FC2ブログ

地球が静止する日 (2008) THE DAY THE EARTH STOOD STILL 84本目 

言うほど悪くはないけれど・・・地球が静止する日 (THE DAY THE EARTH STOOD STILL)

出演:
クラトゥ役 キアヌ・リーヴス
ヘレン・ベンソン役 ジェニファー・コネリー
ジェイコブ・ベンソン役 ジェイデン・スミス

監督:
スコット・デリクソン
お勧め度 ★★☆☆☆ 
あらすじは下記アマゾンリンクをご参照ください。

南カリフォルニアを飛び出して、コロラド州デンバーにちょっくら行ってました
デンバーはまだ雪が残るとこもあり、寒い寒い。
でも日差しは眩しいというアメリカらしい土地。
いろいろ楽しみにしていたんだけれど・・・!!
ついてないなぁ・・・。全体的についてない旅行だった。

まず、朝ちょっと寝坊してしまったところから始まり、急いでいるというのにうちのBossがランダムの荷物検査に引っ掛かり足止め。
月曜日、アメリカはMartin Luther King, Jr. Dayで祝日だったので、美術館や博物館など軒並み休館
デンバーは水が綺麗なことから地ビール生産がさかんで、ビールのナパバレーと呼ばれ、アメリカの主要ビールの工場がある。でもその工場見学もお休み。(たぶん、電話が繋がらなかったもんね)
楽しみにしていたホテルのプール、ジャグジーがなんと!宿泊した日からメンテナンスで使用不可!
水着も持っていったのに~
フライトまでギリギリのスケジュールだったのに、帰りはなぜか田舎の農道でのトラックの渋滞に巻き込まれ、この日に限って工事中の道が多くてなかなか早くいけない!
やっと飛行機に乗ってWifiでドラマでも見ようかなぁって思ったら、iPhoneの電池がない!
そして仕方がないからふて寝しようとしたら、ウトウトするたびに後ろに座った子供の奇声で起こされる。
やっと家の最寄の空港に到着
車を預けてあるパーキングに行ったら、渡されていた紙にでたらめな番号が書いてあって、なかなか車が見つからず・・・。
そんなこんなで無事昨日の夜に家に帰ってきました・・・。
まあ、自分が悪いところもあるじゃん!っていう突っ込みは置いといて
私はどちらかというと運がいい方だと自分では思っているんだけれど、ここまで来ると、「あれ?もしかして私・・・」と思ってしまった

あ、もちろん良いこともありましたよ。
本場のBBQを楽しんだり、Martin Luther King, Jr. Dayのパレードも見たし
アウトレットでトミーのセーターを15ドルで買えたり(元値はなんと65ドル!)
そしてなによりホテルでのんびりできた間に本業の方の仕事を1つ終えた!
まあ、そんな感じの旅行でした。また行きたいねデンバー。
てなわけで、ついてない男の話。

1928年、雪山を登山する男が奇妙な球体を雪の中で見つけた。それ以来、彼の体に異変が起こっていく。
そして現在。小惑星が地球に迫っているため、政府に呼び出された地球外生物学者、ヘレン・ベンソン博士。
彼女が見たエイリアンの本当の目的とは・・・!!

マトリックス以来パッとしないと度々このブログでも言っていますが、こちらの映画、巷ではすこぶる評判が悪い。
「キアヌが地に落ちた」とまで言われて、逆に興味を持った映画

うん、でもまあ、言うほど悪くなかったよ・・・。

うん、まあ、それほど良くもなかったけどね
まず大切なことは、オープニングをちゃんと見とくこと。
1928年の雪山で登場するキアヌがどうなったのか、説明は特になく、映像も一瞬なので、その辺り理解していないと、クラトゥとして再登場したキアヌを見て「あれ、この人なんで?誰?」となってしまいます。
なんで人間の姿してんの~!ってなるよね

でも結構面白い演出もありましたよ。
ウソ発見器みたいな物に繋がれたキアヌ。
脱出する際に係員の服を盗んだキアヌ。残された係員が下着姿で洗脳されている・・・シュールだなぁ。
彼の洋服盗む必要あった?
そして、黒板に難しそうな数式をスラスラと書くキアヌ。その後教授が一言"Is it possible?"

なんなんだよ!

まったくわからん。
わからんけれど、教授とエイリアンの間に目に見えない絆が生まれた瞬間・・・だった・・・らしい。
説明は一切ありませんけどね

そんな感じでエイリアンのキアヌの心の動きが微妙過ぎて読めないので、なんでこういうことになったの?と少々迷子気味。
もちろん、キアヌはエイリアンだから、そもそも「心の動き」なんてないんだろうけれど、それでも彼が"at the precipice, we change"と言っているから、そもそも人間を救うつもりなんて全くなかったけれど、Precipice(窮地)に陥って救ってもいいかな?って気持ちになったってことか?
それにしても、彼に人間の良い所がどこをどうして伝わったのか、いまいち不明。
そんなグッとくるエピソードは特にないです。
もしも親子のエピソードが引き金になったとしたら、う、薄い!

もう少し掘り下げようよ~

もっといろいろあったでしょ、人間のいいところ。

この映画のテーマは結構重く、エイリアンは地球を滅ぼしに来たんじゃない、人間が地球を滅ぼしているんだということを伝えてくれる。
そのとおり。
「地球を大切に」なんて言いながら、一方では地球を壊しにかかっている。
ヘレンが"we can change, just give us a chance"って言ってるけれど、地球にしてみたら、「あんたら、何回チャンスやったら本当に反省してくれんの!」って気分なんだろうね。
そして世界のリーダー達は目先の利益を追い求めてばかりで本当に大切なものを守ることを忘れている。
もしも私たち人間が地球からいなくなったら、食物連鎖に基づいて、地球は末永く幸せに暮らせるのかもしれない。
いや、単に私たちに代わる愚かな生物が登場するだけかもしれないけれど・・・。
とにかく、大切なメッセージを伝えてくれる映画です。

そういえば、またまた発見プリズンブレイクのティーバックことロバート・ネッパーが軍人として登場!
RobertKnepperApr09.jpg
誰も言ってくれないけれど、実はハンサム

この映画、面白かった!という人がいたら、どのあたりが良かったか、教えてくださいな。
うん、それほど悪くはなかったよ。
NYか廃墟化する映像もなかなか良かったです。
そして、私は結構無表情のキアヌ、好きです。

●キアヌ関連記事 (リンク)
イルマーレ (2006)
フェイク・クライム (2011)
ジョン・ウィック (2014)


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

この映画は

見たのがかなり前なので内容ははっきりわからないけれど
見終わった時の気持ちはちゃんと覚えてますよ。
”あんなに宣伝してたけどあんまり面白くなかったな~。”でしたねw

しかし~着陸点的にはロココさんと同じくらいなのではないか、と。
例えば、私が90点くらいかなと思ってみた映画がたいしたことなく
て60点だったとして、ロココさんが30点くらいかな、と思ってみた映画が、
言うほど悪くなかった、まぁ60点かなって感じでそこで同じになるって感じw
この映画の場合、60点もなかったかもしれませんが。。

大体、話題になってたりとか予告編が素晴らしかったりとか
主演が☆☆スター☆☆だったりだと、一応ここは押さえかないと、
とか思って見ますよw
この頃は自分にとっても世間にとってもキアヌがマトリックス以来
ちょっと。。。っていう意識はあまりなかったんじゃないかな。

いろんなことがあっても許容できる範囲であれば、
それもまた旅の思い出、ということで!
また楽しい旅をしてください。

Re: この映画は

酷評するほどではないけれど、結局のところ「うーん、あんまり面白くなかった」というところでは共通ということですね・・・。

私もスターが出てたりしたら、やっぱり見ちゃいます。
たぶん、キアヌの場合、前評判がいいので期待しすぎちゃった、って感じなのかも。
まあ、沢山の人が見たからこそ、酷評もされたってことで。

最近は途中で見るのをやめるくらいつまらない映画には出会ってないので、よい旅ができていると思います(笑)
でも、たまにそんなのも見たくなる・・・。
奥深い映画の旅ですね・・・。

いやぁ

「旅」とはデンバーのことですw失礼。

見なくちゃいけない気がするスター、
デンゼルワシントンも自分にとってはその部類の人なんだけど
この前見た、「イコライザー」っていう映画、
謎が謎のまま、不可解に終わっちゃいましたw
こういうのって原語で理解できる人はまた違うんですかね。
ロココさんがうらやましいですw

Re: いやぁ

あや!失礼しました「映画の旅」と余計な深読みしてしまいました(*_*;

「イコライザー」!なんと!私にとってこの映画は2014年のトップ10に入る勢いで好きなやつです。
まあ、設定勝ちな気もしますが、なにせ、必殺仕事人が好きなので、それだけで面白く感じちゃう。
あと、紅茶のパックの包み方とか、読んでいる本とか、家の整頓されている様子とかも私の中で何かケミストリーを感じてしまって、好きなんです~!
確かに説明されていないところが多く「説明されてないところはご想像にお任せします」=特に設定考えてません!ってことなんだろうけれど、普通だったら、なんだか薄っぺらい映画だなぁと思うところがこの映画に関してはいろいろ想像しちゃうよ~(^_-)-☆となり逆に面白く感じました。

私にとって60点、でも姐さんにとって30点ってことはよくあることだろうけれど、私の場合映画によっては私にとっては98点、でも巷では10点!みたいな時もあるので(もちろん逆もあるけれど)人間の感性って面白いなぁと思います。
なので、姐さんのコメント、面白いです!
デンゼルワシントンが見なきゃいけないスターに入っているというのがわかっただけでもなんだか嬉しい。
私はレビューでも書きましたが、「誰がデンゼルワシントン目当てで見に来るんだろう」って失礼にも思ってしまったので・・・(#^.^#)

関連タグ

新海誠 お勧め度★★★☆☆ 水橋研二 近藤好美 花村怜美 ローソン・マーシャル・サーバー ネーヴ・キャンベル ドウェイン・ジョンソン サラ・パクストン スコット・イーストウッド クリストファー・デナム ジャック・ヘラー ショーン・サイポス キャサリン・ウォーターストン エミリー・ブラント ブルース・ウィリス ジョセフ・ゴードン=レヴィット ライアン・ジョンソン イーダ・エングヴォル ハンネス・ホルム ロルフ・ラッスゴード バハール・パルス お勧め度★★★★☆ トム・ティクヴァ サリタ・チョウドリー アレクサンダー・ブラック トム・ハンクス 白石晃士 三浦誠己 お勧め度★☆☆☆☆ 川島鈴遥 デヴィッド・モース D・J・カルーソー シャイア・ラブーフ アーロン・ヨー サラ・ローマー ロバート・デ・ニーロ ブラッドリー・クーパー ニール・バーガー アビー・コーニッシュ サム・クラフリン エミリア・クラーク テア・シャーロック キャサリン・ハードウィック ドリュー・バリモア トニ・コレット 小泉今日子 永瀬正敏 ロドリゴ・グランデ レオナルド・スバラーリャ クララ・ラゴ お勧め度★★☆☆☆ レスリー・ビブ ブルック・シールズ 北村龍平 満島ひかり 中村優子 堺雅人 クヒオ大佐役 吉田大八 松雪泰子 ティモシー・ギブス ダーレン・リン・バウズマン ジム・スタージェス ロネ・シェルフィグ アン・ハサウェイ 入江悠 藤原竜也 伊藤英明 仲村トオル セス・マクファーレン リース・ウィザースプーン マシュー・マコノヒー タロン・エガートン トリー・ケリー スカーレット・ヨハンソン デニス・クエイド ラッセ・ハルストレム ジョニー・フリン ケイト・バーカー=フロイランド 尾野真千子 小栗旬 妻夫木聡 西島秀俊 竹内結子 大沢たかお 佐藤祐市 キット・ハリントン アデレイド・クレメンス ショーン・ビーン マイケル・J・バセット ラダ・ミッチェル ロージー・デイ ラウル・ボバ エラ・レムハーゲン サラ・ジェシカ・パーカー 山田孝之 ピエール瀧 リリー・フランキー 白石和彌 阿部寛 市村正親 北村一輝 上戸彩 宍戸開 ユアン・マクレガー グヴィネス・パルトロー デヴィッド・コープ ジョニー・デップ 宮崎あおい 佐々部清 渡辺謙 レオナルド・ディカプリオ クリストファー・ノーラン モーガンフリーマン スティーブン・カンパネッリ オルガ・キュリレンコ カトリーヌ・ドヌーヴ ピリ・グロワーヌ ブノワ・ポールヴールド ジャコ・ヴァン・ドルマル エマニュエル・セニエ ロマン・ポランスキー ビル・プルマン お勧め度★★★★★ デンゼル・ワシントン メリッサ・レオ ペドロ・パスカル アントワーン・フークア アレン・ヒューズ アルバート・ヒューズ ミラ・クニス ゲイリー・オールドマン カルラ・ブルーニ ウディ・アレン レイチェル・マクアダムス オーウェン・ウィルソン ガベ・イバニョス アントニオ・バンデラス ビアギッテ・ヨート・ソレンセン メラニー・グリフィス 橋本一 松田龍平 大泉洋 綾野剛 金子ノブアキ 井上真央 蓮佛美沙子 中村義洋 菜々緒 マーク・フォースター ヘイリー・アトウェル ローリー・ホールデン キム・コーツ クリストフ・ガンズ イライジャ・ウッド ジェニファー・コネリー シェーン・アッカー 小雪 西田敏行 リー・トランド・クリーガー ミキール・ハースマン ブライク・ライヴリー ハリソン・フォード 岩井俊二 奥菜恵 山崎裕太 反田孝幸 瑛太 山崎努 千葉雄大 阿部サダヲ 寺脇康史 伊藤淳史 有村架純 野村周平 土井裕泰 R.マドハヴァン ラージクマール・ヒラーニ カリーナ・カプール シャルマン・ジョシ アーミル・カーン ダコタ・ファニング テリー・ハッチャー ヘンリー・セリック 原田眞人 吉高由里子 二宮和也 木村拓哉 オークワフィナ ケイト・ブランシェット サンドラ・ブロック ミンディ・カリング サラ・ポールソン リアーナ ゲイリー・ロス サイモン・ペッグ ミシェル・モナハン ヘンリー・カヴィル レベッカ・ファーガソン クリストファー・マッカリー トム・クルーズ テイト・テイラー ヘイリー・ベネット ジャスティン・セロー コリン・ファース レニー・ゼルヴィガー パトリック・デンプシー シャロン・マグワイヤ ニコール・キッドマン スタンリー・キューブリック ダグ・ジョーンズ ギレルモ・デル・トロ イバナ・バケロ 斎藤工 西谷弘 伊藤歩 アビゲイル・ブレスリン キャサリン・ゼタ=ジョーンズ スコット・ヒックス アーロン・エッカート ジェイソン・ステイサム クリス・エヴァンス キム・ベイシンガー ウィリアム・H・メイシー デヴィッド・エリス ジョン・レジェンド ライアン・ゴズリング エマ・ストーン 長谷川博己 臼田あさ美 富田靖子 T・J・ミラー ライアン・レイノルズ モリーナ・バッカリン ロバート・ダウニー・Jr クリス・ヘムズワース アンソニー・ルッソ マーク・ラファロ ポール・グリーングラス ジョアン・アレン ジュリア・スタイルズ マット・デイモン デヴィッド・ストラザーン エヴァ・アンダーソン アリ・ラーター ミラ・ジョヴォヴィッチ ローラ ポール・W・S・アンダーソン フランカ・ポテンテ クリス・クーパー ダグ・リーマン 南里侑香 吉岡秀隆 萩原聖人 鈴木千尋 武藤寿美 ローラ・ダーン ティア・レオーニ サム・ニール ジョー・ジョンストン アレッサンドロ・ニヴォラ リチャード・アッテンボロー ジュリアン・ムーア スティーヴン・スピルバーグ ヴァネッサ・リー・チェスター ジェフ・ゴールドブラム ヴィンス・ヴォーン ウィル・フェレル ポール・ラッド フレッド・ウィラード デヴィッド・ケックナー スティーヴ・カレル クリスティナ・アップルゲイト アダム・マッケイ テリーサ・パーマー レイ・ウィンストン エドガー・ラミレス ルーク・ブレイシー エリクソン・コア 滝藤賢一 福山雅治 大根仁 二階堂ふみ 吉田羊 ジェイク・ジレンホール ダンカン・ジョーンズ ヴェラ・ファーミガ ディラン・ミネット コディ・スミット=マクフィー クロエ・グレース・モレッツ マット・リーヴス 橋本愛 佐々木蔵之介 坂口健太郎 ビリー・ボブ・ソーントン 神木隆之介 長澤まさみ 上白石萌音 成田凌 テオ・ジェームズ リチャード・ギア ジェシカ・チャステイン セドリック・ニコラス=トロイアン シャーリーズ・セロン エヴァン・ピーターズ ブライアン・シンガー ローズ・バーン ソフィー・ターナー ニコラス・ホルト タイ・シェリダン ジェニファー・ローレンス オスカー・アイザック ジェームズ・マカヴォイ マイケル・ファスベンダー クリストファー・ウォーケン デクスター・フレッチャー ヒュー・ジャックマン 設楽統 日村勇紀 クリス・ルノー 沢城みゆき 永作博美 ヤーロー・チーニー 竹下景子 香川照之 岡田准一 ジョシュ・ブローリン ジョエル・コーエン イーサン・コーエン ジョージ・クルーニー ジョナ・ヒル チャニング・テイタム アンドリュー・スタントン アンガス・マクレーン 木の実ナナ 柴田恭兵 村川透 舘ひろし 夕輝壽太 吉川晃司 浅野温子 マイケル・キートン ティム・バートン ダニー・デヴィート ミシェル・ファイファー ロバート・ウール ジャック・ニコルソン フランセス・オコナー パトリック・ウィルソン ジェームズ・ワン エディ・レッドメイン チャーリー・コックス ジェームズ・マーシュ フェリシティ・ジョーンズ マキシン・ピーク ジュディ・デイヴィス イアン・ホルム ピーター・ウェラー デヴィッド・クローネンバーグ セス・ローゲン デイヴ・フランコ セレーナ・ゴメス ザック・エフロン ニコラス・ストーラー ケネディ・クレメンツ ギル・キーナン カイル・キャトレット サクソン・シャービノ サム・ロックウェル ローズマリー・デウィット レイグ・T・ネルソン クジョベス・ウィリアムズ トビー・フーパー ヘザー・オルーク オリヴァー・ロビンス ドミニク・ダン ロニー・デル・カルメン エイミー・ポーラー ピート・ドクター トム・ハーディ ウィル・ポールター 高嶋政宏 古田新太 水原希子 濱田岳 向井理 柴咲コウ ナオミ・ワッツ アーミー・ハマー ジェニファー・ガーナー ケビン・コスナー チェン・カイコー ジョセフ・ファインズ ヘザー・グラハム アリエル・ブロメン ガル・ギャドット トミー・リー・ジョーンズ アマウリー・ノラスコ コリン・サーモン マイケル・ピット アントン・イェルチン ミカ・ブーレム アンソニー・ホプキンス スティーヴン・キング マギー・ギレンホール ジェームズ・スペイダー ジェレミー・デイヴィス スティーヴン・シャインバーグ リリー・ウォシャウスキー ラナ・ウォシャウスキー イアン・ゴメス ジョン・コーベット ジョーイ・ファトーン ニア・ヴァルダロス ジョエル・ズウィック ジョシュ・ゴードン ジョン・ヘダー ウィル・スペック ルイ・レテリエ スー・チー ジョン・ステイモス カーク・ジョーンズ ロバート・カーライル ジェレミー・レナー イモージェン・プーツ ファン・カルロス・フレスナディージョ キャサリン・マコーマック ダニー・ボイル ザック・スナイダー ガル・ガドット ダイアン・レイン ジェシー・アイゼンバーグ エイミー・アダムス ベン・アフレック マイルズ・テラー アンセル・エルゴート ロベルト・シュヴェンケ シャイリーン・ウッドリー リンダ・カーデリーニ マーク・ウォールバーグ ショーン・アンダース エドワード・ジェームズ・ハイランド マーク・ライランス エイミー・ライアン オースティン・ストウェル マイケル・ペーニャ リドリー・スコット 

プロフィール

ロココ

Author:ロココ
いらっしゃいませ。カフェへようこそ!
ここでは素人目線で映画について言いたい放題、アメリカから映画レビューをお届けしています。→日本に帰国しました!
基本はネタバレなし!ゆっくりしていってくださいね。
リンクフリー、TB大歓迎、古い記事でも気軽にコメントして下さい。

PR
クリックしてね☆
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム
コメント欄にはちょっと書きずらいなぁ・・・という方!お気軽にメールください☆

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR