スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナイト ミュージアム3 (2014) NIGHT AT THE MUSEUM: Secret of the Tomb 89本目

これで本当に最後なの?! ナイト ミュージアム3 (NIGHT AT THE MUSEUM: Secret of the Tomb)
日本公開は2015年3月20日
Night_at_the_Museum_Secret_of_the_Tomb_poster.jpg
出演:
ラリー・デイリー役 ベン・スティラー
ニック・デイリー(ニッキー)役 スカイラー・ギソンド
セオドア・ルーズベルト(テディ)役 ロビン・ウィリアムズ
ジェデダイア・スミス(ジェド)役 オーウェン・ウィルソン

監督:
ショーン・レヴィ
お勧め度 ★★★☆☆

さあ、いよいよ第3弾の紹介です!
3部作、そして最後の作品と言われているこの作品。

博物館に勤め続けていたラリー。
博物館では新しいアトラクションとしてプラネタリウムを導入することになった。
しかし、魔法の石版は次第にその力を失っていた。
それはこの石版が掘り起こされる時にすでに予言されていた「終わりの時」だったのだ!
ラリーは博物館のみんなを救うために大英博物館へ乗り込む!

前回公開から約6年たっているのですが、映画の中ではどのくらい時が経ってるのかな・・・?
とにかく、

ラリー(ベン)、ふ、老けてる!!

ずいぶん年取った印象がある
まあ、時の流れというものでしょうか?
でも博物館の仕事は順調のようで、よかった、よかった。
この映画に関しては絶対に1と2を見てほしい。
特に1!後付け(たぶん)にしてはうまい具合に過去と繋がっていて、連続して見ていると「お!」と思うところが沢山!
よくできてるなぁ~!
そしてなにより、

オールスター集合!

残念ながらこの映画の公開前に警備員の一人ガス役のミッキー・ルーニーとルーズベルト役のロビン・ウィリアムズは亡くなってしまっていますが、そもそもこの映画に全員が同じキャストで登場できたってこと自体凄いよ!
なので、絶対に1,2は見て下さい!
ただし、ラリーの息子ベン君だけはキャスト変わっています。
あー、彼も大きくなって出演してほしかったなぁ~
なんかニッキーのキャラ、ちょっと変わっているし。
子供が成長する、ということはこういうことなのでしょうか
懐かしい顔ぶれがラリー意外はもちろん老けてないです(だってワックスだもんね)

沢山好きなシーンはありますが、まず、冒頭でYoutube見ているシーン。

こんな感じのビデオ。
ミニチュアがYou tube見てるって、時代の変化を感じたね。
でも、このシーン、後からすごく大切な意味を持つ。そこも面白い

もちろん、お約束、ミニチュア2人のシュールなシーンもちゃんとあります!

そして、そして

ヒュー・ジャックマン!!

このシーンはとにかく「こんなことしていいの?」と思わせるけど笑わせてくれる!
彼の名前を間違えて言うところがツボった

そして新しいキャラクター、ランスロット。
またもや私の中で私はこれ誰?って人だったけどね

そしてなんといってもエッシャーの錯視絵!
私、個人体にエッシャー大好きで、あの絵の中に入りたいという願望はものすごくあったから、今回「やってくれたな!」って感じでした
うーん、よくできてる!

ストーリーとしては大切な仲間を守るというシンプルな物なんだけれど、1,2を見ていないと、ラリーがどうしてみんなを必至になって救うのか、気持ちに共感できないと思う。
でも逆にいうと、シリーズ通して見ているので、キャラにそれぞれ思い入れがあって、ヒシヒシと感動します

なんと!この映画でベンは一人二役を演じています。
ラリーの他、もう一人はネアンデルタール人
でもあんまり出来が良すぎて「似てる」と言われるまでネアンデルタール人として違和感なかった

ベンははっきりと「シリーズ最後の映画」とインタビューで言っていたけれど、ラリーの最後の表情がとっても意味深で正直スッキリしなかった!
なんなんだろう・・・。

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
日本では3月20日公開!
1,2をおさらいしてから見ることを強くおすすめします!

●関連記事
ナイト ミュージアム (2006)
ナイト ミュージアム2 (2009)


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

やっと見れました~

これは予想より面白かった!と思いますよ。
2はやっぱり1の衝撃度を下回っていたし、
ストーリー的にロビン・ウィリアムズがちょっと物足りなかったし。。

今回は舞台が大英博物館っていうところがいいね!
でもちょっと理解できなかったのは
アクメンラーと石板、大英博物館は最後の場面まで返してくれなかったわけ??なのかな~??

ランスロット役の俳優さん、最近、一番好きですよ。
BBCの「ダウントン・アビー」っていうドラマで人気出たんですけど、
このドラマの役じゃなくて「ザ・ゲスト」っていう、
奇怪な映画で惚れました~ww
だけど今回、時間の都合で日本語吹き替えで見たんですよね。
ランスロット役、なんか声優さんが違和感あるなぁ??って思ってたらエンドクレジットで声出してるのがチュートリアルの徳井さんってわかったんですわ。
もう素人をあんまり使わんといて~って思いましたな。

ミッキー・ルーニーとロビン・ウィリアムズに捧ぐって出ましたね。
寂しい気分でいっぱいになりました。





Re: やっと見れました~

ついに日本で公開しましたね!
やっぱりシリーズで見てほしいけれど、特に2で出演していなかった1からのキャラが出ているのが何か嬉しいですよね~!

そうなんですよ。
最終的に石版とアクメンラーは戻ってきません。
まあ、一応持ち主のところに帰ったってことでしょうか?
でもそのおかげでNYの博物館の方は営業方針かなり変えないといけなかったと思うし、最後のベンの表情が何か納得がいかなかったなぁ・・・。

ランスロット役の人、全然知らなかったです(汗)
一番好きなんですね!
ちょっと注目し直してみます!
吹き替えで徳井!
もちろん標準語なんでしょうか?それとも関西弁?
こういう話題作にはやっぱり声優じゃない人を起用する傾向にありますよね。
そんなことしなくても人は来ると思うんですけど。
わかります。
吹き替えも大切な演技で映画の一部だから、この辺りは話題性だけでなく考えてほしいですよね~!

ロビンの最後の主演映画「余命90分の男」も、映画としては大したことないんですけど、ロビンの最後の主演作というだけで、見る価値あると思ってしまうから不思議なものです。
私が映画を好きだと自覚し始めた頃、最初に好きだったのが彼だったので、とてもとても残念です。

標準語でしたけど

なんか声が合ってない気がしました。
でもあの大英博物館のガードマンさんの吹き替えは
渡辺直美だったんですよ。
それはそんなに違和感なかったんですけどね~。
それにあのガードマンさん、そういわれれば渡辺直美に似てたよねw

ロビンウィリアムズ、ああいう人でもあんななくなり方をするほど
悩みを持っていたなんて。。って思います。
ファンから見ればもったいない!!の一言ですよね。

ランスロット役の人、イギリス人なのでアメリカでは
あまり知られてないでしょうね。
ま~かっこいい人を見るたびに好きになるんですけどねww

Re: 標準語でしたけど

声が合ってない!なんて致命的な・・・
たぶんもっと王子様的な声(イギリス英語だし)じゃないとダメなのかもしれませんね~!

確かに、渡辺直美似てるかも!

こんなにのんびりしているアメリカでも、うつ病になる人は沢山いますからね・・・。
でもそれはたぶん一部の人です。
ほとんどの人は細かいこと気にしませんから(笑)

ダン・スティーヴンス!注目しときます!

関連タグ

お勧め度★★★☆☆ デヴィッド・ストラザーン マット・デイモン ジョアン・アレン ポール・グリーングラス ジュリア・スタイルズ ミラ・ジョヴォヴィッチ エヴァ・アンダーソン ローラ アリ・ラーター ポール・W・S・アンダーソン お勧め度★★★★☆ フランカ・ポテンテ ダグ・リーマン クリス・クーパー 新海誠 吉岡秀隆 萩原聖人 南里侑香 鈴木千尋 武藤寿美 サム・ニール ローラ・ダーン アレッサンドロ・ニヴォラ ティア・レオーニ ジョー・ジョンストン ウィリアム・H・メイシー ジェフ・ゴールドブラム スティーヴン・スピルバーグ ヴァネッサ・リー・チェスター リチャード・アッテンボロー ジュリアン・ムーア ヴィンス・ヴォーン ウィル・フェレル アダム・マッケイ ポール・ラッド フレッド・ウィラード デヴィッド・ケックナー クリスティナ・アップルゲイト スティーヴ・カレル テリーサ・パーマー エリクソン・コア ルーク・ブレイシー レイ・ウィンストン エドガー・ラミレス 滝藤賢一 二階堂ふみ リリー・フランキー 吉田羊 福山雅治 大根仁 ダンカン・ジョーンズ ヴェラ・ファーミガ ミシェル・モナハン ジェイク・ジレンホール クロエ・グレース・モレッツ マット・リーヴス コディ・スミット=マクフィー ディラン・ミネット 坂口健太郎 橋本愛 佐々木蔵之介 中村義洋 竹内結子 D・J・カルーソー ビリー・ボブ・ソーントン シャイア・ラブーフ 上白石萌音 成田凌 神木隆之介 長澤まさみ ダコタ・ファニング リチャード・ギア テオ・ジェームズ エミリー・ブラント セドリック・ニコラス=トロイアン シャーリーズ・セロン クリス・ヘムズワース ジェシカ・チャステイン ローズ・バーン オスカー・アイザック エヴァン・ピーターズ ブライアン・シンガー ソフィー・ターナー タイ・シェリダン ジェニファー・ローレンス ジェームズ・マカヴォイ マイケル・ファスベンダー ニコラス・ホルト ヒュー・ジャックマン クリストファー・ウォーケン タロン・エガートンお勧め度★★★★☆ デクスター・フレッチャー ヤーロー・チーニー 永作博美 設楽統 沢城みゆき クリス・ルノー 日村勇紀 岡田准一 竹下景子 香川照之 チャニング・テイタム ジョシュ・ブローリン スカーレット・ヨハンソン ジョナ・ヒル ジョージ・クルーニー イーサン・コーエン ジョエル・コーエン アンドリュー・スタントン アンガス・マクレーン 柴田恭兵 木の実ナナ 吉川晃司 夕輝壽太 村川透 仲村トオル 浅野温子 舘ひろし ダニー・デヴィート ミシェル・ファイファー ティム・バートン マイケル・キートン ロバート・ウール キム・ベイシンガー ジャック・ニコルソン パトリック・ウィルソン フランセス・オコナー ジェームズ・ワン チャーリー・コックス マキシン・ピーク フェリシティ・ジョーンズ ジェームズ・マーシュ エディ・レッドメイン ピーター・ウェラー イアン・ホルム デヴィッド・クローネンバーグ お勧め度★★☆☆☆ ジュディ・デイヴィス セス・ローゲン ザック・エフロン デイヴ・フランコ セレーナ・ゴメス ニコラス・ストーラー サクソン・シャービノ サム・ロックウェル ギル・キーナン カイル・キャトレット ケネディ・クレメンツ ローズマリー・デウィット オリヴァー・ロビンス ヘザー・オルーク レイグ・T・ネルソン クジョベス・ウィリアムズ ドミニク・ダン トビー・フーパー エイミー・ポーラー ピート・ドクター ロニー・デル・カルメン ウィル・ポールター トム・ハーディ レオナルド・ディカプリオ 小栗旬 山田孝之 高嶋政宏 水原希子 柴咲コウ 古田新太 向井理 濱田岳 ナオミ・ワッツ アーミー・ハマー ケビン・コスナー ジェニファー・ガーナー ジョセフ・ファインズ チェン・カイコー ヘザー・グラハム ゲイリー・オールドマン トミー・リー・ジョーンズ コリン・サーモン アリエル・ブロメン アマウリー・ノラスコ マイケル・ピット ガル・ギャドット ライアン・レイノルズ アンソニー・ホプキンス アントン・イェルチン デヴィッド・モース スティーヴン・キング スコット・ヒックス ミカ・ブーレム ジェレミー・デイヴィス スティーヴン・シャインバーグ マギー・ギレンホール ジェームズ・スペイダー ラナ・ウォシャウスキー リリー・ウォシャウスキー ショーン・ビーン ミラ・クニス ジョーイ・ファトーン ニア・ヴァルダロス ジョエル・ズウィック イアン・ゴメス ジョン・コーベット ジョン・ヘダー ウィル・スペック ジョシュ・ゴードン スー・チー ジェイソン・ステイサム ルイ・レテリエ カーク・ジョーンズ ジョン・ステイモス イモージェン・プーツ ジェレミー・レナー ファン・カルロス・フレスナディージョ キャサリン・マコーマック ダニー・ボイル ロバート・カーライル ベン・アフレック ザック・スナイダー ガル・ガドット ダイアン・レイン ジェシー・アイゼンバーグ エイミー・アダムス ヘンリー・カヴィル アンセル・エルゴート マイルズ・テラー シャイリーン・ウッドリー ロベルト・シュヴェンケ ショーン・アンダース マーク・ウォールバーグ リンダ・カーデリーニ トム・ハンクス マーク・ライランス エドワード・ジェームズ・ハイランド エイミー・ライアン オースティン・ストウェル マイケル・ペーニャ リドリー・スコット 

プロフィール

ロココ

Author:ロココ
いらっしゃいませ。カフェへようこそ!
ここでは素人目線で映画について言いたい放題、アメリカから映画レビューをお届けしています。→日本に帰国しました!
基本はネタバレなし!ゆっくりしていってくださいね。
リンクフリー、TB大歓迎、古い記事でも気軽にコメントして下さい。

PR
クリックしてね☆
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム
コメント欄にはちょっと書きずらいなぁ・・・という方!お気軽にメールください☆

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。