スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014)BIRDMAN or (The Unexpected Virtue of Ignorance) 352本目

結末を視聴者にぶん投げる映画 バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

出演:
リーガン・トムソン役 マイケル・キートン
マイク・シャイナー役 エドワード・ノートン
サマンサ(サム)・トムソン役 エマ・ストーン
レズリー・トルーマン役 ナオミ・ワッツ

監督:
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
お勧め度★★★☆☆

去年のアカデミー賞を見てた時、マイケル・キートンをみてうちのBossが「あー!懐かしいなぁ!バットマンの人だぁ!」と言った。
私は彼のバットマンを全然覚えてなかったから、(やっぱりクリスチャンベールのイメージ?いや、そもそもバットマンの映画自体、この前のジャスティスリーグ以外そんなに覚えていない・・・)そんなに共感できなかったから、「へー、そう?」って感じだったけど。
タイトルも「バードマン」ってちょっと似てない?
作品賞を受賞したこの作品、やっぱり気になっていて、やっと見ました!

リーガン・トムソンは昔「バードマン」という映画でスターになった俳優。
でも今は落ち目。
俳優としての再起をかけてブロードウェイ進出をする。
でも、すべてに納得がいっていない。
そんな彼がバードマンの影を背負いながら舞台に挑戦した先には・・・。

ドラマと思ったらSFだった?!?

最初からそう思った人、いるはず。
でもまあ、そうではありませんでした。
ラリッっているわけでもないのに、リーガンの妄想とか幻想とか希望とか絶望とか願望とかが入り組んでいてちょっとわかりずらい。
だからこそ、「これ、何?」と考えさせられる映画。
それで何度か見てしまった。
特に結末に関してはいくつもの「可能性」を考えさせられるもので、私としてはモヤーっとした。
結局始終映画の中で「なにこれ?」と思う事に対しての説明は全くなく、「どうぞ、見た方がそれぞれに答えを出してください」というカタチ。

いやー、それモヤっとするし!!

しかもバッドにもグッドにも両方の可能性を示唆しているから余計悪い。
意味深なテレビ中継のシーンがあるのだけれど、いったいテレビの中で何が語られているか、一生懸命聞き取ろうとしたけれど、肝心なところが聞き取れず、画面のニュースのタイトルも丁度見えなくなっていて、本当にいろいろ想像させてくれる。

実はこの映画、最初はさらにもっとぶっ飛んだ結末が作られていたそう。
監督は映画を撮影している間に自分が考えた最初の映画の結末が"piece of sxxt"であると気が付いて変更したとか。
しかも彼はあまりにも出来が悪い結末なので、語りたくないとまで言った。
どうやらジョニー・デップが出演してきて、「パイレーツオブカリビアン5」を作成するようなパロディーで無限ループを思わせるような結末だったらしい・・・。
結局はジョニー・デップもおさえられなかったし、もちろんパイレーツオブカリビアンの権利もダメだったし、そもそも監督として、こんなエンディングにはできない!となったから、幻となりましたが。
でも、今となっては結局どっちでもよかったような・・・。
それほどまでにモヤっとしている。

正直結末の衝撃が強すぎて途中がどうでも良い事のようにさえ思えてしまう。
でも、やっぱり途中のリーガンの危うく、狂気的で苦悩している姿をみることで、エンディングが生きてくるんだろうけど。
とにかくハラハラなシーンが多くて目が離せなかった。
結末を予想しながら見ていて、それをことごとく裏切られるこの感じ。
それはそれで面白いけど。

途中に登場する映画評論家のキャラクターも、なんだか評論家批評なのか、いろんなメッセージを感じ取れる。

映画の中で登場する"Truth or dare?"の遊び。
よく若い子が飲み会とかでやるよね
、"truth"(真実を言う)か、"dare"(挑戦)かを選んで、選んだ人は必ずそれをやらなければならない。
大抵truthの場合は秘密を明かしたり、dareの場合は難しいことややりにくいことに挑戦させたりする、ちょっと意地悪な遊び。
これを大人っていうかおじさん相手にやっちゃうサム。
彼女の精神的に成長していない感じがわかる。
同時に私が好きなシーンはそのサムがトイレットペーパーにダッシュを永遠に書き続けている。
一見すると狂気的に見えるけど、サムが麻薬中毒からのリハビリ中にやらされていた作業で、そのトイレットペーパの切れ端を父親に見せて"This is how long humans have been here"と言う。
この作業は"trying to remind us that that's all our ego and self-obsession are worth"だとか。
小さなエピソードだけど、この話を父親にするサムの姿も、その意味も、何か示唆的な気がしてならなかった。

多くの有名俳優が出演しているこの映画、主役のリーガン役マイケル・キートン。
Michael_Keaton_by_Gage_Skidmore.jpg
マイケル・キートン自身はこの映画のキャラクターを「あくまで映画の中のキャラクター、自分とは一切関係ない」と言っていたけど、それにしても、やっぱり「バットマン」と「バードマン」との関係性を否定できない。
配役だってそういうこと、ちょっとは意識しただろうし・・・。
そして確かに一時期ちょっと露出が少ない時期があった。
でも、実はコンスタントに映画に出演しており(声の出演も含む)、別に落ち目の俳優ってわけでもなかったらしい。
それでも、この映画は彼でなければダメだったんだろうと思う。
彼が何と言おうと、やっぱりマイケル・キートン自身の人生とリンクして映画がさらに面白くなるという、ちょっとずるい。

そしてこの意味深なサブタイトル「あるいは無知がもたらす予期せぬ奇跡」。
正直、これがダイレクトになにを表しているか、映画のどの部分を表しているか"Vertue"とは奇跡なのか?とかいろいろあるけれど、どちらにせよ、ポジティブな表現と受け取っている。
もちろん、それと映画の結末の解釈とは別なのかもしれないけれど。
とにかくこういうRPGのお約束みたいないくつもあるエンディングはあんまり好きじゃない。
受け取り方は様々でいいと思うけど、監督の意図したことは知りたい。

この映画に登場する趣深いバー"The Rum House"。
(ホームページはこちら)
実際には舞台となっているセント・ジェームズ・シアターからかなり離れているのだけれど、すごく近いように演出してあります。
ラムハウスっていうくらいだから、ラムのカクテルとかが美味しいんだろうねぇ
でも雰囲気ありすぎて、初心者は入りずらそうだけど、一度は行ってみたい!

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
まあ、そんな感じで私にとってはモヤっとしましたが、いろいろな可能性を妄想してみるのが面白いこの映画。
あとは、映画好きとあーでもない、こーでもないって語り合うのが楽しそうな映画。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

関連タグ

お勧め度★★★☆☆ デヴィッド・ストラザーン マット・デイモン ジョアン・アレン ポール・グリーングラス ジュリア・スタイルズ ミラ・ジョヴォヴィッチ エヴァ・アンダーソン ローラ アリ・ラーター ポール・W・S・アンダーソン お勧め度★★★★☆ フランカ・ポテンテ ダグ・リーマン クリス・クーパー 新海誠 吉岡秀隆 萩原聖人 南里侑香 鈴木千尋 武藤寿美 サム・ニール ローラ・ダーン アレッサンドロ・ニヴォラ ティア・レオーニ ジョー・ジョンストン ウィリアム・H・メイシー ジェフ・ゴールドブラム スティーヴン・スピルバーグ ヴァネッサ・リー・チェスター リチャード・アッテンボロー ジュリアン・ムーア ヴィンス・ヴォーン ウィル・フェレル アダム・マッケイ ポール・ラッド フレッド・ウィラード デヴィッド・ケックナー クリスティナ・アップルゲイト スティーヴ・カレル テリーサ・パーマー エリクソン・コア ルーク・ブレイシー レイ・ウィンストン エドガー・ラミレス 滝藤賢一 二階堂ふみ リリー・フランキー 吉田羊 福山雅治 大根仁 ダンカン・ジョーンズ ヴェラ・ファーミガ ミシェル・モナハン ジェイク・ジレンホール クロエ・グレース・モレッツ マット・リーヴス コディ・スミット=マクフィー ディラン・ミネット 坂口健太郎 橋本愛 佐々木蔵之介 中村義洋 竹内結子 D・J・カルーソー ビリー・ボブ・ソーントン シャイア・ラブーフ 上白石萌音 成田凌 神木隆之介 長澤まさみ ダコタ・ファニング リチャード・ギア テオ・ジェームズ エミリー・ブラント セドリック・ニコラス=トロイアン シャーリーズ・セロン クリス・ヘムズワース ジェシカ・チャステイン ローズ・バーン オスカー・アイザック エヴァン・ピーターズ ブライアン・シンガー ソフィー・ターナー タイ・シェリダン ジェニファー・ローレンス ジェームズ・マカヴォイ マイケル・ファスベンダー ニコラス・ホルト ヒュー・ジャックマン クリストファー・ウォーケン タロン・エガートンお勧め度★★★★☆ デクスター・フレッチャー ヤーロー・チーニー 永作博美 設楽統 沢城みゆき クリス・ルノー 日村勇紀 岡田准一 竹下景子 香川照之 チャニング・テイタム ジョシュ・ブローリン スカーレット・ヨハンソン ジョナ・ヒル ジョージ・クルーニー イーサン・コーエン ジョエル・コーエン アンドリュー・スタントン アンガス・マクレーン 柴田恭兵 木の実ナナ 吉川晃司 夕輝壽太 村川透 仲村トオル 浅野温子 舘ひろし ダニー・デヴィート ミシェル・ファイファー ティム・バートン マイケル・キートン ロバート・ウール キム・ベイシンガー ジャック・ニコルソン パトリック・ウィルソン フランセス・オコナー ジェームズ・ワン チャーリー・コックス マキシン・ピーク フェリシティ・ジョーンズ ジェームズ・マーシュ エディ・レッドメイン ピーター・ウェラー イアン・ホルム デヴィッド・クローネンバーグ お勧め度★★☆☆☆ ジュディ・デイヴィス セス・ローゲン ザック・エフロン デイヴ・フランコ セレーナ・ゴメス ニコラス・ストーラー サクソン・シャービノ サム・ロックウェル ギル・キーナン カイル・キャトレット ケネディ・クレメンツ ローズマリー・デウィット オリヴァー・ロビンス ヘザー・オルーク レイグ・T・ネルソン クジョベス・ウィリアムズ ドミニク・ダン トビー・フーパー エイミー・ポーラー ピート・ドクター ロニー・デル・カルメン ウィル・ポールター トム・ハーディ レオナルド・ディカプリオ 小栗旬 山田孝之 高嶋政宏 水原希子 柴咲コウ 古田新太 向井理 濱田岳 ナオミ・ワッツ アーミー・ハマー ケビン・コスナー ジェニファー・ガーナー ジョセフ・ファインズ チェン・カイコー ヘザー・グラハム ゲイリー・オールドマン トミー・リー・ジョーンズ コリン・サーモン アリエル・ブロメン アマウリー・ノラスコ マイケル・ピット ガル・ギャドット ライアン・レイノルズ アンソニー・ホプキンス アントン・イェルチン デヴィッド・モース スティーヴン・キング スコット・ヒックス ミカ・ブーレム ジェレミー・デイヴィス スティーヴン・シャインバーグ マギー・ギレンホール ジェームズ・スペイダー ラナ・ウォシャウスキー リリー・ウォシャウスキー ショーン・ビーン ミラ・クニス ジョーイ・ファトーン ニア・ヴァルダロス ジョエル・ズウィック イアン・ゴメス ジョン・コーベット ジョン・ヘダー ウィル・スペック ジョシュ・ゴードン スー・チー ジェイソン・ステイサム ルイ・レテリエ カーク・ジョーンズ ジョン・ステイモス イモージェン・プーツ ジェレミー・レナー ファン・カルロス・フレスナディージョ キャサリン・マコーマック ダニー・ボイル ロバート・カーライル ベン・アフレック ザック・スナイダー ガル・ガドット ダイアン・レイン ジェシー・アイゼンバーグ エイミー・アダムス ヘンリー・カヴィル アンセル・エルゴート マイルズ・テラー シャイリーン・ウッドリー ロベルト・シュヴェンケ ショーン・アンダース マーク・ウォールバーグ リンダ・カーデリーニ トム・ハンクス マーク・ライランス エドワード・ジェームズ・ハイランド エイミー・ライアン オースティン・ストウェル マイケル・ペーニャ リドリー・スコット 

プロフィール

ロココ

Author:ロココ
いらっしゃいませ。カフェへようこそ!
ここでは素人目線で映画について言いたい放題、アメリカから映画レビューをお届けしています。→日本に帰国しました!
基本はネタバレなし!ゆっくりしていってくださいね。
リンクフリー、TB大歓迎、古い記事でも気軽にコメントして下さい。

PR
クリックしてね☆
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム
コメント欄にはちょっと書きずらいなぁ・・・という方!お気軽にメールください☆

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。