FC2ブログ

恋は雨上がりのように (2018) 516本目

とにかく爽やかな風が吹く 恋は雨上がりのように

出演:
橘あきら役 小松菜奈
近藤正己役 大泉洋

監督:
永井聡
お勧め度★★★★☆

このカフェでは常に「女子高生最強」説を唱えてきたけど、同時に「小松奈菜最強」説も唱えたい
最近カフェラテのCMを見ていて、「あれ?あいみょんってこんなに美人だったっけ?」と思ったら、小松奈菜だった
あんなに美人だったら人生楽勝だろうなぁ
彼女の一挙手一投足に目が離せない映画。

ファミレスでバイトをしている橘あきら。
彼女が恋したのはそのファミレスの冴えない店長。
17歳と45歳の恋の行方は??

と、ネタバレしないようにあらすじを書くと、物凄く陳腐な恋愛映画なような感じになっちゃうけど、

物凄く爽やかで、見た後にとっても気分がよくなる映画です!

17歳が45歳に恋するなんて、おじさんが妄想するストーリーだろ!って思うかもしれないけれど、原作の大ヒットマンガは女性作家の作品。

正直私はもの凄く共感した!

おそらくこの映画は世の中のおじさんをキュンキュンさせたんだろうけれど、おばさんもキュンキュンしたよ
と、いうのも、私も高校時代に20くらい年上の人が好きだったから。
今となっては、壮大な時間の無駄だったなぁと思うけれど、(同世代ともっとキャッキャッして学生時代を楽しむべきだった)その時は真剣だった。
女の子ってそういう時あるよね。
お父さんほどの年齢の人を素敵!とか思っちゃう時。
この原作が女性漫画家だったために、この年の差の恋が陳腐なよくある妄想映画ではなく、爽やかな恋愛映画になれたんだと思う。
映画はあきらが店長にすぐに告白します。
普通、恋愛映画って告白するところが最高のクライマックスのような気がするけれど、この映画では告白した後の話がメイン。
これはマンガでもその流れが同じだそうで、最高の盛り上がりがかなり最初の方に来るのに、それをずっと維持して先が気になる展開になっている。
そしてその後のあきらや店長、そして周りの人とのエピソードも無理なくコンパクトにおさめられていて、丁寧でいながら纏まりのある映画になっています。

そしてやっぱり配役が最高

バツイチ子持ち、冴えない店長役に大泉洋。
決してハンサムじゃないのに、なぜこんなに魅力的なんだろう?
ちょっと角度変えると、芸人なすびに見えちゃうのに、なんでこんなに素敵なんだろう?
不思議な彼。
彼でなくてはこの店長の冴えないけどカッコいい感じは出せないんだろうなぁ。
とにかく誠実で性格の良さがにじみ出てる。
そもそもあきらが店長を好きな前提なのですが、ちゃんときっかけも映画で説明があります。
それでも普通は不自然になる設定なのに、店長が大泉洋だと納得できる
そしてなぜファミレスの店長をやっているのか、なぜ離婚したのかも映画で少し語られますが、その辺りも違和感ない。

主役の橘あきら役に小松奈菜。
以前二度と見たくないけれど、絶対にみんなに見て欲しい映画として紹介した「渇き。 (2014)」にも圧倒的な存在感で出演していた彼女。
今回も眩しすぎて目がくらみます
とにかく、無表情も笑顔も人によってわける表情が素晴らしい。
そしてスタイルも抜群!
漫画の絵を見たら、主人公はまさに彼女、だね。

映画の冒頭にアニメのような物凄い走りをしているオープニングがあって、「なんだこりゃ?」って思ったけれど、実はこの演出もちゃーんと意味があった。
橘あきらという人を表す素敵なオープニング。
そして疾走感がたまらない!
その時に流れるポルカドットスティングレイ の「テレキャスター・ストライプ」もいい!

育児をしていると世の中のトレンドから置いてけぼりにされることがおおいけれど、ポルカといえば「みんなのうた」で「トゲめくスピカ」を聞いていたから知ってたよ!
この歌もよかったなぁ。

そして店長の友人役に戸次重幸。

戸次さん!

実は大好きな俳優さん。
大泉洋と同じ、TEAM NACS所属。
大学時代の同級生の彼が映画も同級生役
イケメンぶりを隠す謎の髪型(おそらく原作通りなのかもしれないけれど)が残念ですが、やっぱり素敵でした。
ただ、彼は大泉洋とのシーンしかなくて、他に誰とも共演していないことを残念がっていたとか。

そんな実力派の方々に囲まれて若い俳優たちもみんな素敵でした。

ストーリーはちゃんと完結しているのだけれど、やっぱり現実的に考えてこの先が気になるなぁと思い、原作未読なので、アニメも視聴してみました。

見終わってびっくり。

ほとんど映画と同じ!

確かにアニメの方がエピソードが多いのですが、映画で削られたエピソード(サッカー部の話や、幼馴染との中学の頃の話、古本市のエピソードなど)はなくても全然違和感ない!
その分、映画でコンパクトにテンポよくまとめられています。
その上、私はあきらが店長を好きになったエピソードの描き方については、映画の方が好きだなぁ。

ただ、アニメでは店長のモノローグが結構あるので、(映画ではほとんどない)もっと2人の気持ちの流れが解り易いです。
店長が本好きという設定が生かされているエピソードや「羅生門」も効果的に使われている。
映画ではもっと店長はドライな感じだけれど、アニメではいろいろと考えているんだなぁって感じ。
特に「自分の何気ない一言が誰かの心を揺らしている、こんなのいつぶりだろうか?」っていう第三話のモノローグがグッときました
そうそう、若いころはこういう事、沢山あったなぁ。

アニメは映画ほど疾走感はなく、どちらかというと日常をのんびり過ごしている感じ。
エンディングについては確かに違っていたけれど、流れとしてはほぼ同じでした。
原作もおそらくそうなのかしら?
爽やかさはどちらも健在

この映画、面白かったと共感する人がいたら教えてくださいな。
映画→アニメと見ると、爽やかな風がずーっと吹き続けて気持ちいいです。
たぶん、高校生にオススメというより、昔高校生だった大人が忘れていた何かを思い出せる映画なのかも。
そう、この店長みたいにね。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

東京喰種 トーキョーグール (2017) 497本目

2時間では語りつくせない世界 東京喰種 トーキョーグール 


出演:
金木研(カネキ)役  窪田正孝
霧島董香(トーカ)役 清水富美加
亜門鋼太朗役 鈴木伸之
神代莉世(リゼ)役 蒼井優
真戸呉緒役 大泉洋

監督:
萩原健太郎
お勧め度★★★☆☆

「グール」という言葉を初めて知ったのは、ゲームの「Fallout」だった。
そこに登場するグールは、ビジュアル的にはちょっと気持ち悪くて、でもそのバックグラウンドは結構哀しい。
それ以外にグールを知らなかったので、今回、私の中では新しいグール像が形成されました!

グールという人を喰う人種が人間の中に紛れて生存している世界。
カネキは大学生で読書好き。
リゼと読書をきっかけに交流することになるが、それがカネキがグールの世界に足を踏み入れるきっかけに。
半分人間、半分グールとなったカネキはグールの世界と人間の世界の狭間で生きることになる。

漫画やアニメを実写化すると、だいたい失敗するんだけれど、この映画は映画としてはまあまあ面白い方だと思うのよね。
でも、やっぱりなにか物足りなさを感じちゃった
たぶん、カネキにも他の登場人物にも描かれていないいろんなドラマがあったんだろうなぁ、と。

そんで、勢いにのって、とりあえずアニメの第1期も視聴。

さすがに全12話を2時間で語りつくすのは無理だわ

おそらく映画として成り立ちそうなエピソードを拾って映画にしたんだろうなぁって感じ?
アニメのかなり最初の方に登場する月山が映画では登場しないので、きっとこのエピソードはあまりにも常軌を逸しすぎて、さすがに映画にはできまい!と思ったら、

映画の続編で月山登場!

どんな感じになるのか逆に楽しみ

正直いって、キャラクターについてはアニメや原作漫画で情報補正をした方がずっとこの映画を楽しむことができると思います。
例えば、主人公のカネキですら、カネキの両親のエピソードが映画ではちらっとしか出てこないので、あれ?彼の親ってどうしてるんだっけ?と再確認してしまったくらい。
他にもカネキがグールになるきっかけの事故もアニメではもっと謎めいた事故になっているけれど、映画では特にそういったことはなく。
友人のヒデのエピソードも。
そして一番残念だったのが、おそらく今後重要なキャラクターになるはずだったニシキのエピソードもなくなっているので、映画ではそれほど重要なキャラに扱われていなかった。

それと、今回強く感じたのが、原作にキャラクターを寄せるってことは原作ファンにとっては大切な事なのかもしれないけれど、映画しか見ていない人にとっては時々違和感でしかなくなっちゃうってこと
そのいい例がグールを狩ろうとしている喰種対策局の方々。
鈴木伸之が演じる亜門。

そのジャケットどこで売っているんですか?

とツッコミたくなった!
他の捜査官は普通の服着てるのに。
そして一番違和感あったのが大泉洋が演じる真戸。

外見がまるでマンガチック

と思ってアニメ見たら、本当にソックリだった。
だから原作に寄せてるんだろうなぁと思う。
だけど、だけど、他の登場人物は限りなく現代の普通の人っぽいのに、映画に登場する数人だけ飛びぬけてマンガっぽいの。
これは原作知らないとちょっと笑っちゃうレベルだと思う。
せっかくシリアスな映画なのに。

主人公のカネキ役の窪田正孝。
確かに彼はアニメの感じとは全然違う。
アニメはもっと可愛い感じの男の子。
映画のカネキはちょっと大学生には見えない
でも、気の弱そうな感じと、時々見せる狂気的な表情が素晴らしい!
訳あって半分人間、半分グールというけれど、食事はできないし、強靭的な肉体を持ってるし、

半分人間というよりはかなりグール

って感じなのだけどねぇ。

そしてトーカ役、古き良き時代の清水富美加。
彼女、本当に存在感がスゴイ。
私の中で彼女は決して美少女の枠には入っていないのだけれど、今回この映画を見て、他の彼女の出演作とはまた違う、芯が強くて美しいトーカがいた!
このトーカもいつも怒ってばかりで沸点が低いなぁと思いがちですが、ちゃんと彼女には彼女の理由があって、それもアニメで補正されました。
こういうエピソードが映画では時間が限られているので、見ることができないのよね。
そして残念ながら続編では別の女優さんが演じるそうです。
事情は十分理解できますが、清水富美加のトーカがもっと見たかったなぁ。
本当に残念

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
この映画のストーリーの肝となるところはグール側から見ると人間が敵、人間側からみるとグールが敵、という構図を上手くエピソードを使って表現するということなんだと思うけれど、やっぱり2時間ではグール側の方に寄ったストーリーになっちゃってるんだよね。
アニメを見るとその辺りもいろいろ考えさせられます。
この映画はもちろん単体でもなかなか面白いのだけれど、やっぱり原作やアニメと一緒に楽しむと、面白さ倍増します!

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング



探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点 (2013) 416本目

やっぱり名推理はしない 探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点

出演:
探偵(俺)役 大泉洋
高田役 松田龍平
河島弓子役 尾野真千子

監督:
橋本一
お勧め度★★★☆☆


なぜかノスタルジックな探偵映画「探偵はBARにいる」の続編を早速見ました!

大体続編というのものは、初回を越えないものですが、今回のこの映画、

初回の良い雰囲気をそのままに、さらにパワーアップしてきた!

というのが感想。
当然ですが、第一作目の「探偵はBARにいる」を見てからがお勧めです。
ストーリーは独立しているので、一作目を見なくてもお話は分かりますが、前作に登場したやくざや、雑誌記者等が登場するシーンがありますので、それを分かってみる方が面白い。
それ以外でいうと、どちらを先に見てもまあ、大丈夫です。

シリーズものは得てして設定好きなのですが、今回もその設定が生かされている映画です。
探偵がバーを根城にしてるとか、ポンコツの車に乗っているとか、相棒が異常に喧嘩が強いとか、
依頼人にすぐ惚れるとか、奇妙なセクシーウェイトレスがいる喫茶店に入り浸っているとか(しかも今回このウェイトレスが外国人ということが発覚!?それとも、それはジョークなのかな?)ナレーションが多いとか。
安定の設定重視で映画は進みます。

また、前回よりパワーアップしたのは、ストーリー。
頭から衝撃の展開で、なかなか楽しませてくれる。
前回はなんとなく先が読めた展開でしたが、今回は一捻りあって、驚かされました。
あ、でも、探偵は相変わらず名推理などはしません。
偶然情報を入手しちゃうんです。

そして、今回はキャストもすばらしい!
オカマのマサコちゃん役のゴリ。

とってもいい!

時々可愛い顔をするのがいい!
特に好きな人からバラをもらった後の顔が、最高によかった。

今回は特別アクの強い敵キャラがいなかったのも良い。(新堂艶子がギリギリセーフかな…?)
そして橡脇孝一郎が渡部篤朗だったってのも良かった!
とにかくキャストのバランスが取れていて、見ごたえありました。

ただ、今回乱闘シーンがものすごく多くて、その部分はちょっと長すぎたなぁと。
その分をちょっと削っていただいたら、もう少しすっきりするかも。
もちろん乱闘シーンも大切なシーンなのですが、長すぎる感がありました。

さてさて、今回もいろいろな札幌のシーンがありましたが、気になったのは小さなカウンターの店で他の客が食べている豪華な刺身やカニ
このロケ地はラーメン「なるら」か焼き鳥「やむや」なのですが、どちらもラーメン屋と焼き鳥やなので、メニューは違うのかもしれません。

でもとにかくカニが食べたくなる~!

北海道って食べ物激ウマだよね!
アー行きたい。

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
そんなわけで、また北海道の魅力を爆発させた映画でした。
続編も出ていて、これからもこの設定を生かした面白くてかっこよくて、ホロリとするノスタルジック探偵映画を待ってます!

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

探偵はBARにいる(2011) 410本目

名推理はあまりしない、探偵はBARにいる(2011)

出演:
探偵役 大泉洋
高田役 松田龍平
沙織役 小雪
霧島敏夫役 西田敏行

監督:
橋本一
お勧め度★★★☆☆

札幌には小さい頃よく行っていました。
でも中学生くらいから行かなくなってしまって久しい…。
きっと昔と全然ちがうんだろうなぁ。
小さいときはススキノとかも行けなかったから大人になって札幌を満喫したい
そんな札幌が舞台の映画。

ススキノのバー「ケラーオオハタ」に探偵である「俺」あてに電話してきた「コンドウキョウコ」。
彼女の依頼をうけたばかりに俺は雪の中に生き埋めに。
依頼はともかくとして、この事件の真相を突き止めると決めた俺の周りで奇妙な事件の点と点が線になり、
「コンドウキョウコ」の本当の目的があきらかに!!

北海道が生んだ名俳優「大泉洋」の主演映画です。
なんだかこのちょっとノスタルジックな設定がいいね
探偵がバーを根城にしてるとか、ポンコツの車に乗っているとか、相棒が異常に喧嘩が強いとか、依頼人にすぐ惚れるとか、奇妙なセクシーウェイトレスがいる喫茶店に入り浸っているとか、ナレーションが多いとか。

大泉洋が演じる探偵「俺」(これ、原作でも名前が明かされてないんだって!(劇中で名前を呼ばれてないとは全然気がつかなかった…!)
はルパン三世とシティーハンターの冴羽僚を足して二で割ったような男とでもいうのでしょうか?
コミカルな部分とシリアスな部分のバランスがなかなか良いです。
しかも、

イイカラダしてる~!

びっくり!
なんとなくそういうイメージがなかったので、(失礼!)見てびっくり!
映画のために少しは鍛えたのでしょうけれど、もともときっとイイカラダだったんでしょう。
顔からのイメージでそう思えないところもちょっとコメディーで好きです。

ススキノが舞台になっているということで、ロケ地めぐりも面白そう。
ただ、舞台になっているバーは残念ながら実際にはないとのこと。
でも、このバーの雰囲気を味わえるお店があるのです!
それが「Sake Barかまえ」です。
なんと、ここは映画に出演しているバーのマスターが実際に経営しているバーだとか!
おお!これこそ、本物の「ケラーオオハタ」。
初めてのバーは入りにくいけれど、なんとなく映画見て来ました~!っていうのはアリかも。

そしてまずいコーヒーとセクシー(?)なウェイトレスが有名な「喫茶モンデ」
こちらは「トップ」という喫茶店でしたが、閉店してしまっています。
その代わり「バール トップ」という名前で生まれ変わり、ここであのナポリタンが味わえるようです。

さて、肝心のストーリーですが、探偵といっても名推理はあまりしません
ただ、彼の独特の手法でいろんなところから情報を得るのが得意。
胡散臭いフリーライターという肩書き(つまり、この時も偽名なのね)を振りかざして事件のヒントを探る。
この情報を繋いでいって事件の核心に迫る!という流れ。
ただ、残念なのは、謎として存在する放火の理由について、なんだか弱いなぁと。
殺人のためではないと思うのだけど、地上げのために放火する?
だとしても、何かしらの事故やミスが現場であったのだと思うのだけれど、そこまでは解明されず。
本当に単に不幸な連鎖だったのでしょうかね…。

主人公無敵説はやっぱり存在して、結構簡単に人を殺してしまうやくざが探偵だけは殺さない(かたぎには手を出さないってことか?)とか、銃を乱射しても当たらない、ボコボコに殴られても死なない仕様です。

あとは敵キャラのキャラクターが濃すぎる
日本映画に多いのですが、なぜか異常さを際立たせるようなキャラ設定にしたがる傾向があるように思います。
ただでさえ、キャラ濃いのに、ハナピとかシタピとか必要だったかなぁ?
小説だと、キャラを際立たせるためにいろんな描写をしなくちゃならないけれど、映画だとそれは必要ないとは思うのですが、敵役の外見が特殊というのはテンプレなのでしょうかね…。

ただ、最初の電話の「コンドウキョウコ」ですが、

声でわかっちゃうよね!

と、思いました。
いろいろとミスリードさせる部分もあり、面白いのだけれど、もうちょっと気を使ってほしかったなぁ。
小説だと音が聞こえないから、後から真実がわかってどんでん返し!となるんだけれど、映画では難しいね。

コメディー色の強い映画ですが、最後の方はシリアスで、なにか切ない感じです。
まあ、結婚式でそんな事しなくていいじゃん!とは思いますが。
その終わり方もなにかノスタルジックなかんじ。

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
こちら続編があります!
今度見てみます!


人気ブログランキングにほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

関連タグ

お勧め度★★★★☆ カン・ヒョンチョル ユ・ホジョン シム・ウンギョン お勧め度★★★☆☆ クレア・フォイ デイミアン・チャゼル ライアン・ゴズリング 阿部寛 豊川悦司 風間杜夫 鶴橋康夫 斎藤工 寺島しのぶ ペトリ・ルーッカイネン お勧め度★★★★★ ジェシカ・ローテ フィー・ヴ クリストファー・B・ランドン ルビー・モディーン イズラエル・ブルサード 岡田将生 佐藤健 有村架純 山田孝之 菅田将暉 三浦大輔 二階堂ふみ シャーリーズ・セロン ジェイソン・ライトマン マッケンジー・デイヴィス ロン・リビングストン 大林宣彦 峰岸徹 薬師丸ひろ子 高柳良一 長谷川真砂美 石田ゆり子 吉田羊 林遣都 伊藤健太郎 波瑠 松重豊 ステファノ・ソリマ ジョシュ・ブローリン ベニチオ・デル・トロ イザベラ・モナー 三木康一郎 佐津川愛美 谷村美月 木南晴夏 クリス・ルノー ハリソン・フォード パットン・オズワルト エリック・ストーンストリート 木村文乃 松田翔太 森田甘路 前田敦子 堤幸彦 ドーナル・グリーソン レイチェル・マクアダムス リチャード・カーティス ビル・ナイ 永井聡 大泉洋 小松菜奈 坂口健太郎 西島秀俊 篠原涼子 リッカルド・スカマルチョ ローレンス・フィッシュバーン コモン チャド・スタエルスキ キアヌ・リーブス 長澤まさみ 鈴木雅之 木村拓哉 小日向文世 ダーモット・マローニー リン・シェイ リー・ワネル ステファニー・スコット アンガス・サンプソン パトリック・ウィルソン ローズ・バーン ジェームズ・ワン ドリュー・バリモア アダム・サンドラー ピーター・シーガル 武内英樹 GACKT 伊勢谷友介 アンソニー・クイン カーク・ダグラス アール・ホリマン ジョン・スタージェス キャロリン・ジョーンズ ミシェル・ウィリアムズ エイミー・シューマー エミリー・ラタコウスキー アビー・コーン マーク・シルヴァースタイン マックス・ジョゼフ ザック・エフロン ヴェラ・ファーミガ リーアム・ニーソン ジャウム・コレット=セラ キム・キャトラル サラ・ジェシカ・パーカー クリスティン・デイヴィス クリス・ノース シンシア・ニクソン マイケル・パトリック・キング お勧め度★☆☆☆☆ ヘンリー・ギブソン ショーン・S・カニンガム モンテ・ヘルマン ジョン・ゲイター ジョー・ダンテ ケン・ラッセル ジェイス・バルトーク 窪田正孝 鈴木伸之 蒼井優 萩原健太郎 清水富美加 ジョン・リー・ハンコック ニック・オファーマン リンダ・カーデリーニ マイケル・キートン ジョン・キャロル・リンチ 大友花恋 北村匠海 北川景子 小栗旬 浜辺美波 マーク・ラファロ デイヴ・フランコ ジェシー・アイゼンバーグ ウディ・ハレルソン リジー・キャプラン ダニエル・ラドクリフ ジェイ・チョウ ジョン・M・チュウ ルイ・ルテリエ アイラ・フィッシャー 安里麻里 岡山天音 白石晃士 岩澤宏樹 森崎ウィン 内藤瑛亮 大畑創 中村義洋 ダイアン・キートン リチャード・ロンクレイン モーガン・フリーマン ドゥニ・ヴィルヌーヴ ジェイク・ギレンホール ポール・ダノ メリッサ・レオ ヒュー・ジャックマン 黒木華 福士蒼汰 成島出 工藤阿須加 ジェーン・ローウェン ステファン・ポートランド マイケル・ガジン イーサン・ホーク スコット・デリクソン ジェームズ・ランソン ジュリエット・ライランス エミリー・ブラント しゅはまはるみ 真魚 濱津隆之 上田慎一郎 竹内太郎 ひろみ 早見あかり 耶雲哉治 石橋杏奈 向井理 ケヴィン・ジェームズ ミシェル・モナハン クリス・コロンバス デーヴ・パテール シャールト・コプリー ワトキン・チューダー・ジョーンズ ヨ=ランディ・ヴィッサー ニール・ブロムカンプ シガニー・ウィーバー 市川実日子 優香 お勧め度★★☆☆☆ 松田龍平 吉田大八 錦戸亮 北村一輝 スカーレット・ヨハンソン ウディ・アレン マシュー・グッド ジョナサン・リース=マイヤーズ エミリー・モーティマー 村上淳 つみきみほ 市川実和子 木下ほうか 小市慢太郎 中原俊 芥正彦 知念侑李 上地雄輔 西村雅彦 柄本時生 寺脇康文 六角精児 佐々木蔵之介 深田恭子 ジェフリー・ラッシュ シルヴィア・フークス ドナルド・サザーランド ジム・スタージェス ジュゼッペ・トルナトーレ 天海祐希 遊川和彦 R・J・カトラー クロエ・グレース・モレッツ ジェイミー・ブラックリー ミレイユ・イーノス ミカエル・ニクヴィスト ノオミ・ラパス ニールス・アルデン・オプレヴ 千葉雄大 田中圭 成田凌 中田秀夫 フランソワ・クリュゼ オマール・シー エリック・トレダノ オリヴィエ・ナカシュ ロバート・デ・ニーロ デヴィッド・O・ラッセル ブラッドリー・クーパー ジェニファー・ローレンス ダニエル・ブリュール シエナ・ミラー ジョン・ウェルズ 中川翼 平川雄一朗 及川光博 藤原竜也 新海誠 森七菜 本田翼  醍醐虎汰朗 入野自由 花澤香菜 井上和彦 金元寿子 ジョシュ・クーリー ティム・アレン トム・ハンクス ウィル・スミス メナ・マスード ガイ・リッチー ナオミ・スコット 花村怜美 近藤好美 水橋研二 ジョーダン・ピール ブラッドリー・ウィットフォード アリソン・ウィリアムズ ダニエル・カルーヤ キャサリン・キーナー マックス・シエリオット エリザベス・シュー マーク・トンデライ ドウェイン・ジョンソン ローソン・マーシャル・サーバー ネーヴ・キャンベル キャサリン・ウォーターストン スコット・イーストウッド ショーン・サイポス サラ・パクストン クリストファー・デナム ジャック・ヘラー ライアン・ジョンソン ジョセフ・ゴードン=レヴィット ブルース・ウィリス ロルフ・ラッスゴード イーダ・エングヴォル ハンネス・ホルム バハール・パルス アレクサンダー・ブラック サリタ・チョウドリー トム・ティクヴァ 三浦誠己 川島鈴遥 サラ・ローマー D・J・カルーソー シャイア・ラブーフ アーロン・ヨー デヴィッド・モース アビー・コーニッシュ ニール・バーガー エミリア・クラーク テア・シャーロック サム・クラフリン トニ・コレット キャサリン・ハードウィック 永瀬正敏 小泉今日子 ロドリゴ・グランデ クララ・ラゴ レオナルド・スバラーリャ ブルック・シールズ レスリー・ビブ 北村龍平 松雪泰子 中村優子 堺雅人 満島ひかり クヒオ大佐役 ダーレン・リン・バウズマン ティモシー・ギブス ロネ・シェルフィグ アン・ハサウェイ 仲村トオル 伊藤英明 入江悠 タロン・エガートン リース・ウィザースプーン セス・マクファーレン トリー・ケリー マシュー・マコノヒー デニス・クエイド ラッセ・ハルストレム ケイト・バーカー=フロイランド ジョニー・フリン 妻夫木聡 尾野真千子 竹内結子 佐藤祐市 大沢たかお マイケル・J・バセット ラダ・ミッチェル ショーン・ビーン キット・ハリントン アデレイド・クレメンス ラウル・ボバ ロージー・デイ エラ・レムハーゲン ピエール瀧 リリー・フランキー 白石和彌 市村正親 上戸彩 宍戸開 グヴィネス・パルトロー ジョニー・デップ ユアン・マクレガー デヴィッド・コープ 宮崎あおい 佐々部清 レオナルド・ディカプリオ 渡辺謙 クリストファー・ノーラン スティーブン・カンパネッリ オルガ・キュリレンコ モーガンフリーマン カトリーヌ・ドヌーヴ ピリ・グロワーヌ ジャコ・ヴァン・ドルマル ブノワ・ポールヴールド エマニュエル・セニエ ロマン・ポランスキー デンゼル・ワシントン ビル・プルマン アントワーン・フークア ペドロ・パスカル アレン・ヒューズ ゲイリー・オールドマン アルバート・ヒューズ ミラ・クニス オーウェン・ウィルソン カルラ・ブルーニ ガベ・イバニョス ビアギッテ・ヨート・ソレンセン メラニー・グリフィス アントニオ・バンデラス 橋本一 蓮佛美沙子 井上真央 綾野剛 菜々緒 金子ノブアキ マーク・フォースター ヘイリー・アトウェル ローリー・ホールデン クリストフ・ガンズ キム・コーツ イライジャ・ウッド シェーン・アッカー ジェニファー・コネリー 小雪 西田敏行 ブライク・ライヴリー リー・トランド・クリーガー ミキール・ハースマン 反田孝幸 山崎裕太 岩井俊二 奥菜恵 阿部サダヲ 瑛太 寺脇康史 山崎努 野村周平 伊藤淳史 土井裕泰 アーミル・カーン シャルマン・ジョシ R.マドハヴァン カリーナ・カプール ラージクマール・ヒラーニ テリー・ハッチャー ダコタ・ファニング ヘンリー・セリック 吉高由里子 二宮和也 原田眞人 オークワフィナ リアーナ サラ・ポールソン ミンディ・カリング ケイト・ブランシェット サンドラ・ブロック ゲイリー・ロス トム・クルーズ レベッカ・ファーガソン ヘンリー・カヴィル サイモン・ペッグ クリストファー・マッカリー ジャスティン・セロー テイト・テイラー ヘイリー・ベネット パトリック・デンプシー コリン・ファース シャロン・マグワイヤ レニー・ゼルヴィガー スタンリー・キューブリック ニコール・キッドマン ダグ・ジョーンズ イバナ・バケロ ギレルモ・デル・トロ 西谷弘 伊藤歩 キャサリン・ゼタ=ジョーンズ アーロン・エッカート アビゲイル・ブレスリン スコット・ヒックス デヴィッド・エリス ジェイソン・ステイサム キム・ベイシンガー クリス・エヴァンス ウィリアム・H・メイシー エマ・ストーン ジョン・レジェンド 富田靖子 臼田あさ美 長谷川博己 ライアン・レイノルズ T・J・ミラー モリーナ・バッカリン クリス・ヘムズワース アンソニー・ルッソ ロバート・ダウニー・Jr ジョアン・アレン マット・デイモン デヴィッド・ストラザーン ポール・グリーングラス ジュリア・スタイルズ ポール・W・S・アンダーソン エヴァ・アンダーソン アリ・ラーター ミラ・ジョヴォヴィッチ ローラ クリス・クーパー フランカ・ポテンテ ダグ・リーマン 萩原聖人 吉岡秀隆 南里侑香 鈴木千尋 武藤寿美 ローラ・ダーン ジョー・ジョンストン サム・ニール アレッサンドロ・ニヴォラ ティア・レオーニ ジェフ・ゴールドブラム ヴァネッサ・リー・チェスター リチャード・アッテンボロー ジュリアン・ムーア スティーヴン・スピルバーグ ヴィンス・ヴォーン ウィル・フェレル クリスティナ・アップルゲイト デヴィッド・ケックナー スティーヴ・カレル アダム・マッケイ ポール・ラッド フレッド・ウィラード エリクソン・コア テリーサ・パーマー レイ・ウィンストン ルーク・ブレイシー エドガー・ラミレス 福山雅治 大根仁 滝藤賢一 ジェイク・ジレンホール ダンカン・ジョーンズ ディラン・ミネット コディ・スミット=マクフィー マット・リーヴス 橋本愛 ビリー・ボブ・ソーントン 神木隆之介 上白石萌音 テオ・ジェームズ リチャード・ギア セドリック・ニコラス=トロイアン ジェシカ・チャステイン タイ・シェリダン ジェームズ・マカヴォイ マイケル・ファスベンダー オスカー・アイザック ソフィー・ターナー エヴァン・ピーターズ ニコラス・ホルト ブライアン・シンガー クリストファー・ウォーケン デクスター・フレッチャー 永作博美 ヤーロー・チーニー 沢城みゆき 日村勇紀 設楽統 岡田准一 香川照之 竹下景子 イーサン・コーエン ジョエル・コーエン チャニング・テイタム ジョージ・クルーニー ジョナ・ヒル アンドリュー・スタントン アンガス・マクレーン 村川透 夕輝壽太 木の実ナナ 舘ひろし 吉川晃司 柴田恭兵 浅野温子 ティム・バートン ミシェル・ファイファー ダニー・デヴィート ジャック・ニコルソン ロバート・ウール フランセス・オコナー チャーリー・コックス マキシン・ピーク ジェームズ・マーシュ エディ・レッドメイン フェリシティ・ジョーンズ デヴィッド・クローネンバーグ イアン・ホルム ジュディ・デイヴィス ピーター・ウェラー ニコラス・ストーラー セレーナ・ゴメス セス・ローゲン カイル・キャトレット サクソン・シャービノ サム・ロックウェル ギル・キーナン ローズマリー・デウィット ケネディ・クレメンツ トビー・フーパー クジョベス・ウィリアムズ ヘザー・オルーク オリヴァー・ロビンス ドミニク・ダン レイグ・T・ネルソン エイミー・ポーラー ロニー・デル・カルメン ピート・ドクター ウィル・ポールター トム・ハーディ 高嶋政宏 古田新太 柴咲コウ 水原希子 濱田岳 アーミー・ハマー ナオミ・ワッツ ケビン・コスナー ジェニファー・ガーナー ヘザー・グラハム ジョセフ・ファインズ チェン・カイコー コリン・サーモン アリエル・ブロメン アマウリー・ノラスコ マイケル・ピット トミー・リー・ジョーンズ ガル・ギャドット ミカ・ブーレム アンソニー・ホプキンス スティーヴン・キング アントン・イェルチン ジェームズ・スペイダー ジェレミー・デイヴィス マギー・ギレンホール スティーヴン・シャインバーグ リリー・ウォシャウスキー ラナ・ウォシャウスキー ジョン・コーベット ニア・ヴァルダロス イアン・ゴメス ジョーイ・ファトーン ジョエル・ズウィック ジョン・ヘダー ウィル・スペック ジョシュ・ゴードン スー・チー ルイ・レテリエ ジョン・ステイモス カーク・ジョーンズ ジェレミー・レナー ファン・カルロス・フレスナディージョ イモージェン・プーツ ダニー・ボイル キャサリン・マコーマック ロバート・カーライル ベン・アフレック エイミー・アダムス ダイアン・レイン ガル・ガドット ザック・スナイダー アンセル・エルゴート シャイリーン・ウッドリー マイルズ・テラー ロベルト・シュヴェンケ マーク・ウォールバーグ ショーン・アンダース マーク・ライランス エイミー・ライアン エドワード・ジェームズ・ハイランド オースティン・ストウェル エリック・バナ ジョエル・マクヘイル 

プロフィール

ロココ

Author:ロココ
いらっしゃいませ。カフェへようこそ!
ここでは素人目線で映画について言いたい放題、アメリカから映画レビューをお届けしています。→日本に帰国しました!
基本はネタバレなし!ゆっくりしていってくださいね。
リンクフリー、TB大歓迎、古い記事でも気軽にコメントして下さい。

クリックしてね☆
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR