スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーダー・ライド・ショー(2003) HOUSE OF 1000 CORPSES 314本目

怖いというより気持ち悪い マーダー・ライド・ショー(HOUSE OF 1000 CORPSES)

出演:
キャプテン・スポールディング役 シド・ヘイグ
ベイビー・ファイアフライ役 シェリ・ムーン

監督:
ロブ・ゾンビ
お勧め度★☆☆☆☆
あらすじは下記アマゾンリンクをご参照ください。

日本にも国道沿いや温泉地なんかに奇妙な博物館なんかがあるけれど、アメリカもまあ、同じような感じです。
いつ、だれが始めたのかわからないような小さな博物館や展示館がハイウェイ沿いにあったりする。
"Roadside America"というサイトにいろんな変な見どころが掲載されています
(ホームページはこちら)
アメリカをロードトリップする際に是非参考にしてみてくださいな!
そして、こちら、ロードサイドにあるおかしな店に入ったら・・・大変なことになった話!

ロードトリップ中の若者4人が偶然給油に立ち寄った店には奇妙な博物館があった。
その主人からドクター・サタンの伝説について聞いた若者たちはドクター・サタンが首を吊ったという「首吊りの木」へ行こうと計画する。
大雨の中、目的の木へ向かう途中、ヒッチハイクをしている美女を乗せると、彼女の家の近くで車がパンクして立ち往生。
仕方がなく、彼女の家へ立ち寄るが・・・。
そこから恐怖の夜が始まる。

こちら、1時間半弱という短い時間なのに、とても耐えられない!

怖いというより気持ち悪い!

よくもまあ、そんな気持ち悪い物ばっかり集めたと感心するような小道具たち。
家の中も奇妙な構造になっているし、変な人達ばっかり出て来る!
久しぶりに最低な映画を見たなぁと思ったら、

この映画、監督が趣味で作った映画だった!

失礼!
いや、でもそうじゃないの?
監督のロブ・ゾンビはホラー映画大好きなヘビメタバンドのボーカル。
映画好きがこじれて映画を作ってしまいました!
実際インタビューで、「映画監督になるのはすごく難しいんだよ!バンドで成功して映画作る方が近道」って言ってるし
でも、その趣味の部分を徹底的に突き詰めて、物凄く気持ち悪いホラー映画に仕上がっているから、それはそれで凄い。
この映画が彼の監督デビュー作。

この奇妙な博物館のライド「マーダーライド」では実在したアメリカの有名サイコパス達を見ることができます。
●アルバート・フィッシュ・・・アメリカ犯罪史上最悪の殺人鬼、満月の狂人」(Moon Maniac)、「グレイマン」(Gray Man)、「ブルックリンの吸血鬼」(Brooklyn Vampire)などと呼ばれることもある。人間を殺害し、その肉を好んで食べたということで有名
●エド・ゲイン・・・お墓から死体を盗んでランプシェードやブレスレットなどを作ったりしていた殺人鬼。
ちなみに、この映画に登場するドクター・サタンは映画の中で作られたフィクションのキャラクターです。

おそらくいろいろ監督がこだわって作ったんだろうけれど、途中で映像が乱れたり、いろんな回想が挟まれたりする部分は正直言って、うざい。
そして1977年が舞台なのに、テレビが白黒っていうのも、なんだか設定が不安定。
映画の中ですでに何人かの女の子達が行方不明になっているのだけれど、小さな町なのに、なんにも手がかりが見つからないって、警察の怠慢としか思えない!
実際、捜査に繰り出す警察官たちもとっても頼りなく、あっさりとさようなら。
テンプレ通りだけれど、殺人鬼の方が警察より何倍も強い
もう、本当に最後の方は訳の分からない気持ちの悪い人達が沢山出てきて、ハラハラしっぱなしです。
結末は予想通り。
期待を裏切らないクズ映画です。
でもこの監督その後も映画を作り続けていて、特にスプラッタ―映画の代表作と言われる「ハロウィン」のリメイクを発表し、かなり評価されているらしい監督。
だから、この映画もある意味前衛すぎて、私が理解できていないだけなんだろう。

いきなりオープニングのエピソードからぶっこんでくるこの映画。
博物館のオーナー、キャプテン・スポールディング役にはある一部のジャンルのコアなファンにはお馴染みのシド・ヘイグ。
Sid_haig.png
それ以外のキャストは全然知らない・・・。
でも実は、最初にヒッチハイクしてきたスタイル抜群の美女はなんと!監督の奥様
セクシー!

この映画、面白かった!という人がいたら、どのあたりが良かったか、教えてくださいな。
一体誰に向けてこの映画を作ったのだろうと、疑問な映画ですが、気持ち悪くなりたい時(そんな時あるか?)にオススメ。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

またまたお邪魔しますー

気軽にコメント、に調子に乗ってストーカーのようにコメント書きそうな私。
今日ずっと、日本公開してない映画の記事を拝見してました。日本買い付けの配給会社の判断はいつも謎です。
マーダーライドショーは私にはストレス吹っ飛ぶ気持ちよさで、ほぼ笑いながら見る映画なんです。こういうホラーが好きな理由は、アウトロー精神が根底にある気がするからでしようか。好きなバンドを応援してる気持ちです。だから、B級どころかZ級でも好物です。まわりには、特に女には、これを好きな人いないんですけどね。
しよせん作り物の嘘っこ残酷だし、本物の人間がやることのほうが非道だし、ホラーってロックっぽくてかっこいいと。 ではでは失礼いたします。

Re: またまたお邪魔しますー

びーさん、

コメントありがとうございます!

> 今日ずっと、日本公開してない映画の記事を拝見してました。日本買い付けの配給会社の判断はいつも謎です。
過去記事読んでくださってありがとうございます。
アメリカ公開時に日本公開未定でも、その後1年とか2年後に公開されたりするから驚き!です。
一応、1ヶ月に一回はこのリストを見直して、日本で公開(劇場未公開も含む)した映画はデータを更新しています。
今までもいくつもの映画がカテゴリー移動しました!
1ヵ月に一回の「絶対視聴映画」の冒頭部分で紹介しているのがありますので、よかったらどうぞ!
確かに、配給会社の判断って謎ですよね。
でも、確実に大物俳優であることが優先されていて、内容は後回しのような気がします・・・。
たぶんそれは、日本の映画館が少し高いことと、日本には映画を映画館で見るよりもっと面白いことが沢山あるから、なかなか集客できず、確実に人を呼べるような映画しか上映できない、というジレンマもあるのかも。

なるほど、マーダーライドショーはそういう風に楽しむのですね。
確かに作り物、ウソの物語とわかっているのに、私はかなりビビリなので、自分がこういう目にあったら・・・と最悪な気持ちになってしまいました・・・( ;∀;)
というか、びーさんがこの映画を見ていて、好きって所に本気で驚きです!
きっとロブ監督はそういう人のためにこの映画を作ったはず。
確かに彼はインタビューで「純粋なホラー映画好きのために作ったんじゃない」と、つまりホラーロック好きのために作ったんだ!(とは言ってないけど:笑)
たいへん参考になりました。
ありがとうございます!

関連タグ

お勧め度★★★☆☆ デヴィッド・ストラザーン マット・デイモン ジョアン・アレン ポール・グリーングラス ジュリア・スタイルズ ミラ・ジョヴォヴィッチ エヴァ・アンダーソン ローラ アリ・ラーター ポール・W・S・アンダーソン お勧め度★★★★☆ フランカ・ポテンテ ダグ・リーマン クリス・クーパー 新海誠 吉岡秀隆 萩原聖人 南里侑香 鈴木千尋 武藤寿美 サム・ニール ローラ・ダーン アレッサンドロ・ニヴォラ ティア・レオーニ ジョー・ジョンストン ウィリアム・H・メイシー ジェフ・ゴールドブラム スティーヴン・スピルバーグ ヴァネッサ・リー・チェスター リチャード・アッテンボロー ジュリアン・ムーア ヴィンス・ヴォーン ウィル・フェレル アダム・マッケイ ポール・ラッド フレッド・ウィラード デヴィッド・ケックナー クリスティナ・アップルゲイト スティーヴ・カレル テリーサ・パーマー エリクソン・コア ルーク・ブレイシー レイ・ウィンストン エドガー・ラミレス 滝藤賢一 二階堂ふみ リリー・フランキー 吉田羊 福山雅治 大根仁 ダンカン・ジョーンズ ヴェラ・ファーミガ ミシェル・モナハン ジェイク・ジレンホール クロエ・グレース・モレッツ マット・リーヴス コディ・スミット=マクフィー ディラン・ミネット 坂口健太郎 橋本愛 佐々木蔵之介 中村義洋 竹内結子 D・J・カルーソー ビリー・ボブ・ソーントン シャイア・ラブーフ 上白石萌音 成田凌 神木隆之介 長澤まさみ ダコタ・ファニング リチャード・ギア テオ・ジェームズ エミリー・ブラント セドリック・ニコラス=トロイアン シャーリーズ・セロン クリス・ヘムズワース ジェシカ・チャステイン ローズ・バーン オスカー・アイザック エヴァン・ピーターズ ブライアン・シンガー ソフィー・ターナー タイ・シェリダン ジェニファー・ローレンス ジェームズ・マカヴォイ マイケル・ファスベンダー ニコラス・ホルト ヒュー・ジャックマン クリストファー・ウォーケン タロン・エガートンお勧め度★★★★☆ デクスター・フレッチャー ヤーロー・チーニー 永作博美 設楽統 沢城みゆき クリス・ルノー 日村勇紀 岡田准一 竹下景子 香川照之 チャニング・テイタム ジョシュ・ブローリン スカーレット・ヨハンソン ジョナ・ヒル ジョージ・クルーニー イーサン・コーエン ジョエル・コーエン アンドリュー・スタントン アンガス・マクレーン 柴田恭兵 木の実ナナ 吉川晃司 夕輝壽太 村川透 仲村トオル 浅野温子 舘ひろし ダニー・デヴィート ミシェル・ファイファー ティム・バートン マイケル・キートン ロバート・ウール キム・ベイシンガー ジャック・ニコルソン パトリック・ウィルソン フランセス・オコナー ジェームズ・ワン チャーリー・コックス マキシン・ピーク フェリシティ・ジョーンズ ジェームズ・マーシュ エディ・レッドメイン ピーター・ウェラー イアン・ホルム デヴィッド・クローネンバーグ お勧め度★★☆☆☆ ジュディ・デイヴィス セス・ローゲン ザック・エフロン デイヴ・フランコ セレーナ・ゴメス ニコラス・ストーラー サクソン・シャービノ サム・ロックウェル ギル・キーナン カイル・キャトレット ケネディ・クレメンツ ローズマリー・デウィット オリヴァー・ロビンス ヘザー・オルーク レイグ・T・ネルソン クジョベス・ウィリアムズ ドミニク・ダン トビー・フーパー エイミー・ポーラー ピート・ドクター ロニー・デル・カルメン ウィル・ポールター トム・ハーディ レオナルド・ディカプリオ 小栗旬 山田孝之 高嶋政宏 水原希子 柴咲コウ 古田新太 向井理 濱田岳 ナオミ・ワッツ アーミー・ハマー ケビン・コスナー ジェニファー・ガーナー ジョセフ・ファインズ チェン・カイコー ヘザー・グラハム ゲイリー・オールドマン トミー・リー・ジョーンズ コリン・サーモン アリエル・ブロメン アマウリー・ノラスコ マイケル・ピット ガル・ギャドット ライアン・レイノルズ アンソニー・ホプキンス アントン・イェルチン デヴィッド・モース スティーヴン・キング スコット・ヒックス ミカ・ブーレム ジェレミー・デイヴィス スティーヴン・シャインバーグ マギー・ギレンホール ジェームズ・スペイダー ラナ・ウォシャウスキー リリー・ウォシャウスキー ショーン・ビーン ミラ・クニス ジョーイ・ファトーン ニア・ヴァルダロス ジョエル・ズウィック イアン・ゴメス ジョン・コーベット ジョン・ヘダー ウィル・スペック ジョシュ・ゴードン スー・チー ジェイソン・ステイサム ルイ・レテリエ カーク・ジョーンズ ジョン・ステイモス イモージェン・プーツ ジェレミー・レナー ファン・カルロス・フレスナディージョ キャサリン・マコーマック ダニー・ボイル ロバート・カーライル ベン・アフレック ザック・スナイダー ガル・ガドット ダイアン・レイン ジェシー・アイゼンバーグ エイミー・アダムス ヘンリー・カヴィル アンセル・エルゴート マイルズ・テラー シャイリーン・ウッドリー ロベルト・シュヴェンケ ショーン・アンダース マーク・ウォールバーグ リンダ・カーデリーニ トム・ハンクス マーク・ライランス エドワード・ジェームズ・ハイランド エイミー・ライアン オースティン・ストウェル マイケル・ペーニャ リドリー・スコット 

プロフィール

ロココ

Author:ロココ
いらっしゃいませ。カフェへようこそ!
ここでは素人目線で映画について言いたい放題、アメリカから映画レビューをお届けしています。→日本に帰国しました!
基本はネタバレなし!ゆっくりしていってくださいね。
リンクフリー、TB大歓迎、古い記事でも気軽にコメントして下さい。

PR
クリックしてね☆
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム
コメント欄にはちょっと書きずらいなぁ・・・という方!お気軽にメールください☆

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。