FC2ブログ

天気の子 (2019) 461本目

実写より美しい 天気の子 
yjimage.jpg
出演:
森嶋 帆高役  醍醐虎汰朗
天野 陽菜役  森七菜
須賀 圭介役  小栗旬
須賀 夏美役  本田翼

監督:
新海誠
お勧め度★★★★☆

さあ、お待たせしました!(いや、誰も待ってないか・・・
「天気の子」の登場です。
今まで新海監督の映画を「ほしのこえ (2002) 」「雲のむこう、約束の場所 (2004)」「秒速5センチメートル (2007) 」「星を追う子ども (2011)」「言の葉の庭 (2013)」「君の名は。(2016)」と見返し、レビューしてきて、最新作です。

高校1年生、森嶋帆高は家出をし、東京へ来た。
あてもなくさまよう彼だったが、フェリーで出会ったライターの須賀圭介のもとで暮らすようになる。
須賀圭介が書いている記事の手伝いで取材をはじめた「100%の晴れ女」の噂。
行きついた先には天野陽菜がいた。
彼女がなぜ天気を操ることができるのか、そして彼女に待ち受けている「運命」とは。

正直「君の名は。」が大ヒットして、次回作っていうのに不安があった。
大抵大ヒットした次の作品って、期待外れが多いよね・・・
音楽も引き続きRADWINPSってまさかPV化してないだろうか、とか。
だけど、

素敵でした!

私は「君の名は。」が世間が言うほど自分に刺さらなかったし、他の新海誠監督の作品、どれを見ても全部それほど刺さらなかったので、自分には良さがわからない映画なのかなぁと思っていたのですが、ちゃんと面白かった!
特に私がこの映画で好きなのは「リアリティ」の部分。
常に実写より美しい映像を見せてくれているけれど、今回はさらに美しく、神秘的でドキドキしました。
雨の描写が上手なのは前作の「言の葉の庭 (2013)」でわかっていたけれど、それ以上に素敵でした!
さらにリアリティの部分でいうと、今回は雑誌「ム―」でしょう!
主人公の帆高が頼りにする圭介は雑誌「ム―」の記事を書いている編集プロダクション。

ムー、ってあの、ムーですよ!

あの怪しげな、「歴史と権威のある雑誌」です。
まさかここでムーが出て来るとは思わなかったけれど、実は「君の名は。」にも小道具として登場していたそうです。
それと新海監督が昔から読んでいたということで。
確かに沢山の雑誌が廃刊になる中で1979年に創刊されているから、確かに「歴史と権威」はあるね。

実は私も時々読んでいる「ムー」。
なんと!10月号のムーには天気の子の特集があります!
私もちゃんと読みましたよ!
オカルト、嫌いじゃないのよね

ただ、ムーが怪しげな雑誌として半笑いで圭介が紹介するシーンをよく許容したな、と。
そこもムーの懐の深さです。
そして映画ではほとんど登場しないホンモノの雑誌部分はムーの本当の編集者が監修しているそうです。
細かいねぇ。
そして、ムーだけでなく、いろいろな小道具がアレンジされずに登場するのだけれど、それは最初に全部書いてから、許可が取れたものだけを実名で登場させているとのこと。
タイアップとかではないそうです。

私が好きなリアリティの部分と、同時に好きなのが陽菜が晴れ女として活躍する場面。
人を幸せにする、幸せな気持ちにさせてくれる映画

たぶん私が「君の名は。」があまり好きではない理由は結末なんだと思う。
盛り上げるだけ盛り上げて最後「なんだよ~」とさせる感じががっかりしたんだと思う。
その点、この映画は最後までどうなるんだろうとハラハラしましたが、そうくるか!となかなか面白い結末でした。

その前作の「君の名は。」に登場した主人公の2人がこの映画にも登場しています。

こういうの好き!

陽菜たちが行う「晴れ女サービス」を受けるお客様の孫として瀧君が登場。
そしてジュエリーショップの店員さんに三葉。
2人は少し大人になっているので、印象は違いますが、名前が出て来るのでわかります。
さらに克彦や早耶香や四葉もちょこっとだけ登場しています。
アニメだから顔の区別が難しいけど

今回声優陣を全然知らずに映画を見たので、いろいろと驚きました。
まずは須賀圭介役の小栗旬。
途中で気が付きましたが、最初はわからなかった。
随分いい声だなぁと。

こんないい声だったっけ?

低くて良く響く声。
素敵です。
声優としての演技も良かった!

そして驚いたのが夏美役の本田翼。
ドラマとかでの彼女の演技についてはいつもなんだか浮いてるなぁと思っていたのですが、今回夏美の声を演じていると最後までわからなかった!
ちょっと舌足らずな感じが大人の夏美の可愛らしい部分を上手に表現していて、素晴らしかったです。
たぶん、本業が声優の人にはこの舌足らず感は出せないんでしょうね。
私はアニメに俳優を起用するのは反対派なんだけれど、ここまで素晴らしと納得しちゃうよ。

相変わらず音楽を贅沢に使った演出も、前回よりもずっと好き。

と、いうわけで、かなりバランスの良い楽しい映画でした。
強いて気になる点を言えば、家出をしてきた帆高の理由。
イマイチ家での理由がピンとこないし、結構長い間家出していて、なかなか見つからないというのも不思議。
帆高の家の事はほとんど語られず。
この設定は必要だったのかなぁと。
まあ、東京を逃げ回る必要があったので、そういう事にしたのかもしれないけれど。

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
私にとって、もしからしたら2019年に映画館で見る最後の映画になるかもしれません。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング



言の葉の庭 (2013) 460本目

エンディングがすごぶる良い! 言の葉の庭

出演:
秋月 孝雄役 入野自由
雪野 百香里役 花澤香菜

監督:
新海誠
お勧め度★★☆☆☆

天気の子まであと一つ!
今までレビューしたのは「ほしのこえ (2002) 」「雲のむこう、約束の場所 (2004)」「秒速5センチメートル (2007) 」「星を追う子ども (2011)」そして「君の名は。(2016)」です。
ではこちら!

靴職人を目指している高校生タカオは学校をさぼって庭園にいた。
そこで昼間からチョコレートとビールを飲んでいる女性、ユキノと出会う。
それぞれに生きづらさを抱えた2人だが、雨の日に偶然会っているうちにタカオはユキノに恋し始める。

前作「星を追う子ども (2011)」で2時間弱の大作ファンタジーを見せてくれたと思ったら、今回46分

とにかく雨が実写のように美しい

陰鬱な主人公や何とも言えない結末など、新海監督のカラーが良く出ている映画のように感じました。
とにかく風景が美しすぎる。
新宿御苑がモデルということなんだけれど、実写のようであって、たぶん実物より美しい。

ストーリーとしては、またもやツッコミどころ満載です。
高校生のタカオが年上の女性に恋い焦がれる感じはもしかしたら、男の子なら誰でも経験があるのかもしれないけれど、女性の立場から言って、大人が高校生男子に恋するって、しっくりこなかった。
それなのに、ユカリは結構な思わせぶりなことしちゃってさ

最初にユカリが「雷神の 少し響みて さし曇り 雨も降らぬか 君を留めむ」という万葉集の歌を意味深にタカオに伝えるんだけれど、これは完全に恋の歌。
雨が降ってあなたを引き留めたいという気持ちを表している歌です。
色気さえ感じるような歌です。
もちろん、ユカリは歌の意味ではなく、自分の素性についてほのめかすために和歌を詠んだのかもしれせんが。
そしてそれにちゃんと答えるタカオ。
っていうか、よっぽど古文の知識がなかったら言われた歌を覚えることすらできないよ!
私は「え?何て言ったの?」ってな感じだったので。
それを学校に行っていないタカオがすんなり覚えて家に帰って意味を調べたり、返しの歌を調べたりするもんだろうかね。
というか、夢があるなら

学校に行ってちゃんと勉強しなさい!

ただ、タカオの突っ走り感は高校生らしくて良いけど、なんだか正直ウザかったです。
最近若い男の子に恋するドラマなどが流行ってるので、受け入れやすいのかしら?
私には無理だわ。
これがアラフォーとアラサーならいいんだけど、高校生と大人というのはちょっと受け付けませんでした。
あ、でも女子高生と教師なら話は別なんだけどね。
勝手ですが。

ただ、この映画、映像だけでなく、最高に素晴らしい絶対に見るべきシーンがあるんです。
ズバリ、

エンディング

マジで何度もエンディングだけ見てしまいました。
と、いうのも、エンディングテーマが最高に素晴らしい

ヘタウマの天才「大江千里」の「Rain」を秦基博がカバーしています。
秦基博はたしかに、オリジナルでもいい曲あるんだけど、カバーがすこぶる良くて、感動するよね。
オリジナル曲に恵まれない凄腕シンガー第1位が秦基博、第2位がサムシングエルス(懐かしい)。
私の密かなランキングです。
とても才能のあるシンガーだからカバーしたら、オリジナルの何倍も上にいっちゃう!
大江千里のオリジナルはぶつかり合う2人の男女って感じなのですが、秦基博はもっとスマートに恋している2人が登場しているような感じ。
もちろん大江千里のオリジナルも素晴らしいです。

※ちなみにアマゾンプライムミュージックならオリジナルの大江千里とさらに槇原敬之バージョンも聞けます。

ついでに、本編は全然面白くないのにエンディング最高!な映画第1位に「言の葉の庭」が選ばれました。(マイランキング)
ちなみに2位は「風立ちぬ(2013)」です

今回主人公のタカオを演じた入野自由。
自由と書いてミユ。
素敵な名前
前作の「星を追う子ども (2011)」でもシュンとシンという重要な役を演じていました。
深海監督が好きな声優なんだろうかね。

この映画、面白かった!という人がいたら、どのあたりが良かったか、教えてくださいな。
残念ながらストーリーのつまらなさが美しい映像と素晴らしいエンディングを上回ってしまいました。
というわけで、次回はついに「天気の子」です!

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング


星を追う子ども (2011) 459本目

まさかのファンタジー 星を追う子ども 

出演:
渡瀬 明日菜役  金元寿子
シュン & シン・クァーナン・プラエセス役 入野自由
森崎 竜司役  井上和彦

監督:
新海誠
お勧め度★★★☆☆

実は「天気の子」を映画館で見ました。
でも、それをレビューする前に、深海監督の他の作品で見たのにまだ未レビューだったやつがあったので、そちらを先に
今までレビューしたのは「ほしのこえ (2002) 」「雲のむこう、約束の場所 (2004)」「秒速5センチメートル (2007) 」、そして「君の名は。(2016)」
です。
そしてこちら!

幼いころに父を亡くしたアスナ。
父の形見の石を使った鉱石ラジオを聴くのが日課。
ある日、見たこともない怪物に襲われたところをシュンと名乗る青年に助けられ、友達になる。
しかし、それから彼は音信不通に。
そしてアスナは父の形見の石にまつわる秘密を知ることになる。

あれ、これ、ジブリか・・・?

と、思った人多いのでは?
ネコ型の動物ミミ→風の谷のナウシカのテト
学校の先生森崎→天空の城ラピュタのムスカ(でも性格は悪くない)、みたいな。
ファンタジーという作風だけでなく、キャラもなんとなく似ているような・・・。

どうやら新海監督も意図的にジブリ的な要素をぶっこんで、日本のアニメっていうのは、こういうファンタジーなんです!と作りたかったみたいです。
と、前半はかなりウケ狙いなのかと思うほどのジブリぶりを発揮しますが、後半は落ち着いてきて子供向のファンタジーなんかじゃないんだよ、とちょっと「毒」を吐き出しつつ、オリジナルアニメとしての面白さをちょっとずつ発揮してきます。
ただ、いろいろ気になることはありますが・・・。
例えば丸腰で未知の世界を旅して大丈夫かなぁとか、目的地について本当にわかってるのかなぁとか、着替えとかどうしてるのかなぁとか、親に何も言ってないけど大丈夫かなぁとか、なんだか昔風だけど、これ、いったいいつの時代なんだろう、みたいなこと。
どうでもいい事がいろいろ気になる映画でした。

そして最大の難点は

アスナがあんまり魅力的な女子じゃない問題

ヒロインとして、何かに立ち向かおうという意思は感じられるんだけれど、とにかく足手まといだし、ただの小学生だし。(たぶん11歳か12歳くらい?本来は出生の秘密などがあるらしいのだけれど、映画では語られません)
でもなぜアスナがこの映画に必要かは映画の最後の方でわかります。
だから、まあ、いいんだけど。
とにかく、アスナに感情移入することもなく、淡々と見てしまいました。
2時間弱の壮大なファンタジー、アスナと森崎のある目的のためのロードムービー的な感じです。
この2時間でアスナが成長したよ!という話なのかもしれませんが、いったい何を見せられていたのかよくわからなかった。
でも、森崎が貧乏クジを引かされたことだけはわかった
そしていろんなエピソードが詰め込まれてそれなりに退屈しないで見れました。

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
なんだか迷走した感がアリアリの作品ですが、これを経て「君の名は。」や「天気の子」などに続くとした感慨深い作品です。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング


トイ・ストーリー4 (2019) TOY STORY 4 458本目 

いつまでも続いて欲しい!トイ・ストーリー4 ( TOY STORY 4)

Toy_Story_4_poster.jpg

出演:
ウッディ役 トム・ハンクス /唐沢寿明
バズ・ライトイヤー役 ティム・アレン /所ジョージ
ボー・ピープ役 アニー・ポッツ /戸田恵子
フォーキー役 トニー・ヘイル /竜星涼
ギャビー・ギャビー役 クリスティーナ・ヘンドリックス /新木優子
デューク・カブーン役 キアヌ・リーブス /森川智之

監督:
ジョシュ・クーリー
お勧め度★★★★★

2か月ほどカフェをお休みしていたのは、実家に帰っていたからです。
普段、実家からかなり離れたところで生活しているので、子供を預けて映画館に行く、なんてことはできないんだけれど。
今回は長期で帰省したので、思い切って預けてリフレッシュしました
どうしても見たい映画があったんです!
そう、それがトイストーリー4!!

アンディの家からボニーの家へ引き取られたウッディ達。
しかしウッディは最近ではあまり遊んでもらえず、悲しい日々を過ごしていた。
ボニーは晴れて幼稚園へ。
そこで作られた新しいおもちゃ、フォーキーの登場、そして9年前に別れたボー・ピープとの再会。
新しいウッディの旅が始まる!

シリーズ4作目です。
さすがにここまでくると単体で楽しむというより、やっぱり過去の作品を見てから鑑賞して欲しい!
トイストーリー見たことないって人いるの?って思ってたけど、実は私のすぐ近く、身内にいました
あんさん、それは人生半分損してるよ!
とにかく見て、1も2も3もびっくりするぐらい面白いから!
どうしても映画館で見たい映画、それがトイストーリーだった。
初めて1を映画館で見た時の興奮と涙と幸福感を今でも覚えている。
子供向のアニメではありません。
子供も大人も楽しめる名作です!(と、いいながらレビューしたのは「トイ・ストーリー3」だけっていう・・・

さて、今回前作でいつの間にかいなくなっていたボー・ピープが再登場します!
bo-peep.png
実は前作を見た時、あまりにもあっさりボーがいなくなっていたので、実は結構ショックだった
だって、私の中でウッディとボーは結構いい仲だったと記憶していたからさ。
でも映画の冒頭でどうやってボーが去っていったかがちゃんと説明されています。
それでやっと心の整理がついたよ、私も9年ぶりにね。
そして再会したボーは・・・以前とは全然違うキャラになっちゃってる!
本当に奥深い、彼女のストーリーも。

今回初めて登場する主要キャラ、ギャビーギャビー。
Gabby Gabby
なかなかのクセモノです
ただ、彼女も可哀想なおもちゃ人生を歩んでいる。
ジェシーや前作に登場していたハグベアとは同じようで違う。
もっと決定的に可哀想なこと、それは「子供に愛されたことがない」。
ジェシーやハグベアは愛されて、そして捨てられた
でもギャビーはボイスボックスが壊れていたので愛されずして捨てられている。
トイストーリーのお約束、お涙ちょうだいシーンかとおもったら、

いろんな意味で斜め上をいっていた!

なかなか好きです、こういう展開

今回、すでに字幕版は公開が終了していたので、(字幕終了するの早いよね)吹き替えでの鑑賞でした。
でも、トイストーリーは吹き替え版もDVDで何度も見返している作品です。

これ、吹き替えが神キャスト!

特にウッディ。
唐沢寿明の声、というか話し方がどこかしらトムハンクスに似てる。
言い回し方?というのかな?
本当にハマり役です。

でもさ、ディズニーって、いつもそうなんだけれど、有名人が声優をしているせいで予告編やディズニーランドの声は別の人がやっているってケースが多い。
これ、本当に残念。
声ってとっても大切。
あの世界を堪能したくてディズニーランドに行ったのに、ウッディの声が唐沢寿明じゃなかったら、なんだか嘘みたいに思えちゃうよね。
いろいろ徹底しているディズニーだから、そこまで徹底して欲しかったなぁ。
役者としても自分じゃなくて違和感ないんだろうか?
私だったら、「そっちもやらせてよ!」って言っちゃうけどね。
大人の事情は知りませんが。

トムハンクスがどこかで会った親子の母親の方が、「ほら、ウッディだよ、ウッディ」と子供に言ったんだけど、子供はポカーン。
そりゃそうだ、カウボーイハットもかぶっていないただのオジサンがウディなはずがない。
母親は「だから、映画の中でウディの声を演じている・・・」って説明するんだけど、子供はポカーン。
その時トムハンクスが「いいから目をつぶってごらん」と言って無理矢理目をつぶらせて、ウッディのセリフを言ったら子供がびっくりして目を輝かせて喜んだって!
そう、声って本当に大切。
その役を演じている役者ならなおさら。
だからすべてのメディアで同じ役者を起用してほしいなぁ。
子供の夢のためにも。
もう一度いいますけど、大人の事情は無視で。

日本語吹き替え版でギャビーの声を演じて居る新木優子、そしてフォーキー役の竜星涼。
ごめんなさい、どちらもあまり存じ上げず・・・

でも、2人とも素晴らしかった!

特にギャビーの可愛いのにどこか毒がある言い方や、可愛いけど大人びている声が素敵

そして新キャラのデューク・カブーン。
duke.png
あきらかにお笑いキャラ。
それを!キアヌが演じていたとは!
オリジナルで見たかった
日本語版はディズニーシーの入り口で美声を響かせていることでおなじみの(「ディズニーシーへようこそ!」と言っている人)森川智之。
さらに吹き替え版見たらオリジナルよりも100倍くらいイケボすぎて驚いた「ズートピア」のニック役でも有名な、(私の勝手な感想)あの森川智之です。
彼、キアヌが担当俳優みたいですね。
だから今回彼だったのかな?
とにかく、なんだか面白いです。

前作で、結構綺麗に終わっていたので、まさか続編が作られるとは思ってなかったトイストーリー。
もちろんうれしいです!
でも、今回の結末はもしかしたら、賛否両論かも?
常に「子供と遊ぶのがおもちゃの最大の幸せ」と言っていたウッディ。
それ以外を否定し続けていた彼がいったいどんな選択をするのか、胸がザワつきました。
トムハンクスも収録中、役者はまったく別々に収録するらしく、進行もバラバラという中で、バス役のティムアレンから結末について"Tough one, tough one"とさかんにテキストをもらってたとか。
実際彼も驚いたという結末。
是非映画で確認してください。

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
とにかく見どころが多すぎて、目が離せない!
そして私の大切な人形をギュッと抱きしめたくなる映画です。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

秒速5センチメートル (2007) 454本目

音楽PVでないことを祈る  秒速5センチメートル

出演:
遠野 貴樹役  水橋研二
篠原 明里役  近藤好美
澄田 花苗役 花村怜美

監督:
新海誠
お勧め度★★★☆☆

この前、「君の名は。」がテレビで放送されてましたね!
実はこの時、うちのBossが重大な告白を!
「実はさ、この映画、あんまり意味がわからなかったんだよね」
だって!
まさかの!
仕方がないので、いろいろ説明しながらまた見ました。
うん、なかなか面白い。
よくできたアニメです。

その頃、他にも「ほしのこえ」「雲のむこう、約束の場所」なども見て、さらにこの「秒速5センチメートル」も見ていたのだけれど、レビューしていなかったので、再視聴しました!

東京の小学校に通う貴樹と明里。
明里の引っ越しをきっかけに、学校は離れてしまうが、文通を続けていた。
ある日、貴樹も引っ越しをすることになり、貴樹は思い切って明里に会いにいくことに。
そこから2人が大人になるまでの物語。

この映画は「桜花抄」、「コスモナウト」、「秒速5センチメートル」の三作からなる映画です。
貴樹はこの三作すべてに登場します。

まずなんか、このタイトルがカッコいいよね

いったい何のことなんだろう?と興味をそそられます。
映画の始まりですぐに語られますが、「桜の花びらが舞い落ちる速度」だそうです。

1つ目の「桜花抄」は中学生になった貴樹が東京から栃木へ明里に会いに行く話。
確かに栃木って、東海道線で一直線だけど、中学生にしたら微妙に遠い距離なんだろうね。
雪のせいで遅延したりして不安が募ります
この貴樹という主人公、ナレーションは過去の自分を振り返っているのか、それとも中学生の貴樹の心の声なのかわかりませんが、

こんな中学生いる?ポエマーか!

僕たちの前には未だ巨大すぎる人生が、茫漠とした時間がどうしようもなく横たわっていた。

とか言う?
中2だからか?

女の子ならわかるけど、男の子がこんな考え方するかね?
とにかくリアリティーがない。
貴樹を見てるとむず痒くてしょうがない

あと、冬に暖房のない小屋で寝たら

寝るなー!死ぬぞ!

流石に一泊する予定ではなかったと思うのだけど、親に連絡もせずに平気なのかね?
どうでも良いことが凄く気になる映画でした。

二つ目は「コスモナウト」。
種子島で高校生になっている貴樹。
新しく花苗というカワイイ女子が登場します。
このころ貴樹はさらに辛気臭くなっていて、

花苗はいったい貴樹のどこが好きなの?

しかも一緒に帰ろう!なんて思わせぶりな貴樹。
嫌だなぁ。

三つめは「秒速5センチメートル」。
映画のタイトルになっているほどだから、このエピソードが一番大事なんだろうと思いきや。
なんと若干15分!
しかもセリフはほとんどなく、大部分が音楽。

これ、PVじゃないよね?

音楽は山崎まさよしの名曲「One more time, One more chance」。
この曲は確かに素晴らしい。
でも言わせてほしい。
そもそもこの曲は別の映画のために作られた曲で、「月とキャベツ」というこの曲の映画がすでにあるのに!

これは「月とキャベツ」の音楽なんですよ!

いやあ、もう1996年の映画だし、今の若者は知らないだろうし、みんなも忘れているだろうから、ってこと?
実際、2005年にこのシングルは生産終了してるから、新しく発売して良いでしょう!ってこと?
皆の記憶が「月キャベ」から「秒速」の主題歌へと変わっていくのですね・・・

しかし、確かにこの映画にピッタリとした曲と歌詞。(いや、そういう風に作ったんだろうけど)
この楽曲を見つけて「これだ!」と思ったのか。
最後は思いっきり音楽堪能させてくれますし。

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
なんだか鬱々とした映画なのですが、とにかく美しいということは言えます。
そして、PV風に映像を作っちゃうところは「君の名は。」にも繋がるような気がします。
このどうしようもない結末がちゃんと「君の名は。」で改修されたということで、必要な経緯だったのでしょう!

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング


関連タグ

リン・シェイ リー・ワネル ダーモット・マローニー お勧め度★★★☆☆ ステファニー・スコット アンガス・サンプソン ローズ・バーン お勧め度★★★★☆ ジェームズ・ワン パトリック・ウィルソン アダム・サンドラー ドリュー・バリモア ピーター・シーガル 武内英樹 GACKT 伊勢谷友介 二階堂ふみ アール・ホリマン ジョン・スタージェス キャロリン・ジョーンズ アンソニー・クイン カーク・ダグラス エイミー・シューマー ミシェル・ウィリアムズ エミリー・ラタコウスキー アビー・コーン マーク・シルヴァースタイン マックス・ジョゼフ ザック・エフロン リーアム・ニーソン ヴェラ・ファーミガ ジャウム・コレット=セラ シンシア・ニクソン サラ・ジェシカ・パーカー クリスティン・デイヴィス クリス・ノース キム・キャトラル マイケル・パトリック・キング お勧め度★★★★★ ジョン・ゲイター ジョー・ダンテ モンテ・ヘルマン ショーン・S・カニンガム お勧め度★☆☆☆☆ ケン・ラッセル ジェイス・バルトーク ヘンリー・ギブソン 清水富美加 窪田正孝 鈴木伸之 萩原健太郎 蒼井優 大泉洋 ジョン・キャロル・リンチ ジョン・リー・ハンコック ニック・オファーマン マイケル・キートン リンダ・カーデリーニ 小栗旬 大友花恋 北川景子 浜辺美波 北村匠海 ジェシー・アイゼンバーグ ダニエル・ラドクリフ マーク・ラファロ リジー・キャプラン デイヴ・フランコ ジョン・M・チュウ ジェイ・チョウ ウディ・ハレルソン アイラ・フィッシャー ルイ・ルテリエ 安里麻里 森崎ウィン 岩澤宏樹 岡山天音 大畑創 中村義洋 内藤瑛亮 白石晃士 リチャード・ロンクレイン モーガン・フリーマン ダイアン・キートン メリッサ・レオ ジェイク・ギレンホール ヒュー・ジャックマン ドゥニ・ヴィルヌーヴ ポール・ダノ 福士蒼汰 黒木華 成島出 工藤阿須加 マイケル・ガジン ジェーン・ローウェン ステファン・ポートランド ジェームズ・ランソン ジュリエット・ライランス イーサン・ホーク スコット・デリクソン エミリー・ブラント ジョシュ・ブローリン ベニチオ・デル・トロ 濱津隆之 しゅはまはるみ 真魚 上田慎一郎 竹内太郎 早見あかり 耶雲哉治 向井理 石橋杏奈 ひろみ ケヴィン・ジェームズ クリス・コロンバス ミシェル・モナハン ヨ=ランディ・ヴィッサー ニール・ブロムカンプ シガニー・ウィーバー シャールト・コプリー デーヴ・パテール ワトキン・チューダー・ジョーンズ 優香 木村文乃 北村一輝 錦戸亮 松田龍平 市川実日子 吉田大八 お勧め度★★☆☆☆ マシュー・グッド エミリー・モーティマー ジョナサン・リース=マイヤーズ ウディ・アレン スカーレット・ヨハンソン 村上淳 市川実和子 つみきみほ 中原俊 木下ほうか 小市慢太郎 芥正彦 佐々木蔵之介 知念侑李 寺脇康文 柄本時生 六角精児 西村雅彦 深田恭子 上地雄輔 シルヴィア・フークス ジェフリー・ラッシュ ジュゼッペ・トルナトーレ ドナルド・サザーランド ジム・スタージェス 天海祐希 遊川和彦 阿部寛 ミレイユ・イーノス ジェイミー・ブラックリー クロエ・グレース・モレッツ R・J・カトラー ミカエル・ニクヴィスト ノオミ・ラパス ニールス・アルデン・オプレヴ 中田秀夫 田中圭 千葉雄大 成田凌 オマール・シー フランソワ・クリュゼ エリック・トレダノ オリヴィエ・ナカシュ ロバート・デ・ニーロ ブラッドリー・クーパー デヴィッド・O・ラッセル ジェニファー・ローレンス ジョン・ウェルズ ダニエル・ブリュール シエナ・ミラー 林遣都 及川光博 有村架純 藤原竜也 中川翼 石田ゆり子 平川雄一朗 本田翼  森七菜 醍醐虎汰朗 新海誠 花澤香菜 入野自由 井上和彦 金元寿子 トム・ハンクス ティム・アレン ジョシュ・クーリー メナ・マスード ナオミ・スコット ウィル・スミス ガイ・リッチー 近藤好美 水橋研二 花村怜美 ダニエル・カルーヤ キャサリン・キーナー ジョーダン・ピール ブラッドリー・ウィットフォード アリソン・ウィリアムズ マックス・シエリオット マーク・トンデライ エリザベス・シュー ローソン・マーシャル・サーバー ネーヴ・キャンベル ドウェイン・ジョンソン ショーン・サイポス クリストファー・デナム キャサリン・ウォーターストン スコット・イーストウッド サラ・パクストン ジャック・ヘラー ジョセフ・ゴードン=レヴィット ライアン・ジョンソン ブルース・ウィリス ロルフ・ラッスゴード イーダ・エングヴォル バハール・パルス ハンネス・ホルム アレクサンダー・ブラック サリタ・チョウドリー トム・ティクヴァ 川島鈴遥 三浦誠己 シャイア・ラブーフ サラ・ローマー デヴィッド・モース アーロン・ヨー D・J・カルーソー アビー・コーニッシュ ニール・バーガー エミリア・クラーク テア・シャーロック サム・クラフリン キャサリン・ハードウィック トニ・コレット 小泉今日子 永瀬正敏 ロドリゴ・グランデ レオナルド・スバラーリャ クララ・ラゴ ブルック・シールズ 北村龍平 レスリー・ビブ 堺雅人 松雪泰子 中村優子 満島ひかり クヒオ大佐役 ダーレン・リン・バウズマン ティモシー・ギブス アン・ハサウェイ ロネ・シェルフィグ 伊藤英明 仲村トオル 入江悠 セス・マクファーレン リース・ウィザースプーン タロン・エガートン トリー・ケリー マシュー・マコノヒー ラッセ・ハルストレム デニス・クエイド ケイト・バーカー=フロイランド ジョニー・フリン 尾野真千子 妻夫木聡 竹内結子 佐藤祐市 西島秀俊 大沢たかお ラダ・ミッチェル アデレイド・クレメンス ショーン・ビーン キット・ハリントン マイケル・J・バセット ラウル・ボバ エラ・レムハーゲン ロージー・デイ 山田孝之 リリー・フランキー 白石和彌 ピエール瀧 上戸彩 市村正親 宍戸開 ユアン・マクレガー グヴィネス・パルトロー デヴィッド・コープ ジョニー・デップ 宮崎あおい 佐々部清 クリストファー・ノーラン レオナルド・ディカプリオ 渡辺謙 オルガ・キュリレンコ モーガンフリーマン スティーブン・カンパネッリ ピリ・グロワーヌ ブノワ・ポールヴールド ジャコ・ヴァン・ドルマル カトリーヌ・ドヌーヴ ロマン・ポランスキー エマニュエル・セニエ デンゼル・ワシントン ビル・プルマン アントワーン・フークア ペドロ・パスカル ミラ・クニス アルバート・ヒューズ ゲイリー・オールドマン アレン・ヒューズ オーウェン・ウィルソン カルラ・ブルーニ レイチェル・マクアダムス メラニー・グリフィス アントニオ・バンデラス ビアギッテ・ヨート・ソレンセン ガベ・イバニョス 橋本一 綾野剛 井上真央 菜々緒 蓮佛美沙子 金子ノブアキ ヘイリー・アトウェル マーク・フォースター キム・コーツ ローリー・ホールデン クリストフ・ガンズ シェーン・アッカー ジェニファー・コネリー イライジャ・ウッド 西田敏行 小雪 ハリソン・フォード リー・トランド・クリーガー ブライク・ライヴリー ミキール・ハースマン 岩井俊二 奥菜恵 山崎裕太 反田孝幸 寺脇康史 瑛太 山崎努 阿部サダヲ 伊藤淳史 野村周平 土井裕泰 カリーナ・カプール シャルマン・ジョシ ラージクマール・ヒラーニ アーミル・カーン R.マドハヴァン ダコタ・ファニング ヘンリー・セリック テリー・ハッチャー 二宮和也 原田眞人 吉高由里子 木村拓哉 オークワフィナ ミンディ・カリング サラ・ポールソン リアーナ サンドラ・ブロック ゲイリー・ロス ケイト・ブランシェット サイモン・ペッグ トム・クルーズ ヘンリー・カヴィル クリストファー・マッカリー レベッカ・ファーガソン テイト・テイラー ヘイリー・ベネット ジャスティン・セロー シャロン・マグワイヤ パトリック・デンプシー コリン・ファース レニー・ゼルヴィガー スタンリー・キューブリック ニコール・キッドマン ダグ・ジョーンズ ギレルモ・デル・トロ イバナ・バケロ 西谷弘 斎藤工 伊藤歩 アーロン・エッカート キャサリン・ゼタ=ジョーンズ アビゲイル・ブレスリン スコット・ヒックス キム・ベイシンガー ウィリアム・H・メイシー デヴィッド・エリス ジェイソン・ステイサム クリス・エヴァンス ライアン・ゴズリング ジョン・レジェンド エマ・ストーン 臼田あさ美 富田靖子 長谷川博己 ライアン・レイノルズ T・J・ミラー モリーナ・バッカリン ロバート・ダウニー・Jr アンソニー・ルッソ クリス・ヘムズワース マット・デイモン ジョアン・アレン ポール・グリーングラス ジュリア・スタイルズ デヴィッド・ストラザーン ミラ・ジョヴォヴィッチ エヴァ・アンダーソン ポール・W・S・アンダーソン アリ・ラーター ローラ フランカ・ポテンテ クリス・クーパー ダグ・リーマン 萩原聖人 南里侑香 吉岡秀隆 武藤寿美 鈴木千尋 ローラ・ダーン サム・ニール アレッサンドロ・ニヴォラ ティア・レオーニ ジョー・ジョンストン ジェフ・ゴールドブラム スティーヴン・スピルバーグ ジュリアン・ムーア リチャード・アッテンボロー ヴァネッサ・リー・チェスター ヴィンス・ヴォーン デヴィッド・ケックナー ポール・ラッド フレッド・ウィラード クリスティナ・アップルゲイト アダム・マッケイ ウィル・フェレル スティーヴ・カレル レイ・ウィンストン ルーク・ブレイシー テリーサ・パーマー エリクソン・コア エドガー・ラミレス 大根仁 滝藤賢一 福山雅治 吉田羊 ジェイク・ジレンホール ダンカン・ジョーンズ ディラン・ミネット コディ・スミット=マクフィー マット・リーヴス 橋本愛 坂口健太郎 ビリー・ボブ・ソーントン 上白石萌音 長澤まさみ 神木隆之介 リチャード・ギア テオ・ジェームズ シャーリーズ・セロン セドリック・ニコラス=トロイアン ジェシカ・チャステイン ジェームズ・マカヴォイ ソフィー・ターナー エヴァン・ピーターズ ブライアン・シンガー タイ・シェリダン オスカー・アイザック マイケル・ファスベンダー ニコラス・ホルト デクスター・フレッチャー クリストファー・ウォーケン クリス・ルノー ヤーロー・チーニー 永作博美 沢城みゆき 設楽統 日村勇紀 岡田准一 竹下景子 香川照之 ジョージ・クルーニー ジョナ・ヒル ジョエル・コーエン チャニング・テイタム イーサン・コーエン アンドリュー・スタントン アンガス・マクレーン 浅野温子 柴田恭兵 舘ひろし 木の実ナナ 吉川晃司 村川透 夕輝壽太 ティム・バートン ダニー・デヴィート ミシェル・ファイファー ロバート・ウール ジャック・ニコルソン フランセス・オコナー エディ・レッドメイン フェリシティ・ジョーンズ ジェームズ・マーシュ チャーリー・コックス マキシン・ピーク イアン・ホルム ジュディ・デイヴィス デヴィッド・クローネンバーグ ピーター・ウェラー セレーナ・ゴメス ニコラス・ストーラー セス・ローゲン ケネディ・クレメンツ カイル・キャトレット サム・ロックウェル ギル・キーナン ローズマリー・デウィット サクソン・シャービノ レイグ・T・ネルソン ヘザー・オルーク トビー・フーパー クジョベス・ウィリアムズ オリヴァー・ロビンス ドミニク・ダン エイミー・ポーラー ロニー・デル・カルメン ピート・ドクター トム・ハーディ ウィル・ポールター 古田新太 濱田岳 柴咲コウ 高嶋政宏 水原希子 アーミー・ハマー ナオミ・ワッツ ジェニファー・ガーナー ケビン・コスナー チェン・カイコー ヘザー・グラハム ジョセフ・ファインズ コリン・サーモン マイケル・ピット アマウリー・ノラスコ ガル・ギャドット トミー・リー・ジョーンズ アリエル・ブロメン スティーヴン・キング ミカ・ブーレム アントン・イェルチン アンソニー・ホプキンス ジェームズ・スペイダー スティーヴン・シャインバーグ ジェレミー・デイヴィス マギー・ギレンホール ラナ・ウォシャウスキー リリー・ウォシャウスキー ジョン・コーベット ニア・ヴァルダロス イアン・ゴメス ジョーイ・ファトーン ジョエル・ズウィック ジョン・ヘダー ウィル・スペック ジョシュ・ゴードン ルイ・レテリエ スー・チー ジョン・ステイモス カーク・ジョーンズ ジェレミー・レナー ファン・カルロス・フレスナディージョ ダニー・ボイル イモージェン・プーツ キャサリン・マコーマック ロバート・カーライル ベン・アフレック エイミー・アダムス ダイアン・レイン ガル・ガドット ザック・スナイダー アンセル・エルゴート ロベルト・シュヴェンケ シャイリーン・ウッドリー マイルズ・テラー ショーン・アンダース マーク・ウォールバーグ エドワード・ジェームズ・ハイランド オースティン・ストウェル エイミー・ライアン マーク・ライランス エリック・バナ ジョエル・マクヘイル 

プロフィール

ロココ

Author:ロココ
いらっしゃいませ。カフェへようこそ!
ここでは素人目線で映画について言いたい放題、アメリカから映画レビューをお届けしています。→日本に帰国しました!
基本はネタバレなし!ゆっくりしていってくださいね。
リンクフリー、TB大歓迎、古い記事でも気軽にコメントして下さい。

クリックしてね☆
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR