ウィラード デヴィッド・ケックナー クリスティナ・アップルゲイト スティーヴ・カレル テリーサ・パーマー エリクソン・コア ルーク・ブレイシー レイ・ウィンストン エドガー・ラミレス 滝藤賢一 二階堂ふみ リリー・フランキー 吉田羊 福山雅治 大根仁 ダンカン・ジョーンズ ヴェラ・ファーミガ ミシェル・モナハン ジェイク・ジレンホール クロエ・グレース・モレッツ マット・リーヴス コディ・スミット=マクフィー ディラン・ミネット 坂口健太郎 橋本愛 佐々木蔵之介 中村義洋 竹内結子 D・J・カルーソー ビリー・ボブ・ソーントン シャイア・ラブーフ 上白石萌音 成田凌 神木隆之介 長澤まさみ ダコタ・ファニング リチャード・ギア テオ・ジェームズ エミリー・ブラント セドリック・ニコラス=トロイアン シャーリーズ・セロン クリス・ヘムズワース ジェシカ・チャステイン ローズ・バーン オスカー・アイザック エヴァン・ピーターズ ブライアン・シンガー ソフィー・ターナー タイ・シェリダン ジェニファー・ローレンス ジェームズ・マカヴォイ マイケル・ファスベンダー ニコラス・ホルト ヒュー・ジャックマン クリストファー・ウォーケン タロン・エガートンお勧め度★★★★☆ デクスター・フレッチャー ヤーロー・チーニー 永作博美 設楽統 沢城みゆき クリス・ルノー 日村勇紀 岡田准一 竹下景子 香川照之 チャニング・テイタム ジョシュ・ブローリン スカーレット・ヨハンソン ジョナ・ヒル ジョージ・クルーニー イーサン・コーエン ジョエル・コーエン アンドリュー・スタントン アンガス・マクレーン 柴田恭兵 木の実ナナ 吉川晃司 夕輝壽太 村川透 仲村トオル 浅野温子 舘ひろし ダニー・デヴィート ミシェル・ファイファー ティム・バートン マイケル・キートン ロバート・ウール キム・ベイシンガー ジャック・ニコルソン パトリック・ウィルソン フランセス・オコナー ジェームズ・ワン チャーリー・コックス マキシン・ピーク フェリシティ・ジョーンズ ジェームズ・マーシュ エディ・レッドメイン ピーター・ウェラー イアン・ホルム デヴィッド・クローネンバーグ お勧め度★★☆☆☆ ジュディ・デイヴィス セス・ローゲン ザック・エフロン デイヴ・フランコ セレーナ・ゴメス ニコラス・ストーラー サクソン・シャービノ サム・ロックウェル ギル・キーナン カイル・キャトレット ケネディ・クレメンツ ローズマリー・デウィット オリヴァー・ロビンス ヘザー・オルーク レイグ・T・ネルソン クジョベス・ウィリアムズ ドミニク・ダン トビー・フーパー エイミー・ポーラー ピート・ドクター ロニー・デル・カルメン ウィル・ポールター トム・ハーディ レオナルド・ディカプリオ 小栗旬 山田孝之 高嶋政宏 水原希子 柴咲コウ 古田新太 向井理 濱田岳 ナオミ・ワッツ アーミー・ハマー ケビン・コスナー ジェニファー・ガーナー ジョセフ・ファインズ チェン・カイコー ヘザー・グラハム ゲイリー・オールドマン トミー・リー・ジョーンズ コリン・サーモン アリエル・ブロメン アマウリー・ノラスコ マイケル・ピット ガル・ギャドット ライアン・レイノルズ アンソニー・ホプキンス アントン・イェルチン デヴィッド・モース スティーヴン・キング スコット・ヒックス ミカ・ブーレム ジェレミー・デイヴィス スティーヴン・シャインバーグ マギー・ギレンホール ジェームズ・スペイダー ラナ・ウォシャウスキー リリー・ウォシャウスキー ショーン・ビーン ミラ・クニス ジョーイ・ファトーン ニア・ヴァルダロス ジョエル・ズウィック イアン・ゴメス ジョン・コーベット ジョン・ヘダー ウィル・スペック ジョシュ・ゴードン スー・チー ジェイソン・ステイサム ルイ・レテリエ カーク・ジョーンズ ジョン・ステイモス イモージェン・プーツ ジェレミー・レナー ファン・カルロス・フレスナディージョ キャサリン・マコーマック ダニー・ボイル ロバート・カーライル ベン・アフレック ザック・スナイダー ガル・ガドット ダイアン・レイン ジェシー・アイゼンバーグ エイミー・アダムス ヘンリー・カヴィル アンセル・エルゴート マイルズ・テラー シャイリーン・ウッドリー ロベルト・シュヴェンケ ショーン・アンダース マーク・ウォールバーグ リンダ・カーデリーニ トム・ハンクス マーク・ライランス エドワード・ジェームズ・ハイランド エイミー・ライアン オースティン・ストウェル マイケル・ペーニャ リドリー・スコット 

プロフィール

ロココ

Author:ロココ
いらっしゃいませ。カフェへようこそ!
ここでは素人目線で映画について言いたい放題、アメリカから映画レビューをお届けしています。→日本に帰国しました!
基本はネタバレなし!ゆっくりしていってくださいね。
リンクフリー、TB大歓迎、古い記事でも気軽にコメントして下さい。

PR
クリックしてね☆
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム
コメント欄にはちょっと書きずらいなぁ・・・という方!お気軽にメールください☆

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR