スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生狂騒曲 (1983) Monty Python's THE MEANING OF LIFE 294本目

結局のところ、人生の意味とは?人生狂騒曲 (Monty Python's THE MEANING OF LIFE) 

出演:
グレアム・チャップマン
ジョン・クリーズ
テリー・ギリアム
エリック・アイドル
テリー・ジョーンズ
マイケル・ペイリン

監督:
テリー・ジョーンズ
お勧め度 ★★☆☆☆
あらすじは下記アマゾンリンクをご参照ください。

モンティパイソンと言えば、言わずと知れたイギリスの有名コメディアングループ。
でも、私、名前しか知らなかった。
彼らのTVシリーズも、映画ももちろん見たことがありませんでした
今回本当に初めて彼らの映画を視聴!

"The Meaning of Life"人生の意味とは何かを7つのエピソードで綴るスケッチ形式映画。
パート1 『出産の奇跡』
パート1 『出産の奇跡2 第3世界編』
パート2 『成長と教育』
パート3 『互いに戦いあうこと』
パート4 『中年』
パート5 『臓器移植』
パート6 『晩年』
パート6B 『人生の意味』
パート7 『死』

人の一生を描いて、その中で人生の意味を探る、という映画と思うのだけれど、結局人生の意味って何?
まず、モンティパイソンについて、私は名前しか知らなかったから、衝撃だったんだけれど、

人の名前じゃなかったんだね!

グループ名ということも知りませんでした。(すみません!)
このくらい無知な私がこの映画を見て、理解できるはずもなく。
すべてのスケッチの意味が深すぎて、全然笑えなかった。
そもそも、彼らはエログロ、ブラック、権威への反抗をコメディーにして表現している人達。
でも、その辺りも知らないで見たから、かなりショック!
それぞれのパートが、おそらく宗教批判、戦争批判、政治批判とかなんだろうけれど、当時のイギリスの背景を知らないで見ると、本当にブラックなだけで、ちょっとホラーです。
例えばパート5。
いまや臓器提供意思カードなんか、問題視されることなくみんな持っているけれど、当時のイギリスではこのカードについての意見がいろいろあったんだろう、ということが伺える。
そしてパート6なんかは最悪です。
だけれど、人間の欲深い部分を上手い事表している、とも言える。
嫌悪感を持つってことは、ある意味リアルなんだろう。

どうやらいろいろ調べてみると、この映画はモンティパイソン初心者が見るべき映画ではないらしい
まあ、いわゆる、村上春樹初心者がいきなり「ノルウェイの森」読んじゃいかん!読むなら「羊をめぐる冒険」からでしょ!っていうことなのだろうけれど、本来モンティパイソンを楽しむにはTVシリーズから見て、前作の映画をみるべきだったのかも。
この映画だけ日本で劇場未公開なのも、そういうことかな?
でも、これしかケーブルになかったんだもん
だけど、大がかりなセットや、アニメーション、ミュージカル超の演出なんかは好き。
特に歌詞はともかくとして、歌に関しては結構良い
♪Every Sparm is sacred~♪
なんて、絶対に外で口ずさむことはできないけれど、心に残る歌です。

パート6Bまで行って、いよいよ人生の意味がわかってくるのか!と思いきや、また迷い始め。
最後にある答えが導き出されるのだけれど、それを殴り捨ててしまう。
つまり、真意はもっと深い所にあるらしい。

私が好きなのはパート4 『中年』。
中年の夫婦がレストランで「哲学」を注文する、ってやつ。
これだけ聞くと、すごく示唆的で文学的じゃない?
ただ、彼らの「哲学」は思わぬ方向に行っちゃうけど

この映画、面白かった!という人がいたら、どのあたりが良かったか、教えてくださいな。
私のような初心者にはちょっと難しすぎたかも。
エログロがありますので、お食事中には向きません。
ただ、なんだかモダンアートのような雰囲気がある映画。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

かなり昔、モンティパイソンの映画をオールナイトで3,4本観たことがありますが、キリストの人生をパロディにした Life of Brianの「Always Look on the Bright Side of Life」が印象的でした。

https://www.youtube.com/watch?v=jHPOzQzk9Qo

実は、スパム・メールの語源は、モンティ・パイソンから始まっているというトリビアもあります。

https://www.youtube.com/watch?v=anwy2MPT5RE

Re: No title

たにぐちさん、

コメントありがとうございます!
> かなり昔、モンティパイソンの映画をオールナイトで3,4本観たことがありますが、キリストの人生をパロディにした Life of Brianの「Always Look on the Bright Side of Life」が印象的でした。
>
さすが!やっぱり見てましたか。
しかもオールナイト!
私はこの映画は風刺が効き過ぎて全然笑えませんでした。
このキリストのパロディも、かなり際どいですけど、クリスチャンではないので、すんなり受け入れられます(笑)
>
> 実は、スパム・メールの語源は、モンティ・パイソンから始まっているというトリビアもあります。
>
なんと!そうだったんですね!
結局のところ、あの缶詰のスパムだったんですね~!
モンティパイソンはいろんなところに大きな影響を残した人達だったんだなぁ。

関連タグ

お勧め度★★★☆☆ デヴィッド・ストラザーン マット・デイモン ジョアン・アレン ポール・グリーングラス ジュリア・スタイルズ ミラ・ジョヴォヴィッチ エヴァ・アンダーソン ローラ アリ・ラーター ポール・W・S・アンダーソン お勧め度★★★★☆ フランカ・ポテンテ ダグ・リーマン クリス・クーパー 新海誠 吉岡秀隆 萩原聖人 南里侑香 鈴木千尋 武藤寿美 サム・ニール ローラ・ダーン アレッサンドロ・ニヴォラ ティア・レオーニ ジョー・ジョンストン ウィリアム・H・メイシー ジェフ・ゴールドブラム スティーヴン・スピルバーグ ヴァネッサ・リー・チェスター リチャード・アッテンボロー ジュリアン・ムーア ヴィンス・ヴォーン ウィル・フェレル アダム・マッケイ ポール・ラッド フレッド・ウィラード デヴィッド・ケックナー クリスティナ・アップルゲイト スティーヴ・カレル テリーサ・パーマー エリクソン・コア ルーク・ブレイシー レイ・ウィンストン エドガー・ラミレス 滝藤賢一 二階堂ふみ リリー・フランキー 吉田羊 福山雅治 大根仁 ダンカン・ジョーンズ ヴェラ・ファーミガ ミシェル・モナハン ジェイク・ジレンホール クロエ・グレース・モレッツ マット・リーヴス コディ・スミット=マクフィー ディラン・ミネット 坂口健太郎 橋本愛 佐々木蔵之介 中村義洋 竹内結子 D・J・カルーソー ビリー・ボブ・ソーントン シャイア・ラブーフ 上白石萌音 成田凌 神木隆之介 長澤まさみ ダコタ・ファニング リチャード・ギア テオ・ジェームズ エミリー・ブラント セドリック・ニコラス=トロイアン シャーリーズ・セロン クリス・ヘムズワース ジェシカ・チャステイン ローズ・バーン オスカー・アイザック エヴァン・ピーターズ ブライアン・シンガー ソフィー・ターナー タイ・シェリダン ジェニファー・ローレンス ジェームズ・マカヴォイ マイケル・ファスベンダー ニコラス・ホルト ヒュー・ジャックマン クリストファー・ウォーケン タロン・エガートンお勧め度★★★★☆ デクスター・フレッチャー ヤーロー・チーニー 永作博美 設楽統 沢城みゆき クリス・ルノー 日村勇紀 岡田准一 竹下景子 香川照之 チャニング・テイタム ジョシュ・ブローリン スカーレット・ヨハンソン ジョナ・ヒル ジョージ・クルーニー イーサン・コーエン ジョエル・コーエン アンドリュー・スタントン アンガス・マクレーン 柴田恭兵 木の実ナナ 吉川晃司 夕輝壽太 村川透 仲村トオル 浅野温子 舘ひろし ダニー・デヴィート ミシェル・ファイファー ティム・バートン マイケル・キートン ロバート・ウール キム・ベイシンガー ジャック・ニコルソン パトリック・ウィルソン フランセス・オコナー ジェームズ・ワン チャーリー・コックス マキシン・ピーク フェリシティ・ジョーンズ ジェームズ・マーシュ エディ・レッドメイン ピーター・ウェラー イアン・ホルム デヴィッド・クローネンバーグ お勧め度★★☆☆☆ ジュディ・デイヴィス セス・ローゲン ザック・エフロン デイヴ・フランコ セレーナ・ゴメス ニコラス・ストーラー サクソン・シャービノ サム・ロックウェル ギル・キーナン カイル・キャトレット ケネディ・クレメンツ ローズマリー・デウィット オリヴァー・ロビンス ヘザー・オルーク レイグ・T・ネルソン クジョベス・ウィリアムズ ドミニク・ダン トビー・フーパー エイミー・ポーラー ピート・ドクター ロニー・デル・カルメン ウィル・ポールター トム・ハーディ レオナルド・ディカプリオ 小栗旬 山田孝之 高嶋政宏 水原希子 柴咲コウ 古田新太 向井理 濱田岳 ナオミ・ワッツ アーミー・ハマー ケビン・コスナー ジェニファー・ガーナー ジョセフ・ファインズ チェン・カイコー ヘザー・グラハム ゲイリー・オールドマン トミー・リー・ジョーンズ コリン・サーモン アリエル・ブロメン アマウリー・ノラスコ マイケル・ピット ガル・ギャドット ライアン・レイノルズ アンソニー・ホプキンス アントン・イェルチン デヴィッド・モース スティーヴン・キング スコット・ヒックス ミカ・ブーレム ジェレミー・デイヴィス スティーヴン・シャインバーグ マギー・ギレンホール ジェームズ・スペイダー ラナ・ウォシャウスキー リリー・ウォシャウスキー ショーン・ビーン ミラ・クニス ジョーイ・ファトーン ニア・ヴァルダロス ジョエル・ズウィック イアン・ゴメス ジョン・コーベット ジョン・ヘダー ウィル・スペック ジョシュ・ゴードン スー・チー ジェイソン・ステイサム ルイ・レテリエ カーク・ジョーンズ ジョン・ステイモス イモージェン・プーツ ジェレミー・レナー ファン・カルロス・フレスナディージョ キャサリン・マコーマック ダニー・ボイル ロバート・カーライル ベン・アフレック ザック・スナイダー ガル・ガドット ダイアン・レイン ジェシー・アイゼンバーグ エイミー・アダムス ヘンリー・カヴィル アンセル・エルゴート マイルズ・テラー シャイリーン・ウッドリー ロベルト・シュヴェンケ ショーン・アンダース マーク・ウォールバーグ リンダ・カーデリーニ トム・ハンクス マーク・ライランス エドワード・ジェームズ・ハイランド エイミー・ライアン オースティン・ストウェル マイケル・ペーニャ リドリー・スコット 

プロフィール

ロココ

Author:ロココ
いらっしゃいませ。カフェへようこそ!
ここでは素人目線で映画について言いたい放題、アメリカから映画レビューをお届けしています。→日本に帰国しました!
基本はネタバレなし!ゆっくりしていってくださいね。
リンクフリー、TB大歓迎、古い記事でも気軽にコメントして下さい。

PR
クリックしてね☆
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム
コメント欄にはちょっと書きずらいなぁ・・・という方!お気軽にメールください☆

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。