FC2ブログ

人魚の眠る家 (2018) 514本目

脳死を考える映画 人魚の眠る家 (2018) 

出演:
播磨薫子役 篠原涼子
播磨和昌役 西島秀俊
星野祐也役 坂口健太郎

監督:
堤幸彦
お勧め度★★★☆☆

私はもしも自分が死んで、臓器を提供できるような状態だったら、提供したいと思ってる。
死ぬときくらい人の役に立ちたいから。
でも、まだ運転免許の裏には意思表示を書いてない。
なぜなら、家族とこの話をした事がなくて、こういう事って自分ひとりで決めていいのかな?ってちょっぴり不安だったから。
私は全く悩みなく提供することを考えていたけれど、もし家族の立場だったら、嫌かも?って少し思った。
だから家族と話てちゃんとわかってもらってから書こうと思ってる。
もちろん、これは自分ひとりで決めていいことだと思うけど、私はそうしようと思ってる。
そういう事をまた考えさせられた映画。

2人の子供を持つ播磨薫子。
夫は浮気していて、離婚を考えている最中だった。
そんな時、娘がプールで事故に遭い、脳死状態となる。
薫子と夫和昌の命の選択とは?!

これ、トレイラーを見た時からずっと見たかった映画。
失礼ながら、予告ではちょっとホラー感があって、ホラー映画だと思ってた
全然ホラー映画ではありません!

最初から涙が止まらない!

やっぱりこれは子持ちになったからかなぁ?
とにかく子供ネタはダメ!
すぐに泣いちゃいます。
自分だったらどうするだろう?
子供が事故で脳死状態。
心臓は動いている。
そういう事を考えると悲しくて悲しくてしょうがない。

母親の薫子は娘が死んだ(脳死)ことを受け入れられないでいる。
だけど、当たり前のことじゃない?
たぶん、脳死ではなく亡くなったとしても、我が子の死なんて受け入れられるはずがない。
映画では薫子はちょっと気ちがいじみて描かれているけれど、普通なんじゃないかと思う。
大病していて、海外で移植手術を受けようと募金を募っている親も、子供が風邪をひいて高熱出している時に寝ないで必死に看病している親も、薫子と結局一緒。
子供の事だけを考えて生きている。

脳死状態の娘をなんとかして生かしておこうとするのだけれど、

この映画、いったいどこに着地するのだろう?

映画の初っ端からこの疑問しかなかった。
どんな結末を迎えるのか、とっても気になってしょうがなかった。
映画の初っ端に男の子が野球ボールを庭に入れてしまって、偶然脳死状態の娘を見てしまうシーンから始まり、もしかしたら、この子があやまって何かしてしまい、すべてを台無しにしてしまうのでは?とドキドキしましたが、そんなことはなく
ちゃーんとストンと納得いく感じで終わりました。

ただ、ちょっとしたツッコミどころもあり。
娘を生かしておくにあたり、会社の社員である星野の力を借ります。
その星野の彼女(妻とかではない)が播磨和昌とカフェみたいなところで会うシーン。
お父さんは結構大きな会社の社長みたいに見えたのだけれど、そんな人にこんな感じで気軽に会えるのかな?
アポあり?アポなし?
こんなところで女子と2人で会える?
そしてなぜ会いに行く必要があったのかもちょっと謎。
この星野の彼女は映画の中で一番まともなのかもしれないけれど、よく考えると、彼氏(夫でもない)の会社に乗り込んでいったり、社長の自宅に行ってみたり、結構凄い子です。
そして、この星野の彼女が薫子と会って話すときの薫子の感じが

とってもホラー

普段薫子はただの一生懸命な母親って感じ(ちょっと行き過ぎな感じはあるけど)なのに、星野の彼女の前では完全にホラーだった。
あれ?やっぱりホラー映画か?
第3者の目から見ると、あんな感じなのかね~?

薫子役の篠原涼子と薫子の母親役の松坂慶子がいっぱいいい表情していて、本当に泣けました

特に私の心をギュッと掴んだのはやっぱり弟君の誕生日会からエンディングにかけて。
それまでどこに着地するのかわからない感じでフワフワしていた映画をピリッと引き締めてくれたエピソードの数々が好き。

さて、この映画を見終わって、じゃあ自分だったらどうするかって考えたら、

延命するには金持ちじゃないとダメだね

ということがわかりました・・・。

この映画、面白かったと共感する人がいたら教えてくださいな。
家族と見て欲しいけれど、家族とはとても見ることが出来ない映画。
1人でワンワン泣きながら見てください。
特に子供がいる親にオススメ。
自分の子供がうるさくて、言うこと全然聞かなくても生きていてくれるだけで幸せだってわかるから。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

マスカレード・ホテル (2019) 512本目

とにかくキャストが豪華! マスカレード・ホテル 

出演:
新田浩介役 木村拓哉
山岸尚美役 長澤まさみ
能勢役 小日向文世

監督:
鈴木雅之
お勧め度★★★☆☆

コロナ騒動で旅行ができないのが、とっても残念。
本当だったら、息子と今海外にいるうちのBossのところへ、2ヵ月に一度くらいは行く予定だったのに~
その他にもいろいろと予定が狂って、本当に憎っくきコロナ!
はやく死滅しろ~!
そんな時にホテルの映画見て癒されちゃいましょう

連続殺人事件の次の現場が「ホテルコルテシア東京」だということを突き止めた刑事の新田。
警察はホテルに潜入捜査することになる。
新田はフロントスタッフとして潜入するが、ホテルに来る様々な事情を抱えた人間の中に犯人はいるのか?!
そして連続殺人の真の目的とは?

これ、とっても見たかった映画。
私はキムタクのファンでもなんでもないけれど、「検察側の罪人 (2018)」を見た時に、なかなか面白い役者だなぁと再認識。
やっぱり花があるよね。
「どの役を演じてもキムタク」とよく言われるけれど、それぐらい本人と役をマッチさせているというのもなかなかスゴイ。
今回もひとクセある刑事、新田を演じています。
本当のキムタクの性格とか全然しらないけれど、たぶんこんな感じの頑固で真っすぐな人なんじゃないかなぁと思う。
ただキムタクの演技でひとつだけモヤっとするのが、

声がちいさいんだよね!

ただでさえ、聞き取りづらいのに、声が小さいからさらに聞こえない。
他の人に合わせてボリュームは調整してほしいなぁ。
「検察側の罪人 (2018)」の時はそれほど気にならななかったのに・・・また元にもどっちゃったのかしら?
そのかわり、表情は素晴らしいです。
笑顔が苦手な新田のキャラクターをその苦い表情で上手にあらわしてるなぁと思ったわ。

さて、ホテルが舞台のこの映画、入り口を入ってすぐに吹き抜けの気持ちのいいロビーがあって、なかなか豪華です。
小説の時からこのホテルのモデルは「ロイヤルパーク」と言われています。
ロイヤルパークってたくさんあるけど、こちらは日本橋のロイヤルバークだそうで。
水天宮からすぐのところ?
昔はT-CATが便利だったから海外に行くときにはなんどか宿泊したけれど、あんなロビーだったかなぁ?
ロイヤルパークはそれはそれでとても良いホテルなんだけれど、映画の感じとは全然違う気がしますけど。
映画の中のホテルコルテシア東京はとっても高級感があって、素敵です。

ストーリーはけっこう複雑。
と、いうのも、

怪しげな人達がわんさか!

アップグレード目的で部屋にクレームを入れる客。
視覚障害と偽ってホテルのサービスを抜き打ち確認する客。
ストーカー被害にあっていると訴える客。
密会している政治家の客。
ホテルの備品を盗んだフリをする客。
(あ、この場合、すべて「お客様」といわなければならないですね
私は特に新田の元相棒の能勢が初っ端から怪しげでなんか嫌な感じだったなぁ。

だけどその点と点が線になることもなく、みんなが見落としていた、たった1つの出来事から怒涛の真犯人そして、犯人の目的が暴かれていくスピード感は凄かった!

ただ、意味深に登場する文鎮の存在や、真犯人がわかるところの捜査については、不明瞭なところが多いくて残念。
ここはネタバレになってしまうので、語れないのですが、「なんでそこに行きついたんだろう?」って思っちゃったよ。
そして、刑事が殺人事件について携帯電話で大声で話しているのも違和感あったなぁ。
これは演出の問題なんだろうけれど、通りすがりの周りの人、いろんな物騒な言葉が飛び交っていてびっくりしちゃうよね

そしてこの映画の見どころはとにかくキャストが豪華っていうこと。
ほんのちょっとしか登場しないお客様役(セリフもほとんどない)にすらよく知っている俳優さんが演じて居ます。

明石家さんまの登場は全然わからなかった!

これは映画のストーリーとは全然関係ないので、書いちゃいますが、エンディング近くでチェックインしている「大竹」というお客様を演じて居るそうです。
でも、ピントもあってないし、セリフもないし、帽子で顔が隠れているので、全然わかりません!

それと、松たか子がどこに出演していたのか、私は最初全然わからなかったわ。
舞台挨拶とかに登場しているので、映画に出演しているのは知っていたのですが・・・。
キムタクと松たか子という懐かしの刑事ドラマと同じキャスト!とワクワクした人もいたと思いますが、意外な登場でした。

ついでに前田敦子と勝地涼の登場にも驚いた!
映画の撮影中は交際中ではなかったらしいのですが、2人の役回りがなかなか面白くて、勝地涼が登場したら、お茶を吹き出しちゃったよ

この映画、面白かったと共感する人がいたら教えてくださいな。
サスペンス映画というよりは、群像劇的な要素が大きのかな?
いや、群像劇とみせかけてミスリードさせようとしている、ということなのか?
こちら小説はマスカレードシリーズとなっているので、これからもキムタクの新田が活躍するのか、と思いきや、まだ3作しかないみたいね。
小説も映画もシリーズ化されて、キムタクの新田をまた見たいなぁ。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング


翔んで埼玉 (2019) 506本目

ディスりの見本市! 翔んで埼玉

出演:
壇ノ浦百美役 二階堂ふみ
麻実麗役 GACKT
阿久津翔役 伊勢谷友介

監督:
武内英樹
お勧め度★★★★☆

アカデミー賞がありましたね
アメリカに住んでいる時はタイムリーに見ていて、自分の見た映画がどうだとか、こうだとか、いろいろとワクワクしていたのですが、もう、最近では最新作を映画館で見ることができないので、ちょっと熱が冷めつつあります・・・。
まあ、でも、ゆるゆる面白い作品を発掘していけるようにマイペースで見ていきます!
しかし、カズ・ヒロ氏は興味深い発言してましたね。
「米国人になった」なんていう人に「日本人として」なんて聞いちゃだめでしょー!
まあ、国籍を捨てても、人種は捨てられませんけどね。
日本では個々のアイデンティティを作りづらいと言われているけれど、私はむしろアメリカ人の方が、アイデンティティを模索してもがいているように見える。
特にカズ・ヒロ氏ぐらいの年齢になると"ancestry.com"なんかで自分のルーツを何代も遡っていくことに熱中している人がいて、とても流行っているくらいだから、アメリカ人は自分のルーツや人種についてむしろこだわりがあるように思うけど。
普段の生活でそれが見つけられないから、ネットで一生懸命自分のアイデンティティを探すという作業をする。
そういう私もお恥ずかしながら日本が嫌で嫌でしょうがなくてアメリカに行き、それで、アメリカも相当しょうもない国だと気がついちゃったパターン
個人主義という名の我儘、自分勝手。
アメリカの良さも日本の良さも、離れていると気が付くから、やっぱりアメリカにある程度住んでいたことは自分にとっては良かったと思うけどさ。
そして今日は建国記念日。
私は日本人であることを誇りに思っています、といえるような日本であってほしいし、そういう人間でありたいわ
そんな日本の建国にまつわる話(ウソ

1900年代の日本、東京では埼玉の迫害が続いていた。
埼玉県人は通行手がななしでは東京へ来ることができない。
そんな通行手形を撤廃し、埼玉を解放すべく、「埼玉解放戦線」のメンバーたちが陰で活動していた。
それが、現在では都市伝説として語り継がれている。

本当に小ネタが満載で、

いろいろ笑いました!

まず、こちら、なんと1982年の漫画だそうで。

それがなんでいまさら映画化?!
と思いますが、いろいろ考えると、まさに今!なんだろうなぁ。
昔は本当に「ださいたま」とか呼ばれていたけれど、今はたぶん、そんな事言う人、そんなにいないような気がする。
むしろ、そんな風に呼ばれていたことを知らない若者もいるのでは?
アリーナがあり、巨大ショッピングモールあり、進学校あり、なんでも揃っていて、いまや住みたい町上位に君臨する埼玉県。
だからこそ、このディスりが面白おかしくなるのでしょう。

漫画は残念ながら未完らしいので、映画はかなりオリジナルの要素が含まれていると思います。
現代のパートから、過去(といっても1900年代らしいけど)の埼玉開放までの物語をラジオが語る。

って、いったいいつの時代なんだ!

というような出で立ちの人達がわんさか。
こういうことを真面目にできちゃうから面白い。
もちろん全部フィクションなので、多いに許される演出です

そして驚きの主演者!
まずはとにかくこの人、GACKTでしょう。
最初、この映画にGACKTが出演する、と聞いて、「どうせ、ちょこっと小遣い稼ぎで出演するんしょ!」と思ってました(すみません

そしたら、バリバリの主役だった!

だって、高校生ですよ!
40過ぎのGACKTが!
無理あるでしょ?
とおもったら、

全然無理なかった!

この世界観、このキャラだから、GACKTなんだろうね。
完全にキャラ先行で配役が決まったような気がします。
即答で断ったというGACKTですが、最終的には魔夜峰央のファンということもあり、この役を受けましたが、彼以外ではこんな風に演じることはできなかったでしょうね。
強いて言えば髪の毛で片側を隠さずに顔をもっと見せて欲しかったけど。
漫画でもそういう容姿だからしょうがないか・・・。
特に見どころはGACKTと伊勢谷友介の絡み。
お互い本気で演じているので、とにかく面白い。
こんなGACKTはきっとこの映画でしか見ることができないでしょう。
そして、「芸能人格付けチェック」をパロったような「空気のテイスティング」も笑った!

もう一人の主人公、壇之浦百美役は二階堂ふみです。
百美は男の子なのに、GACKTが演じる麗に恋しちゃうので、もしかしたら、実は女の子なんだけど男の子として育てられたとかいう設定があるのか、と思ったら、

普通に最後まで男の子でした

こ、これは・・・、漫画連載当時、「腐女子」とか「BL」という言葉があったかどうだか知りませんが(もちろん当時からそういうジャンルは少女漫画の中にあったと思うけど)なんとうか、こういう感じを普通に受け入れさせることも「今」なんだろうなぁと思う。
ただ、この役を二階堂ふみが演じていることで、抵抗なく、むしろ百美を応援したくなっちゃったのかもしれないけど。
この辺り、配役が素晴らしいなぁと思った。
もしも、これがちょっと綺麗な男の子だったりしたら、なんだか本当に下世話な映画になっちゃった気がするけれど、あくまでコメディーとして楽しめたのは、二階堂ふみが主役だったからだと思う。(だって、どう見ても女の子なんだもん)

そして私が一番好きな出演者は埼玉デューク役の京本政樹!

存在感半端ない!

そして昔から、なんとなくGACKTと京本政樹は似てるなぁと思っていたので、共演しているところを見られて幸せ

この映画では埼玉が壮大にディスられていますが、実は群馬や千葉も同様にディスられている。
神奈川がちょっとだけ出て来るんだけど、これもなんとなくディスられているし、実は埼玉を迫害しているっている東京も最終的には実はディスっているなんじゃないかと思う。

ディスりのオンパレード!

だから、誰も傷付かずに面白いのかね。

私が一番好きなシーンはなんといっても、埼玉と千葉の戦い!
お互いかなりの人数を集めていざ出陣!
さあて、どうやって戦うのか!
と、いうシーン、本当に好きです

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
本当に面白いシーンをあげたらきりがない!
最後の最後、現代パートでのオチも予想できたけど、それが安心のエンディングで嬉しかった。
そして、もっともっと見ていたいと思わせるとっても魅力あふれる映画でした!
私は埼玉県人じゃないけど、こんな映画を単純に楽しめるなんて、日本に生まれてよかった~!

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング



東京喰種 トーキョーグール (2017) 497本目

2時間では語りつくせない世界 東京喰種 トーキョーグール 


出演:
金木研(カネキ)役  窪田正孝
霧島董香(トーカ)役 清水富美加
亜門鋼太朗役 鈴木伸之
神代莉世(リゼ)役 蒼井優
真戸呉緒役 大泉洋

監督:
萩原健太郎
お勧め度★★★☆☆

「グール」という言葉を初めて知ったのは、ゲームの「Fallout」だった。
そこに登場するグールは、ビジュアル的にはちょっと気持ち悪くて、でもそのバックグラウンドは結構哀しい。
それ以外にグールを知らなかったので、今回、私の中では新しいグール像が形成されました!

グールという人を喰う人種が人間の中に紛れて生存している世界。
カネキは大学生で読書好き。
リゼと読書をきっかけに交流することになるが、それがカネキがグールの世界に足を踏み入れるきっかけに。
半分人間、半分グールとなったカネキはグールの世界と人間の世界の狭間で生きることになる。

漫画やアニメを実写化すると、だいたい失敗するんだけれど、この映画は映画としてはまあまあ面白い方だと思うのよね。
でも、やっぱりなにか物足りなさを感じちゃった
たぶん、カネキにも他の登場人物にも描かれていないいろんなドラマがあったんだろうなぁ、と。

そんで、勢いにのって、とりあえずアニメの第1期も視聴。

さすがに全12話を2時間で語りつくすのは無理だわ

おそらく映画として成り立ちそうなエピソードを拾って映画にしたんだろうなぁって感じ?
アニメのかなり最初の方に登場する月山が映画では登場しないので、きっとこのエピソードはあまりにも常軌を逸しすぎて、さすがに映画にはできまい!と思ったら、

映画の続編で月山登場!

どんな感じになるのか逆に楽しみ

正直いって、キャラクターについてはアニメや原作漫画で情報補正をした方がずっとこの映画を楽しむことができると思います。
例えば、主人公のカネキですら、カネキの両親のエピソードが映画ではちらっとしか出てこないので、あれ?彼の親ってどうしてるんだっけ?と再確認してしまったくらい。
他にもカネキがグールになるきっかけの事故もアニメではもっと謎めいた事故になっているけれど、映画では特にそういったことはなく。
友人のヒデのエピソードも。
そして一番残念だったのが、おそらく今後重要なキャラクターになるはずだったニシキのエピソードもなくなっているので、映画ではそれほど重要なキャラに扱われていなかった。

それと、今回強く感じたのが、原作にキャラクターを寄せるってことは原作ファンにとっては大切な事なのかもしれないけれど、映画しか見ていない人にとっては時々違和感でしかなくなっちゃうってこと
そのいい例がグールを狩ろうとしている喰種対策局の方々。
鈴木伸之が演じる亜門。

そのジャケットどこで売っているんですか?

とツッコミたくなった!
他の捜査官は普通の服着てるのに。
そして一番違和感あったのが大泉洋が演じる真戸。

外見がまるでマンガチック

と思ってアニメ見たら、本当にソックリだった。
だから原作に寄せてるんだろうなぁと思う。
だけど、だけど、他の登場人物は限りなく現代の普通の人っぽいのに、映画に登場する数人だけ飛びぬけてマンガっぽいの。
これは原作知らないとちょっと笑っちゃうレベルだと思う。
せっかくシリアスな映画なのに。

主人公のカネキ役の窪田正孝。
確かに彼はアニメの感じとは全然違う。
アニメはもっと可愛い感じの男の子。
映画のカネキはちょっと大学生には見えない
でも、気の弱そうな感じと、時々見せる狂気的な表情が素晴らしい!
訳あって半分人間、半分グールというけれど、食事はできないし、強靭的な肉体を持ってるし、

半分人間というよりはかなりグール

って感じなのだけどねぇ。

そしてトーカ役、古き良き時代の清水富美加。
彼女、本当に存在感がスゴイ。
私の中で彼女は決して美少女の枠には入っていないのだけれど、今回この映画を見て、他の彼女の出演作とはまた違う、芯が強くて美しいトーカがいた!
このトーカもいつも怒ってばかりで沸点が低いなぁと思いがちですが、ちゃんと彼女には彼女の理由があって、それもアニメで補正されました。
こういうエピソードが映画では時間が限られているので、見ることができないのよね。
そして残念ながら続編では別の女優さんが演じるそうです。
事情は十分理解できますが、清水富美加のトーカがもっと見たかったなぁ。
本当に残念

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
この映画のストーリーの肝となるところはグール側から見ると人間が敵、人間側からみるとグールが敵、という構図を上手くエピソードを使って表現するということなんだと思うけれど、やっぱり2時間ではグール側の方に寄ったストーリーになっちゃってるんだよね。
アニメを見るとその辺りもいろいろ考えさせられます。
この映画はもちろん単体でもなかなか面白いのだけれど、やっぱり原作やアニメと一緒に楽しむと、面白さ倍増します!

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング



君の膵臓をたべたい (2017) 495本目 

なんとなくノスタルジー映画 君の膵臓をたべたい

出演:
山内桜良役 浜辺美波
「僕」 / 志賀春樹役 北村匠海 / 小栗旬
滝本恭子役 大友花恋 / 北川景子

監督:
月川翔
お勧め度★★★☆☆

住野よるのの原作本はなんと260万部以上も売れている

オーディオブックにもなって、アニメ映画にもなって実写映画にもなって・・・。
とにかく引っ張りだこ!
それぐらい人気のこの作品、気になるよね~!

映画を見た後、実はこの原作(ジュニア文庫)を読みました!
アマゾンプライムで読めたので
やっぱり原作はもっと「僕」とヒロインの沢山の会話とエピソードがあって、面白かった。
あと、結構ストーリーの流れとして映画で不自然だと思っていた事も小説の中ではちゃんと説明されていたり、エピソードとして存在していたので、いろいろ補正されました。

母校の高校の教師となった「僕」。
思い出の図書館の取り壊しが決定し、自分が図書館の委員だった頃の事を図書委員の生徒に話し出す。
それは、病院で偶然拾った1冊の「共病文庫」というタイトルの文庫本の持主だった、山内桜良との思い出だった。

とにかく人気のこの作品、見ました。

あれ?この映画、どこかで見たことがあるような・・・

「セカチュウ」かな?
ヒロインが病気で、主人公と仲良くなっちゃうやつ。
まあ、ある意味、ありがちな設定です。
正直言って、なぜここまで人気があるのか、評価されている理由はよくわかりませんでした。
あれかな?もう「セカチュウ」は一周回っちゃった?
知っている人がいなくなっちゃったんでしょうか?
おそらく、これは衝撃的なタイトルとそれに反してピュアなストーリー展開が心に残るということなのかしら?
「膵臓を食べたい」といっても、ホラーな映画では決してなく、実は

ただの青春映画じゃないか!

まあまあ、とにかく2人が初々しくて、可愛くて。
この後、きっとなにか大変な事件が起こるんだろうなというフラグが立ちまくっている流れ

鑑賞後は何とも言えない清々しい気持ちになりました
原作と映画の最大の違いは、原作では結末が最初に書かれているのですが、映画では「この先どうなるんだろう?」と思いながらソワソワしなが見てました。

ただ、つっこみたい所はいっぱいある!
まず、ネクラで人と関わりを持たない、地味なクラスメートの高校時代が北村匠海で大人になったら小栗旬って・・・

全然地味じゃないじゃん!

まあ、本当に地味な人を配役しちゃったら、映画として成り立たないけど。
そして、この2人が演じることで、主人公の「僕」はとても魅力的な人間になっています。
その辺りは後半でジワジワと生きてきます。
私が特に好きなのは、ヘタレなはずの北村匠海がおもむろにヒロインをお姫様抱っこするシーン。

悔しいけどキュンとした!

そして、大人の「僕」が高校時代のことを語るという流れで始まるんだけれど、生徒に先生を辞めようと思ってるみたいなことを匂わせる先生ってなんなんだ・・・。
そんな先生いるかな?
武勇伝を語る先生は沢山いるだろうけど。
ちなみに、原作では12年後の「僕」は登場せず、高校生の「僕」だけが登場します。

それと不思議なのが、高校時代の2人に「親の存在」が全然出てこない。
最後の方で登場しますが、それまで全く存在感がなく、なんとも都合の良い感じで不在です。
現実には高校生が突然旅行とか、よっぽど放任主義の親でなければ難しいような気がするけど。
とにかく、地味でネクラなクラスメートが人気者の女子にちょっかいかけられるという男子の夢物語のような映画です。
なので、女性より、男性の方が楽しめるのかも?
こんなことあったらいいなぁみたいな?
その点も原作ではちゃんと「僕」の両親が登場して、特に母親の存在が印象的でした。

主人公の高校時代を演じる北村匠海は言わずもがなですが、

今回、ヒロインの内桜良役の浜辺美波がすごく良かった!

私は彼女をNHKのラジオ「ボキャブライダー」でしか知らなかったのですが(すみません)、ラジオの中の彼女はなかなかの棒読み調子なので、ちょっと心配でした。
しかし!すごく良かった(二回目)
磯山さやかにちょっと似ている素朴な美少女。
泣き笑いのような笑顔。
透き通る声。
すべてが山内桜良のイメージにぴったり!
めちゃめちゃ可愛かった。

私がもう一人好きなキャラは「僕」のことをなんとなく応援してくれていて、ガムをくれる友人。
こういう人本当にすごい。
そして彼は後々とても重要な役割を果たします。

映画の中でとても印象的な桜のシーン。
残念ながらこのエピソードは逆に原作にはありませんでした。
この場所は京都の伏見であい橋という場所だそうです。
桜ってなぜこんなにも美しいのでしょう

そして私が好きな桜良の言葉。
「違うよ。偶然じゃない。私達は、皆、自分で選んでここに来たの。
偶然じゃない。運命なんかでもない。君が今までしてきた選択と、私が今までしてきた選択が、私達を会わせたの」
こういう考え方好きだなぁ

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
正直目新しさは全然ないのですが、言葉選びが秀逸で、なんといっても役者の魅力満載の映画です。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング


関連タグ

小林聡美 倍賞美津子 多部未華子 志賀廣太郎 水田伸生 北村匠海 お勧め度★★★☆☆ ナ・ムニ ファン・ドンヒョク シム・ウンギョン ベレン・ルエダ リュイス・オマール ギリェム・モラレス デーヴ・パテール ニコール・キッドマン ガース・デイヴィス ルーニー・マーラ トレヴァンテ・ローズ マハーシャラ・アリ バリー・ジェンキンス アンドレ・ホランド 中村義洋 上田大樹 川口春奈 鶴田法男 高畑淳子 山崎一 リーアム・ニーソン ジャウム・コレット=セラ ジョエル・キナマン コモン エド・ハリス 沢尻エリカ 白石晃士 間宮祥太朗 テット・ワダ 新田真剣佑 松坂桃李 長谷川博己 菅田将暉 リー・フランキー 門脇麦 岸善幸 デヴィッド・F・サンドバーグ お勧め度★★★★☆ マリア・ベロ アレクサンダー・ディペルシア テリーサ・パーマー 広瀬すず 小池栄子 板谷由夏 渡辺直美 山本舞香 大根仁 篠原涼子 富田望生 ユ・ホジョン カン・ヒョンチョル クレア・フォイ ライアン・ゴズリング デイミアン・チャゼル 風間杜夫 豊川悦司 阿部寛 鶴橋康夫 斎藤工 寺島しのぶ ペトリ・ルーッカイネン イズラエル・ブルサード クリストファー・B・ランドン ルビー・モディーン フィー・ヴ お勧め度★★★★★ ジェシカ・ローテ 佐藤健 三浦大輔 二階堂ふみ 山田孝之 有村架純 岡田将生 シャーリーズ・セロン ジェイソン・ライトマン ロン・リビングストン マッケンジー・デイヴィス 峰岸徹 薬師丸ひろ子 高柳良一 長谷川真砂美 大林宣彦 石田ゆり子 吉田羊 松重豊 林遣都 波瑠 伊藤健太郎 ベニチオ・デル・トロ ステファノ・ソリマ イザベラ・モナー ジョシュ・ブローリン 谷村美月 佐津川愛美 木南晴夏 三木康一郎 ハリソン・フォード クリス・ルノー エリック・ストーンストリート パットン・オズワルト 堤幸彦 木村文乃 森田甘路 松田翔太 前田敦子 レイチェル・マクアダムス ビル・ナイ ドーナル・グリーソン リチャード・カーティス 永井聡 大泉洋 小松菜奈 西島秀俊 坂口健太郎 ローレンス・フィッシュバーン チャド・スタエルスキ リッカルド・スカマルチョ キアヌ・リーブス 木村拓哉 長澤まさみ 鈴木雅之 小日向文世 ダーモット・マローニー リン・シェイ ステファニー・スコット アンガス・サンプソン リー・ワネル ローズ・バーン ジェームズ・ワン パトリック・ウィルソン ドリュー・バリモア アダム・サンドラー ピーター・シーガル GACKT 武内英樹 伊勢谷友介 カーク・ダグラス キャロリン・ジョーンズ アンソニー・クイン アール・ホリマン ジョン・スタージェス エイミー・シューマー エミリー・ラタコウスキー ミシェル・ウィリアムズ アビー・コーン マーク・シルヴァースタイン ザック・エフロン マックス・ジョゼフ ヴェラ・ファーミガ マイケル・パトリック・キング キム・キャトラル クリス・ノース シンシア・ニクソン サラ・ジェシカ・パーカー クリスティン・デイヴィス ショーン・S・カニンガム ケン・ラッセル ヘンリー・ギブソン ジョン・ゲイター ジェイス・バルトーク お勧め度★☆☆☆☆ モンテ・ヘルマン ジョー・ダンテ 蒼井優 鈴木伸之 窪田正孝 萩原健太郎 清水富美加 ニック・オファーマン ジョン・リー・ハンコック マイケル・キートン ジョン・キャロル・リンチ リンダ・カーデリーニ 北川景子 小栗旬 大友花恋 浜辺美波 デイヴ・フランコ ジェシー・アイゼンバーグ ウディ・ハレルソン ダニエル・ラドクリフ リジー・キャプラン ジョン・M・チュウ ジェイ・チョウ マーク・ラファロ ルイ・ルテリエ アイラ・フィッシャー 岡山天音 森崎ウィン 安里麻里 岩澤宏樹 大畑創 内藤瑛亮 モーガン・フリーマン ダイアン・キートン リチャード・ロンクレイン ヒュー・ジャックマン ドゥニ・ヴィルヌーヴ ジェイク・ギレンホール ポール・ダノ メリッサ・レオ 工藤阿須加 成島出 黒木華 福士蒼汰 ジェーン・ローウェン ステファン・ポートランド マイケル・ガジン ジュリエット・ライランス ジェームズ・ランソン スコット・デリクソン イーサン・ホーク エミリー・ブラント 上田慎一郎 濱津隆之 真魚 しゅはまはるみ 耶雲哉治 竹内太郎 向井理 ひろみ 早見あかり 石橋杏奈 ミシェル・モナハン ケヴィン・ジェームズ クリス・コロンバス ニール・ブロムカンプ シャールト・コプリー シガニー・ウィーバー ワトキン・チューダー・ジョーンズ ヨ=ランディ・ヴィッサー お勧め度★★☆☆☆ 錦戸亮 北村一輝 松田龍平 吉田大八 市川実日子 優香 マシュー・グッド エミリー・モーティマー スカーレット・ヨハンソン ジョナサン・リース=マイヤーズ ウディ・アレン 小市慢太郎 市川実和子 中原俊 つみきみほ 村上淳 芥正彦 木下ほうか 西村雅彦 寺脇康文 佐々木蔵之介 上地雄輔 六角精児 深田恭子 柄本時生 知念侑李 ジム・スタージェス ドナルド・サザーランド シルヴィア・フークス ジェフリー・ラッシュ ジュゼッペ・トルナトーレ 天海祐希 遊川和彦 ジェイミー・ブラックリー R・J・カトラー ミレイユ・イーノス クロエ・グレース・モレッツ ミカエル・ニクヴィスト ニールス・アルデン・オプレヴ ノオミ・ラパス 中田秀夫 田中圭 千葉雄大 成田凌 オマール・シー エリック・トレダノ フランソワ・クリュゼ オリヴィエ・ナカシュ ジェニファー・ローレンス デヴィッド・O・ラッセル ブラッドリー・クーパー ロバート・デ・ニーロ ジョン・ウェルズ シエナ・ミラー ダニエル・ブリュール 藤原竜也 及川光博 中川翼 平川雄一朗 本田翼 森七菜  醍醐虎汰朗 新海誠 入野自由 花澤香菜 金元寿子 井上和彦 トム・ハンクス ティム・アレン ジョシュ・クーリー ウィル・スミス ガイ・リッチー ナオミ・スコット メナ・マスード 水橋研二 花村怜美 近藤好美 アリソン・ウィリアムズ キャサリン・キーナー ブラッドリー・ウィットフォード ジョーダン・ピール ダニエル・カルーヤ マックス・シエリオット マーク・トンデライ エリザベス・シュー ローソン・マーシャル・サーバー ドウェイン・ジョンソン ネーヴ・キャンベル キャサリン・ウォーターストン ショーン・サイポス スコット・イーストウッド サラ・パクストン ジャック・ヘラー クリストファー・デナム ジョセフ・ゴードン=レヴィット ライアン・ジョンソン ブルース・ウィリス バハール・パルス ハンネス・ホルム ロルフ・ラッスゴード イーダ・エングヴォル アレクサンダー・ブラック サリタ・チョウドリー トム・ティクヴァ 川島鈴遥 三浦誠己 サラ・ローマー D・J・カルーソー デヴィッド・モース アーロン・ヨー シャイア・ラブーフ アビー・コーニッシュ ニール・バーガー テア・シャーロック エミリア・クラーク サム・クラフリン トニ・コレット キャサリン・ハードウィック 小泉今日子 永瀬正敏 ロドリゴ・グランデ レオナルド・スバラーリャ クララ・ラゴ レスリー・ビブ ブルック・シールズ 北村龍平 クヒオ大佐役 満島ひかり 中村優子 松雪泰子 堺雅人 ダーレン・リン・バウズマン ティモシー・ギブス ロネ・シェルフィグ アン・ハサウェイ 伊藤英明 仲村トオル 入江悠 セス・マクファーレン タロン・エガートン リース・ウィザースプーン マシュー・マコノヒー トリー・ケリー デニス・クエイド ラッセ・ハルストレム ジョニー・フリン ケイト・バーカー=フロイランド 尾野真千子 妻夫木聡 大沢たかお 佐藤祐市 竹内結子 アデレイド・クレメンス ラダ・ミッチェル キット・ハリントン ショーン・ビーン マイケル・J・バセット ロージー・デイ ラウル・ボバ エラ・レムハーゲン ピエール瀧 リリー・フランキー 白石和彌 市村正親 上戸彩 宍戸開 グヴィネス・パルトロー ユアン・マクレガー デヴィッド・コープ ジョニー・デップ 佐々部清 宮崎あおい クリストファー・ノーラン レオナルド・ディカプリオ 渡辺謙 スティーブン・カンパネッリ モーガンフリーマン オルガ・キュリレンコ ピリ・グロワーヌ カトリーヌ・ドヌーヴ ジャコ・ヴァン・ドルマル ブノワ・ポールヴールド ロマン・ポランスキー エマニュエル・セニエ デンゼル・ワシントン アントワーン・フークア ビル・プルマン ペドロ・パスカル ミラ・クニス ゲイリー・オールドマン アルバート・ヒューズ アレン・ヒューズ カルラ・ブルーニ オーウェン・ウィルソン メラニー・グリフィス ビアギッテ・ヨート・ソレンセン アントニオ・バンデラス ガベ・イバニョス 橋本一 菜々緒 綾野剛 金子ノブアキ 井上真央 蓮佛美沙子 マーク・フォースター ヘイリー・アトウェル キム・コーツ クリストフ・ガンズ ローリー・ホールデン シェーン・アッカー ジェニファー・コネリー イライジャ・ウッド 西田敏行 小雪 ブライク・ライヴリー ミキール・ハースマン リー・トランド・クリーガー 奥菜恵 山崎裕太 反田孝幸 岩井俊二 瑛太 山崎努 阿部サダヲ 寺脇康史 伊藤淳史 土井裕泰 野村周平 カリーナ・カプール シャルマン・ジョシ ラージクマール・ヒラーニ アーミル・カーン R.マドハヴァン テリー・ハッチャー ヘンリー・セリック ダコタ・ファニング 原田眞人 吉高由里子 二宮和也 ゲイリー・ロス サラ・ポールソン サンドラ・ブロック リアーナ ケイト・ブランシェット ミンディ・カリング オークワフィナ レベッカ・ファーガソン トム・クルーズ クリストファー・マッカリー ヘンリー・カヴィル サイモン・ペッグ テイト・テイラー ジャスティン・セロー ヘイリー・ベネット シャロン・マグワイヤ レニー・ゼルヴィガー パトリック・デンプシー コリン・ファース スタンリー・キューブリック ダグ・ジョーンズ イバナ・バケロ ギレルモ・デル・トロ 西谷弘 伊藤歩 アビゲイル・ブレスリン キャサリン・ゼタ=ジョーンズ アーロン・エッカート スコット・ヒックス キム・ベイシンガー デヴィッド・エリス クリス・エヴァンス ジェイソン・ステイサム ウィリアム・H・メイシー ジョン・レジェンド エマ・ストーン 臼田あさ美 富田靖子 モリーナ・バッカリン T・J・ミラー ライアン・レイノルズ ロバート・ダウニー・Jr クリス・ヘムズワース アンソニー・ルッソ デヴィッド・ストラザーン ポール・グリーングラス ジョアン・アレン ジュリア・スタイルズ マット・デイモン ミラ・ジョヴォヴィッチ ポール・W・S・アンダーソン エヴァ・アンダーソン ローラ アリ・ラーター ダグ・リーマン フランカ・ポテンテ クリス・クーパー 吉岡秀隆 南里侑香 萩原聖人 鈴木千尋 武藤寿美 ローラ・ダーン ティア・レオーニ サム・ニール アレッサンドロ・ニヴォラ ジョー・ジョンストン リチャード・アッテンボロー ジュリアン・ムーア ジェフ・ゴールドブラム ヴィンス・ヴォーン ヴァネッサ・リー・チェスター スティーヴン・スピルバーグ ウィル・フェレル ポール・ラッド クリスティナ・アップルゲイト アダム・マッケイ スティーヴ・カレル デヴィッド・ケックナー フレッド・ウィラード ルーク・ブレイシー エドガー・ラミレス エリクソン・コア レイ・ウィンストン 滝藤賢一 福山雅治 ジェイク・ジレンホール ダンカン・ジョーンズ ディラン・ミネット マット・リーヴス コディ・スミット=マクフィー 橋本愛 ビリー・ボブ・ソーントン 上白石萌音 神木隆之介 テオ・ジェームズ リチャード・ギア セドリック・ニコラス=トロイアン ジェシカ・チャステイン ブライアン・シンガー タイ・シェリダン ソフィー・ターナー ニコラス・ホルト ジェームズ・マカヴォイ エヴァン・ピーターズ オスカー・アイザック マイケル・ファスベンダー クリストファー・ウォーケン デクスター・フレッチャー 沢城みゆき ヤーロー・チーニー 永作博美 日村勇紀 設楽統 竹下景子 岡田准一 香川照之 ジョエル・コーエン イーサン・コーエン ジョージ・クルーニー チャニング・テイタム ジョナ・ヒル アンドリュー・スタントン アンガス・マクレーン 浅野温子 柴田恭兵 木の実ナナ 吉川晃司 村川透 夕輝壽太 舘ひろし ミシェル・ファイファー ダニー・デヴィート ティム・バートン ジャック・ニコルソン ロバート・ウール フランセス・オコナー ジェームズ・マーシュ フェリシティ・ジョーンズ エディ・レッドメイン チャーリー・コックス マキシン・ピーク ピーター・ウェラー デヴィッド・クローネンバーグ イアン・ホルム ジュディ・デイヴィス セレーナ・ゴメス セス・ローゲン ニコラス・ストーラー サクソン・シャービノ サム・ロックウェル カイル・キャトレット ローズマリー・デウィット ケネディ・クレメンツ ギル・キーナン レイグ・T・ネルソン クジョベス・ウィリアムズ ヘザー・オルーク ドミニク・ダン トビー・フーパー オリヴァー・ロビンス エイミー・ポーラー ピート・ドクター ロニー・デル・カルメン ウィル・ポールター トム・ハーディ 柴咲コウ 水原希子 高嶋政宏 古田新太 濱田岳 ナオミ・ワッツ アーミー・ハマー ジェニファー・ガーナー ケビン・コスナー ヘザー・グラハム ジョセフ・ファインズ チェン・カイコー コリン・サーモン アリエル・ブロメン アマウリー・ノラスコ ガル・ギャドット マイケル・ピット トミー・リー・ジョーンズ ミカ・ブーレム アントン・イェルチン アンソニー・ホプキンス スティーヴン・キング マギー・ギレンホール ジェームズ・スペイダー ジェレミー・デイヴィス スティーヴン・シャインバーグ リリー・ウォシャウスキー ラナ・ウォシャウスキー ニア・ヴァルダロス ジョン・コーベット ジョーイ・ファトーン イアン・ゴメス ジョエル・ズウィック ジョン・ヘダー ウィル・スペック ジョシュ・ゴードン スー・チー ルイ・レテリエ ジョン・ステイモス カーク・ジョーンズ イモージェン・プーツ ジェレミー・レナー ダニー・ボイル キャサリン・マコーマック ファン・カルロス・フレスナディージョ ロバート・カーライル ダイアン・レイン エイミー・アダムス ベン・アフレック ザック・スナイダー ガル・ガドット アンセル・エルゴート ロベルト・シュヴェンケ マイルズ・テラー シャイリーン・ウッドリー ショーン・アンダース マーク・ウォールバーグ エイミー・ライアン マーク・ライランス エドワード・ジェームズ・ハイランド オースティン・ストウェル エリック・バナ ジョエル・マクヘイル 

プロフィール

ロココ

Author:ロココ
いらっしゃいませ。カフェへようこそ!
ここでは素人目線で映画について言いたい放題、アメリカから映画レビューをお届けしています。→日本に帰国しました!
基本はネタバレなし!ゆっくりしていってくださいね。
リンクフリー、TB大歓迎、古い記事でも気軽にコメントして下さい。

クリックしてね☆
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR