スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

96時間/レクイエム (2015) TAKEN3 91本目

さすがにこれで最後でしょ! 96時間/レクイエム (TAKEN3)

MV5BNjM5MDU3NTY0M15BMl5BanBnXkFtZTgwOTk2ODU2MzE@__V1_SX214_AL_.jpg
出演:
ブライアン・ミルズ役 リーアム・ニーソン
フランク・ドッツラー役 フォレスト・ウィテカー
キム・ミルズ役 マギー・グレイス
レノーア・セントジョン役 ファムケ・ヤンセン

監督:
オリヴィエ・メガトン
お勧め度 ★★★★☆

アメリカでもイスラム過激派組織による日本人人質問題は連日放送されています。
まったく腹が立つ
あいつら、いったい何をしたいんだ!
はやく地球上から消滅してほしいと切に願います。
美味しいご飯たべて、温泉に入って、平和がどんなに良いことか実感してほしい。
人に気を使いながら、でも人のことを想いながら暮すことが争うことより何倍も意義がある生き方だということを早くその利口な頭で理解してほしいものです。
アメリカのメディアでの興味深い発言として、「絶対にお金を渡してはいけない、それどころか、交渉自体してはいけない」っていうスタンスの意見が多かったこと。
交渉する=テロリストに上位に立たれるという構図が出来上がってしまうため、交渉すらしてはいけない、というのです。
まあ、わからなくはないけれど、それじゃあ、どうやって解決するんだろうね?
最後にアナウンサーの人が言っていた、「理論はわかるけれど、もしも家族や親戚に日本人の人がいたら、気が気じゃないよね?」っていう一言がたぶんアメリカにいるみんなの本音。
てなわけで、"Taken"シリーズ!

シリーズ第三弾!
元CIA工作員のブライアン・ミルズが家に帰ってみると、元妻が何者かに殺されていた!
警察に元妻殺しとして追われる身となるミルズ。
彼は自分の無実を証明することができるのか!

前回リビューした「LEGO ムービー」でグットコップの可愛い声を披露してくれたリーアム主演。
300px-Liam_Neeson_Deauville_2012.jpg
こちら続き物なので、当然1,2を見た方がいいです。
まあ、これだけでも独立したストーリーになっていますが、以前から登場している元CIAの友人とか、娘とか、なぜ元妻と仲良くなっちゃっているのか、とかそういったことがよく理解できるので、前作2作を見た方がいいです。
でも、とにかく・・・

あんな死にもの狂いで救った妻が~~!!

これが私の最初の印象。
そしてすでに"Taken"ではなくなってる。
別に誰も連れ去られてないし
シリーズ化する予定がなかったのかな?
日本語のタイトルも、完全に意味をなさなくなってしまった・・・。
リーアムは完全に続編を否定していないけれど、もういいんじゃないかなぁ~。
この作品は3作ともすごく好きです。
サスペンスとしてのストーリーもさることながら、ミルズが今までのCIAの知識と経験を使っていろんな罠を仕掛けていくあたりがゾクゾクして楽しい!
でも、今回彼が警察から逃げる後ろ姿を見て・・・

おじいちゃんか!

と思ってしまった
その感じだと、警察にすぐ追いつかれてしまいそうだよ・・・。
そんなわけで、もう最後にしてもいいのでは?と思ったよ。

サスペンスとして、序盤からちょっと流れを予想できる展開はあるんだけれど、ちょっとしたどんでん返しもあり、楽しめます。
なぜ妻が殺されなければならなかったのか?
その謎を解いていく過程が面白かった!
ただ、一つだけよくわかんなかったのが、ミルズが死んだ妻の遺体からなにかを取った(髪の毛?)んだけれど、それは何に使ったのかな?
うちのBossは「薬で殺されたかどうか調べるため」と言っていたけれど、死因は首を切られたことだから、それ、関係なくねー?
最後まで特に事件解決には使ってなかったような・・・。
ということで、形見として取ったということに勝手に理解しました

私の好きなシーンはロサンゼルス市警察の警部がおもむろにベーグルをパクッと食べるところ
もう、なにしてんだよ~って思ったけれど、意外にこれが重要なクルーになってたりして!!
とにかく、警部はいいキャラしてます。

こちらの作品制作にリュックベッソンが携わっています。
その割には特にぶっ飛んだ展開にはなっておらず、思ったより正統派の映画になってるね。

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
悪役は期待を裏切らず、またまたロシア人
ロシア人率高!


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

リーアムニーソンって

初めてみた時にはハリソンフォードもどき?って思ったけど、
ハリソンフォードもすでに70歳越えでおじいちゃんになったし、
しかたないですよね、リーアムニーソンが老けてもw

それにしても元CIA工作員ってなんでこんなに強いの?w
逃げる時に犯した数々の犯罪?は罪に問われないんだろうか~w
そういうのって真面目に考えちゃいけないのね、映画だからw

ロシアってああいうアフガニスタンで戦ってました、みたいな人が
いっぱいいるのかな~実際にも。
パンツにバスローブの彼の姿が目に焼き付きましたなw

ミルズが死んだ妻の遺体からなにかを取った、っていう場面が
わからなかった。しっかり見ようと思っていたのにごめんなさいw

ガガ様の二の腕の太さにちょっと親近感湧きました~w
でもTATTOOがなんか妙に目立っちゃって、日本のテレビなら
あれは長袖着用じゃなきゃ無理なレベルでしょうね。
それよりなによりジュリーアンドリュースが若々しくてびっくり。
お元気でなによりです。






Re: リーアムニーソンって

コメントありがとうございます!

たぶん、偶然にも誰も殺さず、なにも壊してないんだとおもう(笑)

本当にロシア人って悪役ばっかり(TT)
でも、あのバスローブ+ブリーフはちょっと笑えた。
あ、そういえば、今のスペイン語のクラスにちょっと素敵なロシア人の男の人がいます。
いつも隣に座っているので、今度聞いてみようかな?
ちょっと失礼な質問しちゃいそうなので、慎重に聞いてみます(^-^;

結局妻の遺体から何を取ったのか、それとも取らなかったのかすらだんだんわからなくなった・・・。
まあ、本編と関係なかったのでしょうか・・・?

ガガ様!良かったですよね~~!
実は彼女、結構背が低いんです。(なんと!155センチくらいらしい!)
そして太りやすい体質みたいで。
でもBorn this wayの時のビデオ、すごく鍛えられていてカッコいいです!
どうやらその時、二の腕を猛烈に鍛えたということ。
二の腕を鍛えると、痩せて見えて、しかも背が高く見えるんだそうです!!
でも最近はあんまり鍛えてないみたいですね(^-^;
確かにタトゥーが気になりましたねぇ。
でも、それを消すとガガ様じゃなくなっちゃうし・・・。
はぁ~、ジュリーアンドリュース、素敵だったなぁ。

関連タグ

お勧め度★★★☆☆ デヴィッド・ストラザーン マット・デイモン ジョアン・アレン ポール・グリーングラス ジュリア・スタイルズ ミラ・ジョヴォヴィッチ エヴァ・アンダーソン ローラ アリ・ラーター ポール・W・S・アンダーソン お勧め度★★★★☆ フランカ・ポテンテ ダグ・リーマン クリス・クーパー 新海誠 吉岡秀隆 萩原聖人 南里侑香 鈴木千尋 武藤寿美 サム・ニール ローラ・ダーン アレッサンドロ・ニヴォラ ティア・レオーニ ジョー・ジョンストン ウィリアム・H・メイシー ジェフ・ゴールドブラム スティーヴン・スピルバーグ ヴァネッサ・リー・チェスター リチャード・アッテンボロー ジュリアン・ムーア ヴィンス・ヴォーン ウィル・フェレル アダム・マッケイ ポール・ラッド フレッド・ウィラード デヴィッド・ケックナー クリスティナ・アップルゲイト スティーヴ・カレル テリーサ・パーマー エリクソン・コア ルーク・ブレイシー レイ・ウィンストン エドガー・ラミレス 滝藤賢一 二階堂ふみ リリー・フランキー 吉田羊 福山雅治 大根仁 ダンカン・ジョーンズ ヴェラ・ファーミガ ミシェル・モナハン ジェイク・ジレンホール クロエ・グレース・モレッツ マット・リーヴス コディ・スミット=マクフィー ディラン・ミネット 坂口健太郎 橋本愛 佐々木蔵之介 中村義洋 竹内結子 D・J・カルーソー ビリー・ボブ・ソーントン シャイア・ラブーフ 上白石萌音 成田凌 神木隆之介 長澤まさみ ダコタ・ファニング リチャード・ギア テオ・ジェームズ エミリー・ブラント セドリック・ニコラス=トロイアン シャーリーズ・セロン クリス・ヘムズワース ジェシカ・チャステイン ローズ・バーン オスカー・アイザック エヴァン・ピーターズ ブライアン・シンガー ソフィー・ターナー タイ・シェリダン ジェニファー・ローレンス ジェームズ・マカヴォイ マイケル・ファスベンダー ニコラス・ホルト ヒュー・ジャックマン クリストファー・ウォーケン タロン・エガートンお勧め度★★★★☆ デクスター・フレッチャー ヤーロー・チーニー 永作博美 設楽統 沢城みゆき クリス・ルノー 日村勇紀 岡田准一 竹下景子 香川照之 チャニング・テイタム ジョシュ・ブローリン スカーレット・ヨハンソン ジョナ・ヒル ジョージ・クルーニー イーサン・コーエン ジョエル・コーエン アンドリュー・スタントン アンガス・マクレーン 柴田恭兵 木の実ナナ 吉川晃司 夕輝壽太 村川透 仲村トオル 浅野温子 舘ひろし ダニー・デヴィート ミシェル・ファイファー ティム・バートン マイケル・キートン ロバート・ウール キム・ベイシンガー ジャック・ニコルソン パトリック・ウィルソン フランセス・オコナー ジェームズ・ワン チャーリー・コックス マキシン・ピーク フェリシティ・ジョーンズ ジェームズ・マーシュ エディ・レッドメイン ピーター・ウェラー イアン・ホルム デヴィッド・クローネンバーグ お勧め度★★☆☆☆ ジュディ・デイヴィス セス・ローゲン ザック・エフロン デイヴ・フランコ セレーナ・ゴメス ニコラス・ストーラー サクソン・シャービノ サム・ロックウェル ギル・キーナン カイル・キャトレット ケネディ・クレメンツ ローズマリー・デウィット オリヴァー・ロビンス ヘザー・オルーク レイグ・T・ネルソン クジョベス・ウィリアムズ ドミニク・ダン トビー・フーパー エイミー・ポーラー ピート・ドクター ロニー・デル・カルメン ウィル・ポールター トム・ハーディ レオナルド・ディカプリオ 小栗旬 山田孝之 高嶋政宏 水原希子 柴咲コウ 古田新太 向井理 濱田岳 ナオミ・ワッツ アーミー・ハマー ケビン・コスナー ジェニファー・ガーナー ジョセフ・ファインズ チェン・カイコー ヘザー・グラハム ゲイリー・オールドマン トミー・リー・ジョーンズ コリン・サーモン アリエル・ブロメン アマウリー・ノラスコ マイケル・ピット ガル・ギャドット ライアン・レイノルズ アンソニー・ホプキンス アントン・イェルチン デヴィッド・モース スティーヴン・キング スコット・ヒックス ミカ・ブーレム ジェレミー・デイヴィス スティーヴン・シャインバーグ マギー・ギレンホール ジェームズ・スペイダー ラナ・ウォシャウスキー リリー・ウォシャウスキー ショーン・ビーン ミラ・クニス ジョーイ・ファトーン ニア・ヴァルダロス ジョエル・ズウィック イアン・ゴメス ジョン・コーベット ジョン・ヘダー ウィル・スペック ジョシュ・ゴードン スー・チー ジェイソン・ステイサム ルイ・レテリエ カーク・ジョーンズ ジョン・ステイモス イモージェン・プーツ ジェレミー・レナー ファン・カルロス・フレスナディージョ キャサリン・マコーマック ダニー・ボイル ロバート・カーライル ベン・アフレック ザック・スナイダー ガル・ガドット ダイアン・レイン ジェシー・アイゼンバーグ エイミー・アダムス ヘンリー・カヴィル アンセル・エルゴート マイルズ・テラー シャイリーン・ウッドリー ロベルト・シュヴェンケ ショーン・アンダース マーク・ウォールバーグ リンダ・カーデリーニ トム・ハンクス マーク・ライランス エドワード・ジェームズ・ハイランド エイミー・ライアン オースティン・ストウェル マイケル・ペーニャ リドリー・スコット 

プロフィール

ロココ

Author:ロココ
いらっしゃいませ。カフェへようこそ!
ここでは素人目線で映画について言いたい放題、アメリカから映画レビューをお届けしています。→日本に帰国しました!
基本はネタバレなし!ゆっくりしていってくださいね。
リンクフリー、TB大歓迎、古い記事でも気軽にコメントして下さい。

PR
クリックしてね☆
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム
コメント欄にはちょっと書きずらいなぁ・・・という方!お気軽にメールください☆

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。