スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ズートピア (2016) ZOOTOPIA 318本

小さいからこそできる事がある!ズートピア (ZOOTOPIA)
(日本公開は2016年4月23日)
Zootopia.jpg

出演:
ジュディ・ホップス役 ジニファー・グッドウィン
ニック・ワイルド役 ジェイソン・ベイトマン
プリシラ役 クリスティン・ベル

監督:
リッチ・ムーア
バイロン・ハワード
お勧め度★★★★★!!

私、ここでは何度も言っているけれど、警察官になりたかったの。
実は先日ウエストハリウッドに行ったら、シェリフ事務所の壁に"Now Hiring!"の文字が
LAPD(ロサンゼルス市警察)のホームページを見ると、確かにリクルートをしていた!
まず、アプリケーションを出すのにもちろんいろいろな条件はあるのだけれど、合格したら、6か月のポリスアカデミーでの訓練を経て、警察官になれるんだって~!
すごいよね、すごいよね。
私が警察官になりたかったなぁっていうと、うちのBossはいつも言う。
「ロココは体が小さいし、力も弱いから無理だよ」
そうかな?いや、そうじゃない。
それを教えてくれる素晴らしい映画!

ウサギのジュディは小さいころから警察官になるのが夢だった。
やっとのことで夢を叶えたジュディが勤務することになったのは、大都会ズートピア。
その頃ズートピアでは相次いで行方不明者が出ていた。
メインの事件の捜査から外れていたジュディだったが、偶然行方不明者の1人、ラッコのオッタートンの捜査を48時間だけ許された!
しかし、この事件の裏には思わぬ黒幕が・・・。

とにかく超絶に面白かった!

ジュディが小さい頃から物語は始まって、とにかくカワユイ!
モフモフ感がたまらんです

この映画には人間は一切登場せず、動物が人間のような姿で登場しています。
なぜ人間じゃだめだったの?って最初思ったけれど、この映画、その辺りが秀逸。
この映画では近未来、動物たちはみんな仲良く暮らしているっていう設定。
でももちろん、過去には「捕食する側」と「捕食される側」という区別があった。
それがうまいこと映画の中で生かされています。
特に、ウサギとキツネの関係。
キツネにいじめられた過去を持つウサギのジュディは「捕食される側」の動物。
そして、動物に例えているところが、うまいなぁと思うのは、差別や偏見を動物の種類で表しているっていうところ。
ジュディが警察官になりたい!と言ったとき、みんな反対した。
それはジュディが小さいからとか、女だからではなく、ウサギだから。
たぶん、これを人間で表そうとすると、やっぱり変な議論が巻き起こってしまいそうだから、動物になっていることで客観的に見ることができる。
警察官になる動物はみんな体が大きくて強そうな動物ばかり。
そんな中でポリスアカデミーでも苦労して努力して自分の夢を叶えようとするジュディの姿、本当に泣ける
念願の警察官になっても、配属は駐車違反の取り締まり。
それでもジュディはその仕事も人一倍こなす!
こういう駐車違反を取り締まる婦人警官のことを英語では"meter maid"と言います。
まあ、これもある意味偏見なんだろうけど。
あ、でも私、この仕事もしたかったから、すごくジュディに共感して力はいっちゃったよ!

そして都会での一人暮らしあるある。
狭い部屋と薄い壁、変な隣人。
そして両親からの電話。
昔のウィルコムのCM思い出した。

そして最高に笑ったのは、トレーラーでもフルで流れていて、「この映画絶対見たい!」と思わせたDMVでのナマケモノのシーン(Sloth)。
トレーラはこちら↓

DMVといえば、アメリカでは"Department of Motor vehicles"のことですが、この映画では"Department of Mammal vehicle"なので、同じものではないです。
・・・でも、まるでDMV!!
彼らの仕事の遅さを秀逸に表現!
アメリカで運転免許を持っている人なら誰でも一度はこのDMVの仕事ぶりにイライラしたことがあるはず!
でも、これ、本当にDMVで働いている人が見たらどう思うのかなぁってちょっと心配。
いろんなコメント見ていたら、「私の友達はDMVで働いているけれど、爆笑してた!"ほんとにこんな感じ!"って笑ってたけれど、彼女の同僚は怒ってたよ。"こんなに一生懸命働いているのに虐げるべきじゃない!"って」
まあ、これを見て世の中の人がDMVに対してどう思っているのか、真面目に考えてほしいものです。
そうそう、このシーンの最後に出て来るプリシラという女の子のナマケモノですが、実は!クリスティン・ベルが声を担当しています。
300px-Kristen_Bell_2,_2012
ちょっと可愛い。
このトレーラーにもあるジョーク
"What do you call a three-humped camel?--Pregnant! "
私としては全然笑えないんだけれど、いや、笑えないからいいのか?
ふたコブまではラクダだけど、3つ目はコブじゃなくってお腹だったってことらしい・・・。
そして、映画の最後の方でも意外な姿のナマケモノを見ることができるので、お見逃しなく!

第2の主役ともいえる、キツネのニック。
彼も複雑な人生を歩んでいて、過去話は涙、涙
ニック:Everyone comes to Zootopia, thinking they could be anything they want. But you can't. You can only be what you are.
とても重い言葉です。

この映画の面白いところは、町で行方不明になっている人を探すというちょっとしたサスペンス仕立てになっている、ということ。
ちゃんと伏線があって、しかもツイストがある、面白いストーリーになっています。
この映画で最初にジュディが捕まえる小さな盗人と、その時に逃げ込んだネズミの町で助けたネズミの女の子のこと、ちゃんと覚えておいてね!

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
本当に面白い映画でした。
夢を叶えることができなかった大人も、これから無限の可能性がある子供にも、両方に"We can be anything we want!"と教えてくれる素敵な映画。
日本公開はいよいよ4月23日から!


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

関連タグ

お勧め度★★★☆☆ デヴィッド・ストラザーン マット・デイモン ジョアン・アレン ポール・グリーングラス ジュリア・スタイルズ ミラ・ジョヴォヴィッチ エヴァ・アンダーソン ローラ アリ・ラーター ポール・W・S・アンダーソン お勧め度★★★★☆ フランカ・ポテンテ ダグ・リーマン クリス・クーパー 新海誠 吉岡秀隆 萩原聖人 南里侑香 鈴木千尋 武藤寿美 サム・ニール ローラ・ダーン アレッサンドロ・ニヴォラ ティア・レオーニ ジョー・ジョンストン ウィリアム・H・メイシー ジェフ・ゴールドブラム スティーヴン・スピルバーグ ヴァネッサ・リー・チェスター リチャード・アッテンボロー ジュリアン・ムーア ヴィンス・ヴォーン ウィル・フェレル アダム・マッケイ ポール・ラッド フレッド・ウィラード デヴィッド・ケックナー クリスティナ・アップルゲイト スティーヴ・カレル テリーサ・パーマー エリクソン・コア ルーク・ブレイシー レイ・ウィンストン エドガー・ラミレス 滝藤賢一 二階堂ふみ リリー・フランキー 吉田羊 福山雅治 大根仁 ダンカン・ジョーンズ ヴェラ・ファーミガ ミシェル・モナハン ジェイク・ジレンホール クロエ・グレース・モレッツ マット・リーヴス コディ・スミット=マクフィー ディラン・ミネット 坂口健太郎 橋本愛 佐々木蔵之介 中村義洋 竹内結子 D・J・カルーソー ビリー・ボブ・ソーントン シャイア・ラブーフ 上白石萌音 成田凌 神木隆之介 長澤まさみ ダコタ・ファニング リチャード・ギア テオ・ジェームズ エミリー・ブラント セドリック・ニコラス=トロイアン シャーリーズ・セロン クリス・ヘムズワース ジェシカ・チャステイン ローズ・バーン オスカー・アイザック エヴァン・ピーターズ ブライアン・シンガー ソフィー・ターナー タイ・シェリダン ジェニファー・ローレンス ジェームズ・マカヴォイ マイケル・ファスベンダー ニコラス・ホルト ヒュー・ジャックマン クリストファー・ウォーケン タロン・エガートンお勧め度★★★★☆ デクスター・フレッチャー ヤーロー・チーニー 永作博美 設楽統 沢城みゆき クリス・ルノー 日村勇紀 岡田准一 竹下景子 香川照之 チャニング・テイタム ジョシュ・ブローリン スカーレット・ヨハンソン ジョナ・ヒル ジョージ・クルーニー イーサン・コーエン ジョエル・コーエン アンドリュー・スタントン アンガス・マクレーン 柴田恭兵 木の実ナナ 吉川晃司 夕輝壽太 村川透 仲村トオル 浅野温子 舘ひろし ダニー・デヴィート ミシェル・ファイファー ティム・バートン マイケル・キートン ロバート・ウール キム・ベイシンガー ジャック・ニコルソン パトリック・ウィルソン フランセス・オコナー ジェームズ・ワン チャーリー・コックス マキシン・ピーク フェリシティ・ジョーンズ ジェームズ・マーシュ エディ・レッドメイン ピーター・ウェラー イアン・ホルム デヴィッド・クローネンバーグ お勧め度★★☆☆☆ ジュディ・デイヴィス セス・ローゲン ザック・エフロン デイヴ・フランコ セレーナ・ゴメス ニコラス・ストーラー サクソン・シャービノ サム・ロックウェル ギル・キーナン カイル・キャトレット ケネディ・クレメンツ ローズマリー・デウィット オリヴァー・ロビンス ヘザー・オルーク レイグ・T・ネルソン クジョベス・ウィリアムズ ドミニク・ダン トビー・フーパー エイミー・ポーラー ピート・ドクター ロニー・デル・カルメン ウィル・ポールター トム・ハーディ レオナルド・ディカプリオ 小栗旬 山田孝之 高嶋政宏 水原希子 柴咲コウ 古田新太 向井理 濱田岳 ナオミ・ワッツ アーミー・ハマー ケビン・コスナー ジェニファー・ガーナー ジョセフ・ファインズ チェン・カイコー ヘザー・グラハム ゲイリー・オールドマン トミー・リー・ジョーンズ コリン・サーモン アリエル・ブロメン アマウリー・ノラスコ マイケル・ピット ガル・ギャドット ライアン・レイノルズ アンソニー・ホプキンス アントン・イェルチン デヴィッド・モース スティーヴン・キング スコット・ヒックス ミカ・ブーレム ジェレミー・デイヴィス スティーヴン・シャインバーグ マギー・ギレンホール ジェームズ・スペイダー ラナ・ウォシャウスキー リリー・ウォシャウスキー ショーン・ビーン ミラ・クニス ジョーイ・ファトーン ニア・ヴァルダロス ジョエル・ズウィック イアン・ゴメス ジョン・コーベット ジョン・ヘダー ウィル・スペック ジョシュ・ゴードン スー・チー ジェイソン・ステイサム ルイ・レテリエ カーク・ジョーンズ ジョン・ステイモス イモージェン・プーツ ジェレミー・レナー ファン・カルロス・フレスナディージョ キャサリン・マコーマック ダニー・ボイル ロバート・カーライル ベン・アフレック ザック・スナイダー ガル・ガドット ダイアン・レイン ジェシー・アイゼンバーグ エイミー・アダムス ヘンリー・カヴィル アンセル・エルゴート マイルズ・テラー シャイリーン・ウッドリー ロベルト・シュヴェンケ ショーン・アンダース マーク・ウォールバーグ リンダ・カーデリーニ トム・ハンクス マーク・ライランス エドワード・ジェームズ・ハイランド エイミー・ライアン オースティン・ストウェル マイケル・ペーニャ リドリー・スコット 

プロフィール

ロココ

Author:ロココ
いらっしゃいませ。カフェへようこそ!
ここでは素人目線で映画について言いたい放題、アメリカから映画レビューをお届けしています。→日本に帰国しました!
基本はネタバレなし!ゆっくりしていってくださいね。
リンクフリー、TB大歓迎、古い記事でも気軽にコメントして下さい。

PR
クリックしてね☆
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム
コメント欄にはちょっと書きずらいなぁ・・・という方!お気軽にメールください☆

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。