シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ (2016) CAPTAIN AMERICA:Civil War 350本目

キャプテンアメリカVSアイアンマン?? シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ (CAPTAIN AMERICA:Civil War)
Captain_America_Civil_War_poster.jpg


出演:
スティーブ・ロジャース / キャプテン・アメリカ役 クリス・エヴァンス
ジェームズ・"バッキー"・バーンズ / ウィンター・ソルジャー役 セバスチャン・スタン
サム・ウィルソン / ファルコン役 アンソニー・マッキー
クリント・バートン / ホークアイ役 ジェレミー・レナー
ワンダ・マキシモフ / スカーレット・ウィッチ役 エリザベス・オルセン
スコット・ラング / アントマン / ジャイアントマン役 ポール・ラッド
トニー・スターク / アイアンマン役 ロバート・ダウニー・Jr
ナターシャ・ロマノフ / ブラック・ウィドウ役 スカーレット・ヨハンソン
ジェームズ・"ローディ"・ローズ / ウォーマシン役 ドン・チードル
ティ・チャラ/ブラックパンサー役 チャドウィック・ボーズマン
ピーター・パーカー / スパイダーマン役 トム・ホランド
シャロン・カーター役 エミリー・ヴァンキャンプ

監督:
アンソニー・ルッソ
ジョー・ルッソ
お勧め度★★★★☆

いやあ、昨日の"Dance With The Stars"最終回でした!
(ホームページはこちら)
本当に感動、感動、感動の嵐
日本では以前FOXで放送していたらしいのですが、今はどうなんでしょう・・・?
ケーブルとかじゃなく、NHKで字幕でいいから放送してほしい。(NHKって海外枠みたいのあるよね?)
本当に素晴らしい番組です。
これで日本の社交ダンスもまたブームになるだろうし、日本でも同様の番組を作ってほしい!
実はこの番組はアメリカの新譜をバックに踊ることも多いので、音楽業界にも多大な影響を与えています。
DWTSで聞いたこの曲!といって検索する人や、音楽を購入する人がいるんだから。
そういう意味でも、日本の音楽界を盛り上げる1つの手段にもなるはず。
もちろん、何度も言ってますがファーストシーズンのスターキャストにはナンチャンと杉本彩はマストで!
次回、アメリカでのシーズン23は秋からの放送です!
この映画に出演しているスターにも、この番組に是非出てほしい!!
豪華キャストの映画!

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン (2015) 」から1年。
ヒドラの残党を倒すためにナイジェリアの都市ラゴスへ。
そこで一般人を巻き込んでの戦いとなり、思わぬ大きな被害を出してしまう。
それが引き金となりアベンジャーズは国際連合の管理下に置くことを規定する「ソコヴィア協定」にサインすることに。
しかし、アベンジャーズのメンバーはそれぞれにサインするかどうかを決めかねていた。
そんな中サインするメンバーとしないメンバーの中で距離が生まれていく。
同時に死んだと思っていた旧友バッキーが生きていると確信したロジャーは真実を探しに彼を探すことに。
そして、チームアイアンマンとチームキャプテンアメリカに分かれての決戦ヘ!

こちら、キャプテンアメリカシリーズの3作目です。(1作目も見たんだけど、レビューはしてなかった・・・)
できれば前編の2作は見ておいた方がいい。
映画の中でキャラの説明は特にないので「みなさんご存じのとおり」という感じで進みます。
『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』→『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー (2014) 』の順番です。
それを見ていないと、バッキーやペギーやヒドラやら初っ端で登場するラムロウが誰なのかがわからずとなります。
ついでに見ておいたほうがいいのは、やっぱりアベンジャーズシリーズ。
『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』→『アベンジャーズ (2012)』→『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー (2014) 』→『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン (2015) 』の順番。
でも、アベンジャーズ見ちゃうとソーのシリーズも、アイアンマンのシリーズも見なきゃなぁってなっちゃう・・・。
まあ、実際はその方がいいんだろうけれど、とりあえずキャプテンアメリカシリーズだけでも押さえておきましょう。
ついでに、今回は『アントマン (2015) 』も登場します!

それじゃあ、アベンジャーズじゃないか!!

と思ったあなた!
まあ、そうなんですけどね。
でも今回はハルクとソーは登場しません。
そのかわり、凄いキャラが登場しますよ~~~!
クモが大好きなアイツです!
あれ?そのシリーズ別の映画でなかったっけ?と思ったら、その通り。
すでに別の映画でシリーズ化されてしまっているので、今回その映画とは全く関係ない、別の時間軸でアベンジャーズに合流!
凄い!凄い!それは嬉しい。
ちょっとお笑いキャラですが、まあ、アベンジャーズの立ち位置としては正解でしょう。

そして今回から登場するブラックパンサー。
彼の映画が2018年くらいに公開予定であるという噂なんだけれど、その映画の公開前にこちらでお披露目していいものか、と少々悩んだとか。
そうはいっても、ホーク・アイもブラックウィドウもソロの映画はないから、別にいんじゃないかなぁと思うけどね。
彼にこれ以上のストーリーがあるとは逆に驚きです。

さて、本編ですが、正義のために戦ったはずのアベンジャーズが膨大な被害を出したということで、非難され、仲間割れしてしまいます。
あれ?この構図、どこかで見たなぁ。
ヒーロー同士なのに、市民を巻き込んでしまったために戦い合いうことになって・・・・

あ!バッドマンVSスーパーマンと同じ構図!!

公開時期も似ていたために、これは・・・、いいのか・・・?
でも、こちらの映画の方がストーリーとしては断然面白い。
というのも、やっぱり過去作からのストーリーが絡んできているからと、キャラクターへの思い入れからでしょう。
そして、明かされるアイアンマンの両親の車の事故に関する真実・・・。
いろんな事件の黒幕も、悪い奴なんだけど、なんだか悲しい・・・。
その辺りの人間ドラマも見ごたえあり、です。
だけど、それでも、いつも思うんだよね。
みんな正義のために戦っていて、ヒーローなんだから。

もっと話し合おうよぅ!

あのキャップでさえ、「戦うしかないな」って感じなのが残念・・・、ま、そうじゃないと映画にならないけど。

私が好きなシーンはキャップとシャロンが別れ際にちょっといい感じになる所。
その時にバッキーとファルコンが「いいぞ、キャップ!」って顔するところが大好き
ここはニヤニヤしちゃいましたよ~!
こういう演出があるのがこの映画の良いところ。
ところでシャロンですが、彼女はキャップの家の隣に住んでいて前作で「看護婦」と言っていた彼女です。
彼女は実は裏の顔があったのですが、私は役名を見ていたので、ピンときちゃったよ~~!
シャロン・カーターとペギー・カーター・・・。
こういう設定もニクいなぁ。

あとは、やっぱりアイアンマンの変身シーン。
今回はアップルウォッチみたいなものを使って手だけ変身したりもする。
とにかく変身シーンのスムーズさがカッコよすぎる!!
しかし相変わらずアイアンマンは頑固なオヤジだなぁ。
彼は主役じゃない時はなんだか超ひねくれてる。
その彼が20歳くらいになって映画に登場!
もちろん、CGですが、ロバート・ダウニー・Jrも驚いたというほどの出来だった。
ちょっと不自然な感じはあるけど、やっぱりすごい。
この若返りの技術は「ベンジャミンバトン」や「アントマン」でも使われていました。

今回チームキャプテンアメリカとチームアイアンマンに分かれて戦うのだけれど、メンバーはどうやって決めたの?という質問に対し、監督は「コインで決めた」とジョークを言った。
でもそのくらいいろいろなパターンを考えていたみたい。
もちろん、キャップとファルコン、アイアンマンとウォーマシンみたいに明らかなのは別として。
でも最終的には納得のチーム分け、かな?
とにかくすごい戦いを見せてくれるわけです。
でも、私が今回特に気になったのが、「カメラのブレ」。
アクションが早いので、カメラがそれに追いつかなくて見えないところが多い。
おそらく迫力をだすために、カメラも一緒に動いているんだと思うけど、映画館ですらちょっと見辛かった・・・

こちら関連シリーズも合わせてなんと13作目!
まだ見ていないという人は過去作にさかのぼって楽しい映画が沢山見れますよ!
でもね、私は個人的には人間ドラマが濃いキャップのシリーズが一番好きかなぁ。(昔はアイアンマンが一番好きだったんだけど・・・)
今後もまだまだシリーズが続く予定。
でも、心配なのはキャストの契約状況。
特にロバート・ダウニー・Jrはいろいろお金の事では揉めそうなので・・・。
ぜひ、ファンのためにも頑張ってほしいなぁ。

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
この映画は日本がアメリカに先駆けて公開しました!
凄い!もっとやれ!と思うけど、どういうからくりだろう・・・。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

関連タグ

エマ・ストーン ジョン・レジェンド お勧め度★★★★★ ライアン・ゴズリング お勧め度★★★★☆ 富田靖子 長谷川博己 臼田あさ美 ライアン・レイノルズ T・J・ミラー お勧め度★★★☆☆ モリーナ・バッカリン クリス・ヘムズワース スカーレット・ヨハンソン マーク・ラファロ アンソニー・ルッソ ロバート・ダウニー・Jr クリス・エヴァンス マット・デイモン ポール・グリーングラス デヴィッド・ストラザーン ジョアン・アレン ジュリア・スタイルズ ポール・W・S・アンダーソン エヴァ・アンダーソン ローラ アリ・ラーター ミラ・ジョヴォヴィッチ ダグ・リーマン フランカ・ポテンテ クリス・クーパー 南里侑香 新海誠 萩原聖人 吉岡秀隆 武藤寿美 鈴木千尋 ローラ・ダーン ジョー・ジョンストン サム・ニール ウィリアム・H・メイシー ティア・レオーニ アレッサンドロ・ニヴォラ スティーヴン・スピルバーグ ヴィンス・ヴォーン ジェフ・ゴールドブラム ヴァネッサ・リー・チェスター ジュリアン・ムーア リチャード・アッテンボロー デヴィッド・ケックナー クリスティナ・アップルゲイト ポール・ラッド アダム・マッケイ ウィル・フェレル スティーヴ・カレル フレッド・ウィラード レイ・ウィンストン テリーサ・パーマー エドガー・ラミレス エリクソン・コア ルーク・ブレイシー 滝藤賢一 吉田羊 大根仁 福山雅治 二階堂ふみ リリー・フランキー ダンカン・ジョーンズ ジェイク・ジレンホール ヴェラ・ファーミガ ミシェル・モナハン ディラン・ミネット マット・リーヴス クロエ・グレース・モレッツ コディ・スミット=マクフィー 中村義洋 橋本愛 佐々木蔵之介 竹内結子 坂口健太郎 シャイア・ラブーフ D・J・カルーソー ビリー・ボブ・ソーントン 成田凌 上白石萌音 長澤まさみ 神木隆之介 テオ・ジェームズ リチャード・ギア ダコタ・ファニング ジェシカ・チャステイン セドリック・ニコラス=トロイアン シャーリーズ・セロン エミリー・ブラント タイ・シェリダン ソフィー・ターナー ジェームズ・マカヴォイ ブライアン・シンガー ニコラス・ホルト ローズ・バーン マイケル・ファスベンダー エヴァン・ピーターズ ジェニファー・ローレンス オスカー・アイザック デクスター・フレッチャー ヒュー・ジャックマン クリストファー・ウォーケン タロン・エガートンお勧め度★★★★☆ ヤーロー・チーニー 日村勇紀 クリス・ルノー 永作博美 沢城みゆき 設楽統 竹下景子 岡田准一 香川照之 イーサン・コーエン ジョエル・コーエン チャニング・テイタム ジョージ・クルーニー ジョシュ・ブローリン ジョナ・ヒル アンガス・マクレーン アンドリュー・スタントン 舘ひろし 吉川晃司 夕輝壽太 村川透 木の実ナナ 仲村トオル 柴田恭兵 浅野温子 ミシェル・ファイファー ダニー・デヴィート マイケル・キートン ティム・バートン キム・ベイシンガー ロバート・ウール ジャック・ニコルソン パトリック・ウィルソン フランセス・オコナー ジェームズ・ワン エディ・レッドメイン マキシン・ピーク チャーリー・コックス ジェームズ・マーシュ フェリシティ・ジョーンズ お勧め度★★☆☆☆ デヴィッド・クローネンバーグ イアン・ホルム ピーター・ウェラー ジュディ・デイヴィス ニコラス・ストーラー セス・ローゲン ザック・エフロン セレーナ・ゴメス デイヴ・フランコ ローズマリー・デウィット ケネディ・クレメンツ ギル・キーナン サム・ロックウェル サクソン・シャービノ カイル・キャトレット クジョベス・ウィリアムズ ドミニク・ダン トビー・フーパー ヘザー・オルーク オリヴァー・ロビンス レイグ・T・ネルソン ピート・ドクター エイミー・ポーラー ロニー・デル・カルメン ウィル・ポールター トム・ハーディ レオナルド・ディカプリオ 古田新太 小栗旬 濱田岳 高嶋政宏 水原希子 山田孝之 柴咲コウ 向井理 アーミー・ハマー ナオミ・ワッツ ジェニファー・ガーナー ケビン・コスナー ジョセフ・ファインズ ヘザー・グラハム チェン・カイコー ゲイリー・オールドマン コリン・サーモン アマウリー・ノラスコ マイケル・ピット トミー・リー・ジョーンズ ガル・ギャドット アリエル・ブロメン アンソニー・ホプキンス デヴィッド・モース アントン・イェルチン スティーヴン・キング スコット・ヒックス ミカ・ブーレム ジェレミー・デイヴィス スティーヴン・シャインバーグ マギー・ギレンホール ジェームズ・スペイダー ラナ・ウォシャウスキー リリー・ウォシャウスキー ショーン・ビーン ミラ・クニス ジョーイ・ファトーン ニア・ヴァルダロス ジョエル・ズウィック イアン・ゴメス ジョン・コーベット ジョン・ヘダー ウィル・スペック ジョシュ・ゴードン スー・チー ジェイソン・ステイサム ルイ・レテリエ カーク・ジョーンズ ジョン・ステイモス イモージェン・プーツ ジェレミー・レナー ファン・カルロス・フレスナディージョ キャサリン・マコーマック ダニー・ボイル ロバート・カーライル ベン・アフレック ザック・スナイダー ガル・ガドット ダイアン・レイン ジェシー・アイゼンバーグ エイミー・アダムス ヘンリー・カヴィル アンセル・エルゴート マイルズ・テラー シャイリーン・ウッドリー ロベルト・シュヴェンケ ショーン・アンダース マーク・ウォールバーグ リンダ・カーデリーニ トム・ハンクス マーク・ライランス エドワード・ジェームズ・ハイランド エイミー・ライアン オースティン・ストウェル マイケル・ペーニャ リドリー・スコット 

プロフィール

ロココ

Author:ロココ
いらっしゃいませ。カフェへようこそ!
ここでは素人目線で映画について言いたい放題、アメリカから映画レビューをお届けしています。→日本に帰国しました!
基本はネタバレなし!ゆっくりしていってくださいね。
リンクフリー、TB大歓迎、古い記事でも気軽にコメントして下さい。

PR
クリックしてね☆
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム
コメント欄にはちょっと書きずらいなぁ・・・という方!お気軽にメールください☆

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR