スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望 (1977) STAR WARS EPISODE Ⅳ A NEW HOPE 273本目

大きな歴史の第1歩 スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望 (STAR WARS EPISODE Ⅳ A NEW HOPE)

出演:
ルーク・スカイウォーカー役 マーク・ハミル
ハン・ソロ役 ハリソン・フォード
レイア・オーガナ役 キャリー・フィッシャー
オビ=ワン・“ベン”・ケノービ役 アレック・ギネス

監督:
ジョージ・ルーカス
お勧め度★★★☆☆
あらすじは下記アマゾンリンクをご参照ください。

わーん!ついにアメリカに帰る日が近づいてきてしまいました
(とはいっても、普通、3日にはみんな渡米しているだろうから、贅沢言ってるけど)
あっという間でした。
いろいろあるけれど、やっぱり日本、最高だね!
ところで、日本でもやっぱりフォースと共に年末年始を過ごした方が沢山いたようで。
実は私、帰国する前に一度映画館に行ってみました。
私の住んでいる町は新しい町なので、モールに必ず大きなシネコンがあって、モール自体も沢山あるので、周りには10くらいのシネコンがあります。
だから、ほとんどの場合、映画館が空いている・・・。
それが!
フォースの公開週の週末にはチケットが「売り切れ」続出!
これは驚いた・・・。
というか、なんでそんなにみんな好きなの?
もちろんテレビでも何度も放映しているから、シリーズ全部見た…ハズ。
でも、なんかうろ覚えだし、そこまでハマらなかった。
なぜだろう?
ネタバレしすぎているせいか?
いや、きっと見逃している何かがあるはずだ!というわけで、見直し

遠い昔、遥か彼方の銀河星での出来事。
銀河帝国の支配下にあった星々。
帝国軍に反抗する反乱同盟軍は帝国軍の秘密兵器であるデス・スターの極秘設計書を入手することに成功した。
帝国軍は設計書の奪回と反乱同盟軍の始末をダース・ベーダに命じる。
反乱軍の指導者の1人、レイラ姫、ジェダイの騎士の血を継ぐルーク、がハン・ソロの宇宙船に乗り込み、戦いが始まる!

この映画は1977年にアメリカで公開された最初の映画です。
でも、エピソード4。
もちろん、アメリカでの公開時にエピソード4という記載はなかったようです。
この映画の大成功により、3部作となり、さらに6部作となり、そして最終的には9部作に!?
エピソード4というタイトルが後から付けられたとしても、驚くことは

映画自体が途中から始まっている感たっぷり!

いやあ、こういう始まり方だったんだねぇ。
結構驚きです。
もちろん、このスターウォーズという世界自体、とても膨大なストーリーらしく、なんとか映画になりそうな一部分だけを抜き取って映画にしたということらしいのだけれど、それにしても、途中から始まるんです!
最初に「前回までのあらすじ」みたいな説明があるのですが、そういうの、結構画期的じゃない?
もちろん、主人公のルークやハン・ソロはこの回からの登場っていう感じですが、デス・スターの設計書を盗んだお話は映画の中になく、その後から始まっている。
きっと初めて見た人はどうやってデス・スターを盗んだんだよ!って思ったのでは?
でも、その最初の始まり、とっても良い!
あの、超有名なテーマ曲に乗って、この映画の前にも壮大なストーリーがあったんだよ!って感じがビシビシ伝わるし、これからさらにすごい話が始まるんだよ!ってドキドキさせる
あれ?私、見たはずなのに、全然覚えてないよ・・・。

しかし、これ最終的にヒットして続編が作られたからいいものの、オビワンが意味深にルークを見てから消えたり、謎を残して終わります。
いや、全然覚えてないから、この謎が解き明かされるかどうかはわかんないんだけれど・・・。
昔の記憶と違うのが、レイラ姫って結構強気なお姫様なのね。
まあ、反乱軍の指導者なくらいだから、当然か?
そして、ハン・ソロとケンカばっかり
相変わらず、ハン・ソロはカッコいいけど。

そして胸アツなシーンのオンパレード!
ライトセーバーでしょ、空中ブランコでしょ、リープシーンでしょ、デス・スターへの攻撃シーンでしょ!
ルークは最初の段階ではちょっと飛行船の操縦が上手いただの若者ってところも好感持てる。
もちろん、フォースを操れる力を持ったジェダイの血を受け継ぐ者だけれど、彼が偶然R2D2達に出会うっていうところも面白い。
そして最大に驚いたのは、

一番のボスはダース・ベイダーではない!

まあ、実質最強なんだろうけれど、エピソード4の時点では帝国軍の中の1人。
帝国軍には皇帝様がいらっしゃいますからね。
なんか、彼が帝国軍の人達と普通に話しているのが、新鮮だった

スターウォーズのトリビア的お話はファンの皆さまが思いっきりやってくれていると思うので、省略。
その中でも面白かったのは、R2D2は最初の頃、役者が中に入って演じてた!
ケニー・ベイカーさんです。
全7作に出演しているとか。
R2D2なんか可愛い。
そして、C-3POとは私生活でも仲が悪かったというけれど、そんな感じが伝わる
C-3POってR2D2にちょっと冷たい気がする・・・。

このシリーズの凄い所は、リアルタイムで見ていた人だけでなく、その後見た人達の中にも熱狂的なファンがいるってところ。
もしも1977年当時にこの映画を見ていたら、かなり感動したと思うから、そこはわかる。
でも、その後、SF映画が数多く作られた後に見た人達にも支持されている。
うーん、なんでなんだろう。
確かに面白い所沢山あるし、ドキドキワクワクさせてくれるし、キャラクターもそれぞれ個性があって素敵。
だけど、やっぱりそこまでハマらなかったなぁ。
いや、きっとまだこの世界に浸かりきれていないんだ!
というわけで、引き続き続編をおさらいしましょう!

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
あ、結局、映画館は混み過ぎて最新作は見ることができなかったので、アメリカに帰ったらゆっくり見ます。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

今年もよろしくお願いいたします。

私はヨーダが好きです!ちっちゃくて可愛いのに含蓄ある言葉をつぶやくところです。また、C3POの人間臭い判断を下すところもたまらんですね~

ではまた。

No title

エピソード4との出会いは高校生の頃、学校へ行く前の朝食時に突然NHKでアカデミー賞のニュースが流れました。
作品賞はウディアレンのアニーホールだったけど、視覚効果賞など最多部門賞を受賞。
ミレニアムファルコン号のコクピットからの戦闘シーンなど鮮烈に覚えています。
ただし実際に映画を見たのは大学進学後の名画座だったんですね。しかも最初に観たのがエピソード5という(笑)。

Re: No title

ゆたかーんさん、

今年もよろしくお願いいたします!
ヨーダ!なるほど!
あ、でも、エピソード4には登場していないんですよね・・・。

C3POのキャラクターもやっぱりいいですよね。
やっぱりストーリーだけでなく、キャラクターの濃さも人気の秘密なんでしょうね!


名前入れ忘れました。。

アカデミー賞のコメントはたにぐちでした。

Re: 名前入れ忘れました。。

たにぐちさんでしたか!
コメントありがとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

当時はやっぱり日本でもかなり話題になったんでしょうね!
でもエピソード5から?!?
それでも面白かったのであれば、やっぱりさすがとしか言いようがないですね・・・。
見る順番についてはいろいろと言われていますが、やっぱりリリース順がいいかな、と思います。
確かに戦闘シーンは興奮します!

関連タグ

お勧め度★★★☆☆ デヴィッド・ストラザーン マット・デイモン ジョアン・アレン ポール・グリーングラス ジュリア・スタイルズ ミラ・ジョヴォヴィッチ エヴァ・アンダーソン ローラ アリ・ラーター ポール・W・S・アンダーソン お勧め度★★★★☆ フランカ・ポテンテ ダグ・リーマン クリス・クーパー 新海誠 吉岡秀隆 萩原聖人 南里侑香 鈴木千尋 武藤寿美 サム・ニール ローラ・ダーン アレッサンドロ・ニヴォラ ティア・レオーニ ジョー・ジョンストン ウィリアム・H・メイシー ジェフ・ゴールドブラム スティーヴン・スピルバーグ ヴァネッサ・リー・チェスター リチャード・アッテンボロー ジュリアン・ムーア ヴィンス・ヴォーン ウィル・フェレル アダム・マッケイ ポール・ラッド フレッド・ウィラード デヴィッド・ケックナー クリスティナ・アップルゲイト スティーヴ・カレル テリーサ・パーマー エリクソン・コア ルーク・ブレイシー レイ・ウィンストン エドガー・ラミレス 滝藤賢一 二階堂ふみ リリー・フランキー 吉田羊 福山雅治 大根仁 ダンカン・ジョーンズ ヴェラ・ファーミガ ミシェル・モナハン ジェイク・ジレンホール クロエ・グレース・モレッツ マット・リーヴス コディ・スミット=マクフィー ディラン・ミネット 坂口健太郎 橋本愛 佐々木蔵之介 中村義洋 竹内結子 D・J・カルーソー ビリー・ボブ・ソーントン シャイア・ラブーフ 上白石萌音 成田凌 神木隆之介 長澤まさみ ダコタ・ファニング リチャード・ギア テオ・ジェームズ エミリー・ブラント セドリック・ニコラス=トロイアン シャーリーズ・セロン クリス・ヘムズワース ジェシカ・チャステイン ローズ・バーン オスカー・アイザック エヴァン・ピーターズ ブライアン・シンガー ソフィー・ターナー タイ・シェリダン ジェニファー・ローレンス ジェームズ・マカヴォイ マイケル・ファスベンダー ニコラス・ホルト ヒュー・ジャックマン クリストファー・ウォーケン タロン・エガートンお勧め度★★★★☆ デクスター・フレッチャー ヤーロー・チーニー 永作博美 設楽統 沢城みゆき クリス・ルノー 日村勇紀 岡田准一 竹下景子 香川照之 チャニング・テイタム ジョシュ・ブローリン スカーレット・ヨハンソン ジョナ・ヒル ジョージ・クルーニー イーサン・コーエン ジョエル・コーエン アンドリュー・スタントン アンガス・マクレーン 柴田恭兵 木の実ナナ 吉川晃司 夕輝壽太 村川透 仲村トオル 浅野温子 舘ひろし ダニー・デヴィート ミシェル・ファイファー ティム・バートン マイケル・キートン ロバート・ウール キム・ベイシンガー ジャック・ニコルソン パトリック・ウィルソン フランセス・オコナー ジェームズ・ワン チャーリー・コックス マキシン・ピーク フェリシティ・ジョーンズ ジェームズ・マーシュ エディ・レッドメイン ピーター・ウェラー イアン・ホルム デヴィッド・クローネンバーグ お勧め度★★☆☆☆ ジュディ・デイヴィス セス・ローゲン ザック・エフロン デイヴ・フランコ セレーナ・ゴメス ニコラス・ストーラー サクソン・シャービノ サム・ロックウェル ギル・キーナン カイル・キャトレット ケネディ・クレメンツ ローズマリー・デウィット オリヴァー・ロビンス ヘザー・オルーク レイグ・T・ネルソン クジョベス・ウィリアムズ ドミニク・ダン トビー・フーパー エイミー・ポーラー ピート・ドクター ロニー・デル・カルメン ウィル・ポールター トム・ハーディ レオナルド・ディカプリオ 小栗旬 山田孝之 高嶋政宏 水原希子 柴咲コウ 古田新太 向井理 濱田岳 ナオミ・ワッツ アーミー・ハマー ケビン・コスナー ジェニファー・ガーナー ジョセフ・ファインズ チェン・カイコー ヘザー・グラハム ゲイリー・オールドマン トミー・リー・ジョーンズ コリン・サーモン アリエル・ブロメン アマウリー・ノラスコ マイケル・ピット ガル・ギャドット ライアン・レイノルズ アンソニー・ホプキンス アントン・イェルチン デヴィッド・モース スティーヴン・キング スコット・ヒックス ミカ・ブーレム ジェレミー・デイヴィス スティーヴン・シャインバーグ マギー・ギレンホール ジェームズ・スペイダー ラナ・ウォシャウスキー リリー・ウォシャウスキー ショーン・ビーン ミラ・クニス ジョーイ・ファトーン ニア・ヴァルダロス ジョエル・ズウィック イアン・ゴメス ジョン・コーベット ジョン・ヘダー ウィル・スペック ジョシュ・ゴードン スー・チー ジェイソン・ステイサム ルイ・レテリエ カーク・ジョーンズ ジョン・ステイモス イモージェン・プーツ ジェレミー・レナー ファン・カルロス・フレスナディージョ キャサリン・マコーマック ダニー・ボイル ロバート・カーライル ベン・アフレック ザック・スナイダー ガル・ガドット ダイアン・レイン ジェシー・アイゼンバーグ エイミー・アダムス ヘンリー・カヴィル アンセル・エルゴート マイルズ・テラー シャイリーン・ウッドリー ロベルト・シュヴェンケ ショーン・アンダース マーク・ウォールバーグ リンダ・カーデリーニ トム・ハンクス マーク・ライランス エドワード・ジェームズ・ハイランド エイミー・ライアン オースティン・ストウェル マイケル・ペーニャ リドリー・スコット 

プロフィール

ロココ

Author:ロココ
いらっしゃいませ。カフェへようこそ!
ここでは素人目線で映画について言いたい放題、アメリカから映画レビューをお届けしています。→日本に帰国しました!
基本はネタバレなし!ゆっくりしていってくださいね。
リンクフリー、TB大歓迎、古い記事でも気軽にコメントして下さい。

PR
クリックしてね☆
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム
コメント欄にはちょっと書きずらいなぁ・・・という方!お気軽にメールください☆

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR