FC2ブログ

二重生活 (2016)  550本目

頭の悪い私には哲学はわからない 二重生活

出演:
白石珠役 門脇麦
石坂史郎役 長谷川博己
鈴木卓也役 菅田将暉
篠原教授役 リリー・フランキー

監督:
岸善幸
お勧め度★★★☆☆

大学院で哲学を学ぶ白石珠。
教授から「理由なき尾行」を修士論文のテーマにするように勧められる。
ターゲットにえらんだのは珠のアパートの向かいに住む石坂。
尾行をすると石坂の「秘密」を見てしまい・・・。

この映画、タイトルだけでめちゃくちゃ面白そう!って思う。
そしてこのキャスト。
期待しましたよ!
そして結果としては・・・

この映画、いったいなんだったの?

頭の悪い私にはわかりませんでしたよ。

まず、修士論文のテーマを教授から個別に勧められるってなんだか違和感あったなぁ。
そして、なぜかこのなんの取柄もない感じの主人公の事をすごく褒めていて、その理由もよくわからないし。
彼女のトラウマになっているらしき昔の恋バナも、特別な感じは全然なくて、よくある話だし。
同棲している彼氏との関係もすごく薄っぺら。

この映画は小池真理子の同名小説の映画化です。

映画を見た後、とても気になって原作を読んでみました。
そしたら、わかった、この映画が作られた理由。

小説はかなり面白かった!

映画を見た後なので、すべてキャラクターが映画のキャストで脳内再生されていたので、余計に面白く感じたのかもしれませんが。
やっぱりこの小説のテーマが面白くて映画にしたんだろうなぁ・・・!
でも、ずいぶんと設定が変わっています。

私が感じた違和感は、小説では設定が違っていて、まず、この「理由なき尾行」は教授から勧められるというのは映画だけの設定。
そして、映画ではほんの脇役のような存在の彼氏ですが、小説ではかなり深く主人公に絡んできます。
ついでに主人公のトラウマ恋愛も小説ではかなり詳しく語られていて、ズキンとくるエピソードだったし、石坂がそれほど嫌な人間には描かれていません。

なんでこの小説の良い設定を変えちゃったのかね?

まあ、それ故に小説ではあまりエグイことは起こらないので、映画でその辺が矯正されてしまった感がありますが。

それでも★3つまで盛り上がった理由はなんといっても石坂を尾行して彼の生活を垣間見る感じがメチャメチャ面白かったから。

だけど、尾行が申し訳ないくらい下手くそ!

ついでに言い訳や説明も下手くそすぎてゲンナリしちゃう。
もっと上手にやってよ~!

まあ、そのダメダメのキャラクターが主人公のキャラであり、それがこの映画の重要な要素なんだろうけれど、なんだかイライラした。

ついでに、石坂だけでなく、教授にも秘密があり。
ただ、この秘密は正直初っ端からピンときてしまったので、驚きも感動もなく。
なんといっても、この教授と主人公の関係性が映画であまり描かれていないので、よくわからなかった。
小説ではあまり出番のない教授ですが、かなり素敵な存在に描かれていて、映画とは全く違うアプローチでした。

そして最大にモヤっとしたのが結末。

おもわせぶり~!

私にはとても理解に苦しみました。
小説とは全然違います。

ただ、途中までドキドキハラハラ面白かったので★3つです。

今回主役の珠を演じる門脇麦。
fc2blog_20200709222812e17.jpg
本当にどこにでもいる感じの女子が上手。
眼鏡が似合いすぎ。
小説のイメージと確かにピッタリ。

珠に尾行される石坂約に長谷川博己。
なんだかズルい感じがとってもハマっているけれど、小説の石坂の方が、イメージに合っている気がする。
そんなに悪い奴じゃないんですよ。

そして篠原教授役にリリー・フランキー。
小説ではとっても重要な役回りなのですが、どちらかというと紳士的なイケメンというキャラクターなので、ちょっと違うかなぁ・・・。

そしてこの映画のモチーフになっている「ソフィ・カル」の「本当の話」というお話。

いったいどこまでが「本当の話」なのかわからないくらいハチャメチャなことばかりしているソフィ・カル。
無作為に選んだ人を尾行するという話は「ヴェネチア組曲」の中のエピソードなのだけれど、実際には尾行した時のことは数行しかなくて、その尾行した人がヴェネツィアに行ったという話を聞いて無計画に自分も行っちゃう、というとんでもないお話がメインです。
こちらもなかなか面白かった。

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
私は小節の方が面白かったけれど、映像的に映画で補正するというのはいいかも。
ただし、「理由なき尾行」はマネしちゃだめよ!

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

SUNNY 強い気持ち・強い愛 (2018) 538本目

日本版サニーは90年代の思い出映画 SUNNY 強い気持ち・強い愛 

出演:
阿部奈美役 篠原涼子
阿部奈美(女子高生時代)役 広瀬すず
裕子役 小池栄子
梅役 渡辺直美
梅(女子高生時代)役 富田望生
伊藤芹香役 板谷由夏
伊藤芹香(女子高生時代)役 山本舞香

監督:
大根仁
お勧め度★★★☆☆

さて、先月の最後に、韓国のオリジナル版の「サニー」をご紹介しましたが、今回は日本版リメイク作品!

専業主婦の奈美が偶然病院で高校時代の親友芹香に再会する。
彼女は末期ガンと診断されていて、高校時代の女子グループ「サニー」に再会したいと奈美に頼む。
90年代に女子高生だった彼女達の現在と過去の物語。

こちら、オリジナルは80年代後半が舞台ですが、日本版は90年代が舞台。
そうそう、コギャル、アムラー、小室ファミリー時代ですよ!

私は前回オリジナル版を見ているので、話しの筋は知っているという状態で視聴してます。
その上で、やっぱり韓国版を上回るのは難しかった・・・。
確かにコギャルやJポップなどの日本らしい設定は生かしているとおもうのだけれど、

ストーリーが全くオリジナルと一緒!

ともすれば、セリフまで一緒のところが多くて、もう少しこの設定だけを頂戴して新しい映画を作るっているのでもよかったんではないかな?と思う。
どうしてもオリジナルに引っ張られてしまって違和感満載のエピソードがあるのが残念。

例えば、映画の中核である「サニー」というグループ名。
90年代に女子でグループ名をつけるのが流行ってたかって言うとちょっと記憶がないけど、例えばとにかくお揃いが好きで、オリジナルTシャツ作ったり、同じアクセをつけたり、そういうことはしてたなぁ
まあ、その延長でグループ名をつけるということは自然だろうけれど、その名付け方に関してはもっとヒネリが欲しかった。
いきなりコギャルが「サニー」っていう名前を思いつけるとは思えない。

あとは奈美のキャラクターも、韓国映画の大袈裟演技を引きずっていて「そんな女子高生いないよ」って感じになっちゃう。

もっといえば、今や病院は個人情報保護の観点から病室の入り口に名前を出すってことはしないと思うんだけどね。
その辺りもオリジナルと一緒にしようとするから今の日本とマッチしなくなっちゃってる。

もちろん独自の設定もあり、例えばオリジナルでは6人だったメンバーが5人に。
これは確かに6人だとちょっと多くて把握しきれてなかったから良かったな。
ただ、本来なら奈々が一番美少女でなくてはならないのに、日本版のサニーは結構みんな美少女だから、奈々が薄れて見えた
そこが残念。
あと、奈美と奈々って名前がかぶっているのもいただけない。
奈々はコギャルの延長の美少女ではなく、絶対的美少女でなくてはならないのに、ちょっとイメージも違ってた。

それでもこの映画をグイグイみせてくれるのは、やっぱり篠原涼子や渡辺直美、小池栄子などの大人サニーのキャラの濃さでしょう。
オリジナルでちょっといただけなかった大人の喧嘩シーンの設定が変わっていて、みんなのコスプレも見れてここは日本版の方がいいね!

そして忘れてはいけない音楽!
90年代を席巻した懐かしのJ-pop。
知らない歌がない!
全部カラオケで歌いまくっていたヤツですよ

引退した小室哲哉が最後に手掛けた映画音楽
彼がどこまで選曲に携わったかわからないけれど、メインの曲が自分自身の曲でなく、オザケン、っていうとこもいいよね。
しかも映画では「みんなtrfばっかりなんだもん」と揶揄するシーンもあり
引退する必要なかったと思うけど、これも映画と一緒に彼のことを懐かしむ要素になっちゃいまいした。

今回主役の篠原涼子はオリジナルのナミ(名前が韓国版と一緒!)と雰囲気が似ていて、可愛らしい主婦です。

私が特に気になったのは、芹香の高校生役、山本舞香。
fc2blog_20200601132000003.jpg

ともすれば美少女奈々よりもかわいい!

いや、可愛いだけでなく、存在感が半端ない。
どこかで見たことあるなぁと思ったら、「大様のブランチ」に出ていたんですね。
あと、「恋は雨上がりのように (2018)」の倉田みずき役で出演していた!
ええ!私、あの人は二階堂ふみだと勘違いしてました!
確かにあの映画でも光ってたわ!
もっとどんどん映画で見たい女優さんですね。

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
確かにとっても良かったんだけれど、やっぱり韓国版のパワーには負けてしまってたなぁ。
もっとこの設定を生かした独自のストーリー展開があってもよかったのに。
ただ、アラフォー以上には十分に楽しく懐かしめる映画でしょう!

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング


ナミヤ雑貨店の奇蹟 (2017) 533本目

人間関係複雑な映画 ナミヤ雑貨店の奇蹟 

出演:
矢口敦也役 山田涼介
小林翔太役 村上虹郎
麻生幸平役 寛一郎
浪矢雄治 - 西田敏行

監督:
廣木隆一
お勧め度★★★☆☆

Hey! Say! JUMPでは誰が好き?
私は断然山田君!
あんなかわいい子が世の中にいるんだぁと感激したなぁ。
「グラスホッパー (2015)」では、映画はそれほど面白くなかったけれど、その演技力とオーラに驚いた!
もちろん、その前に「理想の息子」というドラマで可愛らしさにノックアウトされたけど。
とにかく、山田君が今度はどんな魅力を振りまいてくれるのか、ミーハーな気持で見た映画

訳ありの3人の男の子が逃げ込んだ廃屋。
それはかつて「ナミヤ雑貨店」と呼ばれる雑貨店だった場所。
そしてナミヤ雑貨店の店主は手紙を通して人の悩み相談を受け付けていた。
すると突然3人がいる廃墟に手紙が投げ込まれて・・・。

この映画は東野圭吾のベストセラー同名小説の映画化です。

そりゃあ、おもしろいんだろうな!と期待して視聴。

うん、確かに点と点が線になって、最後に繋がる。
その感じは面白かった!
でもなんだかモヤっとする。
その理由は、たぶん、映画の中で点と点が繋がっていく様子を視聴者は見ることができるのに、登場人物たちは、その繋がりを全然知らずに過ぎて行ってしまうってこと。

例えば最初に写真だけで登場する皆月暁子。
いったい誰なんだろうと映画を見ていると、「あ!この人は!」というシーンがいくつもある。
でも、それは映画の中の人達は何一つ知らず。

廃屋に迷い込んだ3人も、「きっと何か繋がりがあるはず!」と思いながらいるのに、彼らも何もわからずに終わってしまう・・・。

もちろん、映画見ている側の視聴者は全部知ってますけど
その感じがとっても寂しい。

そして時系列が1969年、2012年、1980年と飛んで歩あるくので、ちょっと気を抜くと、いったいいつの時代だったか、わからなくなっちゃう。
特に田村晴美役の尾野真千子が30年経っても若々しすぎて、全然「おばさん」じゃない
そのせいで、2012年なのに、そうじゃないみたいに見えたり・・・。

そして沢山の人達が登場するので、いろいろとごちゃごちゃします。
その割にテンポが遅くて、このエピソード数なら2時間はちょっと長いなぁ。
もう少し短くできたはず。

おそらく小説ではもっとたくさんの悩み事の相談があったんだろうと思うのだけれど、映画では主に3人からの悩み相談を通じて、人の繋がりが紐解かれていきます。

「魚屋ミュージシャン」の悩み。
この魚屋ミュージシャンを演じて居るのが林遣都。
いつもの林遣都とは全然違う!
変な髪型にギター姿。
歌が下手なところがやっぱり一流ミュージシャンにはなれなかったってことかね?

「グリーンリバー」さんの悩み。
この悩み相談はあってもなくてもどっちでも良かったような気がするけれど、敢えて「人との繋がり」という部分で必要だったのかな?

そして一番面白かったのが「迷える子犬」の悩み。
これは見ていてワクワクした!

だけど、全体として言えることは

みんなナミヤ雑貨店の奇蹟に対して寛容すぎ!

不思議な事が起こっているのにみんなすんなり受け入れてるし
そして冒頭で廃屋になったナミヤ雑貨店にとどまっている3人の理由も不自然だし。

ところで山田君は、というと、今回はヤンチャな青年の役。
正直そういうイメージじゃないんだけど。
ヤンチャで必要以上にアツくて、涙もろい。
まあ、いいでしょう。
最後のシーンの彼の横顔がとってもいいです。

そしてやっぱり主題歌の山下達郎の「REBORN」でしょう。
エンドロールが悲しくて切なくて美しい
そしてこれは劇中歌としてセリという歌手が歌っている設定で登場します。

同じ曲とは思わなかった!

どちらも良い曲なのですが、まるでイメージが違う・・・。
歌っているのはセリ役の門脇麦です。
雰囲気あっていいんだけれど、やっぱり「黄泉がえり」の時の柴咲コウのよなインパクトはなかったなぁ・・・。
これは歌手の人がキャスティングされたら良かったのに。

それと、最初に登場する3人組の1人、麻生幸平を演じている寛一郎。
ずいぶん丹精なイケメンだなぁと思ったら、佐藤浩市の息子だった!
どうりで

このナミヤ雑貨店のある町は昭和の雰囲気が残っているとってもノスタルジックな商店街。
大分県豊後高田市でロケが行われて、本当にこんな場所がある!
ロケ地マップまであって、行ってみたいなぁ。
map_01 (1)
この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
悩み相談って難しいよね。
私は基本、そういう相談に対しては当たり障りのない発言しかしません。
この映画をみて、ますます相談に乗るって責任重大!って思いました。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

億男 (2018) 530本目

お金の価値を教えてくれる?億男 

出演:
大倉一男役 佐藤健
古河九十九役 高橋一生
あきら役 池田エライザ
安田十和子役 沢尻エリカ
百瀬栄一役 北村一輝
千住清人役 藤原竜也

監督:
大友啓史
お勧め度★★★☆☆

宝くじ、買ってる?
私は買ってる。

あれ、本当に当たるの?

当った人、見たことない。
3億じゃなくていい、1億、いや、1000万でいいから、当たってくれー!
そういう映画。

兄の借金を肩代わりしたせいで、昼は図書館司書、夜は食品工場で働き、借金を返す事だけのために生きる大倉一男。
そのために妻と娘とは別々に暮らしている。
そんなある日、福引でもらった宝くじが当選!
一男の人生が変わる・・・のか?

この映画はトレイラーの時点から見たくてしょうがなかった!
だって、主役に佐藤健、友達役に高橋一生、そして脇を固める沢尻エリカや北村一輝、そして藤原達也まで!

何て豪華な映画なんだ!

しかもお金にまつわるお話、さらにベストセラー小説の映画化。

原作は未読なので、比較はできませんが・・・。
映画の全体的な感想は、というと、

ちょっと期待しすぎたかな?

ストーリーはいたってシンプル。
急に大金を手にした一男がお金の相談に友人を頼って、その友人がお金を持ち逃げされる。
それを友人の交友関係から探し出そうとするというお話。

その交友関係を探る中で出会う人々がとってもインパクト強くて。
でもちょっと奇をてらいすぎ?
百瀬の関西弁も、千住の怪しいセミナーも、小説だったら受け入れられただろうけれど、映像になるとリアル感が失われて、この映画の本当のストーリーをかすめてしまう。
実際、その部分と学生時代にモロッコを旅行した時の話がまるで別の映画のように見えるくらいの違和感。

そして映画を見終わった後に思うのが、

まあ、だいたい当たり前の事を言ってたな

だけど、キャラクターのインパクトの強さなどでエンターテイメント性は失われていない。
それ以上にモロッコ旅行のシーンが良かった!
さすが、モロッコでロケしただけある!

ところで「億男」とは?
これは池田エライザ演じるあきらが携帯に登録している名前の前についている種類。
「億男」と「雑魚」
池田エライザはもっと可愛らしい感じの人だというイメージだったんだけれど、映画でみたら、ニューハーフのような迫力があった!
そしてパーティーであった時と普段の感じの落差がスゴイ。

お金の映画だけあって、登場人物に数字が入っているのも面白い。
九十九(つくも)って珍しい名前だなぁとおもったけれど、学生時代、落研で、二人が「100点コンビ!」と呼ばれていた。
主人公の一男が1で九十九が99。

それと、ちょっと面白くないのが、一男の夫婦の在り方。
そもそも、一男は全然悪くない。(保証人になったのは悪いけど)
一生懸命家族と自分のために働いているのに、それを妻が理解していないのも、納得いかなかったし、ここはちょっと無理がある設定だなぁと思った。

とにかく、宝くじが当たっても人に言ってはいけない!そして決して保証人になってはいけない!

これがこの映画で学べることです。
いや、もちろん、それがこの映画の神髄ではないんだけど

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
私は宝くじがあたっても仕事もやめないし、質素な生活します。
映画の中で沢尻エリカが演じる安田十和子が一番羨ましい。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

何者 (2016) 528本目

これが就活のリアルのなの? 何者 

出演:
二宮拓人役 佐藤健
田名部瑞月役 有村架純
小早川理香役 二階堂ふみ
神谷光太郎役 菅田将暉
宮本隆良役  岡田将生
サワ先輩役 山田孝之

監督:
三浦大輔
お勧め度★★★☆☆

私の初めての就職はアメリカだったので、いわゆる日本の大学生4年生がやるような「就活」はやったことがありません
当時は100社エントリーして10社通るか通らないか、っていう話が多くて、本当に大変そうだった。
もちろんアメリカにも就職のための試験や面接はあるんだけれど、結構な確率でインターンから就職したり、テンプからフルタイムになったり、エージェントに斡旋してもらったり、紹介で就職したりといろいろな方法で就職している人がいる。
1つの会社に正社員として就職せずに、いくつもの仕事を掛け持ちしたり、働いているのに学校行ったりしている人も沢山いて、大学4年生になったら就活しなければ!っていう雰囲気があんまりないのも事実。
だからこそ、この就職戦線を乗り越えてきた人達ってやっぱり真の部分で強いんだろうなぁと思う。
人間、挫折を味わったり、我慢したり、頑張った経験があるからこそ、成長するもんでしょ。
そういう映画。

二宮拓人と神谷光太郎はルームメイト。
同じマンションに友人が住んでいるとわかり、田名部瑞月と小早川理香を加えた4人は就職活動中に定期的に会うようになる。

この映画は第148回直木三十五賞受賞作である朝井リョウ原作「何者」の映画化です。

私はこの小説を映画を見る前に読みました。
小説を読んだ後の感想は

なんて冷たい小説なんだ!

なんというか、人間の見たくない部分を見ちゃったというか、知られちゃったというか、そうなってほしくない展開になってしまったというか。
特に主人公であるはずの二宮拓人がなかなか内定をもらえず、可哀想で・・・

映画の内容はほとんど同じですが、小説だと結末までいかないとわからないところがあり、そのために読み直したりしたのだけれど、映画ではとっても解り易く映像化されているので、結末まで行って何もかも納得できる感じです。

小説では冷たいと感じたいろいろな事が、映画ではむしろスッキリしたというか。
気持ちの良いエンディングではないのだけれど、絶望感はありません。
最後に拓人が歩いている映像の中で流れる主題歌の中田ヤスタカの「NANIMONO(feat. 米津玄師)」。
これが切ないけれど力強くて、何かパワーを感じる。
小説よりマシな終わり方だった気がする。
音楽の力ってすごいのね。

では、ネクラな演劇青年の佐藤健と、チャラ系のバンドマンの菅田将暉とどっちが好みか!
いや、そういう映画ではない!

とにかくこの映画は

マウンティングの嵐!

就活生ってこんな感じなの?
みんなで就職活動の情報交換したり、手伝いしているように見えて、実は内面では嫉妬や羨望、絶望の嵐。
でもさ、これってしょうがないよね。
就職だけじゃない。
遡ってみれば、大学受験だって、高校受験の時だって、自分が行きたかった所に行けなくて、そこに行っている人達が羨ましくて、悔しくて、まっすぐに見ることができない時期ってあったはず。
もっと遡れば、ファミコンを持っている友達が羨ましくて、買ってもらえない自分は「ピアノを買ってもらう」とウソついて対抗してみたり・・・。
とにかく人生、相対的に幸せを探そうとしてばっかり。
だからこそ、今さかんに「自己肯定感」を高めようなんていうけど、そんな簡単にできるのかね?
小さな子供だって、人がもっているおもちゃと自分のおもちゃを比べて妬み合うというのに。
ある時私は、このことに本当に疲れて、人と比べない人生を歩みたいと真剣に思った。
まあ、今はそれほどそういう事がなくなったけれど、一時期自分の中にある「嫉妬心」にムカついてしょうがなかった時期があったよ。

だからこそ、この映画は就活をした事がない私でも共感できる部分が多くて、なんだか辛かった。
それでもその事を映画として客観的に見ることができて、それほどダメージはなかったな。

今回主役の二宮拓人役の佐藤健。
私が小説を読んだときにも好きだった拓人の言葉。

「頭の中にあるうちは、いつだって、何だって、傑作なんだよな」

ホント、これにはガツーンとやられました。
そう、本当にそう、でもそこから出られずにその頭の中の物は何者にもならずに終わってしまっているのです。

田名部瑞月役の有村架純。
瑞月はもっと、アクティブなイメージだったのだけれど、映画ではとにかくいい子でした。

そして最高だったのが、小早川理香役の二階堂ふみ。
私は彼女が一番嫌いだったので、二階堂ふみの「意識高い系」の感じが本当に素晴らしく嫌味だった。
可愛いのに、女子にも男子にも嫌われる感じがうまい。

宮本隆良役の岡田将生。
小説ではもっともっと嫌な奴だった
たぶん岡田将生の爽やかさがそれを薄めてしまったのだと思う。
それでも十分嫌味な奴だけど。

ただ、全員に言えることだけれど、

ちょっとみんな大学生には見えない

唯一神谷光太郎役の菅田将暉だけは大学生っぽい感じがあるけれど、他の人はみんな落ち着きあり過ぎて・・・。
まあ、でも豪華キャストだからいいか!

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
この映画は「最後に驚くような事実が!」という前フリがあるけれど、そういうどんでん返し系がメインの映画ではなく、あくまで人間の内側をえぐるドラマです。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

関連タグ

小林聡美 倍賞美津子 多部未華子 志賀廣太郎 水田伸生 北村匠海 お勧め度★★★☆☆ ナ・ムニ ファン・ドンヒョク シム・ウンギョン ベレン・ルエダ リュイス・オマール ギリェム・モラレス デーヴ・パテール ニコール・キッドマン ガース・デイヴィス ルーニー・マーラ トレヴァンテ・ローズ マハーシャラ・アリ バリー・ジェンキンス アンドレ・ホランド 中村義洋 上田大樹 川口春奈 鶴田法男 高畑淳子 山崎一 リーアム・ニーソン ジャウム・コレット=セラ ジョエル・キナマン コモン エド・ハリス 沢尻エリカ 白石晃士 間宮祥太朗 テット・ワダ 新田真剣佑 松坂桃李 長谷川博己 菅田将暉 リー・フランキー 門脇麦 岸善幸 デヴィッド・F・サンドバーグ お勧め度★★★★☆ マリア・ベロ アレクサンダー・ディペルシア テリーサ・パーマー 広瀬すず 小池栄子 板谷由夏 渡辺直美 山本舞香 大根仁 篠原涼子 富田望生 ユ・ホジョン カン・ヒョンチョル クレア・フォイ ライアン・ゴズリング デイミアン・チャゼル 風間杜夫 豊川悦司 阿部寛 鶴橋康夫 斎藤工 寺島しのぶ ペトリ・ルーッカイネン イズラエル・ブルサード クリストファー・B・ランドン ルビー・モディーン フィー・ヴ お勧め度★★★★★ ジェシカ・ローテ 佐藤健 三浦大輔 二階堂ふみ 山田孝之 有村架純 岡田将生 シャーリーズ・セロン ジェイソン・ライトマン ロン・リビングストン マッケンジー・デイヴィス 峰岸徹 薬師丸ひろ子 高柳良一 長谷川真砂美 大林宣彦 石田ゆり子 吉田羊 松重豊 林遣都 波瑠 伊藤健太郎 ベニチオ・デル・トロ ステファノ・ソリマ イザベラ・モナー ジョシュ・ブローリン 谷村美月 佐津川愛美 木南晴夏 三木康一郎 ハリソン・フォード クリス・ルノー エリック・ストーンストリート パットン・オズワルト 堤幸彦 木村文乃 森田甘路 松田翔太 前田敦子 レイチェル・マクアダムス ビル・ナイ ドーナル・グリーソン リチャード・カーティス 永井聡 大泉洋 小松菜奈 西島秀俊 坂口健太郎 ローレンス・フィッシュバーン チャド・スタエルスキ リッカルド・スカマルチョ キアヌ・リーブス 木村拓哉 長澤まさみ 鈴木雅之 小日向文世 ダーモット・マローニー リン・シェイ ステファニー・スコット アンガス・サンプソン リー・ワネル ローズ・バーン ジェームズ・ワン パトリック・ウィルソン ドリュー・バリモア アダム・サンドラー ピーター・シーガル GACKT 武内英樹 伊勢谷友介 カーク・ダグラス キャロリン・ジョーンズ アンソニー・クイン アール・ホリマン ジョン・スタージェス エイミー・シューマー エミリー・ラタコウスキー ミシェル・ウィリアムズ アビー・コーン マーク・シルヴァースタイン ザック・エフロン マックス・ジョゼフ ヴェラ・ファーミガ マイケル・パトリック・キング キム・キャトラル クリス・ノース シンシア・ニクソン サラ・ジェシカ・パーカー クリスティン・デイヴィス ショーン・S・カニンガム ケン・ラッセル ヘンリー・ギブソン ジョン・ゲイター ジェイス・バルトーク お勧め度★☆☆☆☆ モンテ・ヘルマン ジョー・ダンテ 蒼井優 鈴木伸之 窪田正孝 萩原健太郎 清水富美加 ニック・オファーマン ジョン・リー・ハンコック マイケル・キートン ジョン・キャロル・リンチ リンダ・カーデリーニ 北川景子 小栗旬 大友花恋 浜辺美波 デイヴ・フランコ ジェシー・アイゼンバーグ ウディ・ハレルソン ダニエル・ラドクリフ リジー・キャプラン ジョン・M・チュウ ジェイ・チョウ マーク・ラファロ ルイ・ルテリエ アイラ・フィッシャー 岡山天音 森崎ウィン 安里麻里 岩澤宏樹 大畑創 内藤瑛亮 モーガン・フリーマン ダイアン・キートン リチャード・ロンクレイン ヒュー・ジャックマン ドゥニ・ヴィルヌーヴ ジェイク・ギレンホール ポール・ダノ メリッサ・レオ 工藤阿須加 成島出 黒木華 福士蒼汰 ジェーン・ローウェン ステファン・ポートランド マイケル・ガジン ジュリエット・ライランス ジェームズ・ランソン スコット・デリクソン イーサン・ホーク エミリー・ブラント 上田慎一郎 濱津隆之 真魚 しゅはまはるみ 耶雲哉治 竹内太郎 向井理 ひろみ 早見あかり 石橋杏奈 ミシェル・モナハン ケヴィン・ジェームズ クリス・コロンバス ニール・ブロムカンプ シャールト・コプリー シガニー・ウィーバー ワトキン・チューダー・ジョーンズ ヨ=ランディ・ヴィッサー お勧め度★★☆☆☆ 錦戸亮 北村一輝 松田龍平 吉田大八 市川実日子 優香 マシュー・グッド エミリー・モーティマー スカーレット・ヨハンソン ジョナサン・リース=マイヤーズ ウディ・アレン 小市慢太郎 市川実和子 中原俊 つみきみほ 村上淳 芥正彦 木下ほうか 西村雅彦 寺脇康文 佐々木蔵之介 上地雄輔 六角精児 深田恭子 柄本時生 知念侑李 ジム・スタージェス ドナルド・サザーランド シルヴィア・フークス ジェフリー・ラッシュ ジュゼッペ・トルナトーレ 天海祐希 遊川和彦 ジェイミー・ブラックリー R・J・カトラー ミレイユ・イーノス クロエ・グレース・モレッツ ミカエル・ニクヴィスト ニールス・アルデン・オプレヴ ノオミ・ラパス 中田秀夫 田中圭 千葉雄大 成田凌 オマール・シー エリック・トレダノ フランソワ・クリュゼ オリヴィエ・ナカシュ ジェニファー・ローレンス デヴィッド・O・ラッセル ブラッドリー・クーパー ロバート・デ・ニーロ ジョン・ウェルズ シエナ・ミラー ダニエル・ブリュール 藤原竜也 及川光博 中川翼 平川雄一朗 本田翼 森七菜  醍醐虎汰朗 新海誠 入野自由 花澤香菜 金元寿子 井上和彦 トム・ハンクス ティム・アレン ジョシュ・クーリー ウィル・スミス ガイ・リッチー ナオミ・スコット メナ・マスード 水橋研二 花村怜美 近藤好美 アリソン・ウィリアムズ キャサリン・キーナー ブラッドリー・ウィットフォード ジョーダン・ピール ダニエル・カルーヤ マックス・シエリオット マーク・トンデライ エリザベス・シュー ローソン・マーシャル・サーバー ドウェイン・ジョンソン ネーヴ・キャンベル キャサリン・ウォーターストン ショーン・サイポス スコット・イーストウッド サラ・パクストン ジャック・ヘラー クリストファー・デナム ジョセフ・ゴードン=レヴィット ライアン・ジョンソン ブルース・ウィリス バハール・パルス ハンネス・ホルム ロルフ・ラッスゴード イーダ・エングヴォル アレクサンダー・ブラック サリタ・チョウドリー トム・ティクヴァ 川島鈴遥 三浦誠己 サラ・ローマー D・J・カルーソー デヴィッド・モース アーロン・ヨー シャイア・ラブーフ アビー・コーニッシュ ニール・バーガー テア・シャーロック エミリア・クラーク サム・クラフリン トニ・コレット キャサリン・ハードウィック 小泉今日子 永瀬正敏 ロドリゴ・グランデ レオナルド・スバラーリャ クララ・ラゴ レスリー・ビブ ブルック・シールズ 北村龍平 クヒオ大佐役 満島ひかり 中村優子 松雪泰子 堺雅人 ダーレン・リン・バウズマン ティモシー・ギブス ロネ・シェルフィグ アン・ハサウェイ 伊藤英明 仲村トオル 入江悠 セス・マクファーレン タロン・エガートン リース・ウィザースプーン マシュー・マコノヒー トリー・ケリー デニス・クエイド ラッセ・ハルストレム ジョニー・フリン ケイト・バーカー=フロイランド 尾野真千子 妻夫木聡 大沢たかお 佐藤祐市 竹内結子 アデレイド・クレメンス ラダ・ミッチェル キット・ハリントン ショーン・ビーン マイケル・J・バセット ロージー・デイ ラウル・ボバ エラ・レムハーゲン ピエール瀧 リリー・フランキー 白石和彌 市村正親 上戸彩 宍戸開 グヴィネス・パルトロー ユアン・マクレガー デヴィッド・コープ ジョニー・デップ 佐々部清 宮崎あおい クリストファー・ノーラン レオナルド・ディカプリオ 渡辺謙 スティーブン・カンパネッリ モーガンフリーマン オルガ・キュリレンコ ピリ・グロワーヌ カトリーヌ・ドヌーヴ ジャコ・ヴァン・ドルマル ブノワ・ポールヴールド ロマン・ポランスキー エマニュエル・セニエ デンゼル・ワシントン アントワーン・フークア ビル・プルマン ペドロ・パスカル ミラ・クニス ゲイリー・オールドマン アルバート・ヒューズ アレン・ヒューズ カルラ・ブルーニ オーウェン・ウィルソン メラニー・グリフィス ビアギッテ・ヨート・ソレンセン アントニオ・バンデラス ガベ・イバニョス 橋本一 菜々緒 綾野剛 金子ノブアキ 井上真央 蓮佛美沙子 マーク・フォースター ヘイリー・アトウェル キム・コーツ クリストフ・ガンズ ローリー・ホールデン シェーン・アッカー ジェニファー・コネリー イライジャ・ウッド 西田敏行 小雪 ブライク・ライヴリー ミキール・ハースマン リー・トランド・クリーガー 奥菜恵 山崎裕太 反田孝幸 岩井俊二 瑛太 山崎努 阿部サダヲ 寺脇康史 伊藤淳史 土井裕泰 野村周平 カリーナ・カプール シャルマン・ジョシ ラージクマール・ヒラーニ アーミル・カーン R.マドハヴァン テリー・ハッチャー ヘンリー・セリック ダコタ・ファニング 原田眞人 吉高由里子 二宮和也 ゲイリー・ロス サラ・ポールソン サンドラ・ブロック リアーナ ケイト・ブランシェット ミンディ・カリング オークワフィナ レベッカ・ファーガソン トム・クルーズ クリストファー・マッカリー ヘンリー・カヴィル サイモン・ペッグ テイト・テイラー ジャスティン・セロー ヘイリー・ベネット シャロン・マグワイヤ レニー・ゼルヴィガー パトリック・デンプシー コリン・ファース スタンリー・キューブリック ダグ・ジョーンズ イバナ・バケロ ギレルモ・デル・トロ 西谷弘 伊藤歩 アビゲイル・ブレスリン キャサリン・ゼタ=ジョーンズ アーロン・エッカート スコット・ヒックス キム・ベイシンガー デヴィッド・エリス クリス・エヴァンス ジェイソン・ステイサム ウィリアム・H・メイシー ジョン・レジェンド エマ・ストーン 臼田あさ美 富田靖子 モリーナ・バッカリン T・J・ミラー ライアン・レイノルズ ロバート・ダウニー・Jr クリス・ヘムズワース アンソニー・ルッソ デヴィッド・ストラザーン ポール・グリーングラス ジョアン・アレン ジュリア・スタイルズ マット・デイモン ミラ・ジョヴォヴィッチ ポール・W・S・アンダーソン エヴァ・アンダーソン ローラ アリ・ラーター ダグ・リーマン フランカ・ポテンテ クリス・クーパー 吉岡秀隆 南里侑香 萩原聖人 鈴木千尋 武藤寿美 ローラ・ダーン ティア・レオーニ サム・ニール アレッサンドロ・ニヴォラ ジョー・ジョンストン リチャード・アッテンボロー ジュリアン・ムーア ジェフ・ゴールドブラム ヴィンス・ヴォーン ヴァネッサ・リー・チェスター スティーヴン・スピルバーグ ウィル・フェレル ポール・ラッド クリスティナ・アップルゲイト アダム・マッケイ スティーヴ・カレル デヴィッド・ケックナー フレッド・ウィラード ルーク・ブレイシー エドガー・ラミレス エリクソン・コア レイ・ウィンストン 滝藤賢一 福山雅治 ジェイク・ジレンホール ダンカン・ジョーンズ ディラン・ミネット マット・リーヴス コディ・スミット=マクフィー 橋本愛 ビリー・ボブ・ソーントン 上白石萌音 神木隆之介 テオ・ジェームズ リチャード・ギア セドリック・ニコラス=トロイアン ジェシカ・チャステイン ブライアン・シンガー タイ・シェリダン ソフィー・ターナー ニコラス・ホルト ジェームズ・マカヴォイ エヴァン・ピーターズ オスカー・アイザック マイケル・ファスベンダー クリストファー・ウォーケン デクスター・フレッチャー 沢城みゆき ヤーロー・チーニー 永作博美 日村勇紀 設楽統 竹下景子 岡田准一 香川照之 ジョエル・コーエン イーサン・コーエン ジョージ・クルーニー チャニング・テイタム ジョナ・ヒル アンドリュー・スタントン アンガス・マクレーン 浅野温子 柴田恭兵 木の実ナナ 吉川晃司 村川透 夕輝壽太 舘ひろし ミシェル・ファイファー ダニー・デヴィート ティム・バートン ジャック・ニコルソン ロバート・ウール フランセス・オコナー ジェームズ・マーシュ フェリシティ・ジョーンズ エディ・レッドメイン チャーリー・コックス マキシン・ピーク ピーター・ウェラー デヴィッド・クローネンバーグ イアン・ホルム ジュディ・デイヴィス セレーナ・ゴメス セス・ローゲン ニコラス・ストーラー サクソン・シャービノ サム・ロックウェル カイル・キャトレット ローズマリー・デウィット ケネディ・クレメンツ ギル・キーナン レイグ・T・ネルソン クジョベス・ウィリアムズ ヘザー・オルーク ドミニク・ダン トビー・フーパー オリヴァー・ロビンス エイミー・ポーラー ピート・ドクター ロニー・デル・カルメン ウィル・ポールター トム・ハーディ 柴咲コウ 水原希子 高嶋政宏 古田新太 濱田岳 ナオミ・ワッツ アーミー・ハマー ジェニファー・ガーナー ケビン・コスナー ヘザー・グラハム ジョセフ・ファインズ チェン・カイコー コリン・サーモン アリエル・ブロメン アマウリー・ノラスコ ガル・ギャドット マイケル・ピット トミー・リー・ジョーンズ ミカ・ブーレム アントン・イェルチン アンソニー・ホプキンス スティーヴン・キング マギー・ギレンホール ジェームズ・スペイダー ジェレミー・デイヴィス スティーヴン・シャインバーグ リリー・ウォシャウスキー ラナ・ウォシャウスキー ニア・ヴァルダロス ジョン・コーベット ジョーイ・ファトーン イアン・ゴメス ジョエル・ズウィック ジョン・ヘダー ウィル・スペック ジョシュ・ゴードン スー・チー ルイ・レテリエ ジョン・ステイモス カーク・ジョーンズ イモージェン・プーツ ジェレミー・レナー ダニー・ボイル キャサリン・マコーマック ファン・カルロス・フレスナディージョ ロバート・カーライル ダイアン・レイン エイミー・アダムス ベン・アフレック ザック・スナイダー ガル・ガドット アンセル・エルゴート ロベルト・シュヴェンケ マイルズ・テラー シャイリーン・ウッドリー ショーン・アンダース マーク・ウォールバーグ エイミー・ライアン マーク・ライランス エドワード・ジェームズ・ハイランド オースティン・ストウェル エリック・バナ ジョエル・マクヘイル 

プロフィール

ロココ

Author:ロココ
いらっしゃいませ。カフェへようこそ!
ここでは素人目線で映画について言いたい放題、アメリカから映画レビューをお届けしています。→日本に帰国しました!
基本はネタバレなし!ゆっくりしていってくださいね。
リンクフリー、TB大歓迎、古い記事でも気軽にコメントして下さい。

クリックしてね☆
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR