FC2ブログ

君の膵臓をたべたい (2017) 495本目 

なんとなくノスタルジー映画 君の膵臓をたべたい

出演:
山内桜良役 浜辺美波
「僕」 / 志賀春樹役 北村匠海 / 小栗旬
滝本恭子役 大友花恋 / 北川景子

監督:
月川翔
お勧め度★★★☆☆

住野よるのの原作本はなんと260万部以上も売れている

オーディオブックにもなって、アニメ映画にもなって実写映画にもなって・・・。
とにかく引っ張りだこ!
それぐらい人気のこの作品、気になるよね~!

映画を見た後、実はこの原作(ジュニア文庫)を読みました!
アマゾンプライムで読めたので
やっぱり原作はもっと「僕」とヒロインの沢山の会話とエピソードがあって、面白かった。
あと、結構ストーリーの流れとして映画で不自然だと思っていた事も小説の中ではちゃんと説明されていたり、エピソードとして存在していたので、いろいろ補正されました。

母校の高校の教師となった「僕」。
思い出の図書館の取り壊しが決定し、自分が図書館の委員だった頃の事を図書委員の生徒に話し出す。
それは、病院で偶然拾った1冊の「共病文庫」というタイトルの文庫本の持主だった、山内桜良との思い出だった。

とにかく人気のこの作品、見ました。

あれ?この映画、どこかで見たことがあるような・・・

「セカチュウ」かな?
ヒロインが病気で、主人公と仲良くなっちゃうやつ。
まあ、ある意味、ありがちな設定です。
正直言って、なぜここまで人気があるのか、評価されている理由はよくわかりませんでした。
あれかな?もう「セカチュウ」は一周回っちゃった?
知っている人がいなくなっちゃったんでしょうか?
おそらく、これは衝撃的なタイトルとそれに反してピュアなストーリー展開が心に残るということなのかしら?
「膵臓を食べたい」といっても、ホラーな映画では決してなく、実は

ただの青春映画じゃないか!

まあまあ、とにかく2人が初々しくて、可愛くて。
この後、きっとなにか大変な事件が起こるんだろうなというフラグが立ちまくっている流れ

鑑賞後は何とも言えない清々しい気持ちになりました
原作と映画の最大の違いは、原作では結末が最初に書かれているのですが、映画では「この先どうなるんだろう?」と思いながらソワソワしなが見てました。

ただ、つっこみたい所はいっぱいある!
まず、ネクラで人と関わりを持たない、地味なクラスメートの高校時代が北村匠海で大人になったら小栗旬って・・・

全然地味じゃないじゃん!

まあ、本当に地味な人を配役しちゃったら、映画として成り立たないけど。
そして、この2人が演じることで、主人公の「僕」はとても魅力的な人間になっています。
その辺りは後半でジワジワと生きてきます。
私が特に好きなのは、ヘタレなはずの北村匠海がおもむろにヒロインをお姫様抱っこするシーン。

悔しいけどキュンとした!

そして、大人の「僕」が高校時代のことを語るという流れで始まるんだけれど、生徒に先生を辞めようと思ってるみたいなことを匂わせる先生ってなんなんだ・・・。
そんな先生いるかな?
武勇伝を語る先生は沢山いるだろうけど。
ちなみに、原作では12年後の「僕」は登場せず、高校生の「僕」だけが登場します。

それと不思議なのが、高校時代の2人に「親の存在」が全然出てこない。
最後の方で登場しますが、それまで全く存在感がなく、なんとも都合の良い感じで不在です。
現実には高校生が突然旅行とか、よっぽど放任主義の親でなければ難しいような気がするけど。
とにかく、地味でネクラなクラスメートが人気者の女子にちょっかいかけられるという男子の夢物語のような映画です。
なので、女性より、男性の方が楽しめるのかも?
こんなことあったらいいなぁみたいな?
その点も原作ではちゃんと「僕」の両親が登場して、特に母親の存在が印象的でした。

主人公の高校時代を演じる北村匠海は言わずもがなですが、

今回、ヒロインの内桜良役の浜辺美波がすごく良かった!

私は彼女をNHKのラジオ「ボキャブライダー」でしか知らなかったのですが(すみません)、ラジオの中の彼女はなかなかの棒読み調子なので、ちょっと心配でした。
しかし!すごく良かった(二回目)
磯山さやかにちょっと似ている素朴な美少女。
泣き笑いのような笑顔。
透き通る声。
すべてが山内桜良のイメージにぴったり!
めちゃめちゃ可愛かった。

私がもう一人好きなキャラは「僕」のことをなんとなく応援してくれていて、ガムをくれる友人。
こういう人本当にすごい。
そして彼は後々とても重要な役割を果たします。

映画の中でとても印象的な桜のシーン。
残念ながらこのエピソードは逆に原作にはありませんでした。
この場所は京都の伏見であい橋という場所だそうです。
桜ってなぜこんなにも美しいのでしょう

そして私が好きな桜良の言葉。
「違うよ。偶然じゃない。私達は、皆、自分で選んでここに来たの。
偶然じゃない。運命なんかでもない。君が今までしてきた選択と、私が今までしてきた選択が、私達を会わせたの」
こういう考え方好きだなぁ

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
正直目新しさは全然ないのですが、言葉選びが秀逸で、なんといっても役者の魅力満載の映画です。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング


天気の子 (2019) 461本目

実写より美しい 天気の子 
yjimage.jpg
出演:
森嶋 帆高役  醍醐虎汰朗
天野 陽菜役  森七菜
須賀 圭介役  小栗旬
須賀 夏美役  本田翼

監督:
新海誠
お勧め度★★★★☆

さあ、お待たせしました!(いや、誰も待ってないか・・・
「天気の子」の登場です。
今まで新海監督の映画を「ほしのこえ (2002) 」「雲のむこう、約束の場所 (2004)」「秒速5センチメートル (2007) 」「星を追う子ども (2011)」「言の葉の庭 (2013)」「君の名は。(2016)」と見返し、レビューしてきて、最新作です。

高校1年生、森嶋帆高は家出をし、東京へ来た。
あてもなくさまよう彼だったが、フェリーで出会ったライターの須賀圭介のもとで暮らすようになる。
須賀圭介が書いている記事の手伝いで取材をはじめた「100%の晴れ女」の噂。
行きついた先には天野陽菜がいた。
彼女がなぜ天気を操ることができるのか、そして彼女に待ち受けている「運命」とは。

正直「君の名は。」が大ヒットして、次回作っていうのに不安があった。
大抵大ヒットした次の作品って、期待外れが多いよね・・・
音楽も引き続きRADWINPSってまさかPV化してないだろうか、とか。
だけど、

素敵でした!

私は「君の名は。」が世間が言うほど自分に刺さらなかったし、他の新海誠監督の作品、どれを見ても全部それほど刺さらなかったので、自分には良さがわからない映画なのかなぁと思っていたのですが、ちゃんと面白かった!
特に私がこの映画で好きなのは「リアリティ」の部分。
常に実写より美しい映像を見せてくれているけれど、今回はさらに美しく、神秘的でドキドキしました。
雨の描写が上手なのは前作の「言の葉の庭 (2013)」でわかっていたけれど、それ以上に素敵でした!
さらにリアリティの部分でいうと、今回は雑誌「ム―」でしょう!
主人公の帆高が頼りにする圭介は雑誌「ム―」の記事を書いている編集プロダクション。

ムー、ってあの、ムーですよ!

あの怪しげな、「歴史と権威のある雑誌」です。
まさかここでムーが出て来るとは思わなかったけれど、実は「君の名は。」にも小道具として登場していたそうです。
それと新海監督が昔から読んでいたということで。
確かに沢山の雑誌が廃刊になる中で1979年に創刊されているから、確かに「歴史と権威」はあるね。

実は私も時々読んでいる「ムー」。
なんと!10月号のムーには天気の子の特集があります!
私もちゃんと読みましたよ!
オカルト、嫌いじゃないのよね

ただ、ムーが怪しげな雑誌として半笑いで圭介が紹介するシーンをよく許容したな、と。
そこもムーの懐の深さです。
そして映画ではほとんど登場しないホンモノの雑誌部分はムーの本当の編集者が監修しているそうです。
細かいねぇ。
そして、ムーだけでなく、いろいろな小道具がアレンジされずに登場するのだけれど、それは最初に全部書いてから、許可が取れたものだけを実名で登場させているとのこと。
タイアップとかではないそうです。

私が好きなリアリティの部分と、同時に好きなのが陽菜が晴れ女として活躍する場面。
人を幸せにする、幸せな気持ちにさせてくれる映画

たぶん私が「君の名は。」があまり好きではない理由は結末なんだと思う。
盛り上げるだけ盛り上げて最後「なんだよ~」とさせる感じががっかりしたんだと思う。
その点、この映画は最後までどうなるんだろうとハラハラしましたが、そうくるか!となかなか面白い結末でした。

その前作の「君の名は。」に登場した主人公の2人がこの映画にも登場しています。

こういうの好き!

陽菜たちが行う「晴れ女サービス」を受けるお客様の孫として瀧君が登場。
そしてジュエリーショップの店員さんに三葉。
2人は少し大人になっているので、印象は違いますが、名前が出て来るのでわかります。
さらに克彦や早耶香や四葉もちょこっとだけ登場しています。
アニメだから顔の区別が難しいけど

今回声優陣を全然知らずに映画を見たので、いろいろと驚きました。
まずは須賀圭介役の小栗旬。
途中で気が付きましたが、最初はわからなかった。
随分いい声だなぁと。

こんないい声だったっけ?

低くて良く響く声。
素敵です。
声優としての演技も良かった!

そして驚いたのが夏美役の本田翼。
ドラマとかでの彼女の演技についてはいつもなんだか浮いてるなぁと思っていたのですが、今回夏美の声を演じていると最後までわからなかった!
ちょっと舌足らずな感じが大人の夏美の可愛らしい部分を上手に表現していて、素晴らしかったです。
たぶん、本業が声優の人にはこの舌足らず感は出せないんでしょうね。
私はアニメに俳優を起用するのは反対派なんだけれど、ここまで素晴らしと納得しちゃうよ。

相変わらず音楽を贅沢に使った演出も、前回よりもずっと好き。

と、いうわけで、かなりバランスの良い楽しい映画でした。
強いて気になる点を言えば、家出をしてきた帆高の理由。
イマイチ家での理由がピンとこないし、結構長い間家出していて、なかなか見つからないというのも不思議。
帆高の家の事はほとんど語られず。
この設定は必要だったのかなぁと。
まあ、東京を逃げ回る必要があったので、そういう事にしたのかもしれないけれど。

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
私にとって、もしからしたら2019年に映画館で見る最後の映画になるかもしれません。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング



ミュージアム (2016) 432本目

予告編から期待大! ミュージアム 

出演:
沢村久志役 小栗旬 
沢村遥役 尾野真千子
カエル男役  妻夫木聡

監督:
大友啓史
お勧め度★★★★☆

邦画が続きます!
いやあ、日本に帰ってきて、邦画ばっかり見てる
素晴らしい作品多いです。
そして、こちら、映画の予告編見て、すごく見たかった映画。

生きながら空腹の犬に喰い殺された女性、少しづつ切り刻まれた死体。
狂気の連続殺人事件が発生する中、担当した刑事沢村。
その被害者達にはすべて共通点があった。
そしてその魔の手が沢村の妻にに迫っていることを知る。

これ、まさに

セブンとソウを足して二で割ったような映画!

もちろん、ストーリーは全然違いますが、雰囲気が何か似てる。
法では裁けない罪を犯す人々を罰しているように見えたり、妻に危険が迫っていると知ってさらにパニくる主人公など、そういうパーツの雰囲気が似てた。

しかし、沢村の妻よ。
「私と仕事、どっちが大事なの」(とは言ってないけど)とか、そういう質問をしてはいけない!
刑事なのだから、その仕事、わかって結婚したはず!
そして、接待と偽ってキャバクラに行っているわけでもなく、仕事一生懸命頑張っている夫には、「亭主元気で留守がいい」と思うべし
沢村の妻は彼が仕事で忙しすぎることに愛想をつかし家を出るんだけど、その辺があんまり説得力なかったなぁ。
もっと家族を顧みないエピソードを満載にしてくれないと、妻に同情できないよ。

殺人事件の描写もなかなか凝っていてよかった。
ちょっと怖い感じが好き

ストーリーも最初の予想を裏切った展開を見せてくれるのも嬉しい。

主人公沢村役の小栗旬。
迫真の演技でした。
しかし、

ちょっと落ち着こうよ!

と何度も言いたくなったよ。
パニくりすぎでしょ。
見てるこっちがハラハラするよ。
敏腕刑事なんだから、もっと冷静にー!ってそうはいかないか。
でもそのせいでいろんな人を巻き込んでしまう悪循環。
可哀想で見てられなかった。
撮影では実際に自分を追いつめるように役作りをしたとか。
監禁後のシーンでは人に会わないようにして、寝ない、また実際にハンバーガーしか食べずに精神的にも自分を追いつめたそうです。
だから、ここは、沢村が監禁されたというより、「小栗旬」が監禁されたら、どうなるかっていう感じなのかも。

ちなみに、犯人のカエル男は妻夫木聡です。
イケメンぶりを全く見せない演出
はじめから犯人はわかってる。
その犯人を追いつめるというより、犯人から逃げる映画です。
そして犯人は普通の人間なのに、なぜか結構しぶとい

あと、やたら雨が降っている

どうしても濡れたい小栗旬。
もちろん雨の日というは映画の大切なヒントになるんだけど、単なる偶然だけど、最近雨の邦画が多いなぁ。

こちらはマンガが原作の映画。
原作とは結末が違うらしいのですが、私は映画の結末、好きです。

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
結構いろんな映画で狂気的な連続殺人事件を見てきたのに、やっぱりこの手の話が好きなんだなぁ。
ひっきりなしにドキドキしました!

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング



信長協奏曲 (2016) NOBUNAGA CONCERTO 341本目

まあ、こういう終わり方が一番安全 信長協奏曲 (NOBUNAGA CONCERTO)

出演:
サブロー / 織田信長/ 明智光秀役 小栗旬
帰蝶役 柴咲コウ
池田恒興役 向井理
羽柴秀吉役 山田孝之
徳川家康役 濱田岳
松永弾正久秀役 古田新太
柴田勝家役 高嶋政宏
市役 水原希子

監督:
松山博昭
お勧め度★★★★☆

いやぁ、またまた日本を満喫してしまいました。
ご無沙汰です
今回は時差ボケ対策にメラトニンのサプリと朝のウォーキングを取り入れて、なんとか頑張っています!
そろそろ仕事も再開しないといけないし、ブログもさぼっていた分、取り戻すぞー!
と、心を新たに頑張りまっす!
さて、国際線のお楽しみ、邦画のご紹介です!

戦国時代にタイムスリップしてしまった高校生サブロー。
姿かたちがそっくりの織田信長に自分の代わりになってほしいと頼まれ、織田信長になって戦国の世をその独特のカリスマ性で切り開く!
そして、いよいよ舞台は本能寺へ!!

実はこれ、私、アメリカでドラマ見てました!
設定的にいかにも、って感じのドラマだったのですが、見始めたら止まらない、止まらない
面白かった!
恥ずかしながら日本の歴史に疎い私。
ドラマを見ながら「これって、歴史的には正しいのかな?どうなんだろう?」と思う事を調べたりしていたら、とっても興味を持ったよ!
そして、面白いことに、史実に基づいた内容になっているところもまた面白い。
例えば斎藤道三なんかも、素性がよくわからない人という歴史的事実から考えると「未来人」であったとしても一応、辻褄は合うなぁとか。
そういう史実と比べて見ても、「うまいことやったなぁ」という感じで面白かった!
と、いってもそれはドラマのお話。
嫌な予感はしていましたが、ドラマの最終回で衝撃の真実!
「映画に続きます!!」

え~!!それはないでしょう?!?

ちょっと、いや、かなりずるいよね。
だからこそ、この映画はドラマを見ていないと、そんなに面白くないんじゃないか、という気がする。
ドラマでの数々のエピソードがあってこそ、の映画。
しかも映画ではそれほど信長自体が歴史的に活躍する場面がないので、やっぱりドラマを見てほしい。
このドラマの面白いところは、主人公のサブローが勉強が苦手で、日本の歴史を全く知らない、というところ。
彼がいろいろと考えてひねり出したアイディアなどが、実は史実と同じだった!というところが面白い。
映画の中ではこのエピソードいる?とつい思ってしまった外国人=河童伝説が、実は後々凄いところに繋がるってところが面白かった

いくら歴史に疎い私でも知っている「本能寺の変」。
それすらサブローは知らないのです。
つまり、結末は知っているということになる。
じゃあ、どうやってこのストーリーを終わらせるのか!
まあ、その辺りは予想通りだったけれど、うまい事まとめています。
これ以外の綺麗な終わり方はないかなぁ~?

主演の小栗旬。
イケメン俳優として有名ですが・・・そんなにイケメンかね?
決して整った顔立ちではないと思う。
でも、演技をしている彼はとにかく魅力的
ちょっとするとわざとらしくなりがちなギャグシーンもとっても自然で面白い。
そして真面目なシーンでは迫真の演技を見せる。
その緩急も素晴らしく、30代にして高校生役に違和感がないのもすごい

脇を固める俳優陣も皆個性的で実力派。
特に向井理と高島政宏の演技が好きだったなぁ。

そして主題歌は安定のミスチル。
ドラマに引き続いて同じ曲っていうのも心つかむなぁ。
あれ?ちょっとこの曲、どこかで聞いたことあるなぁって思わせるくらいのミスチル節で、ドラマにピッタリ!
Youtubeにミスチルのオフィシャルチャンネルがあるらしいのですが、なぜかアメリカでは見ることができません。
世界に発信するために作ったんじゃないのか?
Toysfactoryのチャンネルは見ることができるのに・・・。
意図的なのか気が付いていないのか・・・。
せっかくの素晴らしいプロモーション手段も、見れないなら意味ないんだけどね・・・。

そして、音楽を担当しているのが、これまた私の大好きなタカハシタク!
時代劇的なエッセンスを残しつつタクらしいヒップでカッコいい新しい音楽を作り上げています。
これがまたドラマにピッタリ!

正直言って、このお勧め度の★はドラマを含めた評価です。
むしろ映画である必要性をあまり感じなかった・・・。
ドラマでも十分に迫力があって、説得力があって、最高に面白かったと思う!
逆に、この映画を見ただけの人がストーリー全体の面白さを味わっていないかと思うと、もったいない!
一応最初に「おさらい」的なドラマの内容の説明があるのですが、ぜひぜひ、ドラマを見てから映画を見て下さい!

ドラマっていつもそうだけど、これで終わってしまうのが、本当に寂しい、久しぶりに面白いドラマでした。
ってドラマの感想になってる!!

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
くれぐれもドラマを見てからの映画視聴を!


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



関連タグ

お勧め度★★★☆☆ アダム・サンドラー ドリュー・バリモア ピーター・シーガル 伊勢谷友介 武内英樹 GACKT 二階堂ふみ お勧め度★★★★☆ アール・ホリマン ジョン・スタージェス アンソニー・クイン カーク・ダグラス キャロリン・ジョーンズ ローズ・バーン ジェームズ・ワン パトリック・ウィルソン エミリー・ラタコウスキー アビー・コーン マーク・シルヴァースタイン ミシェル・ウィリアムズ エイミー・シューマー ザック・エフロン マックス・ジョゼフ リーアム・ニーソン ジャウム・コレット=セラ ヴェラ・ファーミガ クリス・ノース マイケル・パトリック・キング サラ・ジェシカ・パーカー クリスティン・デイヴィス キム・キャトラル シンシア・ニクソン お勧め度★★★★★ お勧め度★☆☆☆☆ ジェイス・バルトーク ケン・ラッセル ヘンリー・ギブソン ショーン・S・カニンガム モンテ・ヘルマン ジョー・ダンテ ジョン・ゲイター 萩原健太郎 大泉洋 窪田正孝 蒼井優 鈴木伸之 清水富美加 ジョン・リー・ハンコック ジョン・キャロル・リンチ リンダ・カーデリーニ ニック・オファーマン マイケル・キートン 大友花恋 浜辺美波 北村匠海 小栗旬 北川景子 ジョン・M・チュウ ジェシー・アイゼンバーグ マーク・ラファロ ジェイ・チョウ リジー・キャプラン ウディ・ハレルソン ダニエル・ラドクリフ デイヴ・フランコ ルイ・ルテリエ アイラ・フィッシャー 白石晃士 中村義洋 森崎ウィン 岩澤宏樹 岡山天音 大畑創 安里麻里 内藤瑛亮 モーガン・フリーマン リチャード・ロンクレイン ダイアン・キートン ポール・ダノ ジェイク・ギレンホール ヒュー・ジャックマン ドゥニ・ヴィルヌーヴ メリッサ・レオ 成島出 福士蒼汰 黒木華 工藤阿須加 ジェーン・ローウェン マイケル・ガジン ステファン・ポートランド イーサン・ホーク ジェームズ・ランソン スコット・デリクソン ジュリエット・ライランス ジョシュ・ブローリン ベニチオ・デル・トロ エミリー・ブラント しゅはまはるみ 濱津隆之 真魚 上田慎一郎 竹内太郎 早見あかり 石橋杏奈 向井理 耶雲哉治 ひろみ ケヴィン・ジェームズ クリス・コロンバス ミシェル・モナハン デーヴ・パテール シャールト・コプリー ワトキン・チューダー・ジョーンズ ニール・ブロムカンプ シガニー・ウィーバー ヨ=ランディ・ヴィッサー 優香 市川実日子 吉田大八 お勧め度★★☆☆☆ 木村文乃 松田龍平 北村一輝 錦戸亮 ウディ・アレン エミリー・モーティマー ジョナサン・リース=マイヤーズ スカーレット・ヨハンソン マシュー・グッド 市川実和子 つみきみほ 村上淳 小市慢太郎 木下ほうか 芥正彦 中原俊 深田恭子 佐々木蔵之介 六角精児 柄本時生 西村雅彦 知念侑李 寺脇康文 上地雄輔 ジム・スタージェス ジュゼッペ・トルナトーレ ジェフリー・ラッシュ シルヴィア・フークス ドナルド・サザーランド 阿部寛 天海祐希 遊川和彦 クロエ・グレース・モレッツ ミレイユ・イーノス ジェイミー・ブラックリー R・J・カトラー ミカエル・ニクヴィスト ニールス・アルデン・オプレヴ ノオミ・ラパス 田中圭 成田凌 中田秀夫 千葉雄大 エリック・トレダノ オリヴィエ・ナカシュ フランソワ・クリュゼ オマール・シー ロバート・デ・ニーロ デヴィッド・O・ラッセル ジェニファー・ローレンス ブラッドリー・クーパー ジョン・ウェルズ シエナ・ミラー ダニエル・ブリュール 有村架純 藤原竜也 及川光博 平川雄一朗 中川翼 石田ゆり子 林遣都 森七菜  新海誠 本田翼 醍醐虎汰朗 入野自由 花澤香菜 金元寿子 井上和彦 トム・ハンクス ティム・アレン ジョシュ・クーリー ウィル・スミス メナ・マスード ガイ・リッチー ナオミ・スコット 水橋研二 近藤好美 花村怜美 ブラッドリー・ウィットフォード ジョーダン・ピール ダニエル・カルーヤ アリソン・ウィリアムズ キャサリン・キーナー エリザベス・シュー マックス・シエリオット マーク・トンデライ ネーヴ・キャンベル ドウェイン・ジョンソン ローソン・マーシャル・サーバー ジャック・ヘラー サラ・パクストン クリストファー・デナム スコット・イーストウッド キャサリン・ウォーターストン ショーン・サイポス ブルース・ウィリス ライアン・ジョンソン ジョセフ・ゴードン=レヴィット バハール・パルス イーダ・エングヴォル ロルフ・ラッスゴード ハンネス・ホルム トム・ティクヴァ サリタ・チョウドリー アレクサンダー・ブラック 三浦誠己 川島鈴遥 シャイア・ラブーフ アーロン・ヨー サラ・ローマー デヴィッド・モース D・J・カルーソー アビー・コーニッシュ ニール・バーガー サム・クラフリン エミリア・クラーク テア・シャーロック トニ・コレット キャサリン・ハードウィック 永瀬正敏 小泉今日子 ロドリゴ・グランデ レオナルド・スバラーリャ クララ・ラゴ レスリー・ビブ 北村龍平 ブルック・シールズ 松雪泰子 堺雅人 クヒオ大佐役 中村優子 満島ひかり ダーレン・リン・バウズマン ティモシー・ギブス ロネ・シェルフィグ アン・ハサウェイ 入江悠 仲村トオル 伊藤英明 セス・マクファーレン タロン・エガートン リース・ウィザースプーン マシュー・マコノヒー トリー・ケリー デニス・クエイド ラッセ・ハルストレム ケイト・バーカー=フロイランド ジョニー・フリン 妻夫木聡 尾野真千子 佐藤祐市 西島秀俊 竹内結子 大沢たかお アデレイド・クレメンス マイケル・J・バセット キット・ハリントン ラダ・ミッチェル ショーン・ビーン ロージー・デイ ラウル・ボバ エラ・レムハーゲン リリー・フランキー 白石和彌 ピエール瀧 山田孝之 上戸彩 市村正親 宍戸開 ジョニー・デップ ユアン・マクレガー グヴィネス・パルトロー デヴィッド・コープ 宮崎あおい 佐々部清 レオナルド・ディカプリオ 渡辺謙 クリストファー・ノーラン スティーブン・カンパネッリ オルガ・キュリレンコ モーガンフリーマン ブノワ・ポールヴールド カトリーヌ・ドヌーヴ ジャコ・ヴァン・ドルマル ピリ・グロワーヌ ロマン・ポランスキー エマニュエル・セニエ ビル・プルマン デンゼル・ワシントン アントワーン・フークア ペドロ・パスカル アルバート・ヒューズ ゲイリー・オールドマン アレン・ヒューズ ミラ・クニス レイチェル・マクアダムス カルラ・ブルーニ オーウェン・ウィルソン ガベ・イバニョス メラニー・グリフィス ビアギッテ・ヨート・ソレンセン アントニオ・バンデラス 橋本一 蓮佛美沙子 綾野剛 菜々緒 井上真央 金子ノブアキ ヘイリー・アトウェル マーク・フォースター ローリー・ホールデン キム・コーツ クリストフ・ガンズ イライジャ・ウッド シェーン・アッカー ジェニファー・コネリー 西田敏行 小雪 ミキール・ハースマン ブライク・ライヴリー ハリソン・フォード リー・トランド・クリーガー 山崎裕太 奥菜恵 岩井俊二 反田孝幸 山崎努 瑛太 寺脇康史 阿部サダヲ 伊藤淳史 野村周平 土井裕泰 カリーナ・カプール シャルマン・ジョシ ラージクマール・ヒラーニ アーミル・カーン R.マドハヴァン ダコタ・ファニング ヘンリー・セリック テリー・ハッチャー 二宮和也 原田眞人 吉高由里子 木村拓哉 オークワフィナ ミンディ・カリング サラ・ポールソン リアーナ サンドラ・ブロック ゲイリー・ロス ケイト・ブランシェット サイモン・ペッグ トム・クルーズ ヘンリー・カヴィル クリストファー・マッカリー レベッカ・ファーガソン テイト・テイラー ヘイリー・ベネット ジャスティン・セロー シャロン・マグワイヤ パトリック・デンプシー コリン・ファース レニー・ゼルヴィガー スタンリー・キューブリック ニコール・キッドマン ダグ・ジョーンズ ギレルモ・デル・トロ イバナ・バケロ 西谷弘 斎藤工 伊藤歩 アーロン・エッカート キャサリン・ゼタ=ジョーンズ アビゲイル・ブレスリン スコット・ヒックス キム・ベイシンガー ウィリアム・H・メイシー デヴィッド・エリス ジェイソン・ステイサム クリス・エヴァンス ライアン・ゴズリング ジョン・レジェンド エマ・ストーン 臼田あさ美 富田靖子 長谷川博己 ライアン・レイノルズ T・J・ミラー モリーナ・バッカリン ロバート・ダウニー・Jr アンソニー・ルッソ クリス・ヘムズワース マット・デイモン ジョアン・アレン ポール・グリーングラス ジュリア・スタイルズ デヴィッド・ストラザーン ミラ・ジョヴォヴィッチ エヴァ・アンダーソン ポール・W・S・アンダーソン アリ・ラーター ローラ フランカ・ポテンテ クリス・クーパー ダグ・リーマン 萩原聖人 南里侑香 吉岡秀隆 武藤寿美 鈴木千尋 ローラ・ダーン サム・ニール アレッサンドロ・ニヴォラ ティア・レオーニ ジョー・ジョンストン ジェフ・ゴールドブラム スティーヴン・スピルバーグ ジュリアン・ムーア リチャード・アッテンボロー ヴァネッサ・リー・チェスター ヴィンス・ヴォーン デヴィッド・ケックナー ポール・ラッド フレッド・ウィラード クリスティナ・アップルゲイト アダム・マッケイ ウィル・フェレル スティーヴ・カレル レイ・ウィンストン ルーク・ブレイシー テリーサ・パーマー エリクソン・コア エドガー・ラミレス 大根仁 滝藤賢一 福山雅治 吉田羊 ジェイク・ジレンホール ダンカン・ジョーンズ ディラン・ミネット コディ・スミット=マクフィー マット・リーヴス 橋本愛 坂口健太郎 ビリー・ボブ・ソーントン 上白石萌音 長澤まさみ 神木隆之介 リチャード・ギア テオ・ジェームズ シャーリーズ・セロン セドリック・ニコラス=トロイアン ジェシカ・チャステイン ジェームズ・マカヴォイ ソフィー・ターナー エヴァン・ピーターズ ブライアン・シンガー タイ・シェリダン オスカー・アイザック マイケル・ファスベンダー ニコラス・ホルト デクスター・フレッチャー クリストファー・ウォーケン クリス・ルノー ヤーロー・チーニー 永作博美 沢城みゆき 設楽統 日村勇紀 岡田准一 竹下景子 香川照之 ジョージ・クルーニー ジョナ・ヒル ジョエル・コーエン チャニング・テイタム イーサン・コーエン アンドリュー・スタントン アンガス・マクレーン 浅野温子 柴田恭兵 舘ひろし 木の実ナナ 吉川晃司 村川透 夕輝壽太 ティム・バートン ダニー・デヴィート ミシェル・ファイファー ロバート・ウール ジャック・ニコルソン フランセス・オコナー エディ・レッドメイン フェリシティ・ジョーンズ ジェームズ・マーシュ チャーリー・コックス マキシン・ピーク イアン・ホルム ジュディ・デイヴィス デヴィッド・クローネンバーグ ピーター・ウェラー セレーナ・ゴメス ニコラス・ストーラー セス・ローゲン ケネディ・クレメンツ カイル・キャトレット サム・ロックウェル ギル・キーナン ローズマリー・デウィット サクソン・シャービノ レイグ・T・ネルソン ヘザー・オルーク トビー・フーパー クジョベス・ウィリアムズ オリヴァー・ロビンス ドミニク・ダン エイミー・ポーラー ロニー・デル・カルメン ピート・ドクター トム・ハーディ ウィル・ポールター 古田新太 濱田岳 柴咲コウ 高嶋政宏 水原希子 アーミー・ハマー ナオミ・ワッツ ジェニファー・ガーナー ケビン・コスナー チェン・カイコー ヘザー・グラハム ジョセフ・ファインズ コリン・サーモン マイケル・ピット アマウリー・ノラスコ ガル・ギャドット トミー・リー・ジョーンズ アリエル・ブロメン スティーヴン・キング ミカ・ブーレム アントン・イェルチン アンソニー・ホプキンス ジェームズ・スペイダー スティーヴン・シャインバーグ ジェレミー・デイヴィス マギー・ギレンホール ラナ・ウォシャウスキー リリー・ウォシャウスキー ジョン・コーベット ニア・ヴァルダロス イアン・ゴメス ジョーイ・ファトーン ジョエル・ズウィック ジョン・ヘダー ウィル・スペック ジョシュ・ゴードン ルイ・レテリエ スー・チー ジョン・ステイモス カーク・ジョーンズ ジェレミー・レナー ファン・カルロス・フレスナディージョ ダニー・ボイル イモージェン・プーツ キャサリン・マコーマック ロバート・カーライル ベン・アフレック エイミー・アダムス ダイアン・レイン ガル・ガドット ザック・スナイダー アンセル・エルゴート ロベルト・シュヴェンケ シャイリーン・ウッドリー マイルズ・テラー ショーン・アンダース マーク・ウォールバーグ エドワード・ジェームズ・ハイランド オースティン・ストウェル エイミー・ライアン マーク・ライランス エリック・バナ ジョエル・マクヘイル 

プロフィール

ロココ

Author:ロココ
いらっしゃいませ。カフェへようこそ!
ここでは素人目線で映画について言いたい放題、アメリカから映画レビューをお届けしています。→日本に帰国しました!
基本はネタバレなし!ゆっくりしていってくださいね。
リンクフリー、TB大歓迎、古い記事でも気軽にコメントして下さい。

クリックしてね☆
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR