FC2ブログ

羊の木 (2018) 481本目

不安定な人々の不安定な映画 羊の木 

出演:
月末一役 錦戸亮
石田文役 木村文乃
杉山勝志役 北村一輝
太田理江子役 優香
栗本清美役 市川実日子
宮腰一郎役 松田龍平

監督:
吉田大八
お勧め度★★☆☆☆

錦戸亮が関ジャニを辞めたのをしばらく知らなくて
なんとなく私にとっては「いつの間にかいなくなった」って感じでした。
結構あのメンバーの中でわちゃわちゃやっている様子を見るのが好きだったのでとても寂しい気持ちになったよ。
なぜ、みんな今のままではダメだと思ってどこかに行きたがるのでしょう?
転職みたいな感覚?
でも、大手商社に就職した人は定年退職まで同じ会社で働くよね。
もちろん、小さな会社にずっと誠意を尽くしていく人だっているし、全然悪くない。
自分が求めている事と周りに求められている事が違うことに罪悪感を感じる必要なんてないのにな~、と勝手に思います。(あ、別に錦戸亮がそうだと言っているわけではありませんが)
そんな彼の主演作。

小さな港町富山県魚深市。
そこでは地方都市に元受刑者を移住させるという国の極秘更生プロジェクトが行われていた。
6人の元受刑者を順番に迎えに行く月末が、彼らの過去を知り、彼らを見守っていくが、ある日、この静かな港で死体が発見される。

最後まで映画を見ると、

え!これで終わりなの?

と、なぜか感じてしまう。
2時間ほどの映画で時間はたっぷりあるのだけれど、なんだか消化不良。
全体的に薄っぺらいのです。
ただ、何か解き明かされていない謎がある、とかそういう事はなく、6人の受刑者の過去も語られるし、不気味なお祭りはあるし、事件は起こるし、ちょっとした恋愛もあり、盛りだくさんなはずなのに、なぜか物足りない

こちら漫画が原作だそうで。

全5巻、41話。
原作では11人の元受刑者を受け入れるところ、映画では6人に。
しかも内容は全然違うそうです。
半分にしたとしてもやっぱり2時間で6人のエピソードを入れるのは無理があったのか・・・
6人の過去についてはちょっとだけ語られる程度。
私が特に気になったのは栗本清美。
彼女が「羊の木」を見つけるのだけれど、タイトルになっているくらいだから何かあるのか、彼女の奇妙なクセと何か関係があるのか、といろいろと思いを巡らせたのだけれど、

特に何もなかった・・・!

じゃあ、「羊の木」って何なの?ってことなんだけれど、映画の冒頭ででてくる「東タタール旅行記」の一説にあるように、羊の木の存在が信じられていた時代があった。
でも、当たり前だけど、本当はそんなものない。
そこに映画のキャッチフレーズにもなっているけど、「信じるか、疑うか?」っていう象徴なのだろうね。
制作側は意味については言及せず、自由な発想で考えてくださいっていうスタンスらしいのだけれど、

そういう投げかけ方ってモヤっとする

だから映画もモヤっとしているのだろう。

ただ、栗本清美が見つけた「羊の木」に、羊は5匹しかいない。
あ~、モヤっとするね。

さて、今回舞台になっている富山県魚深市。
もちろん架空の町です。
ただ、ロケ地になっているのは富山県魚津市。

似てる~!

なんとなく、嬉しいような悲しいような。
劇中にでてくる「のろろ様」みたいな奇祭は確かに全国にあるだろうけれど、なんだかこのエピソードが長くて、長いわりに特に大きなドラマもなく。
ちょっと「トリック」を思い出させる。
だから、笑っていいのか、真剣に見た方がいいのか、よくわからなかった。
結末もしかり。
でも、原作の作者はギャグマンガの巨匠だというから、ここは笑うところなのか・・・?

主演の錦戸亮。
頼りなさげで人が良い感じが良い。

元受刑者役はそれぞれ有名俳優が演じていて、かなり豪華!
その中でも優香がすごい!

そんな事もやっちゃうの??!!(って過度に期待させたらスミマセン)

ただ、色気があり過ぎて、リアル感がなかった。
いくら田舎町でも、もっといい相手はいるでしょ?

この映画、面白かった!という人がいたら、どのあたりが良かったか、教えてくださいな。
犯罪者を町に移住させる極秘プロジェクト!というところは凄く面白そうだったんだけど・・・。
それだけに、残念。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング




マッチポイント (2006) MATCH POINT479本目

イケナイ恋の末路 マッチポイント (MATCH POINT)

出演:
クリス・ウィルトン役 ジョナサン・リース=マイヤーズ
ノラ・ライス役 スカーレット・ヨハンソン
トム・ヒューイット役 マシュー・グッド
クロエ・ヒューイット役 エミリー・モーティマー

監督:
ウディ・アレン
お勧め度★★☆☆☆

この映画、2005年に一度見ているんだけれど、その時は「随分エロい映画だなぁ」というイメージがあり、ストーリーを全然覚えていなかった!
でも、見直してみたら、案外そうでもなかったね。
たぶん、そういうシーンがストーリーの中でもあまりにも印象的だったから、そう思ったのかも。
約15年ぶりに見直してみました。

クリスはアイルランドの貧しい家出身のプロテニスプレイヤーだったが、引退し、クラブでテニスを教えるようになった。
そこで出会った上流階級のトム。
彼の紹介で彼の妹と付き合うようになるが、同時にトムの恋人のノラに惹かれていく。
2人の恋の行方は・・・。

昔見た時も思いましたが、

なんだかパッとしない映画だなぁ

「アメリカの悲劇」や「罪と罰」などをモチーフにしているらしいのですが、この映画の良さが全く分からなかった。
主人公のクリスにも、ノラにも共感できず。
芸術的な映画のような気はするけれど、なんだかすっきりしない。
と、思っていたら、

あ!ウディ・アレンの映画だった!

ごめんなさい。
なぜか彼の映画の良さは私の感覚では理解できず・・・。
映画好きのお洒落さんが好きと言っているウディ・アレン。
いくつか見ていますが(レビューしたのは「ミッドナイト・イン・パリ(2012)」「マジック・イン・ムーンライト (2014) 」だけですが・・・)私はそこにははまらないんだよなぁ残念ながら。
いやいや、まだ諦めません!
まだまだ彼の映画はありますから!

今回の映画はウディ・アレン自身の一番のお気に入りとか・・・。

マジか

主人公のクリスはアイルランド出身で、あまり裕福でない家出身らしい。
でも、彼の実家とかは全くでてきません。
そして、そんな田舎出身のテニスプレーヤーだというのにオペラが好きというアンバランス感。
でも、オペラが好きというところから上流階級のトムと仲良くなるので、ここは大切な趣味です。
そしてトムの妹が気になっているというのに、ノラというセクシーな女性が表れた途端にそちらになびくという・・・
まあ、男としては羨ましいだろうけれど、最低です。
そんな主人公のクリスがトムの妹とノラの間でグラグラするというストーリー。

主人公のクリス役のジョナサン・リース=マイヤーズ。
360px-Jonathan_Rhys_Meyers_Cabourg_2013.jpg
結構複雑な幼少期を過ごし、アルコール依存症などと戦いながらコンスタントに映画には出演しているようですが、私はあんまり見ていませんでした。
クリスはモテモテですが、映画の中のクリスより、インテビューのジョナサン・リース=マイヤーズの方が素敵

魅惑の女ノラを演じるスカーレット・ヨハンソン。
360px-Scarlett_Johansson_by_Gage_Skidmore_2_(cropped).jpg
とにかくセクシー
クリスが惹かれちゃうの、わかる、わかるわぁ。
でも、クリスにノラが惹かれるのはわかんない

トムの妹、クロエ役のエミリー・モーティマー。
300px-Emily_Mortimer_2011_Shankbone.jpg
好きだなぁ。

だって可愛いんだもん!
恋人としても妻としても素敵な人。

この映画にはロンドンの名所も登場します。
クリスとクロエが最初にデートしたサーチギャラリーやテート・モダン、ロイヤル・オペラ・ハウス、ウェストミンスター宮殿などなど。
そしてクリスがこの上流階級と付き合うようになって好きになったワイン。
ピュリニー・モンラッシェ。

彼らが飲んでいるのがどのピュリニー・モンラッシェかはわかりませんが・・・。
白ワインの頂点と言われているワインです。
飲みたい~!

この映画、面白かった!という人がいたら、どのあたりが良かったか、教えてくださいな。
不倫をしている人にオススメ。
イケナイ恋というのは、客観的に見ると、こんな感じです。
ええ、不毛です。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

コンセント (2002) 478本目

これは・・・ホラーではないですよね? コンセント 

出演:
朝倉ユキ役 市川実和子
木村役 村上淳
律子役 つみきみほ
貴之役 木下ほうか
山岸役 小市慢太郎
国貞役 芥正彦

監督:
中原俊
お勧め度★★☆☆☆

もしも人生やり直せるなら精神科医か警察官になりたい、という夢があります
精神科医と、言っていいのかわからないけれど、どうして人は精神を病んでしまうのかのメカニズムを研究したい。
日本ではそういう所に行った事はないけれど、アメリカでは結構すぐに気軽な感じでカウンセリングに行く人が多いです。
ほら、離婚しそうになったりしたら行ったりするし。
いきつけのカウンセラーとかがいるもんね。
精神科医とカウンセラーは違うと思うけれど、そういう職業について、人間の精神について知って観たかったなぁ。
でも、この映画では「精神病の原因はわからない」と言ってました。

フリーライターのユキの兄がアパートで死体で見つかった。
そしてアパートにはコンセントに繋いである掃除機が。
それ以来、ユキは臭いに敏感になり、幻想に悩まされるようになる。
兄がユキに残したメッセージとは何か?

こちら田口ランディのベストセラー小説の映画化。

ベストセラーっていうくらいだから、小説はめちゃくちゃ面白いんだと思う。
でも映画は・・・

かなり退屈な映画でした

なぜだろう?
ユキ役の市川実和子の演技のせいなのか?
たぶん、普段彼女はこういうしゃべり方なのかもしれないけれど、目鼻立ちははっきりとしているのに、表情が乏しい。
何事にも動じないユキの性格上、しょうがないのかもしれないけれど、なんだか淡々としていて、棒読みだった。
木下ほうかや、つみきみほ、小市慢太郎などの実力派俳優の中で、彼女だけ映画の中でリズムが違ってて、本を読んでるみたいな感じ。
意図的なのだろうかね?
普通に世の中にいたら、スタイル抜群の美人なんだろうけれど、映画の中では男を誘惑するような魅力ある女性には見えなかったなぁ・・・。
ただ、市川実和子の体当たり演技には驚きました。

彼女の美しい裸体は見る価値あり!

巨乳とかいうわけではないのですが、スタイル抜群なので、後ろ姿も美しい。
すぐに男と寝てしまうのだけれど、それが男たちの癒しになるという不思議な体質の彼女。
ただそこだけ見てしまうと安っぽいAVみたいな感じですけど
ただ、どエロかというと、そうでもなく、エロでもグロでもない、中途半端な感じです。

そしてどこまでが夢で、どこまでが現実なのかがよくわからず。
犬のエピソード、大学の合宿でのエピソード等々。
一瞬ホラーかと思うような演出があったかと思うと、コメディーのようなシーンがあったり。
とにかくツギハギ、バラバラなシーンが淡々と続きます。

そして最大の謎だった兄の死とコンセントの意味。
うーん、わかったようなわからなかったような。
両親のエピソードも詳しく語られずに印象深いシーンだけがピックアップされているので、なぜ?って感じです。
兄にもユキにも共感できず

そして最大のポイント

国貞がキモ過ぎる!

国貞とは、ユキが昔関係のあった大学の先生なのですが、どうしてこんな人に惹かれたかもよくわからないし、笑わせたいのか、怖がらせたいのかわからない
そんな国貞に相談に行くユキの神経も意味不明だし、彼と関係を持つことも理解不能。
もちろん、それはユキの「特殊体質」に原因があったんだろうけれど、それにしてもキモイ!
ゾワゾワさせられました

この映画、面白かった!という人がいたら、どのあたりが良かったか、教えてくださいな。
いろいろな解釈があるのだと思うけれど、私にとってはすべて「」でした。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング



鑑定士と顔のない依頼人 (2013) THE BEST OFFER 475本目

孤独な老人の悲しい映画 鑑定士と顔のない依頼人 (THE BEST OFFER)

出演:
ヴァージル・オールドマン役 ジェフリー・ラッシュ
ロバート役 ジム・スタージェス
クレア・イベットソン役 シルヴィア・フークス
ビリー・ホイッスラー役 ドナルド・サザーランド

監督:
ジュゼッペ・トルナトーレ
お勧め度★★☆☆☆

芸術って本当にわからないのよね。
美術館に行くのは嫌いではないのだけれど、価値については本当にわからない。
落書きみたいな絵に何億も払ってオフィスに飾って満足している人を見ると、逆に心底羨ましい。
でも、お金になるから人が集まるのかもね。

美術鑑定士として成功を収めていたヴァージル。
彼の元に一件の奇妙な依頼が舞い込む。
家の美術品を査定して欲しいというが、その依頼人はなぜか姿を見せない。
使用人でさえも一度もその姿を見たことがないという。
その依頼人の女性に次第に惹かれるヴァージル。
彼女の正体と、彼に待ち受ける運命とは?

正直言って、

久しぶりにひどい映画を見た

という気分。
ただ、途中まではとってもワクワクして、ドキドキして、面白かったから、結末に本当に残念。
しかも、結末部分から過去の回想への繋ぎの部分がなく、ただただ残念。
そして、いろいろな想像はできるのだけれど、最終的に確実な説明がないので、とても消化不良。

こういう映画が好きな人がいるんだろうけれど、

はっきりいって悪趣味

ある意味ホラーだった・・・。

主人公のヴァージルはとても優秀な鑑定士なのだけれど、友人のビリーと組んで、価値のある美術品を安くセリ落とし、密に自分のものにしています。
それは詐欺みたいなもんだろうけど、なんだかそこまで悪い事のようには見えない。
例えば、安く手に入れて高い値段で売って利益を得るとかなら、わかるのだけれど、実際に彼がやっていることはコレクションすること。
だけど、物凄くお金持ちみたい。
鑑定士ってそんなに儲かるのかしら?
だけどビリー以外には恋人も友人もおらず、1人でいつも食事をしているような孤独な老人。
そんな彼に舞い込んできた奇妙な依頼で人生を翻弄される。

映画の中でヴァージルとロバートの会話はなかなか面白い。
その2人の会話ににでてくる「チェスを指すトルコ人」。
この人形は制作された1770年から1854年まで、多くの持ち主に渡ってオートマタとして展示されていたのですが、実は1820年前半には、これはオートマタではなく、人間が操っているただの人形だということが判明したそうな。
手品、みたいなもの?
まあ、インチキだったようです。

そして2人の会話の中に登場するヴァーカンソンという名前。
彼はフランスの発明家でオートマタを作成していた人。
1700年代にすでにオートマタが流行っていたんだね。

そしてそのオートマタに魅了されるヴァージル

主人公のヴァージル役のジェフリー・ラッシュ。
285px-Geoffrey_Rush_Cannes_2011.jpg
「シャイン」で有名な彼。
気難しく、孤独な老人役がぴったりです。
確かにヴァージルはとても人から好かれるような性格ではないみたいだけれど、時々優しいところがあって、悪い人ではないような気がする。
そして何よりも愛が彼を変えたんだよね。

友人でなんでも直すことができる機械職人のロバート役にジム・スタージェス。
375px-Jim_Sturgess.jpg
なかなかのハンサムでイイ感じの人。
どこかで見たことあるなぁと思っていたら、「ワン・デイ  23年のラブストーリー」で、イケメンクズ男を演じていた!
なかなかのクセモノです。

そして友人のビリー役にドナルド・サザーランド。
330px-Donald-Sutherland.jpg
すみません、キーファー・サザーランドのお父さんと言う方が私にとっては馴染みがある。
あたりまえだけど顔似てるよね

この映画、面白かった!という人がいたら、どのあたりが良かったか、教えてくださいな。
いや、ほんと、4分の3くらいは依頼人のミステリアスさや向かいのバーの住人も含め、個性的なキャラクター達で上質なミステリーなんだろうな、と面白く見ていたからこそ、最後の最後でなんだかがっかりしちゃった。
でも、それ以外の結末っだったら、どうなのか?と言われると確かに・・・。
ただ、ヴァージルの"There's something authentic in every forgery"という言葉はこの映画でとても重要な意味を持っていると思う。
そう思ってないと、本当にただ悲しいだけになっちゃうし・・・。
怖い物みたさ感が好きな人にはオススメ。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング




言の葉の庭 (2013) 460本目

エンディングがすごぶる良い! 言の葉の庭

出演:
秋月 孝雄役 入野自由
雪野 百香里役 花澤香菜

監督:
新海誠
お勧め度★★☆☆☆

天気の子まであと一つ!
今までレビューしたのは「ほしのこえ (2002) 」「雲のむこう、約束の場所 (2004)」「秒速5センチメートル (2007) 」「星を追う子ども (2011)」そして「君の名は。(2016)」です。
ではこちら!

靴職人を目指している高校生タカオは学校をさぼって庭園にいた。
そこで昼間からチョコレートとビールを飲んでいる女性、ユキノと出会う。
それぞれに生きづらさを抱えた2人だが、雨の日に偶然会っているうちにタカオはユキノに恋し始める。

前作「星を追う子ども (2011)」で2時間弱の大作ファンタジーを見せてくれたと思ったら、今回46分

とにかく雨が実写のように美しい

陰鬱な主人公や何とも言えない結末など、新海監督のカラーが良く出ている映画のように感じました。
とにかく風景が美しすぎる。
新宿御苑がモデルということなんだけれど、実写のようであって、たぶん実物より美しい。

ストーリーとしては、またもやツッコミどころ満載です。
高校生のタカオが年上の女性に恋い焦がれる感じはもしかしたら、男の子なら誰でも経験があるのかもしれないけれど、女性の立場から言って、大人が高校生男子に恋するって、しっくりこなかった。
それなのに、ユカリは結構な思わせぶりなことしちゃってさ

最初にユカリが「雷神の 少し響みて さし曇り 雨も降らぬか 君を留めむ」という万葉集の歌を意味深にタカオに伝えるんだけれど、これは完全に恋の歌。
雨が降ってあなたを引き留めたいという気持ちを表している歌です。
色気さえ感じるような歌です。
もちろん、ユカリは歌の意味ではなく、自分の素性についてほのめかすために和歌を詠んだのかもしれせんが。
そしてそれにちゃんと答えるタカオ。
っていうか、よっぽど古文の知識がなかったら言われた歌を覚えることすらできないよ!
私は「え?何て言ったの?」ってな感じだったので。
それを学校に行っていないタカオがすんなり覚えて家に帰って意味を調べたり、返しの歌を調べたりするもんだろうかね。
というか、夢があるなら

学校に行ってちゃんと勉強しなさい!

ただ、タカオの突っ走り感は高校生らしくて良いけど、なんだか正直ウザかったです。
最近若い男の子に恋するドラマなどが流行ってるので、受け入れやすいのかしら?
私には無理だわ。
これがアラフォーとアラサーならいいんだけど、高校生と大人というのはちょっと受け付けませんでした。
あ、でも女子高生と教師なら話は別なんだけどね。
勝手ですが。

ただ、この映画、映像だけでなく、最高に素晴らしい絶対に見るべきシーンがあるんです。
ズバリ、

エンディング

マジで何度もエンディングだけ見てしまいました。
と、いうのも、エンディングテーマが最高に素晴らしい

ヘタウマの天才「大江千里」の「Rain」を秦基博がカバーしています。
秦基博はたしかに、オリジナルでもいい曲あるんだけど、カバーがすこぶる良くて、感動するよね。
オリジナル曲に恵まれない凄腕シンガー第1位が秦基博、第2位がサムシングエルス(懐かしい)。
私の密かなランキングです。
とても才能のあるシンガーだからカバーしたら、オリジナルの何倍も上にいっちゃう!
大江千里のオリジナルはぶつかり合う2人の男女って感じなのですが、秦基博はもっとスマートに恋している2人が登場しているような感じ。
もちろん大江千里のオリジナルも素晴らしいです。

※ちなみにアマゾンプライムミュージックならオリジナルの大江千里とさらに槇原敬之バージョンも聞けます。

ついでに、本編は全然面白くないのにエンディング最高!な映画第1位に「言の葉の庭」が選ばれました。(マイランキング)
ちなみに2位は「風立ちぬ(2013)」です

今回主人公のタカオを演じた入野自由。
自由と書いてミユ。
素敵な名前
前作の「星を追う子ども (2011)」でもシュンとシンという重要な役を演じていました。
深海監督が好きな声優なんだろうかね。

この映画、面白かった!という人がいたら、どのあたりが良かったか、教えてくださいな。
残念ながらストーリーのつまらなさが美しい映像と素晴らしいエンディングを上回ってしまいました。
というわけで、次回はついに「天気の子」です!

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング


関連タグ

小林聡美 倍賞美津子 多部未華子 志賀廣太郎 水田伸生 北村匠海 お勧め度★★★☆☆ ナ・ムニ ファン・ドンヒョク シム・ウンギョン ベレン・ルエダ リュイス・オマール ギリェム・モラレス デーヴ・パテール ニコール・キッドマン ガース・デイヴィス ルーニー・マーラ トレヴァンテ・ローズ マハーシャラ・アリ バリー・ジェンキンス アンドレ・ホランド 中村義洋 上田大樹 川口春奈 鶴田法男 高畑淳子 山崎一 リーアム・ニーソン ジャウム・コレット=セラ ジョエル・キナマン コモン エド・ハリス 沢尻エリカ 白石晃士 間宮祥太朗 テット・ワダ 新田真剣佑 松坂桃李 長谷川博己 菅田将暉 リー・フランキー 門脇麦 岸善幸 デヴィッド・F・サンドバーグ お勧め度★★★★☆ マリア・ベロ アレクサンダー・ディペルシア テリーサ・パーマー 広瀬すず 小池栄子 板谷由夏 渡辺直美 山本舞香 大根仁 篠原涼子 富田望生 ユ・ホジョン カン・ヒョンチョル クレア・フォイ ライアン・ゴズリング デイミアン・チャゼル 風間杜夫 豊川悦司 阿部寛 鶴橋康夫 斎藤工 寺島しのぶ ペトリ・ルーッカイネン イズラエル・ブルサード クリストファー・B・ランドン ルビー・モディーン フィー・ヴ お勧め度★★★★★ ジェシカ・ローテ 佐藤健 三浦大輔 二階堂ふみ 山田孝之 有村架純 岡田将生 シャーリーズ・セロン ジェイソン・ライトマン ロン・リビングストン マッケンジー・デイヴィス 峰岸徹 薬師丸ひろ子 高柳良一 長谷川真砂美 大林宣彦 石田ゆり子 吉田羊 松重豊 林遣都 波瑠 伊藤健太郎 ベニチオ・デル・トロ ステファノ・ソリマ イザベラ・モナー ジョシュ・ブローリン 谷村美月 佐津川愛美 木南晴夏 三木康一郎 ハリソン・フォード クリス・ルノー エリック・ストーンストリート パットン・オズワルト 堤幸彦 木村文乃 森田甘路 松田翔太 前田敦子 レイチェル・マクアダムス ビル・ナイ ドーナル・グリーソン リチャード・カーティス 永井聡 大泉洋 小松菜奈 西島秀俊 坂口健太郎 ローレンス・フィッシュバーン チャド・スタエルスキ リッカルド・スカマルチョ キアヌ・リーブス 木村拓哉 長澤まさみ 鈴木雅之 小日向文世 ダーモット・マローニー リン・シェイ ステファニー・スコット アンガス・サンプソン リー・ワネル ローズ・バーン ジェームズ・ワン パトリック・ウィルソン ドリュー・バリモア アダム・サンドラー ピーター・シーガル GACKT 武内英樹 伊勢谷友介 カーク・ダグラス キャロリン・ジョーンズ アンソニー・クイン アール・ホリマン ジョン・スタージェス エイミー・シューマー エミリー・ラタコウスキー ミシェル・ウィリアムズ アビー・コーン マーク・シルヴァースタイン ザック・エフロン マックス・ジョゼフ ヴェラ・ファーミガ マイケル・パトリック・キング キム・キャトラル クリス・ノース シンシア・ニクソン サラ・ジェシカ・パーカー クリスティン・デイヴィス ショーン・S・カニンガム ケン・ラッセル ヘンリー・ギブソン ジョン・ゲイター ジェイス・バルトーク お勧め度★☆☆☆☆ モンテ・ヘルマン ジョー・ダンテ 蒼井優 鈴木伸之 窪田正孝 萩原健太郎 清水富美加 ニック・オファーマン ジョン・リー・ハンコック マイケル・キートン ジョン・キャロル・リンチ リンダ・カーデリーニ 北川景子 小栗旬 大友花恋 浜辺美波 デイヴ・フランコ ジェシー・アイゼンバーグ ウディ・ハレルソン ダニエル・ラドクリフ リジー・キャプラン ジョン・M・チュウ ジェイ・チョウ マーク・ラファロ ルイ・ルテリエ アイラ・フィッシャー 岡山天音 森崎ウィン 安里麻里 岩澤宏樹 大畑創 内藤瑛亮 モーガン・フリーマン ダイアン・キートン リチャード・ロンクレイン ヒュー・ジャックマン ドゥニ・ヴィルヌーヴ ジェイク・ギレンホール ポール・ダノ メリッサ・レオ 工藤阿須加 成島出 黒木華 福士蒼汰 ジェーン・ローウェン ステファン・ポートランド マイケル・ガジン ジュリエット・ライランス ジェームズ・ランソン スコット・デリクソン イーサン・ホーク エミリー・ブラント 上田慎一郎 濱津隆之 真魚 しゅはまはるみ 耶雲哉治 竹内太郎 向井理 ひろみ 早見あかり 石橋杏奈 ミシェル・モナハン ケヴィン・ジェームズ クリス・コロンバス ニール・ブロムカンプ シャールト・コプリー シガニー・ウィーバー ワトキン・チューダー・ジョーンズ ヨ=ランディ・ヴィッサー お勧め度★★☆☆☆ 錦戸亮 北村一輝 松田龍平 吉田大八 市川実日子 優香 マシュー・グッド エミリー・モーティマー スカーレット・ヨハンソン ジョナサン・リース=マイヤーズ ウディ・アレン 小市慢太郎 市川実和子 中原俊 つみきみほ 村上淳 芥正彦 木下ほうか 西村雅彦 寺脇康文 佐々木蔵之介 上地雄輔 六角精児 深田恭子 柄本時生 知念侑李 ジム・スタージェス ドナルド・サザーランド シルヴィア・フークス ジェフリー・ラッシュ ジュゼッペ・トルナトーレ 天海祐希 遊川和彦 ジェイミー・ブラックリー R・J・カトラー ミレイユ・イーノス クロエ・グレース・モレッツ ミカエル・ニクヴィスト ニールス・アルデン・オプレヴ ノオミ・ラパス 中田秀夫 田中圭 千葉雄大 成田凌 オマール・シー エリック・トレダノ フランソワ・クリュゼ オリヴィエ・ナカシュ ジェニファー・ローレンス デヴィッド・O・ラッセル ブラッドリー・クーパー ロバート・デ・ニーロ ジョン・ウェルズ シエナ・ミラー ダニエル・ブリュール 藤原竜也 及川光博 中川翼 平川雄一朗 本田翼 森七菜  醍醐虎汰朗 新海誠 入野自由 花澤香菜 金元寿子 井上和彦 トム・ハンクス ティム・アレン ジョシュ・クーリー ウィル・スミス ガイ・リッチー ナオミ・スコット メナ・マスード 水橋研二 花村怜美 近藤好美 アリソン・ウィリアムズ キャサリン・キーナー ブラッドリー・ウィットフォード ジョーダン・ピール ダニエル・カルーヤ マックス・シエリオット マーク・トンデライ エリザベス・シュー ローソン・マーシャル・サーバー ドウェイン・ジョンソン ネーヴ・キャンベル キャサリン・ウォーターストン ショーン・サイポス スコット・イーストウッド サラ・パクストン ジャック・ヘラー クリストファー・デナム ジョセフ・ゴードン=レヴィット ライアン・ジョンソン ブルース・ウィリス バハール・パルス ハンネス・ホルム ロルフ・ラッスゴード イーダ・エングヴォル アレクサンダー・ブラック サリタ・チョウドリー トム・ティクヴァ 川島鈴遥 三浦誠己 サラ・ローマー D・J・カルーソー デヴィッド・モース アーロン・ヨー シャイア・ラブーフ アビー・コーニッシュ ニール・バーガー テア・シャーロック エミリア・クラーク サム・クラフリン トニ・コレット キャサリン・ハードウィック 小泉今日子 永瀬正敏 ロドリゴ・グランデ レオナルド・スバラーリャ クララ・ラゴ レスリー・ビブ ブルック・シールズ 北村龍平 クヒオ大佐役 満島ひかり 中村優子 松雪泰子 堺雅人 ダーレン・リン・バウズマン ティモシー・ギブス ロネ・シェルフィグ アン・ハサウェイ 伊藤英明 仲村トオル 入江悠 セス・マクファーレン タロン・エガートン リース・ウィザースプーン マシュー・マコノヒー トリー・ケリー デニス・クエイド ラッセ・ハルストレム ジョニー・フリン ケイト・バーカー=フロイランド 尾野真千子 妻夫木聡 大沢たかお 佐藤祐市 竹内結子 アデレイド・クレメンス ラダ・ミッチェル キット・ハリントン ショーン・ビーン マイケル・J・バセット ロージー・デイ ラウル・ボバ エラ・レムハーゲン ピエール瀧 リリー・フランキー 白石和彌 市村正親 上戸彩 宍戸開 グヴィネス・パルトロー ユアン・マクレガー デヴィッド・コープ ジョニー・デップ 佐々部清 宮崎あおい クリストファー・ノーラン レオナルド・ディカプリオ 渡辺謙 スティーブン・カンパネッリ モーガンフリーマン オルガ・キュリレンコ ピリ・グロワーヌ カトリーヌ・ドヌーヴ ジャコ・ヴァン・ドルマル ブノワ・ポールヴールド ロマン・ポランスキー エマニュエル・セニエ デンゼル・ワシントン アントワーン・フークア ビル・プルマン ペドロ・パスカル ミラ・クニス ゲイリー・オールドマン アルバート・ヒューズ アレン・ヒューズ カルラ・ブルーニ オーウェン・ウィルソン メラニー・グリフィス ビアギッテ・ヨート・ソレンセン アントニオ・バンデラス ガベ・イバニョス 橋本一 菜々緒 綾野剛 金子ノブアキ 井上真央 蓮佛美沙子 マーク・フォースター ヘイリー・アトウェル キム・コーツ クリストフ・ガンズ ローリー・ホールデン シェーン・アッカー ジェニファー・コネリー イライジャ・ウッド 西田敏行 小雪 ブライク・ライヴリー ミキール・ハースマン リー・トランド・クリーガー 奥菜恵 山崎裕太 反田孝幸 岩井俊二 瑛太 山崎努 阿部サダヲ 寺脇康史 伊藤淳史 土井裕泰 野村周平 カリーナ・カプール シャルマン・ジョシ ラージクマール・ヒラーニ アーミル・カーン R.マドハヴァン テリー・ハッチャー ヘンリー・セリック ダコタ・ファニング 原田眞人 吉高由里子 二宮和也 ゲイリー・ロス サラ・ポールソン サンドラ・ブロック リアーナ ケイト・ブランシェット ミンディ・カリング オークワフィナ レベッカ・ファーガソン トム・クルーズ クリストファー・マッカリー ヘンリー・カヴィル サイモン・ペッグ テイト・テイラー ジャスティン・セロー ヘイリー・ベネット シャロン・マグワイヤ レニー・ゼルヴィガー パトリック・デンプシー コリン・ファース スタンリー・キューブリック ダグ・ジョーンズ イバナ・バケロ ギレルモ・デル・トロ 西谷弘 伊藤歩 アビゲイル・ブレスリン キャサリン・ゼタ=ジョーンズ アーロン・エッカート スコット・ヒックス キム・ベイシンガー デヴィッド・エリス クリス・エヴァンス ジェイソン・ステイサム ウィリアム・H・メイシー ジョン・レジェンド エマ・ストーン 臼田あさ美 富田靖子 モリーナ・バッカリン T・J・ミラー ライアン・レイノルズ ロバート・ダウニー・Jr クリス・ヘムズワース アンソニー・ルッソ デヴィッド・ストラザーン ポール・グリーングラス ジョアン・アレン ジュリア・スタイルズ マット・デイモン ミラ・ジョヴォヴィッチ ポール・W・S・アンダーソン エヴァ・アンダーソン ローラ アリ・ラーター ダグ・リーマン フランカ・ポテンテ クリス・クーパー 吉岡秀隆 南里侑香 萩原聖人 鈴木千尋 武藤寿美 ローラ・ダーン ティア・レオーニ サム・ニール アレッサンドロ・ニヴォラ ジョー・ジョンストン リチャード・アッテンボロー ジュリアン・ムーア ジェフ・ゴールドブラム ヴィンス・ヴォーン ヴァネッサ・リー・チェスター スティーヴン・スピルバーグ ウィル・フェレル ポール・ラッド クリスティナ・アップルゲイト アダム・マッケイ スティーヴ・カレル デヴィッド・ケックナー フレッド・ウィラード ルーク・ブレイシー エドガー・ラミレス エリクソン・コア レイ・ウィンストン 滝藤賢一 福山雅治 ジェイク・ジレンホール ダンカン・ジョーンズ ディラン・ミネット マット・リーヴス コディ・スミット=マクフィー 橋本愛 ビリー・ボブ・ソーントン 上白石萌音 神木隆之介 テオ・ジェームズ リチャード・ギア セドリック・ニコラス=トロイアン ジェシカ・チャステイン ブライアン・シンガー タイ・シェリダン ソフィー・ターナー ニコラス・ホルト ジェームズ・マカヴォイ エヴァン・ピーターズ オスカー・アイザック マイケル・ファスベンダー クリストファー・ウォーケン デクスター・フレッチャー 沢城みゆき ヤーロー・チーニー 永作博美 日村勇紀 設楽統 竹下景子 岡田准一 香川照之 ジョエル・コーエン イーサン・コーエン ジョージ・クルーニー チャニング・テイタム ジョナ・ヒル アンドリュー・スタントン アンガス・マクレーン 浅野温子 柴田恭兵 木の実ナナ 吉川晃司 村川透 夕輝壽太 舘ひろし ミシェル・ファイファー ダニー・デヴィート ティム・バートン ジャック・ニコルソン ロバート・ウール フランセス・オコナー ジェームズ・マーシュ フェリシティ・ジョーンズ エディ・レッドメイン チャーリー・コックス マキシン・ピーク ピーター・ウェラー デヴィッド・クローネンバーグ イアン・ホルム ジュディ・デイヴィス セレーナ・ゴメス セス・ローゲン ニコラス・ストーラー サクソン・シャービノ サム・ロックウェル カイル・キャトレット ローズマリー・デウィット ケネディ・クレメンツ ギル・キーナン レイグ・T・ネルソン クジョベス・ウィリアムズ ヘザー・オルーク ドミニク・ダン トビー・フーパー オリヴァー・ロビンス エイミー・ポーラー ピート・ドクター ロニー・デル・カルメン ウィル・ポールター トム・ハーディ 柴咲コウ 水原希子 高嶋政宏 古田新太 濱田岳 ナオミ・ワッツ アーミー・ハマー ジェニファー・ガーナー ケビン・コスナー ヘザー・グラハム ジョセフ・ファインズ チェン・カイコー コリン・サーモン アリエル・ブロメン アマウリー・ノラスコ ガル・ギャドット マイケル・ピット トミー・リー・ジョーンズ ミカ・ブーレム アントン・イェルチン アンソニー・ホプキンス スティーヴン・キング マギー・ギレンホール ジェームズ・スペイダー ジェレミー・デイヴィス スティーヴン・シャインバーグ リリー・ウォシャウスキー ラナ・ウォシャウスキー ニア・ヴァルダロス ジョン・コーベット ジョーイ・ファトーン イアン・ゴメス ジョエル・ズウィック ジョン・ヘダー ウィル・スペック ジョシュ・ゴードン スー・チー ルイ・レテリエ ジョン・ステイモス カーク・ジョーンズ イモージェン・プーツ ジェレミー・レナー ダニー・ボイル キャサリン・マコーマック ファン・カルロス・フレスナディージョ ロバート・カーライル ダイアン・レイン エイミー・アダムス ベン・アフレック ザック・スナイダー ガル・ガドット アンセル・エルゴート ロベルト・シュヴェンケ マイルズ・テラー シャイリーン・ウッドリー ショーン・アンダース マーク・ウォールバーグ エイミー・ライアン マーク・ライランス エドワード・ジェームズ・ハイランド オースティン・ストウェル エリック・バナ ジョエル・マクヘイル 

プロフィール

ロココ

Author:ロココ
いらっしゃいませ。カフェへようこそ!
ここでは素人目線で映画について言いたい放題、アメリカから映画レビューをお届けしています。→日本に帰国しました!
基本はネタバレなし!ゆっくりしていってくださいね。
リンクフリー、TB大歓迎、古い記事でも気軽にコメントして下さい。

クリックしてね☆
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR