FC2ブログ

鬼談百景 (2016) 492本目

百じゃないよ、十だよ 鬼談百景

出演:
岡山天音
森崎ウィン

監督:
中村義洋、白石晃士、安里麻里、岩澤宏樹、大畑創、内藤瑛亮
お勧め度★★★☆☆

小野不由美原作のこの小説。
以前「残穢 (2016)」でも語りましたが、私、ティーンの頃、小野不由美が大好きだったんだよねー
本人は大変だったんだろうけれど、あの頃の少女小説をまた書いて欲しいなぁ。
主人公がちょっと生意気な一人称で語るポップなホラー。
そんな感じとは全然雰囲気の違う本作です

小説家である「私」の元に届いた100の話の中から10話を紹介。
それぞれタイトルは「追い越し」、「影男」、「尾けてくる」、「どこの子」、「空きチャンネル」、「一緒に見ていた」、「赤い女」、「続きをしよう」、「どろぼう」、「密閉」。

夏目漱石の「夢十夜」の「こんな夢を見た」みたいな感じで「こんな手紙が来た」から始まる10の物語。
いわゆる「世にも奇妙な・・・」の感じです。
でも、あそこまで教訓めいていたり、エンターテイメント性があるわけではなく、地味にジワジワ怖い系が多いかな?
特にどの話もオチが難しいなぁと思った。

え?それで?

って感じのお話が多く、結局何だったんだろうと考え出すとジワジワくる。
この映画は2016年1月23日に1日限りで上映されたそうで。
原作は99話になっていて、100話目が「残穢 (2016)」なんだそうです。


感想としては、

赤い女が一番怖かった!

ビジュアル的に。
2回以上みるとちょっと笑えてきちゃうのだけど、最初はただただ恐ろしい!
オチもなかなか好きです。

短編ホラーで残念なのは、細かい説明がない事、そしてタイトルでネタバレしちゃうことがある、っていうこと。
かといって全然関係ないタイトルをつけるわけにもいかないし。
あまりオチを予想しながら見ずに、ワクワク恐怖を味わってください。
演出は結構ありがちなスローモーションからなにやら意味深な描写も多く、それでもそれ以上語られないのが残念。
そして何よりうれしいことは、「残穢 (2016)」の主人公の「私」の元に来た手紙ということで、

ナレーションはちゃんと竹内結子がやっている!

これがとにかく嬉しい!
そして彼女の棒読み調子のナレーションがなかなかいい味出しています。

かといって、この話と残穢に直接的な関係があるかというと、全然ないので、どちらを先に見ても大丈夫です。

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
王道の驚かしももちろんあるけれど、どちらかというとライトなホラーです。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング





白ゆき姫殺人事件 (2014) 413本目

美しい人はやっぱり性格が悪い?! 白ゆき姫殺人事件

出演:
城野美姫役 井上真央
赤星雄治役 綾野剛
狩野里沙子役 蓮佛美沙子
三木典子役 菜々緒
篠山聡史役 金子ノブアキ


監督:中村義洋
お勧め度★★★☆☆

私、読書も好きです。
こちらの原作本も読みました。
でも大抵の場合、「原作の方がよかったなぁ」とか、「原作を越えなかった」という感想が多くて、自分が読んだ原作の中で映画が原作を越えた!っていうのは思い出せない。
でも、なんと!こちらは違いました
ストーリーとしては同じなので、どちらも面白いのだけど、「見せ方」という点で映画が勝利!

長野県のしぐれ谷で女性の焼死体が発見された。
その女性の名前は三木典子。
後輩の狩野里沙子がテレビ局で働く契約ディレクター赤星のその事件について話したことから、赤星は事件の関係者を取材し、その内容をツイッターでつぶやいて注目を浴びるようになる。
そしてこの事件の犯人といわれた城野。
この事件の真相とは?!

「名前に姫ってついている人ほどブス」という都市伝説がある(らしい)けれど、確かにそんな名前をつけられた子供はどこかしらで心を傷つけられたことがあるだろう。
だからこそキラキラネームってある意味親からのいじめだ。
でも、その名前でのし上がるのもまた、その子供の力量。
本当に名前って難しい

姫という名前がつきながら地味な人生をおくる城野美姫を演じる井上真央。
彼女、可愛いのに時々ものすごくイモもっぽい。
それがこのキャラにぴったり!

そして絶世の美女、三木典子役の菜々緒。
冒頭で里沙子が「美人だから性格が悪いっていうよな類の美人ではない」と言っていたから、小説を読んだ時には本当に三木典子は普通に素敵女子なんだと思ってたよ。
それほど小説では三木典子のダークな部分は掘り下げられてません。
でも映画で見ると、菜々緒のいろんな表情がとにかく意地悪で、「やっぱりか!」と思っちゃった。

まず、原作と映画の設定の大きな違いは
①赤星が雑誌記者ではなくテレビのディレクター 
②それゆえに媒体は雑誌ではなくテレビ番組

そしてこの違いが映画としてもの凄い良い結果をもたらしている!!

この原作の湊かなえの小説はかなり実験的な作りになっていて、
最初はすべて赤星がとったインタビューが並べられている。
その後にツイッター、そして雑誌の記事というように並んでいるので、冒頭から読むとネタバレしてから資料を見返す仕様になっていて、せっかくのツイッターや雑誌がうまい事生きてない。
それに比べて映画は、インタビューとツイッター、テレビ番組が交互に登場するので、分かりやすい上にこの小説の根底になっている「みんな嘘つき」って感じがすごく出てる。
嘘つきというか、人は立場によって感じ方が全然ちがうんだなぁって。
楽しい妄想にふけってニヤリとしているとことが、憎悪に燃えてほくそ笑んでいると勘違いされていたり。
自分が知らないうちに人を傷つけていた時のように、相手の思っていることが全然違ったりする。

そしてこのテレビ番組が「カベミミ」とかいう番組
朝ズバとミヤネ屋を足したような番組で、わざとらしさがなかなか面白くて私は好き。

残念なところといえば、城野の人となりを凄く表しているはずの大学時代のエピソードがかなり省かれているところ。

でも、映画では小説であまり語られていなかった三木典子の本性や、殺人の動機などがむしろ分かりやすくなっていた!
小説では三木典子を焼いたのはガソリンという事になっていて、それが城野の車にあったり、車のキーが刺さったままになっているなどの理由がちょっと偶然が多すぎるなぁと思っていましたが、映画ではそのあたりが自然であり、必然的に起こった出来事
に変えられていました。

そういう意味で今回は映画の方がよかったなぁ。

これは小説でも映画でも思ったことなのだけれど、城野の友人のダイアナ(夕子)。
彼女、引きこもりで自分のことを「俺」と言っている。
乱暴な話し方も含めてこれ、なんだろう?
こんな人いる?
急にここだけ、リアリティなくなっちゃうんだよね。
無理にキャラを作っているような感じで。
引きこもりってこんなに自己主張してないと思うけど。
ただ、ここはダイアナ(夕子)が城野に抱いている特別な気持ちってことなのかもしれないけれど、これいるかね?

そして、小説でも映画でも同時に思うのが、ちょっと殺人の動機にしては弱いなぁってこと。
そのぐらいでめった刺しにして焼き殺すってすごいよ。
殺人事件があった後の城野の行動もあまり納得感がなく。
これはこの小説のストーリーだからしょうがないけど。

それでも全体として小説にくらべると格段に分かりやすく面白くなっていると感じました!
(いや、小説も読んだ時は面白かったんだけどね…)

この映画はマスコミのいい加減さやSNSの危険性というか、もしからしたら、湊かなえが実際に自分のことを知らない他人にいろいろ書かれることを体験して感じたことがベースになっているのかもね。
有名人って大変ね。

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
謎解きとかは特にないです。
でも、面白い!

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

殿、利息でござる(2016) 406本目

至極まじめな映画です!殿、利息でござる

出演:
穀田屋十三郎役 阿部サダヲ
菅原屋篤平治役 瑛太
浅野屋甚内役 妻夫木聡
先代・浅野屋甚内役 山崎努
とき役 竹内結子
遠藤幾右衛門役 寺脇康文
千坂仲内役 千葉雄大

監督:
中村義洋
お勧め度★★★★☆

私は歴史が苦手で、昔はあんまり興味がなかったんだけれど、年をとったせいか、最近はやたらに昔のことが気になったりします。
昔の人がどういう暮らしをしていたか、とか、昔の道具とかに魅かれたりして…
この興味が学生時代にあったら、もっと歴史を勉強したんだろうに…。
時代劇もあまり見ていなかったのですが、最近は抵抗なく見ます。
特にやたらと美味しそうにお酒とつまみを食べるシーンが多くて、どんなに美味しいものを食べているのか気になる…。
まあ、たぶん、質素なもんなんだろうけど。
さて、そういう時代のお話。

1766年(明和3年)仙台藩の宿場町吉岡宿では「伝馬役」という宿場町間の輸送を行う役目が課されており、
藩の直轄ではない吉岡宿は助成金もなく、その負担で町が困窮していた。
なんとかしようと策を練り、藩へ金貸しをし、その利息を伝馬役の費用にあてようという前代未聞の大作戦を行うことに!!

この映画のすごいところは、実話ってところです。
もちろん100%ではないんだろうけれど、町中でお金を集めて藩に貸付し、利息によって町を困窮から救ったという話は実話みたい。
すごいことを考える人がいるもんだねぇ。
しかも、それを9年ちかくかかって実行にうつしている。
よくその間に町が潰れなかったと思うけど、とにかく、現在の3億円にあたる千両を一生懸命集めるお話です。
その中にはいろんな人間の思惑があるんだけれど、全体を通して思うのが、

日本人っていい人ね

そういう感想。
ただ、実際にはお金を出した人と出さなかった人の間でのイザコザや、その後自分のした事を自慢したりする人がでないように、
お金を出した人は決してその事を人に話さないという約束等があったらしい。
そこも含めて日本人らしいなぁと。
そんな人間が東北にいたことが誇らしいです。

また、この浅野屋の先代が子供たちに教えていた「冥加訓」という江戸時代の儒学者関一楽の教えもまたすばらしい。
人間が人間であるべき姿を教えている。

「人が人を苦しめてはいけない」

映画では淡々と9年の歩みが描かれているけれど、もちろん、その間にも町は大変な苦労があったんだろう。
途中、

え!また1年経っちゃったの?!

と驚かされますが
しかも、最後の最後で無理難題を押し付けられたりとドラマ性たっぷり!

阿部サダヲ主演でこの映画の表紙を見た人達に言わせれば、

おもしろおかしいコメディーだと思ってみたら、かなり騙された!

という意見もあるとか。
確かに、決して重たい演出はないけれど、とても感動的なまじめなお話です。
しかも、今までここまですごい話がなかなか知られていなかった(実際「人に話すな」といわれていたから仕方がないけれど)というのもなんだか不思議。
本当にたくさんの日本人に見て欲しい名作です!

さて、この映画の原作は「武士の家計簿」などで知られる歴史学者磯田道史の「無私の日本人」の中の「穀田屋十三郎」に描かれていて、もともとは吉岡宿の窮地を救った町人達の記録「国恩記」を元にしている。
「武士の家計簿」の映画を見た人から「自分の地元にも涙なしで語れない話がある」と紹介され「国恩記」を調べたことから始まっている。
そして出版した「無私の日本人」はどんどんと人づてに伝わり、最終的には監督の奥様までいったとか。
そんな運命を経て映画化されました。

役者人も豪華でとても安定した映画。
大肝煎役の千葉雄大がずいぶん若いなぁと思ったけれど、年齢に関わらず生まれた身分に寄るっていう江戸時代を象徴しているような気がして、そこもなかなかです。

また、お殿様役の羽生結弦もなんだかとてもぴったりでした。
当日までキャストに明かされなかったサプライズキャスティングっていうのも、いいね!

さて、実話ということで、映画に出てきたそれぞれのモデルになった場所を探してみると、まず、酒屋だった浅野屋ですが、今は分家の浅多屋が伊達藩主が命名した3酒のうち、「春風」と「露夜」は現在も販売しているようです!
ホームページはこちら

そして穀田屋さんはというと、今もちゃんと営業している酒屋さんで、宮城の地酒を販売しています。
なんだかすごいね。
映画にでていたあの人の子孫がいらっしゃるんですよ!

では菅原屋さんはというと、映画の最後で菅原屋のお茶が有名になったという話しがあるのですが、子孫の方はまだ吉岡宿の近くにいらっしゃるようですが、お茶屋に関する情報は調べられませんでした。
宮城県に「菅原園」という似た名前のお茶屋があるのですが、創業が1855年ということでしたので、これは違うのかなぁ?

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
映画の表紙をみてとんでもないおふざけ映画だと思った人!
そういう人にこそ、絶対見て欲しい。
いい意味で裏切られます!
この映画を見て吉岡宿を訪ねるという旅もなかなか良さそうです!


人気ブログランキングにほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

残穢 (2016) 373本目

怪しい家からはさっさと引っ越そう!残穢 

出演:
私役 竹内結子
久保さん役 橋本愛
「私」の夫役 滝藤賢一
平岡芳明役 佐々木蔵之介
三澤徹夫役 坂口健太郎

監督:
中村義洋
お勧め度★★★☆☆

私もティーンの頃はラノベを読んでいました。
結構はまったなぁ。
そして当時ものすごく好きだったのが、小野不由美先生の「ゴーストハントシリーズ」。
もちろん全巻持ってたし、何度も読み返したし、1人アフレコしたし、ファンレターもたぶん出した。
周りの友達に布教活動までしたりして。
ゴーストハントシリーズは始めから構想がキチンと決まっていたらしく、大好きだったキャラ達も予定通りに最終回にサヨナラとなり、結局追加で1巻だけ出ただけで、それ以降続編は書かれていない。
本当に残念。
追加の1巻は三人称で書かれているので、シリーズが持っていたラノベの軽さやツッコミ節がなくてがっかりだったし。
それ以降、小野不由美先生は「十二国記」や他のホラー小説などで知られていくことになりますが、やっぱり私はこの最初のゴーストハントシリーズが最高に面白かったと思う。
彼らのハチャメチャな事件解決にまた立ち合いたい。
まだまだ掘り下げて書けることが沢山あると思うんだけどね。
叶わぬ夢だと思うけど。
その小野不由美先生が書いた小説がついに映画化!

読者からの実体験を元に「怖い話」を書いている作家の私。
ある時「岡谷マンション」の202号室に住む久保さんから、「部屋の中で音がする」と投稿が来た。
なにか引っ掛かりを覚えた私。
久保さんと共にいろいろと調べていくと、その場所にまつわるいろいろな謎が解けてきて・・・・。

前評判で「かなり怖い」と聞いていたから、ビビリながら見てました。
でも、映画の全体の感想としては、

それほど怖くない

小野不由美先生のホラーは、確かに描写とか怖いんだけれど、私が好きだった理由としては、サスペンスのようにその怪異の原因を突き止めていくっていところ。
そして突き詰めていく過程において、衝撃の真実が明らかになっていく「恐怖」がある。
まさにこの作品はそういう映画。
例えば自殺者や殺人事件が起こったというような、明らかな「いわくつき」物件ではなかったこのマンションになぜこの現象が起こるのか?
その謎をひとつひとつ過去に辿って解明していくといういってみればミステリーのような要素が豊富に盛り込まれている。
それが面白いんだけれど、脅かしやグロとか、そういうものを期待している人にとっては全然怖くない。
その手の映画ならここで脅かしの1つでも起こるんだけれど、結構そういうのは起こらない。
それより見逃しそうなところで、気が付いた人だけ背筋が凍るような演出をしている。

ただ、残念なのは、ちょっとテンポが遅いこと。
思わせぶりな登場人物が多くて、その人達がみんなタメてしゃべるから、そこがそのうち面倒くさい感じになる。
思わせぶりな演出も豊富にあって、それもだんだん面倒になってくる。
もっとサクサクしてたら、引き込まれ感も違ったかも。

そして結末は、まあ、これしかないんだろうけれど、見た側に丸投げ感たっぷり。
ホラー映画にはよくありがちだけれど、関係ない人がとばっちり受けたりするのも私としては納得いかなかった。
この作品はそれがそもそものテーマなのかもしれないけれど、ちょっと残念。
なぜならゴーストハントシリーズではかなりスッキリ怪異を解決してくれているので、そういうのを期待してた。
まあ、原作が違うので、それは私の勝手な期待だけどね
そしてこの結末が「観ると後悔しますよ」っていう竹内結子の名言に繋がるんだろう。
にしても、映画全体、そこかしこに「リング」を彷彿させる内容になっているので、特別に新し感じもなく、本当に原作の良さを映像で表現できてたのかなぁ?と思う。
原作読んでないんだけどね

もう1つホラー映画でのお約束、暗い時に怪しい場所に行くというシーン。
これ、この映画でもあります

なぜ夜に行く??!!昼間に行け!

結論としては、三流ホラー的なことは起こらないのでよしとするけど、このシチュエーションですでに萎えてしまう。
現実的じゃない。
ただ、考えられる可能性として、二つある。

「昼間行くより、夜の方が面白そうだから行こうぜ!」っていうケース

「不法侵入になるから、人目に付きにくい夜に行きましょう」っていうケース。
どちらでも理由づけになるけれど、結局映画では説明がないので、「またか!」「なぜ夜に行く?!」と突っ込みたくなっちゃう。
どんな理由でもいいけど(到着したのがたまたま夜だった、だとしても)、それを入れるか入れないかでリアル感が出ると思うんだけどなぁ。

主演の竹内結子。
わたし、この人、私生活はきっとイケてないんだろうなぁ、とずっと思ってた。
普段のしゃべり方がネクラでオタクっぽい。
だから、今回のキャラははまり過ぎていてびっくりした。
みんな彼女のこの演技が凄い!っていうけれど、むしろこれが本当の彼女の姿なんじゃないかと思う。
(ファンの皆様、すみません。いや、そういうところがむしろ好きなんです

それ以外のキャストは特に特別に有名な人を起用しない(主要キャラの蔵之介などを除く)ことで、ドキュメンタリーっぽい感じを出しているのもいい。
ちょっと不自然な人もいるけれど、それが逆に怖い。

ところでこの舞台となったマンション。
明らかに場所がわかるようなマンションが二つ登場するんだけれど、まあ、どこにでもあるようなマンションを選んだんだろうね。
もちろん実在します(あ、怪異は実在しませんよ!もちろん)
久保さんが住んでいたマンションは埼玉県深谷市の「シティホームズ上柴」で、前の住人が引っ越していったアパートは同じく深谷市の「スカイハイネス」だとか。
最初、映画でもこんなロケ地に使われるなんてやだなぁと思ったけれど、よく考えると、まあ単なる映画だし。
むしろ自慢だ!羨ましい!と思った。

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
ホラーというよりサスペンス目線で見る方が楽しめると思う作品!


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


関連タグ

リン・シェイ リー・ワネル ダーモット・マローニー お勧め度★★★☆☆ ステファニー・スコット アンガス・サンプソン ローズ・バーン お勧め度★★★★☆ ジェームズ・ワン パトリック・ウィルソン アダム・サンドラー ドリュー・バリモア ピーター・シーガル 武内英樹 GACKT 伊勢谷友介 二階堂ふみ アール・ホリマン ジョン・スタージェス キャロリン・ジョーンズ アンソニー・クイン カーク・ダグラス エイミー・シューマー ミシェル・ウィリアムズ エミリー・ラタコウスキー アビー・コーン マーク・シルヴァースタイン マックス・ジョゼフ ザック・エフロン リーアム・ニーソン ヴェラ・ファーミガ ジャウム・コレット=セラ シンシア・ニクソン サラ・ジェシカ・パーカー クリスティン・デイヴィス クリス・ノース キム・キャトラル マイケル・パトリック・キング お勧め度★★★★★ ジョン・ゲイター ジョー・ダンテ モンテ・ヘルマン ショーン・S・カニンガム お勧め度★☆☆☆☆ ケン・ラッセル ジェイス・バルトーク ヘンリー・ギブソン 清水富美加 窪田正孝 鈴木伸之 萩原健太郎 蒼井優 大泉洋 ジョン・キャロル・リンチ ジョン・リー・ハンコック ニック・オファーマン マイケル・キートン リンダ・カーデリーニ 小栗旬 大友花恋 北川景子 浜辺美波 北村匠海 ジェシー・アイゼンバーグ ダニエル・ラドクリフ マーク・ラファロ リジー・キャプラン デイヴ・フランコ ジョン・M・チュウ ジェイ・チョウ ウディ・ハレルソン アイラ・フィッシャー ルイ・ルテリエ 安里麻里 森崎ウィン 岩澤宏樹 岡山天音 大畑創 中村義洋 内藤瑛亮 白石晃士 リチャード・ロンクレイン モーガン・フリーマン ダイアン・キートン メリッサ・レオ ジェイク・ギレンホール ヒュー・ジャックマン ドゥニ・ヴィルヌーヴ ポール・ダノ 福士蒼汰 黒木華 成島出 工藤阿須加 マイケル・ガジン ジェーン・ローウェン ステファン・ポートランド ジェームズ・ランソン ジュリエット・ライランス イーサン・ホーク スコット・デリクソン エミリー・ブラント ジョシュ・ブローリン ベニチオ・デル・トロ 濱津隆之 しゅはまはるみ 真魚 上田慎一郎 竹内太郎 早見あかり 耶雲哉治 向井理 石橋杏奈 ひろみ ケヴィン・ジェームズ クリス・コロンバス ミシェル・モナハン ヨ=ランディ・ヴィッサー ニール・ブロムカンプ シガニー・ウィーバー シャールト・コプリー デーヴ・パテール ワトキン・チューダー・ジョーンズ 優香 木村文乃 北村一輝 錦戸亮 松田龍平 市川実日子 吉田大八 お勧め度★★☆☆☆ マシュー・グッド エミリー・モーティマー ジョナサン・リース=マイヤーズ ウディ・アレン スカーレット・ヨハンソン 村上淳 市川実和子 つみきみほ 中原俊 木下ほうか 小市慢太郎 芥正彦 佐々木蔵之介 知念侑李 寺脇康文 柄本時生 六角精児 西村雅彦 深田恭子 上地雄輔 シルヴィア・フークス ジェフリー・ラッシュ ジュゼッペ・トルナトーレ ドナルド・サザーランド ジム・スタージェス 天海祐希 遊川和彦 阿部寛 ミレイユ・イーノス ジェイミー・ブラックリー クロエ・グレース・モレッツ R・J・カトラー ミカエル・ニクヴィスト ノオミ・ラパス ニールス・アルデン・オプレヴ 中田秀夫 田中圭 千葉雄大 成田凌 オマール・シー フランソワ・クリュゼ エリック・トレダノ オリヴィエ・ナカシュ ロバート・デ・ニーロ ブラッドリー・クーパー デヴィッド・O・ラッセル ジェニファー・ローレンス ジョン・ウェルズ ダニエル・ブリュール シエナ・ミラー 林遣都 及川光博 有村架純 藤原竜也 中川翼 石田ゆり子 平川雄一朗 本田翼  森七菜 醍醐虎汰朗 新海誠 花澤香菜 入野自由 井上和彦 金元寿子 トム・ハンクス ティム・アレン ジョシュ・クーリー メナ・マスード ナオミ・スコット ウィル・スミス ガイ・リッチー 近藤好美 水橋研二 花村怜美 ダニエル・カルーヤ キャサリン・キーナー ジョーダン・ピール ブラッドリー・ウィットフォード アリソン・ウィリアムズ マックス・シエリオット マーク・トンデライ エリザベス・シュー ローソン・マーシャル・サーバー ネーヴ・キャンベル ドウェイン・ジョンソン ショーン・サイポス クリストファー・デナム キャサリン・ウォーターストン スコット・イーストウッド サラ・パクストン ジャック・ヘラー ジョセフ・ゴードン=レヴィット ライアン・ジョンソン ブルース・ウィリス ロルフ・ラッスゴード イーダ・エングヴォル バハール・パルス ハンネス・ホルム アレクサンダー・ブラック サリタ・チョウドリー トム・ティクヴァ 川島鈴遥 三浦誠己 シャイア・ラブーフ サラ・ローマー デヴィッド・モース アーロン・ヨー D・J・カルーソー アビー・コーニッシュ ニール・バーガー エミリア・クラーク テア・シャーロック サム・クラフリン キャサリン・ハードウィック トニ・コレット 小泉今日子 永瀬正敏 ロドリゴ・グランデ レオナルド・スバラーリャ クララ・ラゴ ブルック・シールズ 北村龍平 レスリー・ビブ 堺雅人 松雪泰子 中村優子 満島ひかり クヒオ大佐役 ダーレン・リン・バウズマン ティモシー・ギブス アン・ハサウェイ ロネ・シェルフィグ 伊藤英明 仲村トオル 入江悠 セス・マクファーレン リース・ウィザースプーン タロン・エガートン トリー・ケリー マシュー・マコノヒー ラッセ・ハルストレム デニス・クエイド ケイト・バーカー=フロイランド ジョニー・フリン 尾野真千子 妻夫木聡 竹内結子 佐藤祐市 西島秀俊 大沢たかお ラダ・ミッチェル アデレイド・クレメンス ショーン・ビーン キット・ハリントン マイケル・J・バセット ラウル・ボバ エラ・レムハーゲン ロージー・デイ 山田孝之 リリー・フランキー 白石和彌 ピエール瀧 上戸彩 市村正親 宍戸開 ユアン・マクレガー グヴィネス・パルトロー デヴィッド・コープ ジョニー・デップ 宮崎あおい 佐々部清 クリストファー・ノーラン レオナルド・ディカプリオ 渡辺謙 オルガ・キュリレンコ モーガンフリーマン スティーブン・カンパネッリ ピリ・グロワーヌ ブノワ・ポールヴールド ジャコ・ヴァン・ドルマル カトリーヌ・ドヌーヴ ロマン・ポランスキー エマニュエル・セニエ デンゼル・ワシントン ビル・プルマン アントワーン・フークア ペドロ・パスカル ミラ・クニス アルバート・ヒューズ ゲイリー・オールドマン アレン・ヒューズ オーウェン・ウィルソン カルラ・ブルーニ レイチェル・マクアダムス メラニー・グリフィス アントニオ・バンデラス ビアギッテ・ヨート・ソレンセン ガベ・イバニョス 橋本一 綾野剛 井上真央 菜々緒 蓮佛美沙子 金子ノブアキ ヘイリー・アトウェル マーク・フォースター キム・コーツ ローリー・ホールデン クリストフ・ガンズ シェーン・アッカー ジェニファー・コネリー イライジャ・ウッド 西田敏行 小雪 ハリソン・フォード リー・トランド・クリーガー ブライク・ライヴリー ミキール・ハースマン 岩井俊二 奥菜恵 山崎裕太 反田孝幸 寺脇康史 瑛太 山崎努 阿部サダヲ 伊藤淳史 野村周平 土井裕泰 カリーナ・カプール シャルマン・ジョシ ラージクマール・ヒラーニ アーミル・カーン R.マドハヴァン ダコタ・ファニング ヘンリー・セリック テリー・ハッチャー 二宮和也 原田眞人 吉高由里子 木村拓哉 オークワフィナ ミンディ・カリング サラ・ポールソン リアーナ サンドラ・ブロック ゲイリー・ロス ケイト・ブランシェット サイモン・ペッグ トム・クルーズ ヘンリー・カヴィル クリストファー・マッカリー レベッカ・ファーガソン テイト・テイラー ヘイリー・ベネット ジャスティン・セロー シャロン・マグワイヤ パトリック・デンプシー コリン・ファース レニー・ゼルヴィガー スタンリー・キューブリック ニコール・キッドマン ダグ・ジョーンズ ギレルモ・デル・トロ イバナ・バケロ 西谷弘 斎藤工 伊藤歩 アーロン・エッカート キャサリン・ゼタ=ジョーンズ アビゲイル・ブレスリン スコット・ヒックス キム・ベイシンガー ウィリアム・H・メイシー デヴィッド・エリス ジェイソン・ステイサム クリス・エヴァンス ライアン・ゴズリング ジョン・レジェンド エマ・ストーン 臼田あさ美 富田靖子 長谷川博己 ライアン・レイノルズ T・J・ミラー モリーナ・バッカリン ロバート・ダウニー・Jr アンソニー・ルッソ クリス・ヘムズワース マット・デイモン ジョアン・アレン ポール・グリーングラス ジュリア・スタイルズ デヴィッド・ストラザーン ミラ・ジョヴォヴィッチ エヴァ・アンダーソン ポール・W・S・アンダーソン アリ・ラーター ローラ フランカ・ポテンテ クリス・クーパー ダグ・リーマン 萩原聖人 南里侑香 吉岡秀隆 武藤寿美 鈴木千尋 ローラ・ダーン サム・ニール アレッサンドロ・ニヴォラ ティア・レオーニ ジョー・ジョンストン ジェフ・ゴールドブラム スティーヴン・スピルバーグ ジュリアン・ムーア リチャード・アッテンボロー ヴァネッサ・リー・チェスター ヴィンス・ヴォーン デヴィッド・ケックナー ポール・ラッド フレッド・ウィラード クリスティナ・アップルゲイト アダム・マッケイ ウィル・フェレル スティーヴ・カレル レイ・ウィンストン ルーク・ブレイシー テリーサ・パーマー エリクソン・コア エドガー・ラミレス 大根仁 滝藤賢一 福山雅治 吉田羊 ジェイク・ジレンホール ダンカン・ジョーンズ ディラン・ミネット コディ・スミット=マクフィー マット・リーヴス 橋本愛 坂口健太郎 ビリー・ボブ・ソーントン 上白石萌音 長澤まさみ 神木隆之介 リチャード・ギア テオ・ジェームズ シャーリーズ・セロン セドリック・ニコラス=トロイアン ジェシカ・チャステイン ジェームズ・マカヴォイ ソフィー・ターナー エヴァン・ピーターズ ブライアン・シンガー タイ・シェリダン オスカー・アイザック マイケル・ファスベンダー ニコラス・ホルト デクスター・フレッチャー クリストファー・ウォーケン クリス・ルノー ヤーロー・チーニー 永作博美 沢城みゆき 設楽統 日村勇紀 岡田准一 竹下景子 香川照之 ジョージ・クルーニー ジョナ・ヒル ジョエル・コーエン チャニング・テイタム イーサン・コーエン アンドリュー・スタントン アンガス・マクレーン 浅野温子 柴田恭兵 舘ひろし 木の実ナナ 吉川晃司 村川透 夕輝壽太 ティム・バートン ダニー・デヴィート ミシェル・ファイファー ロバート・ウール ジャック・ニコルソン フランセス・オコナー エディ・レッドメイン フェリシティ・ジョーンズ ジェームズ・マーシュ チャーリー・コックス マキシン・ピーク イアン・ホルム ジュディ・デイヴィス デヴィッド・クローネンバーグ ピーター・ウェラー セレーナ・ゴメス ニコラス・ストーラー セス・ローゲン ケネディ・クレメンツ カイル・キャトレット サム・ロックウェル ギル・キーナン ローズマリー・デウィット サクソン・シャービノ レイグ・T・ネルソン ヘザー・オルーク トビー・フーパー クジョベス・ウィリアムズ オリヴァー・ロビンス ドミニク・ダン エイミー・ポーラー ロニー・デル・カルメン ピート・ドクター トム・ハーディ ウィル・ポールター 古田新太 濱田岳 柴咲コウ 高嶋政宏 水原希子 アーミー・ハマー ナオミ・ワッツ ジェニファー・ガーナー ケビン・コスナー チェン・カイコー ヘザー・グラハム ジョセフ・ファインズ コリン・サーモン マイケル・ピット アマウリー・ノラスコ ガル・ギャドット トミー・リー・ジョーンズ アリエル・ブロメン スティーヴン・キング ミカ・ブーレム アントン・イェルチン アンソニー・ホプキンス ジェームズ・スペイダー スティーヴン・シャインバーグ ジェレミー・デイヴィス マギー・ギレンホール ラナ・ウォシャウスキー リリー・ウォシャウスキー ジョン・コーベット ニア・ヴァルダロス イアン・ゴメス ジョーイ・ファトーン ジョエル・ズウィック ジョン・ヘダー ウィル・スペック ジョシュ・ゴードン ルイ・レテリエ スー・チー ジョン・ステイモス カーク・ジョーンズ ジェレミー・レナー ファン・カルロス・フレスナディージョ ダニー・ボイル イモージェン・プーツ キャサリン・マコーマック ロバート・カーライル ベン・アフレック エイミー・アダムス ダイアン・レイン ガル・ガドット ザック・スナイダー アンセル・エルゴート ロベルト・シュヴェンケ シャイリーン・ウッドリー マイルズ・テラー ショーン・アンダース マーク・ウォールバーグ エドワード・ジェームズ・ハイランド オースティン・ストウェル エイミー・ライアン マーク・ライランス エリック・バナ ジョエル・マクヘイル 

プロフィール

ロココ

Author:ロココ
いらっしゃいませ。カフェへようこそ!
ここでは素人目線で映画について言いたい放題、アメリカから映画レビューをお届けしています。→日本に帰国しました!
基本はネタバレなし!ゆっくりしていってくださいね。
リンクフリー、TB大歓迎、古い記事でも気軽にコメントして下さい。

クリックしてね☆
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR