FC2ブログ

アイズワイドシャット(1999) EYES WIDE SHUT 396本目

意味の分からない映画=難解な名作という謎解釈 アイズワイドシャット(EYES WIDE SHUT)

出演:
ビル役 トム・クルーズ 
アリス役 ニコール・キッドマン

監督:
スタンリー・キューブリック
お勧め度★★★☆☆

トムクルーズが好きです
トムがきゃあきゃあ言われていた頃(今も言われているけれど)は全然興味はなかったけれど、
トムが34歳くらいに出演した「ミッションインポッシブル」を見てから、大好きに。
ちなみに私が以前住んでいたサンディエゴという町は、トップガンのロケ地としても有名。
映画の舞台となった「カンザスシティー・バーベキュー・レストラン」がある街です。

そんな彼が当時の奥様と出演した話題作!

なんの不満もなく幸せに暮らしていると思っていたニューヨークの開業医ビル。
しかし彼が妻の性の告白を聞いてから、歯車が狂っていく。
そして二人が出した結論とは…?

この映画、エロ描写が取りざたされて有名ですが、いってもそれほどではありません。
それとも、カットされたエディションだったのかしら?
夫婦のセックスシーンも話題になりましたが、それほど激しいわけではなく、
どちらかというと美しく、そして意味深なシーンになっています。
なので、それを期待して見た人(そんな人いるかどうかわかりませんが…)はがっかりしちゃうかも

夫婦役で出演しているトムとニコール。
当時は本当に夫婦でした。
しかし映画公開から5年後の2001年に離婚。
また、監督は映画製作が終了し、公開前に亡くなり、遺作となってしまった事でも話題に。
ニコールは体にメスをいれていない感じがいい。

だけど、この映画、全然意味わかんないのよね。

意味のわからない映画=難解な名作と思われているけれど、凡人にははっきりいって、モヤモヤさせるだけで終わったわ。
結局夫婦にとって一番大切なのはセックス!ってそういう事?
それを延々2時間半かかって見せられたってこと?

その他にも結構謎が多い映画です。
例えばコスチュームを借りに行った店にいた、店主の娘。
リーリー・ソビエンスキーが演じています。
めちゃめちゃ若くてかわいくて、妖艶です。
Leelee_Sobieski,_2012

どうやらあやしいアジア人と何か怪しげな事をしていたみたいで、
1日目は店主にしこたま怒られますが、
再度店に行ってみると、またそのアジア人達が!
そして、店主も娘も意味深な表情をします。

でも、だから何!?

っていう。
ここはご想像にお任せということでしょうか?
そういうことってあるよね?ってこと?

昔の友人から興味深いパーティーの話を聞かされて参加するビル。
まず、顔がわからないように仮面をつけているのに、なぜかバレバレ。
確かに、タクシーで来たのは彼だけだったからおかしいと思われたのかもしれないけれど、
仮面をつけて屋敷に入った後にもすぐにバレてる。
みんないつも同じ仮面をつけているから、新人さんがわかっちゃうのかしら?
なんだか都合が良すぎて不思議だわ

ビルはいろんなところで妻以外の女性と関係を持とうとするんだけれど、いつも寸止め。
なので、トムのそういうシーンはかなり少ないです。
そこはなかなかドキドキさせられて面白かったけど

監督のスタンリー・キューブリックはこの作品を「最高傑作」といったらしいけれど、
「時計じかけのオレンジ」くらいに意味のわからない映画だった。
たぶんトムクルーズじゃなかったら見なかった。
でも、そういう意味で後を引く映画だし、結末が気になる映画。
それなのに、

結局どういう結末なの?

という疑問を残し終わるのでした。

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
実際にトムとニコールが離婚してしまったからなのか、
映画だというのに「きっとこの夫婦も数年後に離婚するんだろうな」と筋とは全然関係なしに思ってしまうのでした。

人気ブログランキングにほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


パンズ・ラビリンス (2006) EL Laberinto del fauno 395本目

ファンタジーと間違う!パンズ・ラビリンス(EL Laberinto del fauno)

出演:
オフィリア役 イバナ・バケロ
パン役 ダグ・ジョーンズ

監督:
ギレルモ・デル・トロ
お勧め度★★★☆☆

アメリカにいる時はアメリカ以外の外国映画を見ることがほとんどなかったけれど、
日本人は日本にいるといろんな国の映画を見てると思う。
字幕をみるのがちょっと面倒な時もあるけれど。
今回は表紙がちょっとかわいくて、「ラビリンス」という名前からもファンタジー感が満載だったので、見てみました…!

内戦で父親を亡くしたオフィリア。
身重の母とともに、再婚相手の大尉のもとへ。
そこで出会った妖精からオフィリアが地底の王国の姫だと知らされ、
数々の試練を乗り越えるように言われるが…

この映画は第79回アカデミー賞で撮影賞、美術賞、メイクアップ賞を受賞しているので、
さぞかし楽しい映画なのだと思って見ましたが…。

なんだこのグロテスクな映画は!!

Don’t judge a book by its cover!
いや、悪い意味で。
しかも文字どおり、表紙のかわいらしい映像に惑わされてはいけません!
大げさにグロいです。

まず最初に地底の王国についてのさらっとした説明があります。
つまり、その時の姫がオフィリアだと。
彼女は記憶をなくして地上にいるのだというのです。

最初にオフィリアが出会う妖精。
彼女は「妖精さん」なんていいますけど、

ただの虫です。しかも結構気持ち悪い虫です

私だったら、恐れおののいて払いのけてしまうレベルの虫です。

彼女に待ち受ける、乗り越えなくてはならない試練。
これも結構なレベルで気持ちのわるい経験をしないといけないという拷問。
まあ、試練だからね。

一つ目の試練の洞窟の中もG達(たぶん)のような虫が沢山いて、最終ボスのカエルもかなり気持ち悪い。
しかもそこへ、なぜか一張羅で行ってしまうオフィリア。
子供だなぁ。

二つ目の試練。
食べちゃダメって言われているのに食べちゃう。
子供だなぁ。

っていうか、本当に姫なのか!自覚ないよ!

と思ってしまう。
まあ、これは子供を勇気付けたりするようなファンタジーでなく、欲や弱さを持ったリアルな人間をあらわしているからなんだろう。

継父の大尉もかなり残酷で、彼の行動もかなりグロい。
なぜバツイチ子持ちの母親と結婚しようとしたのか、いまいちわからない。
跡継ぎがほしかっただけなのだろうか?

さて、パンズラビリンスとは、パンの迷宮ということなんだろうけれど、
映画の中に出てくる迷宮の番人の名前もパン。
そしてこのパンとはギリシア神話に登場する牧羊神だとか。
でもどう見ても悪魔
初対面で悲鳴もあげずに話を聞いているオフィリアの肝っ玉にびっくり!
これは本当に姫かもね。

さて、この迷宮や試練の存在自体が本好きのオフィリアの妄想なのか、それとも現実なのか、
それは確実には語られませんが、ヒントはいろいろちりばめられています。
そして悲しいラスト。
ただ、見方によってはハッピーエンドなのかも、という不思議。

いったいこの映画、なんだったんだろう…という虚無感に襲われます。
特に楽しいファンタジーを期待してみた人はこのショックは大きいはず。
ただただ、グロくてホラーな映像を見せられるという。
確かにオフィリアが気持ちのわるい生き物から逃げるシーンなんかは、手に汗握り、
そのキモさもグロさも含めて映像もすごく面白い。

途中に出てくるマンドラゴラの根。
こういうアイテム好き
引き抜くときのマンドラゴラの悲鳴を聞くと死ぬというアレ。
今回はすでに引き抜かれているマンドラゴラを魔術に使う。
牛乳に浸して、毎日自分の血を二滴たらすと願いが叶うとか。
これは映画だけの創作かと思ったけれど、そういう魔術もあるらしい。

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
確かに裏切られ感は半端ないけれど、印象に強く残る映画。
痛いのや、グロいのが苦手な人は注意!

人気ブログランキングにほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

幸せのレシピ(2007)NO RESERVATIONS 394本目

なんということもないホッコリストーリー 幸せのレシピ(NO RESERVATIONS)

出演:
ケイト・アームストロング役 キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
ニック・パーマー役 アーロン・エッカート
ゾーイ役 アビゲイル・ブレスリン

監督:
スコット・ヒックス
お勧め度★★★☆☆

アメリカに住んでいた時はよく見ていた「Food Network」
一日中食に関する番組だけを放送するチャンネルです。
「料理の鉄人」のアメリカ版”Iron Chef”も見てた。
Iron Chefを生み出した日本なのに、Food Network的なチャンネルがないのが残念。
うちのBossも好きでいつも見ていた。
料理の映画も好き。
と、いってもこの映画、料理人の映画ですが料理にはそれほどスポットライトは当たってません。
料理を作るシーンは結構あるけれど、やっぱり人間関係メインの映画だからかな?

完ぺき主義のケイト。
厨房で働く人間も、メニューも、それを食べるお客さんも自分が決める。
ある時、彼女は姉の訃報を聞き、お店を休む事に。
復帰してみると、イタリアかぶれの新しいシェフが厨房に!

この映画は2001年のドイツ映画、「マーサの幸せレシピ」のリメイク。
残念ながら私はオリジナルを見ていないので、なんともいえないのですが、
これは完全に役者に支えられた映画だ!と思ったよ。

おそらく主人公ケイトは料理の腕は一流だけど、人間として何か欠けている、
人とコミュニケーションができない、という設定なんだろうけれど、
厨房にいる彼女はみんなとそれなりに仲良くやっているし、ただ料理にこだわりがあり、まっすぐなだけ。
趣味が料理というまじめな人。
全然嫌な女じゃない。
これがもっと嫌味な女だったら、彼女の変わっていく姿を目を細めて見ることができたんだろうけれど、
彼女は結構いい女なので、幸せになって当然だと思う。

とにかく大きなドラマのない映画!

当然のように新しいシェフ、ニックと恋に落ちるんだけれど、
そのあたりもまあ、さらっとしています。
そしてちょっと別れたりもしますが、たいした展開にもならず。
引き取った姪と確執があるのか、と思いきや、それほどでもなく、
とにかく事件は何も起こりません!
ただ、ほっこりといい女といい男の生活を美味しそうな食事が彩るという映画。
それなのになぜかちょっと面白い。
おそらくそれが女優力。
キャサリン・ゼタ=ジョーンズが美しく、時々かわいいから見とれちゃう。
ニック役のアーロン・エッカートのキスの仕方がいい
そこはキュンとしました。

ちょっとだけ確執があるとすれば、店のオーナーとケイト。
でも、そもそも、ケイトの事を心配してセラピーに通わせたり、休みを取らせたり、
かなり理解のある素敵なオーナーです。
だから、オーナーの心変わり的なこともなんだかよく分からず。
最後、彼女が登場しなかったのが、なんだかモヤっとしたなぁ

素敵彼氏のアーロン・エッカート。
200px-Aaron_Eckhart_by_Gage_Skidmore.jpg
見たことあるけど、誰?って思うかもしれない彼。
「サンキュー・スモーキング」に出演していました。
笑顔がキュート。

姪っ子役のアビゲイル・ブレスリン。
Abigail_Breslin_by_Gage_Skidmore.jpg
私の大好きな映画、シャマラン先生の「サイン」でデビュー。
とにかくかわゆい!
こんな子供が欲しい!
今ではすっかり大人ですが「ザ・コール」にも出演していました。

ちなみにケイトが勤めている” "22 Bleeker”というレストランですが、
残念ながら実際にNYにはありません。
これは住所が店名になっているのですが、この住所、全然角地でもなんでもないし。
実際にはマンハッタンの70 Bleecker street and Charles streetで撮影されましたが、
ここもそのレストランではなく、撮影のためにセットを作った場所だとか。
こんな素敵なレストラン、行ってみたかったなぁ。

もしもケイトがもっとビッチで姪っ子がもっと問題児だったら、
全然違った刺激的な映画になっていたと思うけれど。

この映画、面白かった!と共感する人がいたら、教えてくださいな。
これはこれで、それなりに素敵な映画です。


人気ブログランキングにほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

関連タグ

小林聡美 倍賞美津子 多部未華子 志賀廣太郎 水田伸生 北村匠海 お勧め度★★★☆☆ ナ・ムニ ファン・ドンヒョク シム・ウンギョン ベレン・ルエダ リュイス・オマール ギリェム・モラレス デーヴ・パテール ニコール・キッドマン ガース・デイヴィス ルーニー・マーラ トレヴァンテ・ローズ マハーシャラ・アリ バリー・ジェンキンス アンドレ・ホランド 中村義洋 上田大樹 川口春奈 鶴田法男 高畑淳子 山崎一 リーアム・ニーソン ジャウム・コレット=セラ ジョエル・キナマン コモン エド・ハリス 沢尻エリカ 白石晃士 間宮祥太朗 テット・ワダ 新田真剣佑 松坂桃李 長谷川博己 菅田将暉 リー・フランキー 門脇麦 岸善幸 デヴィッド・F・サンドバーグ お勧め度★★★★☆ マリア・ベロ アレクサンダー・ディペルシア テリーサ・パーマー 広瀬すず 小池栄子 板谷由夏 渡辺直美 山本舞香 大根仁 篠原涼子 富田望生 ユ・ホジョン カン・ヒョンチョル クレア・フォイ ライアン・ゴズリング デイミアン・チャゼル 風間杜夫 豊川悦司 阿部寛 鶴橋康夫 斎藤工 寺島しのぶ ペトリ・ルーッカイネン イズラエル・ブルサード クリストファー・B・ランドン ルビー・モディーン フィー・ヴ お勧め度★★★★★ ジェシカ・ローテ 佐藤健 三浦大輔 二階堂ふみ 山田孝之 有村架純 岡田将生 シャーリーズ・セロン ジェイソン・ライトマン ロン・リビングストン マッケンジー・デイヴィス 峰岸徹 薬師丸ひろ子 高柳良一 長谷川真砂美 大林宣彦 石田ゆり子 吉田羊 松重豊 林遣都 波瑠 伊藤健太郎 ベニチオ・デル・トロ ステファノ・ソリマ イザベラ・モナー ジョシュ・ブローリン 谷村美月 佐津川愛美 木南晴夏 三木康一郎 ハリソン・フォード クリス・ルノー エリック・ストーンストリート パットン・オズワルト 堤幸彦 木村文乃 森田甘路 松田翔太 前田敦子 レイチェル・マクアダムス ビル・ナイ ドーナル・グリーソン リチャード・カーティス 永井聡 大泉洋 小松菜奈 西島秀俊 坂口健太郎 ローレンス・フィッシュバーン チャド・スタエルスキ リッカルド・スカマルチョ キアヌ・リーブス 木村拓哉 長澤まさみ 鈴木雅之 小日向文世 ダーモット・マローニー リン・シェイ ステファニー・スコット アンガス・サンプソン リー・ワネル ローズ・バーン ジェームズ・ワン パトリック・ウィルソン ドリュー・バリモア アダム・サンドラー ピーター・シーガル GACKT 武内英樹 伊勢谷友介 カーク・ダグラス キャロリン・ジョーンズ アンソニー・クイン アール・ホリマン ジョン・スタージェス エイミー・シューマー エミリー・ラタコウスキー ミシェル・ウィリアムズ アビー・コーン マーク・シルヴァースタイン ザック・エフロン マックス・ジョゼフ ヴェラ・ファーミガ マイケル・パトリック・キング キム・キャトラル クリス・ノース シンシア・ニクソン サラ・ジェシカ・パーカー クリスティン・デイヴィス ショーン・S・カニンガム ケン・ラッセル ヘンリー・ギブソン ジョン・ゲイター ジェイス・バルトーク お勧め度★☆☆☆☆ モンテ・ヘルマン ジョー・ダンテ 蒼井優 鈴木伸之 窪田正孝 萩原健太郎 清水富美加 ニック・オファーマン ジョン・リー・ハンコック マイケル・キートン ジョン・キャロル・リンチ リンダ・カーデリーニ 北川景子 小栗旬 大友花恋 浜辺美波 デイヴ・フランコ ジェシー・アイゼンバーグ ウディ・ハレルソン ダニエル・ラドクリフ リジー・キャプラン ジョン・M・チュウ ジェイ・チョウ マーク・ラファロ ルイ・ルテリエ アイラ・フィッシャー 岡山天音 森崎ウィン 安里麻里 岩澤宏樹 大畑創 内藤瑛亮 モーガン・フリーマン ダイアン・キートン リチャード・ロンクレイン ヒュー・ジャックマン ドゥニ・ヴィルヌーヴ ジェイク・ギレンホール ポール・ダノ メリッサ・レオ 工藤阿須加 成島出 黒木華 福士蒼汰 ジェーン・ローウェン ステファン・ポートランド マイケル・ガジン ジュリエット・ライランス ジェームズ・ランソン スコット・デリクソン イーサン・ホーク エミリー・ブラント 上田慎一郎 濱津隆之 真魚 しゅはまはるみ 耶雲哉治 竹内太郎 向井理 ひろみ 早見あかり 石橋杏奈 ミシェル・モナハン ケヴィン・ジェームズ クリス・コロンバス ニール・ブロムカンプ シャールト・コプリー シガニー・ウィーバー ワトキン・チューダー・ジョーンズ ヨ=ランディ・ヴィッサー お勧め度★★☆☆☆ 錦戸亮 北村一輝 松田龍平 吉田大八 市川実日子 優香 マシュー・グッド エミリー・モーティマー スカーレット・ヨハンソン ジョナサン・リース=マイヤーズ ウディ・アレン 小市慢太郎 市川実和子 中原俊 つみきみほ 村上淳 芥正彦 木下ほうか 西村雅彦 寺脇康文 佐々木蔵之介 上地雄輔 六角精児 深田恭子 柄本時生 知念侑李 ジム・スタージェス ドナルド・サザーランド シルヴィア・フークス ジェフリー・ラッシュ ジュゼッペ・トルナトーレ 天海祐希 遊川和彦 ジェイミー・ブラックリー R・J・カトラー ミレイユ・イーノス クロエ・グレース・モレッツ ミカエル・ニクヴィスト ニールス・アルデン・オプレヴ ノオミ・ラパス 中田秀夫 田中圭 千葉雄大 成田凌 オマール・シー エリック・トレダノ フランソワ・クリュゼ オリヴィエ・ナカシュ ジェニファー・ローレンス デヴィッド・O・ラッセル ブラッドリー・クーパー ロバート・デ・ニーロ ジョン・ウェルズ シエナ・ミラー ダニエル・ブリュール 藤原竜也 及川光博 中川翼 平川雄一朗 本田翼 森七菜  醍醐虎汰朗 新海誠 入野自由 花澤香菜 金元寿子 井上和彦 トム・ハンクス ティム・アレン ジョシュ・クーリー ウィル・スミス ガイ・リッチー ナオミ・スコット メナ・マスード 水橋研二 花村怜美 近藤好美 アリソン・ウィリアムズ キャサリン・キーナー ブラッドリー・ウィットフォード ジョーダン・ピール ダニエル・カルーヤ マックス・シエリオット マーク・トンデライ エリザベス・シュー ローソン・マーシャル・サーバー ドウェイン・ジョンソン ネーヴ・キャンベル キャサリン・ウォーターストン ショーン・サイポス スコット・イーストウッド サラ・パクストン ジャック・ヘラー クリストファー・デナム ジョセフ・ゴードン=レヴィット ライアン・ジョンソン ブルース・ウィリス バハール・パルス ハンネス・ホルム ロルフ・ラッスゴード イーダ・エングヴォル アレクサンダー・ブラック サリタ・チョウドリー トム・ティクヴァ 川島鈴遥 三浦誠己 サラ・ローマー D・J・カルーソー デヴィッド・モース アーロン・ヨー シャイア・ラブーフ アビー・コーニッシュ ニール・バーガー テア・シャーロック エミリア・クラーク サム・クラフリン トニ・コレット キャサリン・ハードウィック 小泉今日子 永瀬正敏 ロドリゴ・グランデ レオナルド・スバラーリャ クララ・ラゴ レスリー・ビブ ブルック・シールズ 北村龍平 クヒオ大佐役 満島ひかり 中村優子 松雪泰子 堺雅人 ダーレン・リン・バウズマン ティモシー・ギブス ロネ・シェルフィグ アン・ハサウェイ 伊藤英明 仲村トオル 入江悠 セス・マクファーレン タロン・エガートン リース・ウィザースプーン マシュー・マコノヒー トリー・ケリー デニス・クエイド ラッセ・ハルストレム ジョニー・フリン ケイト・バーカー=フロイランド 尾野真千子 妻夫木聡 大沢たかお 佐藤祐市 竹内結子 アデレイド・クレメンス ラダ・ミッチェル キット・ハリントン ショーン・ビーン マイケル・J・バセット ロージー・デイ ラウル・ボバ エラ・レムハーゲン ピエール瀧 リリー・フランキー 白石和彌 市村正親 上戸彩 宍戸開 グヴィネス・パルトロー ユアン・マクレガー デヴィッド・コープ ジョニー・デップ 佐々部清 宮崎あおい クリストファー・ノーラン レオナルド・ディカプリオ 渡辺謙 スティーブン・カンパネッリ モーガンフリーマン オルガ・キュリレンコ ピリ・グロワーヌ カトリーヌ・ドヌーヴ ジャコ・ヴァン・ドルマル ブノワ・ポールヴールド ロマン・ポランスキー エマニュエル・セニエ デンゼル・ワシントン アントワーン・フークア ビル・プルマン ペドロ・パスカル ミラ・クニス ゲイリー・オールドマン アルバート・ヒューズ アレン・ヒューズ カルラ・ブルーニ オーウェン・ウィルソン メラニー・グリフィス ビアギッテ・ヨート・ソレンセン アントニオ・バンデラス ガベ・イバニョス 橋本一 菜々緒 綾野剛 金子ノブアキ 井上真央 蓮佛美沙子 マーク・フォースター ヘイリー・アトウェル キム・コーツ クリストフ・ガンズ ローリー・ホールデン シェーン・アッカー ジェニファー・コネリー イライジャ・ウッド 西田敏行 小雪 ブライク・ライヴリー ミキール・ハースマン リー・トランド・クリーガー 奥菜恵 山崎裕太 反田孝幸 岩井俊二 瑛太 山崎努 阿部サダヲ 寺脇康史 伊藤淳史 土井裕泰 野村周平 カリーナ・カプール シャルマン・ジョシ ラージクマール・ヒラーニ アーミル・カーン R.マドハヴァン テリー・ハッチャー ヘンリー・セリック ダコタ・ファニング 原田眞人 吉高由里子 二宮和也 ゲイリー・ロス サラ・ポールソン サンドラ・ブロック リアーナ ケイト・ブランシェット ミンディ・カリング オークワフィナ レベッカ・ファーガソン トム・クルーズ クリストファー・マッカリー ヘンリー・カヴィル サイモン・ペッグ テイト・テイラー ジャスティン・セロー ヘイリー・ベネット シャロン・マグワイヤ レニー・ゼルヴィガー パトリック・デンプシー コリン・ファース スタンリー・キューブリック ダグ・ジョーンズ イバナ・バケロ ギレルモ・デル・トロ 西谷弘 伊藤歩 アビゲイル・ブレスリン キャサリン・ゼタ=ジョーンズ アーロン・エッカート スコット・ヒックス キム・ベイシンガー デヴィッド・エリス クリス・エヴァンス ジェイソン・ステイサム ウィリアム・H・メイシー ジョン・レジェンド エマ・ストーン 臼田あさ美 富田靖子 モリーナ・バッカリン T・J・ミラー ライアン・レイノルズ ロバート・ダウニー・Jr クリス・ヘムズワース アンソニー・ルッソ デヴィッド・ストラザーン ポール・グリーングラス ジョアン・アレン ジュリア・スタイルズ マット・デイモン ミラ・ジョヴォヴィッチ ポール・W・S・アンダーソン エヴァ・アンダーソン ローラ アリ・ラーター ダグ・リーマン フランカ・ポテンテ クリス・クーパー 吉岡秀隆 南里侑香 萩原聖人 鈴木千尋 武藤寿美 ローラ・ダーン ティア・レオーニ サム・ニール アレッサンドロ・ニヴォラ ジョー・ジョンストン リチャード・アッテンボロー ジュリアン・ムーア ジェフ・ゴールドブラム ヴィンス・ヴォーン ヴァネッサ・リー・チェスター スティーヴン・スピルバーグ ウィル・フェレル ポール・ラッド クリスティナ・アップルゲイト アダム・マッケイ スティーヴ・カレル デヴィッド・ケックナー フレッド・ウィラード ルーク・ブレイシー エドガー・ラミレス エリクソン・コア レイ・ウィンストン 滝藤賢一 福山雅治 ジェイク・ジレンホール ダンカン・ジョーンズ ディラン・ミネット マット・リーヴス コディ・スミット=マクフィー 橋本愛 ビリー・ボブ・ソーントン 上白石萌音 神木隆之介 テオ・ジェームズ リチャード・ギア セドリック・ニコラス=トロイアン ジェシカ・チャステイン ブライアン・シンガー タイ・シェリダン ソフィー・ターナー ニコラス・ホルト ジェームズ・マカヴォイ エヴァン・ピーターズ オスカー・アイザック マイケル・ファスベンダー クリストファー・ウォーケン デクスター・フレッチャー 沢城みゆき ヤーロー・チーニー 永作博美 日村勇紀 設楽統 竹下景子 岡田准一 香川照之 ジョエル・コーエン イーサン・コーエン ジョージ・クルーニー チャニング・テイタム ジョナ・ヒル アンドリュー・スタントン アンガス・マクレーン 浅野温子 柴田恭兵 木の実ナナ 吉川晃司 村川透 夕輝壽太 舘ひろし ミシェル・ファイファー ダニー・デヴィート ティム・バートン ジャック・ニコルソン ロバート・ウール フランセス・オコナー ジェームズ・マーシュ フェリシティ・ジョーンズ エディ・レッドメイン チャーリー・コックス マキシン・ピーク ピーター・ウェラー デヴィッド・クローネンバーグ イアン・ホルム ジュディ・デイヴィス セレーナ・ゴメス セス・ローゲン ニコラス・ストーラー サクソン・シャービノ サム・ロックウェル カイル・キャトレット ローズマリー・デウィット ケネディ・クレメンツ ギル・キーナン レイグ・T・ネルソン クジョベス・ウィリアムズ ヘザー・オルーク ドミニク・ダン トビー・フーパー オリヴァー・ロビンス エイミー・ポーラー ピート・ドクター ロニー・デル・カルメン ウィル・ポールター トム・ハーディ 柴咲コウ 水原希子 高嶋政宏 古田新太 濱田岳 ナオミ・ワッツ アーミー・ハマー ジェニファー・ガーナー ケビン・コスナー ヘザー・グラハム ジョセフ・ファインズ チェン・カイコー コリン・サーモン アリエル・ブロメン アマウリー・ノラスコ ガル・ギャドット マイケル・ピット トミー・リー・ジョーンズ ミカ・ブーレム アントン・イェルチン アンソニー・ホプキンス スティーヴン・キング マギー・ギレンホール ジェームズ・スペイダー ジェレミー・デイヴィス スティーヴン・シャインバーグ リリー・ウォシャウスキー ラナ・ウォシャウスキー ニア・ヴァルダロス ジョン・コーベット ジョーイ・ファトーン イアン・ゴメス ジョエル・ズウィック ジョン・ヘダー ウィル・スペック ジョシュ・ゴードン スー・チー ルイ・レテリエ ジョン・ステイモス カーク・ジョーンズ イモージェン・プーツ ジェレミー・レナー ダニー・ボイル キャサリン・マコーマック ファン・カルロス・フレスナディージョ ロバート・カーライル ダイアン・レイン エイミー・アダムス ベン・アフレック ザック・スナイダー ガル・ガドット アンセル・エルゴート ロベルト・シュヴェンケ マイルズ・テラー シャイリーン・ウッドリー ショーン・アンダース マーク・ウォールバーグ エイミー・ライアン マーク・ライランス エドワード・ジェームズ・ハイランド オースティン・ストウェル エリック・バナ ジョエル・マクヘイル 

プロフィール

ロココ

Author:ロココ
いらっしゃいませ。カフェへようこそ!
ここでは素人目線で映画について言いたい放題、アメリカから映画レビューをお届けしています。→日本に帰国しました!
基本はネタバレなし!ゆっくりしていってくださいね。
リンクフリー、TB大歓迎、古い記事でも気軽にコメントして下さい。

クリックしてね☆
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR