ベイマックス (2014) BIG HERO6 68本目

癒しロボット ベイマックス (BIG HERO6 )

出演:
ヒロ・ハマダ役 ライアン・ポッター
ベイマックス役 スコット・アツィット

監督:
ドン・ホール
クリス・ウィリアムズ
お勧め度 ★★★★☆

南カリフォルニアの人はとってものんびりしています。
そのせいでイライラさせられることが沢山ある
さすがに今では私も慣れて、「ま、いっか」という事が多くなったけれど、久しぶりに彼らの仕事の遅さに腹が立ったよ
昨日のブログで書いたとおり、朝から(午前8時)ディーラーに預けておいた車。
営業終了が6時なんだけれど、5時40分になっても電話がこない・・・。
さすがに心配になって(たとえば電話番号間違えてるんじゃないかなぁー?とか、何かあったのかなー?とか)電話してみたら、「もうすぐ終わりそうなんだけれど、今日中には終わらない、明日の朝引き取りになる」

・・・・1日中なにやってたんだよ~~!!

そもそも、1週間前に行った時に部品取り寄せおよび1日かかるっていうから、改めて予約して行ったんだっつーの!
いや、車のことはよくわからないから、もしかしたら、思ったより手間がかかったとして、なんで連絡してこないんだよ!
こっちが連絡しなかったら、どうなっていたんだろう?
こういうこと、結構よくあります。
こちらから連絡しない=あんまり急いでいない、と勝手に思われる。
例え文句を言ったとしても、時間外は基本働かないし、「一生懸命やっているのになんで文句いうの?」って感じになる。
だから最終的には「ま、いっか」ってなる。
そういうわけで、アメリカのサービスレベルはいつまでたっても最低レベル。
結局、怒っても時間と気持ちの無駄になるので、「ま、いっか」と思うことにした

今日の午前中引き取りに行きました。
でもその時「新車みたいになったよ!」なんて機嫌よく言われてカチンときたから、「っていうか、そもそも2013年モデルの新車なんですけどね」と嫌味を言ってやったぜ!
安心してください。日本車ではありません
そんなムシャクシャした時に癒しの映画を。

14歳のヒロはロボット作りの天才。
工科大学入学のため出品したマイクロボットが謎のかぶきの仮面男に盗まれたことを知り、兄のタダシが造ったケアロボットを改造して彼に立ち向かう!

泣いた~とにかく、泣いた~!

とっても心温まる映画です。
昔うちのBossが「ディズニー映画って、たいしたことない映画でも絶対面白くするよね」と言っていた。
そのとおり。
題材はよくある話。
少年が出会いと別れを経験し、強さと弱さを学び、成長する物語。
それなに、なぜこんなに心にくるんだろう。
それは、きっとみんなどこかで「体験したことある何か」が映画の中にあるからなんだろうね。

主人公のヒロ・ハマダの見た目は日本人っぽくないです。
東南アジアの少年っぽい
そもそも原作の漫画(私の大好きマーベル社)の主人公が日本人であることから、主人公は日本人ということになったらしい。
彼らが住んでいるサンフランソーキョー(は、発音しずらい・・・)は東京とサンフランシスコが混在した架空の街。
なかなか面白い街並です。
たぶん東京に住んでいる人は「あ、あれは!」と思うところがあるのでは?

工科大学の仲間たちも、かなり個性的で好き。
彼らは一見すると何の役にも立たない研究をしているように見えたけれど、実は無駄な研究じゃなかった!って映画の終盤でわかるのも面白い。

そしてベイマックス。
彼の姿にも会話にもとにかく癒されます
マシュマロみたいで大きな体。
そんな外見である必要があるのかなー?って思ってたけれど、実はこちらも無駄な体じゃなかった!と映画の終盤でわかるよ

私が一番好きなキャラはタダシ。
彼が一番日本人っぽいと思う。
多くの人を助けるためにロボットを作るという意思、そしてそのために失敗に失敗を繰り返して、それでも諦めないで続ける粘り強い心。
タダシが何度も失敗しながらベイマックスを作っていくところで号泣。
そして彼がベイマックスに言う"I'm not giving up on you"

ヒロにもそう言っていたことを思い出してまた号泣。
何かを成し遂げるためには常に努力し続けないといけない、という当たり前のメッセージなんだけれど、そういうこと、忘れてない?ってタダシに言われている気がした。
そして、涙でいろんなものが浄化された。

同時上映のショートムービーは「Feast」。
子犬が食べ物を豪快に食べる映像なんだけれど、その後ろで飼い主のいろんなドラマがあって、本当に「よくできているな~」って思いました。
映画館に行った方はぜひチェック!

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
もちろんエンドロール後におまけもあります!
続編・・・あるのかな?
日本公開はいよいよ今週末!


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

しかし続編の主役は??

続編来そうですけど誰が主役?
インターステラーのようにベイマックスがどこからか帰ってくる??w
いつもエンドロールで席を立ってしまうけど今回はたまたま座ってたのでおまけ見れました。
過去数回、そのために最後のおまけを見過ごした経験ありw

いつもちょっとお子様っぽい映画を見る前には躊躇するんですが、
見始めるとおもしろいですよね~。
でもこれ、原作のコミック上の登場人物見たんだけど全然違うw
何故これをDisneyがああいう映画にしようと思ったのか不思議に思うレベル。

外国で日本同等なサービスを求めるのは無理なんですかね~。
あったかいところでは余計のんびりしてそうですねw

Re: しかし続編の主役は??

ベイマックス!アカデミー、長編アニメーション賞でしたね!
確かに続編ってどうなるんだろでしょ?
ヒロががんばってベイマックス2号を作る、とか?
映画のおまけがあるかどうか、最初に教えてほしいですよね(笑)

たしかに、原作とは全然違うんですけど、なぜかこれが良い!
ディズニーって本当に不思議、なんでもとりあえず面白い映画にしてしまう・・・。

あんまり海外にいすぎると、日本に行ったときにサービスが過剰だなぁと思えてしまうこともあるくらいなんです!
チップもあげないのに、ホテルの人が親切すぎたり、(いや、これは本当に素晴らしいことですけど)
チップもあげないのに、レストランの人が親切すぎたり、(いや、これも本当に素晴らしいことです)
申し訳ないと思ってしまう。
確かに南カリフォルニアの人は本当にのんびりしています。
あと、怒ったり揉めたりすると、殺されたりするから、極力トラブルを避けるように無意識的に「ま、いっか」となっているんだろうと思います。
いやー、それはいけない習慣だと思うんですけどね・・・。

関連タグ

お勧め度★★★☆☆ デヴィッド・ストラザーン マット・デイモン ジョアン・アレン ポール・グリーングラス ジュリア・スタイルズ ミラ・ジョヴォヴィッチ エヴァ・アンダーソン ローラ アリ・ラーター ポール・W・S・アンダーソン お勧め度★★★★☆ フランカ・ポテンテ ダグ・リーマン クリス・クーパー 新海誠 吉岡秀隆 萩原聖人 南里侑香 鈴木千尋 武藤寿美 サム・ニール ローラ・ダーン アレッサンドロ・ニヴォラ ティア・レオーニ ジョー・ジョンストン ウィリアム・H・メイシー ジェフ・ゴールドブラム スティーヴン・スピルバーグ ヴァネッサ・リー・チェスター リチャード・アッテンボロー ジュリアン・ムーア ヴィンス・ヴォーン ウィル・フェレル アダム・マッケイ ポール・ラッド フレッド・ウィラード デヴィッド・ケックナー クリスティナ・アップルゲイト スティーヴ・カレル テリーサ・パーマー エリクソン・コア ルーク・ブレイシー レイ・ウィンストン エドガー・ラミレス 滝藤賢一 二階堂ふみ リリー・フランキー 吉田羊 福山雅治 大根仁 ダンカン・ジョーンズ ヴェラ・ファーミガ ミシェル・モナハン ジェイク・ジレンホール クロエ・グレース・モレッツ マット・リーヴス コディ・スミット=マクフィー ディラン・ミネット 坂口健太郎 橋本愛 佐々木蔵之介 中村義洋 竹内結子 D・J・カルーソー ビリー・ボブ・ソーントン シャイア・ラブーフ 上白石萌音 成田凌 神木隆之介 長澤まさみ ダコタ・ファニング リチャード・ギア テオ・ジェームズ エミリー・ブラント セドリック・ニコラス=トロイアン シャーリーズ・セロン クリス・ヘムズワース ジェシカ・チャステイン ローズ・バーン オスカー・アイザック エヴァン・ピーターズ ブライアン・シンガー ソフィー・ターナー タイ・シェリダン ジェニファー・ローレンス ジェームズ・マカヴォイ マイケル・ファスベンダー ニコラス・ホルト ヒュー・ジャックマン クリストファー・ウォーケン タロン・エガートンお勧め度★★★★☆ デクスター・フレッチャー ヤーロー・チーニー 永作博美 設楽統 沢城みゆき クリス・ルノー 日村勇紀 岡田准一 竹下景子 香川照之 チャニング・テイタム ジョシュ・ブローリン スカーレット・ヨハンソン ジョナ・ヒル ジョージ・クルーニー イーサン・コーエン ジョエル・コーエン アンドリュー・スタントン アンガス・マクレーン 柴田恭兵 木の実ナナ 吉川晃司 夕輝壽太 村川透 仲村トオル 浅野温子 舘ひろし ダニー・デヴィート ミシェル・ファイファー ティム・バートン マイケル・キートン ロバート・ウール キム・ベイシンガー ジャック・ニコルソン パトリック・ウィルソン フランセス・オコナー ジェームズ・ワン チャーリー・コックス マキシン・ピーク フェリシティ・ジョーンズ ジェームズ・マーシュ エディ・レッドメイン ピーター・ウェラー イアン・ホルム デヴィッド・クローネンバーグ お勧め度★★☆☆☆ ジュディ・デイヴィス セス・ローゲン ザック・エフロン デイヴ・フランコ セレーナ・ゴメス ニコラス・ストーラー サクソン・シャービノ サム・ロックウェル ギル・キーナン カイル・キャトレット ケネディ・クレメンツ ローズマリー・デウィット オリヴァー・ロビンス ヘザー・オルーク レイグ・T・ネルソン クジョベス・ウィリアムズ ドミニク・ダン トビー・フーパー エイミー・ポーラー ピート・ドクター ロニー・デル・カルメン ウィル・ポールター トム・ハーディ レオナルド・ディカプリオ 小栗旬 山田孝之 高嶋政宏 水原希子 柴咲コウ 古田新太 向井理 濱田岳 ナオミ・ワッツ アーミー・ハマー ケビン・コスナー ジェニファー・ガーナー ジョセフ・ファインズ チェン・カイコー ヘザー・グラハム ゲイリー・オールドマン トミー・リー・ジョーンズ コリン・サーモン アリエル・ブロメン アマウリー・ノラスコ マイケル・ピット ガル・ギャドット ライアン・レイノルズ アンソニー・ホプキンス アントン・イェルチン デヴィッド・モース スティーヴン・キング スコット・ヒックス ミカ・ブーレム ジェレミー・デイヴィス スティーヴン・シャインバーグ マギー・ギレンホール ジェームズ・スペイダー ラナ・ウォシャウスキー リリー・ウォシャウスキー ショーン・ビーン ミラ・クニス ジョーイ・ファトーン ニア・ヴァルダロス ジョエル・ズウィック イアン・ゴメス ジョン・コーベット ジョン・ヘダー ウィル・スペック ジョシュ・ゴードン スー・チー ジェイソン・ステイサム ルイ・レテリエ カーク・ジョーンズ ジョン・ステイモス イモージェン・プーツ ジェレミー・レナー ファン・カルロス・フレスナディージョ キャサリン・マコーマック ダニー・ボイル ロバート・カーライル ベン・アフレック ザック・スナイダー ガル・ガドット ダイアン・レイン ジェシー・アイゼンバーグ エイミー・アダムス ヘンリー・カヴィル アンセル・エルゴート マイルズ・テラー シャイリーン・ウッドリー ロベルト・シュヴェンケ ショーン・アンダース マーク・ウォールバーグ リンダ・カーデリーニ トム・ハンクス マーク・ライランス エドワード・ジェームズ・ハイランド エイミー・ライアン オースティン・ストウェル マイケル・ペーニャ リドリー・スコット 

プロフィール

ロココ

Author:ロココ
いらっしゃいませ。カフェへようこそ!
ここでは素人目線で映画について言いたい放題、アメリカから映画レビューをお届けしています。→日本に帰国しました!
基本はネタバレなし!ゆっくりしていってくださいね。
リンクフリー、TB大歓迎、古い記事でも気軽にコメントして下さい。

PR
クリックしてね☆
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム
コメント欄にはちょっと書きずらいなぁ・・・という方!お気軽にメールください☆

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR