インターステラー (2014) INTERSTELLAR 62本目

最初の2時間堪え切れたら面白さがわかる映画 インターステラー (INTERSTELLAR)

Interstellar_film_poster.jpg

出演:
クーパー 役 マシュー・マコノヒー
アメリア・ブランド役 アン・ハサウェイ

監督:
クリストファー・ノーラン
お勧め度 ★★★☆☆

日本も同じだと思うけれど、アメリカでもIMAXで映画を見るときは、普通の映画より割高になります。
うちの近所の映画館は$5くらい高いかな?
ずーっと、その理由は3Dメガネのコストだと思ってました
でも違った
結構前にIMAXで映画を見た時、さてと!メガネかけて準備、準備。
そして上映が始まっても、一向に3Dになる気配がない。
でもまあ、そういう映画あるよね。
演出のために途中から3Dみたいなやつ。
それで気が付いた。周りの人が誰一人メガネをかけていない
その映画は3Dではなかったようです。
はずかしい~~!!
そんなわけで、IMAXでも3Dじゃないやつあるってことを学びました。
そして今回はIMAXで見たけど3Dじゃなかった最新の映画。

人類が滅亡の危機にさらされた未来。
別の銀河に人類の新天地を探すプロジェクトが密に進行していた。
その宇宙船のパイロットになったクーパー達が宇宙で知った真実とは!!

この映画、最初からわかっていたのですが・・・・

上映時間169分!

申し訳ないけれど、最初の100分くらい、「難しいなぁ~、つまんないなぁ~」と思ってしまった
クーパーの娘の妄想、想像話とか、モールス信号とか、宇宙に夢中な博士たちの話とか、なんなんだよ~!と思っていたら・・・。

実はそれら最初の100分くらいが全部伏線だった!!

そんな感じで後半急速に面白くなっていって、夢中になっちゃった!
まさかのアルマゲドン落ちかと不安になったけれど、そこも素敵に裏切ってくれたし!
でも、結構科学的、現実的な話と思ったら、急にファンタジーっぽくなったので、戸惑ったけれど、それも全部含めて「科学的可能性」なんだなぁと最終的には思わされてしまった。

特に説明がなく、アメリカの田舎町っぽい(トウモロコシを育てているからかもしれないけど)雰囲気があるので、近未来感はありません。
ただ、重力異常が引き起こす異常気象のせいで、砂嵐が起こるために食糧不足に陥っているという設定なので、近未来は決して車が空を飛んだりするばっかりの状況でもないんだなぁと思った。
食糧不足は必ず起こると言われているし、この映画でもそうだけれど、そうなったら軍も戦争もなくなって、とにかく人間は生き残ることを目指して農業に従事するっていうながれ。
むしろこの方が現実的かも。
そう思うと、今くだらない自己私欲のために戦争している奴らやとにかく他の国の人を憎むことで自己を確立しようとしている奴らがいなくなり、ある意味世界は平和になるのかも
ってそんなわけないか。

でっかいトラクターが自動で畑の中を動いているのをみて、「あー未来っぽい!」って思ったけれど、実はうちのBoss曰はく、「アメリカの大規模農家はいまやみんなオートメーション化されていて、こういうのあるよ。」とのこと。
GPSでコントロールされてるんだって!
なので、別に未来だから、ではなかったようです

砂嵐が来た時、「これはもしや中国?」と思ったけれど、違った
でも、そういう異常気象すべてを砂嵐で表現してるのも、すごいなぁと思ったよ。

ところで「この星では1時間が7年」とかいう定義、まったく理解できん!
時間は相対的なものでなく、絶対的なものだから、1時間は1時間でしょ!と思う。
もし7年ならば、自分が感じていなくても細胞は7年の月日を過ごしているわけだから老いてるんじゃないのかなぁ?
その辺り、いつも混乱しちゃうんだよね~

宇宙船乗組員との緊迫したシーンでのクーパの素敵な言葉
乗組員:That's not possible!
クーパー:No it's necessary!

うんうん、人生には、そういう時があるよね、きっと。
かれこれ10年以上も前、マシューマコノヒーがアメリカでナンバーワンセクシー俳優と呼ばれていた頃はあのしゃべり方がなんだかチャラチャラしているなぁと思っていたけれど、現在いい具合に年を重ねて、だけどしゃべり方は変わっていないという自分を貫いた感じが逆に渋く見えた

昔は宇宙にすごい興味があって、科学館とかそういうテレビ番組とか本も好きでいろいろ見たけれど、ある時、宇宙のことを考えていたら、とても絶望した
たぶん、大きすぎて想像の範囲を超えてしまったんだと思う。
しかもいまだ答えがでていない問題について考えていると、本当に黒い穴の中に落ちたような気分になる。
考えすぎて結局、実は宇宙なんてなくて、私たちは誰かの家の木箱の中でぐるぐる回っている天球義にすぎないんじゃないかとすら思えてきちゃう。

私がうちのBossに「そうはいっても結局宇宙についてはわかってないじゃん!」と言ったら彼は
「でも、ここまで解ったこともすごくない?しかも新しいことがどんどん解っていくんだよ」とポジティブー!
そんなわけで、宇宙について考えるのをやめてからかなり経つので私の知識は相当古かったらしく、映画を見た後ナショジオでの惑星特集をみたら、なんだか感激してしまった。

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
また、宇宙について考えてみようかな?と思ったよ。
絶望しない程度にね。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『インターステラー』お薦め映画

宇宙戦艦ヤマトのように、人類の希望を託されたのは宇宙船エンデュランス号。新たに発見された宇宙のワームホールの先の意外な世界が、リアルな映像で描かれるが、やはり見とれるのは地球の美しさ。時間の早さが地球と違う点もドラマティックだ。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おこんばんは~♪

IMAX で見たのね!羨ましい~☆
一人で3Dメガネかけてたって (爆)

オーオー、アルマゲドン落ちだったらやばかったね、あの映画。
いや、でもクリス=ノランはそのようなことはしないだろう。

食糧不足になったら、戦争そっちのけで農業に従事するって、興味深いですねー。

そのことを今夜は考えながら寝たいと思います。。。

Re: No title

4Kデジタルっていうバージョンもあったよ!
どういうものかはよくわかりませんが、「とても綺麗」ということだと思います(笑)
しかも料金据え置き!

あらあら、そんなこと考えながら寝たら、眠れないですよ~!!

でも、もしかしたら、食料不足のために余計に世界がいがみ合うような気もしないでもない・・・。
食糧の独り占めのために戦争が起こり、ますます世界が廃墟化していく・・・、ってなんだかそういう映画ありそう。
悲しいねぇ。
そうでないことを祈ります・・・。

難しすぎる・・・

これだけ難しい映画なのに、巷では大絶賛です。
ただ父娘のドラマに感動して評価してるとしか思えないんですけど、実際はノーランが語りたかったことは、やはり科学や宇宙についてだと思うんですがねえ。
とにかく一番印象に残ったのは、美しい土星の輪っかでしょうか。
ちなみに土星の輪っかって、結構ちゃっちい天体望遠鏡でも確認できちゃうんですよねえ。
相対性理論、ちょっと勉強してみようかなあ。

Re: 難しすぎる・・・

フシさん、コメントありがとうございます!
難しいんですよね~!
「ああ、それは相対性理論だよ」なんて言われても、そもそも相対性理論が私の中でピンと来てないから、難しさが倍増しましたよ・・・。
土星の輪!
小さい望遠鏡でも見えるんですか!
最近また宇宙に興味が出てきたので、見てみようかな~!

関連タグ

お勧め度★★★☆☆ デヴィッド・ストラザーン マット・デイモン ジョアン・アレン ポール・グリーングラス ジュリア・スタイルズ ミラ・ジョヴォヴィッチ エヴァ・アンダーソン ローラ アリ・ラーター ポール・W・S・アンダーソン お勧め度★★★★☆ フランカ・ポテンテ ダグ・リーマン クリス・クーパー 新海誠 吉岡秀隆 萩原聖人 南里侑香 鈴木千尋 武藤寿美 サム・ニール ローラ・ダーン アレッサンドロ・ニヴォラ ティア・レオーニ ジョー・ジョンストン ウィリアム・H・メイシー ジェフ・ゴールドブラム スティーヴン・スピルバーグ ヴァネッサ・リー・チェスター リチャード・アッテンボロー ジュリアン・ムーア ヴィンス・ヴォーン ウィル・フェレル アダム・マッケイ ポール・ラッド フレッド・ウィラード デヴィッド・ケックナー クリスティナ・アップルゲイト スティーヴ・カレル テリーサ・パーマー エリクソン・コア ルーク・ブレイシー レイ・ウィンストン エドガー・ラミレス 滝藤賢一 二階堂ふみ リリー・フランキー 吉田羊 福山雅治 大根仁 ダンカン・ジョーンズ ヴェラ・ファーミガ ミシェル・モナハン ジェイク・ジレンホール クロエ・グレース・モレッツ マット・リーヴス コディ・スミット=マクフィー ディラン・ミネット 坂口健太郎 橋本愛 佐々木蔵之介 中村義洋 竹内結子 D・J・カルーソー ビリー・ボブ・ソーントン シャイア・ラブーフ 上白石萌音 成田凌 神木隆之介 長澤まさみ ダコタ・ファニング リチャード・ギア テオ・ジェームズ エミリー・ブラント セドリック・ニコラス=トロイアン シャーリーズ・セロン クリス・ヘムズワース ジェシカ・チャステイン ローズ・バーン オスカー・アイザック エヴァン・ピーターズ ブライアン・シンガー ソフィー・ターナー タイ・シェリダン ジェニファー・ローレンス ジェームズ・マカヴォイ マイケル・ファスベンダー ニコラス・ホルト ヒュー・ジャックマン クリストファー・ウォーケン タロン・エガートンお勧め度★★★★☆ デクスター・フレッチャー ヤーロー・チーニー 永作博美 設楽統 沢城みゆき クリス・ルノー 日村勇紀 岡田准一 竹下景子 香川照之 チャニング・テイタム ジョシュ・ブローリン スカーレット・ヨハンソン ジョナ・ヒル ジョージ・クルーニー イーサン・コーエン ジョエル・コーエン アンドリュー・スタントン アンガス・マクレーン 柴田恭兵 木の実ナナ 吉川晃司 夕輝壽太 村川透 仲村トオル 浅野温子 舘ひろし ダニー・デヴィート ミシェル・ファイファー ティム・バートン マイケル・キートン ロバート・ウール キム・ベイシンガー ジャック・ニコルソン パトリック・ウィルソン フランセス・オコナー ジェームズ・ワン チャーリー・コックス マキシン・ピーク フェリシティ・ジョーンズ ジェームズ・マーシュ エディ・レッドメイン ピーター・ウェラー イアン・ホルム デヴィッド・クローネンバーグ お勧め度★★☆☆☆ ジュディ・デイヴィス セス・ローゲン ザック・エフロン デイヴ・フランコ セレーナ・ゴメス ニコラス・ストーラー サクソン・シャービノ サム・ロックウェル ギル・キーナン カイル・キャトレット ケネディ・クレメンツ ローズマリー・デウィット オリヴァー・ロビンス ヘザー・オルーク レイグ・T・ネルソン クジョベス・ウィリアムズ ドミニク・ダン トビー・フーパー エイミー・ポーラー ピート・ドクター ロニー・デル・カルメン ウィル・ポールター トム・ハーディ レオナルド・ディカプリオ 小栗旬 山田孝之 高嶋政宏 水原希子 柴咲コウ 古田新太 向井理 濱田岳 ナオミ・ワッツ アーミー・ハマー ケビン・コスナー ジェニファー・ガーナー ジョセフ・ファインズ チェン・カイコー ヘザー・グラハム ゲイリー・オールドマン トミー・リー・ジョーンズ コリン・サーモン アリエル・ブロメン アマウリー・ノラスコ マイケル・ピット ガル・ギャドット ライアン・レイノルズ アンソニー・ホプキンス アントン・イェルチン デヴィッド・モース スティーヴン・キング スコット・ヒックス ミカ・ブーレム ジェレミー・デイヴィス スティーヴン・シャインバーグ マギー・ギレンホール ジェームズ・スペイダー ラナ・ウォシャウスキー リリー・ウォシャウスキー ショーン・ビーン ミラ・クニス ジョーイ・ファトーン ニア・ヴァルダロス ジョエル・ズウィック イアン・ゴメス ジョン・コーベット ジョン・ヘダー ウィル・スペック ジョシュ・ゴードン スー・チー ジェイソン・ステイサム ルイ・レテリエ カーク・ジョーンズ ジョン・ステイモス イモージェン・プーツ ジェレミー・レナー ファン・カルロス・フレスナディージョ キャサリン・マコーマック ダニー・ボイル ロバート・カーライル ベン・アフレック ザック・スナイダー ガル・ガドット ダイアン・レイン ジェシー・アイゼンバーグ エイミー・アダムス ヘンリー・カヴィル アンセル・エルゴート マイルズ・テラー シャイリーン・ウッドリー ロベルト・シュヴェンケ ショーン・アンダース マーク・ウォールバーグ リンダ・カーデリーニ トム・ハンクス マーク・ライランス エドワード・ジェームズ・ハイランド エイミー・ライアン オースティン・ストウェル マイケル・ペーニャ リドリー・スコット 

プロフィール

ロココ

Author:ロココ
いらっしゃいませ。カフェへようこそ!
ここでは素人目線で映画について言いたい放題、アメリカから映画レビューをお届けしています。→日本に帰国しました!
基本はネタバレなし!ゆっくりしていってくださいね。
リンクフリー、TB大歓迎、古い記事でも気軽にコメントして下さい。

PR
クリックしてね☆
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム
コメント欄にはちょっと書きずらいなぁ・・・という方!お気軽にメールください☆

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR